Webサイト改善コンサルティングWebサイト改善コンサルティング

確かなデータ分析と経験に基づく
効果的な施策立案で
成果の出るWebサイトに改善

こんなお悩みありませんか?

  • Webサイトからのお問い合わせが少ない
  • Webサイトへのアクセスが増えない
  • 自社ECサイトからの売上が少ない
  • サイトの表示速度が遅いものの、改善方法がわからない
  • そもそもサイト改善をどこから行えば良いかわからない
  • Googleアナリティクスの活用方法がわからない

そのお悩み
ニュートラルワークス
解決!

  • 豊富な改善経験

    豊富な改善経験

    Webサイトの改善ポイントは業界を問わず共通する点が多くあるものの、訪問者が重視するポイントや、ビジネスにおけるWebサイトの役割は業界によって異なります。ニュートラルワークスにはIT業界から化粧品業界まで、様々な業界のサイトを担当し改善した実績があるため、貴社のビジネスに合わせたWebサイト改善の提案が可能です。

  • 実力者が丁寧にコンサル

    実力者が丁寧にコンサル

    「サイト改善の必要性はわかっているものの、Webマーケティングの知識が全くないので、どう進めればよいのか心配、、、」という方もご安心ください。経験豊富なコンサルタントが、Webマーケティング初心者にもわかるよう、実施施策を丁寧にご説明いたします。

  • WEBサイト制作まで一気通貫で対応

    WEBサイト制作まで一気通貫で対応

    サイト改善の過程で、Webページを新規で作成したり、いまのページを大きく改修したりすることがあります。このような場合、コンサルティング専門の会社ではサイト制作を別会社に発注することがあります。一方、ニュートラルワークスはサイト制作事業を展開しているため、コンサルティングからウェブサイト制作まで一気通貫でご対応可能です。

“本当のプロ”

WEBサイト改善コンサルティング
を相談してみませんか?

1分で入力完了

自社Webサイトの改善ノウハウ
サイト改善を成功へ

ニュートラルワークスでは、2020年7月より自社Webサイト改善に注力しております。弊社が保有している数々のナレッジやノウハウをもとに激戦領域となるWeb制作関連ワードや広告関連ワードなど、多数の難関キーワードで上位表示を達成しております。ただ上位表示させるのでは無く、成果につながるキーワードでの上位表示や獲得率の改善を目的としたUI/UX改善を実施することで、オンラインからのお問い合わせが飛躍的に増加いたしました。

Webサイト改善の実施施策Webサイト改善の実施施策
Webサイト改善の結果 Webサイト改善の結果

検索流入数

34倍に大幅増加!

獲得件数

47倍に大幅増加!

SEOコンサルタント
のご紹介

SEO顧問

西山 悠太朗
YUTARO NISHIYAMA

西山さん画像

1991年生まれ。東京大学卒。メディア事業や教育出版事業など複数の事業売却を経験。ビッグデータ解析、WEB マーケティングを軸に、⼀部上場企業からスタートアップまで幅広く業務⽀援を⾏う。また、⽴ち上げたD2C事業を1年で年商5億円規模まで急成⻑させる等、toB/toC、有形/無形商材と幅広いビジネス経験を積む。PCメーカー経営をきっかけにコンピュータへの興味が膨らみ、現在はRISC-V研究にも携わる。

サイト改善のチェックポイント

近年、Webサイトを活用したリード獲得の競争環境は厳しくなっています。
しかし、Webサイトから効率的なリード獲得が出来れば、業務効率をUPさせることも可能です。
そこで、現在のWebサイトが十分に活用できているか見直しを行ってみてください。

  • SEO対策

    SEO対策

    SEO対策の目的は上位表示させることですが、正確にはリード獲得が見込める主要ターゲットキーワードで上位表示が出来ているかが重要です。

  • ページ表示の速度

    ページ表示の速度

    近年、Googleはコアウェブバイタルにも注目しています。例えば、サイトを閲覧したときにページが表示されるまでに他のサイトに比べて時間がかかるという経験はないでしょうか。表示速度を改善させ、ユーザビリティーを向上させることがGoogleの評価にも繋がります。

