SEO

最終更新日: 2022.01.13 (公開: 2021.11.26)

SEO対策におけるSEOライティングの重要性!SEOライティングの5つのコツや書き方を解説!

SEO対策におけるSEOライティングの重要性!SEOライティングの5つのコツや書き方を解説!

webコンテンツのノウハウについて調べると、ほとんどの記事で「SEOライティングが重要である」と主張しています。なぜwebサイトを制作するうえで、SEOライティングが必要なのでしょうか。それは、上位表示されやすくなったり、PV数やサイトの滞在時間などの向上が見込めるメリットがあるからです。

この記事では、SEO対策におけるSEOライティングの重要性について解説していきます。また、この記事を読むと、SEOライティングの5つのコツや書き方についても理解できます。「SEO対策をしたいけど何をしたらいいのか分からない」という方は、ぜひ参考にしてください。

SEOライティングとは

SEOライティングとは

具体的なSEO対策について説明する前に、まずSEOライティングについて知っておきましょう。SEOライティングとは、SEO対策のひとつで、ライティング技術のことを意味しています。ただし、SEOライティングには以下のように2つの意味があります。

  • ユーザー向けのライティング
  • Google(検索エンジン)のクローラー向けのライティング

1つ目は、ユーザー向けのライティングです。SEOライティングを取り入れることにより、ユーザーにとって分かりやすく、有益なコンテンツになります。ユーザーにとって親切なコンテンツを作成する理由は、Googleがコンテンツのクオリティーを重視しているからです。

そして2つ目は、Google(検索エンジン)のクローラー向けのライティングです。これは、表面では分かりにくい部分ですが、Googleで上位表示されるためには重要なポイントです。検索エンジンのwebサイトを認識する方法は、人がwebサイトを読むのとは異なっています。Googleの検索結果で上位表示されるには、クローラーが認識しやすいようにライティングすることが大切です。

では、ユーザー向けのライティングとGoogle(検索エンジン)のクローラー向けのライティングを両立させるには、それぞれどのようなポイントに注意すればいいのでしょうか。

ユーザーが求める文章

ユーザーが求める文章を実現するには、ユーザーがわかりやすく読みやすい文章を書く必要があります。ユーザーにとってわかりやすく読みやすい記事を作成するには、以下のようなポイントを押さえましょう。

  • コンテンツ内容がユーザーのニーズにマッチしている
  • 難しい表現や専門用語を使用しないで簡単な表現を用いている
  • どの端末でも読みやすくなっている
  • 一目で記事内容や結論がわかる
  • 画像や図などが用いられている

これらのポイントを抑えることで、ユーザーが読みやすいコンテンツを作成できます。

Googleの検索エンジンクローラーが評価する文章

Googleの検索結果に上位表示されるためには、ユーザーが求める文章であるとともに、Googleの検索エンジンクローラーが評価する文章である必要もあります。検索エンジンに評価されやすい文章にするには、以下のようなポイントを抑えましょう。

  • 読みやすい記事の構成になっていること
  • hタグやalt属性などのSEO内部施策がされていること
  • 内部リンクが設置されていること
  • 関連キーワードが利用されていること

このように、Googleの検索エンジンクローラーから高い評価を得るにはコンテンツの構造に力を入れることがポイントになります。なお、こうしたポイントはGoogleが創設当初から一貫して掲げている考えに基づいています。それは、「Googleが掲げる10の事実」というもので、以下のミッション・願いとなっています。

1.ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
2.1つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
3.遅いより速いほうがいい。
4.ウェブ上の民主主義は機能する。
5.情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
6.悪事を働かなくてもお金は稼げる。
7.世の中にはまだまだ情報があふれている。
8.情報のニーズはすべての国境を越える。
9.スーツがなくても真剣に仕事はできる。
10.「すばらしい」では足りない。

参照:Google が掲げる 10 の事実

このように、「Googleが掲げる10の事実」ではユーザーにとって親切なコンテンツであることや、常に最新の情報を提供することの大切さ、そして改善の余地があると信じ続ける姿勢を評価しています。こうした思想をコンテンツに取り入れると、クローラーは価値のあるコンテンツとして評価します。