  • Webサイト導線

    Webサイト導線

    CV(コンバージョン)を増やすためには、正しくユーザを誘導できているかをチェックする必要があります。具体的には、ヒートマップツールを使ってユーザーが注目しているコンテンツを確認し、そのコンテンツ付近へCTAが設置されているか等です。

  • Webサイトへの流入

    Webサイトへの流入

    サイトの流入数についてはGoogleアナリティクスなどのアクセス解析ツールを活用することで可視化することが可能です。Googleアナリティクスなどを活用することでどこのページを起点として流入が多いのか等を確認することができます。

WEBサイト改善の流れ

効果計測

効果計測

改善施策がサイト改善に貢献しているかどうか、トラッキングツールを活用して判断します

改善施策の実施

改善施策の実施

作成したWebページや記事コンテンツをWebサイトに公開します

Webサイト改善の流れ
改善案の立案

改善案の立案

現状の課題を分析し、サイト内の課題を解決する施策を立案します

サイト・コンテンツの作成

サイト・コンテンツの作成

改善施策に必要な記事コンテンツやWebページを作成します

効果計測

改善施策がサイト改善に貢献しているかどうか、トラッキングツールを活用して判断します

改善案の立案

現状の課題を分析し、サイト内の課題を解決する施策を立案します

改善施策の実施

作成したWebページや記事コンテンツをWebサイトに公開します

サイト・コンテンツの作成

改善施策に必要な記事コンテンツやWebページを作成します

コンサルティング料金

右にスクロールしてください→ LPO サイト改善 カスタマイズ
費用 初期費用 0円 100,000円 ASK
月額費用 100,000円 300,000円
分析 サイト分析 月次 対応可
ヒートマップ分析 月次 月次 対応可
コンテンツ
マーケ
KWのご提案 対応可
リライトのご提案 対応可
記事ライティング 対応可
提案 SEO対策 対応可 対応可
サイト改善ご提案 月次 対応可
レポート 月次 月次 対応可

※隔週での対応をご希望の場合は、LPOが月額200,000円。サイト改善は月額400,000円となります。

“本当のプロ”

WEBサイト改善コンサルティング
を相談してみませんか?

1分で入力完了

Webサイト改善でよく使われる用語

アクセス解析関連

  • ユーザー数

    Webサイトに訪問した人数のことを指します。

  • セッション

    Webサイトを訪問した回数を指し、訪問数とも呼びます。ユーザーがWebサイトを訪問してから離脱するまでが1セッションとなります。

  • PV

    PV(ページビュー)とは、Webサイト内にあるページを閲覧した回数のことを指します。

  • UU

    UU(ユニークユーザー)とは、Webサイトを訪問した人数を指しますが、同一のユーザーが複数回Webサイトを訪問した場合でもユニークユーザー数は”1”となります。

  • 直帰率

    Webサイトに訪問したユーザーが他のページに遷移せず、そのまま離脱をしてしまった割合のことを指します。要するに全体の訪問数の中で1ページしか閲覧しなかったユーザーが何%であるかを指しています。

  • 離脱率

    Webサイトに訪問したユーザーが他のページに遷移せず、そのまま離脱をしてしまった割合のことを指します。要するに全体の訪問数の中で1ページしか閲覧しなかったユーザーが何%であるかを指しています。

  • 滞在時間

    ユーザーがWebサイトに訪問をし、そのユーザーがどのくらいサイト内に滞在しているかを指しています。具体的には、ユーザーがWebサイトに訪問してから離脱するまでの時間のことです。

  • ランディングページ

    ユーザーが訪問(アクセス)した際に一番最初に閲覧したページのことを指します。

  • チャネル

    ユーザーがどの経路でWebサイトを訪問したのかを指します。具体的には、ユーザーが自然検索で流入をしたのか等、流入経路に関する情報を確認することができます。

  • 検索クエリ

    ユーザーがGoogleなどの検索エンジンで検索した際に実際に使用された語句(単語など)についてを指します。

  • Organic Search

    広告を含まない自然検索での流入を指します。具体的には、GoogleやYahoo!などで検索をし、検索結果からWebサイトへ流入した場合を指します。

  • Paid Search

    Google広告を実施している場合、その広告からの流入を指します。広告流入では「Other Advertising」という項目もありますが、こちらはGoogle広告以外からの広告流入を指します。