また、SEOライティングによってwebサイトを構築すると、ユーザーが使いやすいweb設計を実現できるので、サイト自体の評価も高まります。

クローラーとは?検索エンジンにインデックスされる仕組みや巡回頻度を上げる方法を解説 クローラーとは?検索エンジンにインデックスされる仕組みや巡回頻度を上げる方法を解説 Webサイトを制作、公開しても検索結果に表示されないと検索エンジン経由の集客はできません。検索エンジンがWebサイトの情報を取得するために使用しているのがクローラーです。クローラーがサイトの情報をどのように取得しているのか、基本的なところから解説します。

なぜSEOライティングが重要なのか

なぜSEOライティングが重要なのか

SEOライティングの基本を踏まえたうえで、改めてwebメディアにおけるSEOライティングの重要性について考えていきましょう。SEOライティングが重要である理由は、以下のとおりです。

  • 広告費をかけずに安定的に集客が見込めるから
  • 濃い見込み客を獲得できるから
  • ユーザーに分かりやすい記事で離脱率の改善が図れるから

ここからはそれぞれの理由についてさらに深く掘り下げていきましょう。

広告費をかけずに安定的に集客が見込める

SEOライティングに力を入れると、広告費をかけずに安定的に集客が見込めます。それは、ほとんどのユーザーが検索結果の上位に表示されているwebサイトを閲覧するからです。短期的に上位表示させる場合は、広告費を支払って集客を行います。

たとえば、リスティング広告であれば表示させたいコンテンツに関連したキーワードに対して広告費を支払います。そのキーワードを検索したユーザーに向けてwebサイトが上位に表示されます。リスティング広告は即効性がある一方で、人気のキーワードは高くコストがつくというデメリットがあります。

また、近頃ではユーザーのインターネットリテラシーが高まっています。すると、広告費を支払って上位表示しているコンテンツよりも、自然検索で上位表示されているコンテンツの方が「情報量が多い」と判断する場合があります。

広告による上位表示のこうした側面を踏まえると、SEOライティングで上位表示させることで広告費をかけずに中長期的に集客が見込めることが分かります。

濃い見込み客の獲得

また、SEOライティングによって濃い見込み客の獲得が可能です。それは、SEOライティングを正しく行うと、ユーザーが本当に知りたい内容をコンテンツにすることができるからです。

SEOライティングで重要なポイントの一つに、キーワード選定があります。これはターゲットが検索すると想定されるキーワードを選択して、そのキーワードにはどのような検索意図が含まれているかを考慮するものです。

ユーザーは2つ以上のキーワードを掛け合わせて検索することが多く、同時に関連するキーワードで連続して検索することもあります。こうしたデータが検索エンジンによって「他のキーワード」や「サジェストキーワード」として蓄積されていきます。

このように複数のキーワードを掛け合わせてライティングすることで、ユーザーが知りたいと思っている情報をコンテンツに盛り込むことができます。すると、さらに、特定のキーワードを検索するユーザーはその分野や商品に興味を持っているため、申し込みや問い合わせに繋がりやすい濃い見込み客を獲得できるのです。

ユーザーに分かりやすい記事で離脱率の改善が図れる

そして、SEOライティングを意識すると、離脱率の改善が図れます。その理由は、SEOライティングに沿って記事を作成・リライトを行うことで、ユーザーにとって分かりやすく最後まで読みたくなるコンテンツになっていくからです。

webサイトに訪れるユーザーは「記事がわかりにくい」と感じたり、情報が薄いとすぐに離脱してしまいます。滞在時間が短いサイトは、検索エンジンからの評価が下がるため、上位表示が難しくなります。そこで離脱率に着目し、SEOライティングを取り入れて記事内容の改善を試みることで、滞在時間を伸ばせるのです。

SEOライティングの書き方・流れ

SEOライティングの書き方・流れ

SEOを意識したライティングの大まかな流れは以下のとおりです。

  • ①キーワードを選定する
  • ②タイトル・ディスクリプションを作成する
  • ③構成・見出し案を作成する
  • ④記事を執筆する
  • ⑤校正・リライト作業を行う