  • Social

    ソーシャルメディアからの流入を指します。具体的には、FacebookやInstagram、TwitterなどGoogleがソーシャルメディアと判断しているメディアからの流入となります。

  • Referral

    別のWebサイトを経由して流入した場合はReferralとなります。具体的には、外部のブログ記事などに記載されているリンクから訪問した場合、この項目へカウントされます。

  • Direct

    URLの直接入力やお気に入り登録(ブックマーク)から流入した場合を指します。また、ブラウザ以外のアプリから流入した場合もこの項目へカウントされます。

  • CV

    CV(コンバージョン)とは、Webサイトに訪問したユーザーが、そのサイトの設定している成果地点(ゴール、目標)に対してアクションを起こしてくれた数を指します。具体的には、サービスや製品の資料請求やフォームから実際にお問い合わせがあった場合などにはコンバージョンに至ったと表します。

  • CVR

    CVR(コンバージョンレート)とは、Webサイトに訪問した全ユーザーの中で何%のユーザーがコンバージョンに至ったのかを表す数値です。

  • CTR

    CTR(クリック率)とは、検索結果としてWebサイトがユーザーに表示された回数のうち、実際にユーザーがクリックした回数の割合を表す数値です。検索結果として上位表示されているWebサイトの方がCTR が高い傾向になります。

  • CRO

    CRO(コンバージョン率の最適化)とは、Webサイトへ訪問したユーザーのコンバージョン率を高めるための施策を指します。具体的には、フォームの改善により、フォームの入力完了率を高める施策などを行うことでコンバージョン率の最適化に繋がります。

Webサイト改善関連

  • ABテスト

    ABテストとは、Webサイトやバナーなどを最適化するためにテスト検証を行う方法です。具体的には、A(既存ページ)とB(一部内容を変更)でどちらのパターンがコンバージョン率が高いかを検証します。これを繰り返し、成果の高いパターンを実装していくことによりWebサイトが最適化されます。

  • KPI

    KPI(重要業績評価指標)とは、プロジェクトなどの組織の目標を達成する上での中間目標としての指標となります。WebマーケティングにおけるKPIでは、Webサイトの目標・目的によって変わりますが、PV数やCVRなどをKPIとして設置することが多いです。

  • LPO

    LPO(ランディングページ最適化)とは、コンバージョン率を高めるためにランディングページの改善を行うことです。具体的には、ファーストビューの改善やヒートマップツールを使用してランディングページを最適化していきます。

  • EFO

    EFO(入力フォーム最適化)とは、資料請求やお問い合わせの際にユーザーが入力するフォームを最適化することを指します。ユーザーにストレスを与えずにスムーズに入力を完了させることで離脱を防ぐことが可能です。

  • UI

    UI(ユーザーインターフェイス)とは、プロダクトやサービスとユーザーの接点を表し、WebサイトにおけるUIは、サイトのデザインやボタンなど、ユーザーが見たり触れたりして接する部分を指します。

  • UX

    UX(ユーザーエクスペリエンス)とは、サービスなどを通じて得られるユーザー体験を指します。WebサイトにおけるUXは、フォームの入力手順がスムーズやフォントが読みやすいなどが含まれます。使い勝手が良いなど、ユーザーが感じたことがUXとなります。

  • CTA

    CTA(行動喚起)とは、ユーザーがWebサイトを訪問した際に何かしらアクションを起こしてもらうための要素を指します。つまり、Webサイトのメインビジュアルにあるような資料ダウンロードやお問い合わせのボタンがCTAとなります。

  • MV

    MV(メインビジュアル)とは、Webサイトの上部などにある大きな画像などのことを指します。また、KV(キービジュアル)と呼ぶこともあります。

  • FV

    FV(ファーストビュー)とは、Webサイトが表示された際にスクロールをせず、最初に見える範囲のことを指します。ファーストビューの構成内容次第で直帰率やフォーム遷移率などの数値に影響を与えます。

  • 被リンク

    被リンク(外部リンク)とは、外部のWebサイトから自社のWebサイトへ向けられたリンクのことを指します。SEO対策を行う際に必要な施策の一つとなります。自作自演など不自然な被リンクを獲得するとGoogleからペナルティが課せられる可能性が高いため、逆効果となることもありますので注意しましょう。

  • 内部リンク

    内部リンクとは、自社のWebサイト内のページ同士をつなぐリンクのこと指します。内部リンクを最適化することでクローラビリティ(クロールされやすくなる)が良くなります。

  • ユーザビリティ

    ユーザビリティとは、Webサイトにおけるターゲットユーザーにとって使い勝手の良さを表す指標です。ウェブユーザビリティ研究の第一人者である、ヤコブ・ニールセンは学習のしやすさ・効率性・記憶のしやすさ・エラーを発生させない・主観的満足度の5つの要素により、ユーザビリティが構成されていると定義しています。

Webサイト改善で使用するツールのご紹介

  • Googleアナリティクス Googleアナリティクス

    Googleアナリティクス(GA)とは、Webサイトのアクセス解析を行うためのツールです。Webサイトへのアクセスを様々な観点から分析を行い、Webサイトの状況や問題点を把握するために使用します。具体的には自然検索(オーガニック検索)やリスティング広告でWebサイトに流入してきたユーザーの属性や行動などを分析することができます。ユーザーがどのページへランディングしたのか、フォームへの遷移状況などの行動を分析することで、各問題点を洗い出します。

  • Google Search Console Google Search Console

    Google Search Consoleとは、ユーザーがWebサイトへアクセスする前のデータを取得することができるツールです。具体的にはユーザーがどのようなキーワードでWebサイトに流入しているか、そのキーワードでの表示回数やクリック数、クリック数や平均掲載順位、インデックス状況などを確認することができます。また、Webサイトのセキュリティと手動ペナルティの状況についても確認ができ、サイト改善にも活用いたします。Google Search Consoleでは、Webサイトの検索状況などサイト訪問前のユーザー状況や問題点を確認するツールです。

  • Googleタグマネージャー Googleタグマネージャー

    Googleタグマネージャー(GTM)とは、様々なタグを一括して管理することが可能なタグマネジメントツールです。イメージとしては、タグを一括管理できる箱のようなものです。Googleタグマネージャーをサイト内へ実装することでhtmlを編集せずにタグの追加ができます。また、バージョン管理が可能なため、公開中のバージョンで不具合などが起こった際には、すぐに不具合が起こる前のバージョンへ戻すこともできます。ニュートラルワークスでは、Googleタグマネージャーを使用し、成果を確認するために必要なタグの設置・設定をしております。

  • Googleオプティマイズ Googleオプティマイズ

    Googleオプティマイズとは、WebサイトのABテストを行うツールです。Googleアナリティクスと連携し、計測から分析まで実施することができます。簡易的なテキストやお問い合わせボタンの文言・色の変更などを編集し、簡単に効果検証を行うことが可能です。Googleオプティマイズでは、テストの結果が自動で集計され、実施日数・セッション数・コンバージョン数・コンバージョン率を簡単に確認することができます。ABテスト・リダイレクトテスト・多変量テストを行い、CVRを高めるための効果検証が可能です。

  • ahrefs & SEMRUSH ahrefs & SEMRUSH

    Ahrefs(エイチレフス)はSEO分析ツールです。ahrefsでは、Webサイトのドメイン評価やURL評価の把握だけではなく、競合他社サイトの被リンク(バックリンク)分析や検索順位・上位表示がされているコンテンツ・想定流入キーワードを確認することができます。SEMRUSHは、オールインワン型のSEMツールです。ahrefs同様に検索順位の比較や順位変動のトラッキングなどができます。また、SEMRUSHでは、競合他社と重複しているキーワードの洗い出しも可能です。

  • Mouseflow Mouseflow

    Mouseflowとは、ヒートマップツールです。他のヒートマップツールにはない特徴としては録画機能があることです。ユーザー単位でどのような動きをしているのか、クリックやスクロール、フォーム上での動きなどを確認することができます。ユーザーがページ内にある、どのコンテンツに注目しているのか、ユーザーが離脱したポイントなどを分析することができます。ユーザーの行動を基に分析し仮説を立てて検証していくことで、高い精度の改善が実現できます。

“本当のプロ”

WEBサイト改善コンサルティング
を相談してみませんか?