ここからは、SEOライティングの書き方について細かく説明していきます。

キーワードの選定

まずSEOライティングでは、キーワードからユーザーのニーズを予想します。記事を作成する際は、キーワードを選定します。キーワードの選定は以下のような流れで進めていきましょう。

  • ①メインキーワードを選定する
  • ②そのほかのキーワードを調べる
  • ③それぞれのキーワードの検索ボリュームやキーワードのグルーピングをする

キーワードの選定はメインキーワードを決めることから始めます。メインキーワードが決定したら、メインキーワードに対して他にもキーワードを組み合わせていきましょう。例として以下のようなキーワードがあります。

ビッグキーワード 検索ボリュームが大きいキーワード
スモールキーワード 検索ボリュームが小さいキーワード
サジェストキーワード 検索候補になるキーワード
関連キーワード メインキーワードに関連しているキーワード
(検索結果の下部に表示されているキーワード)
流入キーワード サイトに流入しているキーワード
共通語 メインキーワードと一緒に使われることが多いキーワード

キーワードが揃ったら、それぞれのキーワードの検索ボリュームやキーワードのグルーピングを行いましょう。こうすることでユーザーがキーワードに対してどのような悩みを持っているのかが分かります。また、競合サイトでどんなキーワード使っているのかを調べるのも有効です。

キーワードの検索には、UbersuggestやGoogleキーワードプランナーなどのツールを使うと便利です。無料で使用できるツールもあるので、ぜひ活用してください。
コンテンツマーケティングで成果を出すキーワード選定方法と7つのコツを総まとめ コンテンツマーケティングで成果を出すキーワード選定方法と7つのコツを総まとめ

タイトル・ディスクリプションの作成

選定したキーワードを用いて、タイトルやディスクリプションを作成していきましょう。ディスクリプションとは検索結果画面でタイトルの下に表示されるテキストのことです。そのため、タイトルとディスクリプションはユーザーのファーストコンタクトとなる重要な部分です。作成の際は、以下のポイントに注意しましょう。

  • ユーザーがクリックしたくなるようなタイトルになっているか
  • 記事の内容とタイトルが同一になっているか
  • タイトルの文字数は適切か
  • キーワードが表示されているか

まず、タイトルはユーザーがクリックしたくなるようなテキストにしましょう。コンテンツによっては、タイトルに数字を入れると効果的です。ただしクリックして欲しいからといって、内容と関係のないテキストにしてはいけません。必ず記事の内容と同一のタイトルにしましょう。

また、スマホなど閲覧する機種によってはタイトルが全て表示されないこともあります。そのため、30文字程度のタイトルにしてください。また、キーワードが見切れてしまわないように、なるべくタイトルの左側に入れるよう心がけましょう。
SEO対策に効果的なタグの使い方!titleタグ、metaタグ(metaディスクリプション)、hタグそれぞれで解説 SEO対策に効果的なタグの使い方!titleタグ、metaタグ(metaディスクリプション)、hタグそれぞれで解説

構成・見出し案の作成

タイトルとディスクリプションを作成したら、構成と見出し案を作成します。この際、以下のポイントに注意しましょう。

  • 共起語を含めた見出しにする
  • ユーザーの悩みや知りたいことが解決できる構成にする
  • 記事の構成の順番はわかりやすくする
  • それぞれの見出しの内容を重複させない
  • 書き出す内容を箇条書きしてから見出しに落とし込む
  • 正しいhタグを使用する
  • 適切な文字数を設定する
  • 1記事に1テーマにする

構成と見出し案には、キーワードで選定した共起語を含めましょう。共起語を含めるとユーザーのニーズに沿ったコンテンツになります。そしてユーザーの悩みや知りたいことが解決できる構成にしましょう。その際、読みやすい記事になるように、記事の構成の順番は分かりやすくします。

また、適切な文字数を設定し、1記事に1テーマにすることも大切です。テーマがバラバラだと内容が頭に入ってこず、ユーザーが離脱してしまいます。また、それぞれの見出しの内容を重複させない工夫も必要です。うまく構成を作るためには、書き出す内容を箇条書きしてから見出しに落とし込みましょう。

そして構成の際は、正しいhタグを使用しましょう。hタグを間違えると、読みにくくなるだけでなく、クローラーからの評価も得られません。
SEOで評価させる記事を作るには構成が大事!組み立て方やポイントを解説 SEOで評価させる記事を作るには構成が大事!組み立て方やポイントを解説

記事の執筆

構成や見出しが完成したら、記事を執筆していきましょう。記事の執筆には、以下のような8つのポイントがあります。

  • PREP法を用いて結論ファーストにする
  • 専門性やオリジナリティを持たせる
  • それぞれの見出しに対して適切な文章量にする
  • 1文の長さを読みやすい適切な長さにする
  • 分かりやすい文章にする
  • 初心者でもわかる記事内容にする
  • 難しい言葉や専門用語は多用しない
  • 曖昧な表現や主観的な内容は避ける

PREP法とは「結論(Point)、理由(Reason)、具体例(Example)、結論(Point)」という構成で文章を組み立てる方法です。結論を先に述べることで、ユーザーの離脱率を防ぎます。また、コンテンツに専門性やオリジナリティがあると、クローラーからの評価が高まります。

ユーザーにとって読みやすいコンテンツを作成するには、文章量や1文の長さを適切にしましょう。SEOライティングでは1文の長さを40〜60字程度にするよう推奨しています。そして難しい言葉や専門用語は多用せず、初心者でも分かりやすい内容にしましょう。そして、ユーザーが混乱するような曖昧な表現や主観的な内容は避けてください。

校正・リライト作業

記事が完成したら、アップする前に校正を行いましょう。その際は、以下のポイントに注意して確認してください。

  • 誤字・脱字はないか
  • です・ますなど語尾が単調になっていないか
  • 体言止めや形容詞などを使い語尾を単調にしていないか
  • 接続詞を多用していないか
  • 指名代名詞を多用していないか
  • 句読点が正しく使えているか

校正が完了したら記事を公開します。公開が完了しても記事のアクセス数が想定通り稼げているか確認しましょう。もし思うようにうまくアクセスが集まらなかったら、リライトを行なってください。

リライトとは一度作成した記事を同じURL、キーワードでテキストを書き換えることです。シチュエーションによって、古くなった情報だけを書き換えたり、全文書き換えたりすることもあります。リライトを行うことで、アクセス数が高まる可能性があります。
SEOを意識したリライトの方法とは?初めての方でも今日から実践できる方法を完全解説! SEOを意識したリライトの方法とは?初めての方でも今日から実践できる方法を完全解説!

SEOライティングの5つのコツ・ポイント

SEOライティングの5つのコツ・ポイント

SEOライティングを成功させるには、以下のコツ・ポイントを押さえましょう。

  • ​​ユーザーを意識したコンテンツづくり
  • モバイルファースト
  • 独自性・オリジナリティ
  • 専門性
  • PREP法を用いた文章

それぞれの項目について、詳しく解説していきましょう。

ユーザーを意識したコンテンツづくり

まず、SEOライティングにはユーザーを意識したコンテンツづくりが重要です。繰り返しになりますが、Googleはユーザーにとって価値のあるコンテンツを評価しています。そのため、読み手のことを考えたコンテンツを作ることが大切です。ユーザーを意識したコンテンツとそうでないコンテンツには、例として以下のような特徴があります。

ユーザーを意識したコンテンツ ユーザーに不親切なコンテンツ
文字数 ・長すぎず短すぎない
・情報量が多く読み応えがある
・文字数が少なすぎる
・あるいは長い割には中身がない
記事構成 ・ユーザーの疑問や興味に沿って構成されている ・検索意図から外れた見出しが存在している
・見出しの親子関係が成り立っていない
文章構成 ・論理的に書かれている
・結論がはっきりとしていて分かりやすい
・前置きが長く読みにくい
・曖昧で抽象的なので分かりにくい
画像や図の有無 ・適宜画像や図が用いられているので分かりやすい ・文章のみで構成されているので分かりにくい、読みにくい

上記のように、ユーザーを意識したコンテンツとそうでないコンテンツには、大きな違いがあります。もし今のサイトがユーザーに不親切なコンテンツであったとしても、SEOライティングを導入して改善していけば、ユーザーにとって分かりやすいコンテンツになります。