1分で入力完了

サイト分析の一例

サイト改善施策例

サイトの分析結果に基づいて
適切な施策を行います

サイトのアクセス数が少ない
課題01
サイトのアクセス数が
少ない
アクセス数からの問い合わせが少ない
課題02
アクセス数からの
問い合わせが少ない
  • ランディングページ制作

    ランディングページ制作

    ランディングページ(問い合わせや資料請求獲得に特化したページ)を改善することで、ページ来訪者からの問い合わせ率を改善。問い合わせ数を増やします。

    実施施策例

  • サイト導線改善

    サイト導線改善

    ページ来訪者が見たいページに迷わずたどり着けるよう、サイト内の導線を改善します。わかりやすいWebサイトはサービスへの信頼感を醸成します。

    実施施策例

  • コンテンツ・記事作成

    コンテンツ・記事作成

    サイト来訪者が問い合わせ前に知りたい情報を入手できるよう、サイト内のコンテンツを拡充します。

    実施施策例

    • サービス紹介ページの改善
    • 他社比較ページの作成

ニュートラルワークスでは上記のような課題に対して、
Googleアナリティクスや各種解析ツールを活用して分かりやすく改善のご提案いたします。

Webサイト改善のアウトプット資料

ヒートマップ
活用した改善例

  • 01

    クリックヒートマップ

    クリックヒートマップでは、どこの要素がクリックされているかを可視化します。ユーザーがどこをどのくらいクリックしているのかを把握することで、効果的な導線設計を実現します。また、施策実施後の改善結果の確認にも活用します。

    クリックヒートマップ
  • 02

    スクロールヒートマップ

    スクロールヒートマップでは、ユーザーがどこまでスクロールしているのかを可視化します。極端にスクロール割合が低下している箇所を発見して改善施策を実施したり、スクロール改善施策実施の効果検証で使用します。

    スクロールヒートマップ
  • 03

    アテンションヒートマップ

    アテンションヒートマップでは、ユーザーが注目しているコンテンツを可視化します。主な使い方として2点あります。

    • 1注目されているコンテンツをページ上部へ設置して、スクロール率を上げるための改善

    • 2ユーザーが注目しているコンテンツの下部にフォーム導線を設置し、ユーザーを問い合わせフォームへ誘導します。

    成果を最大化させるためには、ユーザーのモチベーションが高まっている状態の時にフォーム導線を表示して誘導することが重要です。

    アテンションヒートマップ

レコーディング
活用した改善例

実際のユーザーがWebサイトをどのように使用しているかをレコーディングして分析します。ヒートマップは定量的なデータを可視化して分析しますが、レコーディングでは1名ごとのユーザー行動を可視化して分析します。例えば、お問い合わせをしたユーザーがどのようにページを回遊して、どこでどのようにお問い合わせをしたのかを詳細に把握することが可能です。

レコーディング

ヒートマップとレコーディングは併せて活用することで改善すべき点を効率的に発見することが可能です。
ヒートマップでは定量的な数値を確認して分析をし、レコーディングでは具体的にCVに繋がっている
お客様の動きを分析することで導線や設計などの改善すべき点を洗い出します。

“本当のプロ”

WEBサイト改善コンサルティング
を相談してみませんか?

1分で入力完了

お客様の声

株式会社やまぼうし 
金子様

WEBサイトにおけるデザインのクオリティアップからリスティング運用まで、プロフェッショナルの視点で的確なアドバイスとご提案を頂きました。

株式会社NOVASTO 
佐藤様

ブランドイメージを「丁寧なヒアリング」と「デザインの力」で形に。今後はSEOのご提案など集客面でのフォローにも大いに期待しています!