ユーザーインサイトを読み解く

ユーザーを意識したコンテンツを作成するには、まずユーザーインサイトを読み解きましょう。ユーザーインサイトとはマーケティング用語で、表面からは見えないユーザーの検索意図のことを意味しています。ユーザーは何かを知りたいとき、いくつかのキーワードを用いで検索をします。ユーザーが検索に用いたキーワードによって、どんな意図があったのか考えられます。

あるユーザーが「面白い 映画」と検索をかけたとします。このキーワードからは、以下のような検索意図が考えられます。

  • 面白い映画のタイトルを知りたい
  • 面白い邦画のタイトルを知りたい
  • 面白い洋画のタイトルを知りたい
  • 面白い映画のランキングを知りたい
  • 面白いアニメ映画のタイトルを知りたい

1つの検索キーワードの組み合わせだけでも、これだけの検索意図が考えられます。そこでコンテンツを届けたいユーザーがこれらの検索意図のうち、どのニーズがあるのかを考えます。

もし、ターゲットが「面白い映画のランキングを知りたい」と想定できるのなら、コンテンツのタイトルには「面白い 映画」に加えて「ランキング」というキーワードを入れる必要があります。そして、作成するコンテンツも、ランキング形式であるべきです。

このように、キーワードからユーザーインサイトを読み解くことで、ユーザーにとって分かりやすいコンテンツに仕上がります。

分かりやすく読みやすい文章

ユーザーインサイトが理解できたら、分かりやすく読みやすい文章を心がけましょう。コンテンツがよくても、文章が分かりにくいと読んでもらえません。分かりやすい文章にするには、以下のポイントを押さえておきましょう。

  • 難しい言葉や専門用語を多用しない
  • 初心者でもわかりやすい文章を書く

まず前提として、難しい言葉や専門用語を多用しないようにします。そのコンテンツに対するユーザーの理解度は、人それぞれです。webサイトはユーザーの悩みを解決することが使命なので、難しい言葉や専門用語を多用してしまうとユーザーは離れてしまいます。そのため、難しい言葉や専門用語は簡単な言葉に置き換えて、初心者でもわかりやすい文章を心がけましょう。

モバイルファースト

記事のテキストを作成する際には、モバイルファーストを心がけましょう。モバイルファーストとは、スマホで表示した際に読みやすくなるようにサイトを設計することです。2021年3月にはGoogleが発表した「モバイルファーストインデックス」が適用されるようになりました。

これはスマホで検索した際に最適な検索結果を表示することです。こうした変化からも、PCよりスマホの利用率が高まっていることが分かります。

そこで、モバイルファーストにするためにはモバイル端末でも読みやすい文章を心がけましょう。文章でモバイルファーストを心がける場合、1文は50文字程度に納め、2〜3行で収めるなどの工夫が必要です。

独自性・オリジナリティ

SEOライティングを成功させるには、コンテンツに独自性やオリジナリティを加えることが大切です。その理由は、他の競合サイトと差別化できるコンテンツが評価されるからです。同じキーワード設定していても、オリジナリティのあるコンテンツを含んでいるサイトの方が内容が充実していると考えられます。

逆にどのサイトにも書いてある内容しか含まれていないと、情報が乏しく、他のサイトの内容を真似ているだけだと認識されてしまうのです。そのため、SEOで評価されるには他のサイトには記載されていないような体験談などのオリジナリティが必要です。

専門性

そして、SEOライティングでは専門性も重要視されているもの。ここでいう専門性とは、専門書や専門家からの情報のことを指しています。例えば、医師監修や栄養士監修から成り立つコンテンツはGoogleからの評価が高いです。また、専門家から直接話を聞くことができなくても、政府や大学が運用しているサイトを参照にしていることを記載すると、専門性があると認識されます。

E-A-Tとは?SEOでGoogleが重要視する3つの評価基準と対策方法を解説! E-A-Tとは?SEOでGoogleが重要視する3つの評価基準と対策方法を解説!

PREP法を用いた文章

記事の書き方として、文章にはPREP法を用いることが推奨されています。その理由は、ファーストビューで結論が書かれていると、ユーザーにとって親切だからです。そもそもPREP法というのは、以下の頭文字をとって呼称されている文章の書き方です。

  • Point :要点
  • Reason :理由
  • Example:具体例
  • Point :要点

このように、PREP法を用いるとはじめに要点を提示し、次にその要点を支える理由を述べ、分かりやすい例を上げてから、要点を繰り返すという文章の流れになります。

疑問を抱えているユーザーは、「問題をすぐに解決したい」と思っています。そこでPREP法を使って文章を組み立てることで、ユーザーにストレスを与えずに情報を伝えることができるのです。

SEOライティングのテクニック

SEOライティングのテクニック

SEOライティングではいくつかのテクニックがあります。もちろん、テクニックさえ用いればすぐにSEOライティングが成功するという訳ではありません。しかし、ユーザーにとって読みやすいコンテンツにテクニックをプラスすれば、さらに検索エンジンからの評価が上がります。SEOライティングにて取り入れるべきテクニックは、以下の6つです。

  • 文章だけでなく図表や画像で分かりやすい記事
  • サジェストキーワードを盛り込んだ構成づくり
  • 画像(altタグ)の最適化
  • 内部リンクを活用する
  • 共通語の使用
  • 正しいHTMLマークアップ

ここからは、それぞれのテクニックについて詳しく解説していきます。

文章だけでなく図表や画像で分かりやすい記事

SEOで評価されるためには、図表や画像を用いて分かりやすい記事を作成しましょう。コンテンツ内容によっては図表やイメージ画像を用いた方が分かりやすい場合があります。

たとえば、ある料理に関するレシピを紹介する場合は、画像があった方がいいでしょう。材料の切り方や焼き加減、煮詰め具合などが画像から伝わってきます。また、おすすめのグルメスポットを紹介する場合は、住所に加えて簡単な地図があると分かりやすいです。

もし図表や画像を用いる必要がなくても、テキストの量によっては画像を用いた方がいい場合もあります。それは、テキストが長くなっているときです。コンテンツが充実していても、文章だけが続くとユーザーにとって負担がかかります。

その結果、離脱してしまうこともあるでしょう。こうした事態を回避するためにも、適宜画像を追加してください。コンテンツ内容や画像によっては、情緒的な部分にもアプローチも可能です。

サジェストキーワードを盛り込んだ構成づくり

SEOライティングの核心になると言っても過言ではないのが、キーワードを軸にした構成作りです。多くの場合、ユーザーが検索によってWEBサイトを訪れる以上、サイトやコンテンツはキーワードとどれほど関連性があるかによって評価されています。そこでSEOライティングでポイントとなるいくつかのキーワードの種類について紹介しましょう。SEOライティングには、以下のようなキーワードが存在します。

  • ビッグキーワード
  • スモールキーワード
  • サジェストキーワード

ビッグキーワードとは、検索ボリュームが多いキーワードのことです。ビッグキーワードと呼ばれるキーワードは、月に1万回以上検索されています。そのため、ビッグキーワードを軸に構成を作ると、大量のアクセスが集まる可能性があります。

ただし、検索ボリュームが多いほど関連コンテンツが増えるので、競争率は高まっていきます。そのため、ビッグキーワードを設定すれば必ずアクセスが集まるとは言い切れません。

ビッグキーワードに対して、検索ボリュームが少ないキーワードのことをスモールキーワードと呼びます。スモールキーワードは検索される回数が少ないのでアクセスが集まりにくいです。しかし、ニッチなニーズにフォーカスすればその分野の第一人者になることも可能です。こうした意味では、スモールキーワードを選定することにも意味があるのです。

このように、ビッグキーワードにもスモールキーワードにもメリットとデメリットが存在しています。そこで、ここではビッグキーワードを軸にしてサジェストキーワードを盛り込んだ構成づくりについて紹介しましょう。

サジェストキーワードとは、あるキーワードを検索窓に入力した時に表示される検索候補のことを意味します。たとえば、iPhoneのケースを探していたとします。この場合、「スマホケース」だけ検索してしまうと、iPhoneだけでなくAndroidのスマホケースもヒットしてしまいます。そこで、「スマホケース iPhone 12」のように、「スマホケース」の後ろに内容を絞り込むために別のキーワードを検索することがあります。こうしたキーワードがサジェストキーワードです。