グリーライフスタイル株式会社 
相馬様

決め手はなんといっても「早いレスポンス」と「高いデザイン力」。コミュニケーションも手厚くとってくださるので安心感が違いました。

よくあるご質問

問い合わせからコンサルティング開始までの流れを教えて下さい
お問い合わせ後、弊社のコンサルタントが貴社の抱えている課題や目標をヒヤリング。伺った内容を元にお見積りをご提出し、ご納得頂き次第、ご契約、サービス開始となります。
お問い合わせからコンサルティング開始までに2-3週間かかります。
サイト改善までにどのくらいの期間がかかりますか?
サイトの状況によって大きく変わるため一概には言えませんが、サイト改善は効果が見えるまでには最低3ヶ月はかかります。
中長期的な改善をご検討いただくと、より大きな成果を生み出しやすくなります。
料金体系を教えて下さい
料金は初期費用と月次利用費用に分かれています。サイト分析の規模や、Webページ制作や記事コンテンツ制作の有無によって料金が変わります。
精緻なお見積りについてはオンラインミーティングにて詳細をヒアリングをさせていただき、お見積りを作成いたしますので、まずはお問い合わせ下さい。
ホームページ制作とセットでの依頼は可能ですか?
もちろん可能です。弊社はWeb制作事業を展開しており、Webサイト制作を含めたWebサイト改善を得意としております。制作チームとコンサルタントが密にやり取りできるため、きめ細やかな改善が可能です。
サイト改善とセットで依頼出来るWebサイト制作はどのようなものがありますか?
ニュートラルワークスではキャンペーン用のランディングページやECサイト、採用サイトなどの多種多様なサイト制作実績があります。お気軽にお問い合わせください。
コンテンツマーケティングにも注力していきたい
リード獲得に繋がりやすいキーワードの選定や記事作成代行も行っています。
ニュートラルワークスでは成果に繋がるリード獲得のご支援も行っておりますのでお気軽にお問い合わせください。
競合他社が多い業界のため、成果が出るか不安
ニュートラルワークスでは2020年7月より自社サイトのマーケティングに注力し、リード獲得に繋がる多数の難関キーワードで上位表示を達成しています。
自社での実績としては「検索流入数が約34倍」「獲得件数は約23倍」と全体的に大幅な増加・改善に成功しています。
自社サイトの改善で培ったニュートラルワークスが保有している数々のナレッジやノウハウをもとに成果に繋がる最適なご提案をさせていただきます。
自社でマーケティングの知見がある担当者がいない
ニュートラルワークスにはマーケティングの知見がある経験豊富なコンサルタントが在籍していますのでサイト運用におけるマーケティングについても現在のご状況や課題感などをヒアリングさせていただき、最適なご提案をいたします。
まずは、お気軽にお問い合わせください。
サイト改善の流れを教えてください
大きく分けると4つの項目に沿ってサイクルを回していきます。改善案の立案→サイト・コンテンツの作成→改善施策の実施→効果計測の流れとなります。
基本的にはこちらの4項目を回し続けていき、Webサイトの改善を行っていきます。
GoogleアナリティクスやGoogleサーチコンソールなどの解析ツールの見方が分からない。
ニュートラルワークスでサイト改善のコンサルティングをご契約いただいた場合、各種解析ツール等から想定される問題点や改善すべきポイントを分かりやすく資料におまとめし、その資料を元に改善提案のオンラインミーティングを行っておりますのでご安心ください。
SEO対策を依頼することは可能でしょうか?
もちろん可能でございます!ニュートラルワークスではSEO対策プランもご用意しております。
その他、オーダーメイドなカスタマイズでのプランもございますので、まずはお問い合わせください。
ニッチな業界なのでWebサイトでリード獲得が出来るか不安
ニュートラルワークスでは、業界関係なく改善の実績がございます。
そもそもリード獲得を行うためにはどのようにアクションを起こすべきなのか、また本質的な問題点を洗い出して改善のご提案を行っていきます。まずはお気軽にお問い合わせください。
Webサイト改善ではどのようなツールを使っていますか?
ニュートラルワークスではアクセス解析ツールやヒートマップツール、SEOツールなどの様々なツール活用して、お客様に最適な改善のご提案を行っております。
具体的なサイトの制作実績が知りたい
制作実績ページ・お客様の声ページへ多数実績の掲載がございますので、そちらよりご確認ください。

-ニュートラルワークスについて-

株式会社ニュートラルワークスは湘南・茅ヶ崎を拠点に活動し、 3,000社以上の実績を持つデジタルマーケティングカンパニーです。
高い専門性と実行力を持つメンバーが「ゴール=成果」を見据えて常に最適解を選択し、ビジネスを成功に導くためハンズオン型で支援・伴走いたします。

価格表無料ダウンロード

成果の出る
Webサイト改善

資料はこちら Webサイト改善資料はこちら