ビッグキーワードを軸にしてサジェストキーワードを構成に盛り込む理由は、SEOライティングによってコンテンツをターゲットに届けるためです。コンテンツにマッチしたサジェストキーワードを盛り込むことで、検索エンジンがどんな内容であるかを理解してくれます。

画像(altタグ)の最適化

コンテンツに画像を使用する際は、altタグを設定しましょう。altタグとは画像の代替テキストで、表示されている画像がどのようなものであるかを表すものです。SEOライティングにおいて、altタグを設定することには2つのメリットがあります。

1つ目のメリットは、画像が表示されない場合でもユーザーがどんな画像がそこに表示されていたのかが理解できます。通信環境が悪かったり、通信速度制限になっていたりすると、ユーザーによっては画像が表示されないことがあります。

そこにどんな画像があるのか分からないとユーザーにとってはストレスになるでしょう。また、場合によっては離脱してしまうかもしれません。そこで画像の最適化を行うことで、ユーザーが安心してコンテンツを閲覧できるのです。

2つ目のメリットは、検索エンジンに評価されやすくなることです。人間がコンテンツを閲覧するのとは違い、検索エンジンはHTMLなどのソースコードを読み込んでコンテンツを認識しています。そこで画像ファイルだけをアップしていても、画像のファイル名しか認識できず、どんな画像が使用されているのかが分かりません。

そこでaltタグを設定することで、検索エンジンでも画像を認識できるのです。たとえば、りんごの画像であれば、「りんごをカットしている様子」「かじられたりんご」などのように記載します。また、バナーやキービジュアルの場合は、記載されているテキストを全て書き込むといいでしょう。検索キーワードが含まれていれば、画像検索からの流入も見込めます。

内部リンクを活用する

SEOライティングでは、サイト自体の評価を高めることも大切です。記事を作成する際は、内部リンクを活用していきましょう。リンクには外部リンクと内部リンクがあります。

外部リンクとは自身のサイトではない外部のサイトのURLを設置したリンクのことです。一方、内部リンクとは、自身のサイトURLを設置したリンクのことです。なぜSEOライティングでは内部リンクを設置する必要があるのでしょうか。その理由は大きく分けて2つあります。

1つ目の理由は、ユーザーにとってコンテンツが理解しやすくなるからです。映画に関する情報を紹介するサイトなら、関連情報として映画を制作した監督のほかの作品に関する記事を紹介したり、出演者について紹介している記事を設置すると、ユーザーが興味を持ってくれます。こうして内部リンクを設置すると、ユーザーの理解度を深めることが可能です。

そして2つ目の理由は、クローラーからの評価が高まるからです。検索エンジンのクローラーは、サイト構造を頼りに読み込んでいます。そこで関連している記事を内部リンクとして設置することで、記事の関係性を理解してくれます。

また、アクセス数が多くクローラーからの評価が高い記事からリンクが設置されていると、同じように遷移先の記事も高い評価をつけてくれる可能性があります。こうして内部リンクを設置することでサイト内回遊率が高まり、結果的にサイト自体の評価が高まることも期待できます。
内部リンクとは?SEOへの効果や、おすすめの設置方法までご紹介! 内部リンクとは?SEOへの効果や、おすすめの設置方法までご紹介!

共起語の使用

コンテンツを作成する際は、ビッグキーワードやサジェストキーワードに加えて、共起語も活用しましょう。共起語とは、あるキーワードに対してテキストにしたときに一緒に使われることが多いキーワードのことを意味します。

例えば、「WEBライティング」というキーワードに対して、共起語には「ライター」「在宅」「記事」「SEO」というキーワードがあげられます。

こうした共起語を利用すると、記事の網羅性を高めることが可能です。共起語としてキーワードが上がっているということは、キーワードに関連したトッピクスについてユーザーからニーズがあったり、悩みがあったりすることが考えられます。

そのため、ユーザーにとって分かりやすいないようになります。また、検索エンジンからも充実したコンテンツであると評価されるので、SEOライティングの成功率が高まります。

正しいHTMLマークアップ

SEOライティングでは、正しいHTMLマークアップを使用してサイトの構成にも力を入れましょう。HTMLマークアップとは、文章構造や視覚情報を反映するために使用するダグのことです。よく用いられるHTMLのタグとして、以下のようなものがあります。

タグ名 概要 タグの例
hタグ タイトルや見出しに利用するタグ
hタグ
olタグ 順序のあるリストを表示するタグ
olタグ
ulタグ 順序のないリストを表示するタグ
ulタグ
tableタグ 表を作成するためのタグ
tableタグ

種類は他にもあり、必要に応じて使い分けることが大切です。

これからSEOライティングを始める方には、「HTMLの知識を身につけなければならないのか」と不安に思ったことでしょう。でも安心してください。CMSのようなサービスを利用すれば、HTMLの知識がなくても感覚的に利用できます。

たとえば世界的にユーザーが多いWordPressでは、「見出し1」や「リスト表示」などを選択することで、自動的にタグを設定してくれます。ユーザーはビジュアル画面で編集ができるので簡単です。

SEOライティングの注意点

SEOライティングの注意点

SEOライティングを行う際は、これから紹介する2つの注意点に気をつけましょう。

良質な記事=上位表示ではない

1つ目の注意点が、良質な記事が必ずしも上位表示されるというわけではないことです。SEO対策はSEOライティングだけではありません。そのため、良質な記事を書けたからといって必ずしも上位表示されるわけではないのです。上位表示されるには、サイト構造を改善するなど、ライティング以外のSEO対策も必要です。

また、SEO対策は結果が反映されるまでに時間がかかる、長期的な施策になります。アップしても上位表示されないからといって諦めず、長い目で進めていきましょう。

指名代名詞を使いすぎない

そして2つ目の注意点が、指名代名詞を使いすぎないことです。指名代名詞は名詞のような言葉が重複するのを防ぐ便利な言葉ですが、使いすぎると検索エンジンからの評価が受けられなくなります。

検索エンジンは特定のキーワードの出現回数や関連性から判断しているので、指示代名詞はキーワードとして認識できないのです。そのため、狙ったキーワードについては指示代名詞を避けましょう。ただし、あからさまに多用するとユーザーにとって読みにくくなるため、適度に調整してください。

SEOライティングのまとめ

SEOライティングのまとめ

SEOライティングでは、検索キーワードからユーザー心理を読み解いてコンテンツを作成することが重要です。多くのユーザーに読まれると検索エンジンからの評価も高まります。そのためには、分かりやすい構成や読みやすい文章を心がけましょう。そして、コンテンツには検索キーワードやサジェストキーワード、共通語などを見出しや記事内に盛り込むことがポイントです。

しかし、SEOライティングを行なっているつもりでも、なかなか結果を出すのは難しいです。そこでSEO対策を意識したライティングを依頼したいと考えている方は、ぜひ企業の様々なウェブサイト構築支援、運用支援、記事作成代行を多数行っているニュートラルワークスにご相談ください。無料相談を受け付けています。

著者紹介

石田 哲也

石田 哲也

取締役CMO

株式会社ニュートラルワークス 取締役CMO。1984年生まれ。高校卒業後にISD株式会社にて起業。株式会社オプトにてWebマーケティングを学び、株式会社メタップスなど複数のベンチャー企業にて事業立ち上げを経験。前職はワンダープラネット株式会社にてゲームプロデューサーとしてスマホアプリゲームの制作に従事。2018年に地元の神奈川へ戻り、ニュートラルワークスにジョイン。SEO/Web広告運用/サイト分析・改善など、Webサイトの運用改善~ゲームアプリ制作や数十万フォロワーのSNSアカウントの運用経験などWebビジネス全般を守備範囲とする。

■経歴
2003年 ISD株式会社/起業
2009年 株式会社オプト/SEMコンサルタント
2011年 株式会社メタップス/シニアディレクター
2013年 ライブエイド株式会社/執行役
2016年 ワンダープラネット株式会社/プロデューサー・BizDev
2018年 株式会社ニュートラルワークス/取締役CMO

■得意領域
Webサイト改善
SEO対策
コンテンツマーケティング
リスティング広告