SEO

最終更新日: 2022.07.15

SEOを意識したリライトの方法とは?初めての方でも今日から実践できる方法を完全解説!

SEOを意識したリライトの方法とは?初めての方でも今日から実践できる方法を完全解説!

「リライトってどうやって行えば良いのだろう?」そう悩んではいませんか?
リライトはSEOに携わる上で必ず必要なテクニックです。
リライトを正しく行うことができれば、検索順位やコンバージョン数の向上が期待できます。
そこで、この記事ではSEOを意識したリライト方法を解説します。
初めて行う方でも、解説する方法を実践すれば今日から効果的なリライトを行えます。
リライトは検索順位の向上に役立たせることができるが、正しく行わないと、順位を返って下げてしまう可能性があるので、注意が必要です。
よくあるリライトの失敗例や注意点を含めて解説するので、ぜひ参考にしてください。

リライトとは?

リライトとは?

リライトとは、公開済み記事の検索順位をもとにして、記事の修正を行うことをいいます。
新規記事を公開してから、リライトなしでいきなり上位表示される可能性は低く、一度検索エンジンに評価されてから修正を行います。

実際に検索順位がついてから修正を行うことで、上位表示するために必要なコンテンツや改善を導きだしやすく、結果に繋がります。
コンテンツマーケティングを行っているのであれば、リライトは必ず行うべき必須テクニックです。

正しくリライトを行わなければ、順位向上には繋がりませんし、反対に順位が下がってしまう可能性もあるので、この記事を参考にリライトを行ってみてください。

リライトがもたらすSEOの2つ効果

まず最初に、リライトを行うことでどんなSEO効果があるのかを解説します。

  1. 検索順位の向上
  2. ユーザー行動の改善におけるコンバージョン数の向上

リライトは検索順位の向上を目的として行うことは間違いありませんが、ユーザー行動を改善することでコンバージョン数の向上も期待できます。

①検索順位の向上

リライトを行うことによって、検索順位の向上が期待できます。
現在の順位が検索エンジンに評価された結果になるので、ユーザーの検索意図を満たしている、より高品質な記事を書くことができれば検索順位が向上します。
検索順位が向上すれば、当然アクセス数が増え成約数も増えるので、1つでも順位を上げられるようにリライトは必ず行う必要があります。

②ユーザー行動の改善におけるコンバージョン数の向上

検索順位が向上してアクセスが増えるだけでなく、ユーザー行動が改善されることでコンバージョン数の向上が期待できます。

リライトではタイトルや見出しを変更する以外にも、最後まで記事を読んでもらえるように、文章を読みやすくしたり、図解や動画を追加します。

ページ滞在時間が長くなり、記事をしっかり読んでもらうほど、コンバージョン率を高めることができるので、アクセス数と同じくコンバージョン数が増えます。

仮に検索順位が上昇しなくても、ユーザー行動を改善することでコンバージョン数が向上します。

よくあるリライトにおける失敗例

よくあるリライトにおける失敗例

よくあるリライトの失敗例を紹介します。

  • タイトルを何度も変更する
  • 求められているコンテンツを削除してしまう
  • 情報量を無駄に盛り込んでしまう

全て上位表示させるためにしがちなことですが、正しい方法でリライトしなければ結果には繋がりません。せっかくある程度の順位につけていた記事でも、間違ったリライトをしてしまったせいで、順位を落としてしまう可能性もあるので、注意してください。

タイトルを何度も変更する

クリック率が低いことや、関連キーワードが入っていないことから、リライトでタイトルを変更する場合があります。この場合にやってはいけないことは、タイトルを何度も変更することです。
タイトルだけに限った話ではありませんが、一度変更した場合は、1〜2ヶ月は様子を見るようにしましょう。

タイトルを変更しても、すぐには検索結果に反映されません。仮にタイトル変更後に順位が下がってしまったとしても、タイトルが悪くなってしまったとはすぐに判断できません。

また、頻繁にタイトルを変更しているとGoogleにスパムと認識されてしまう危険性もあります。
SEOは相対評価になるので、変更してからある程度の期間は様子を見て、正しい評価がされるまで待ちましょう。

求められているコンテンツを削除してしまう

リライトは検索順位を向上させる目的で行うので、リライト前の順位をもとに判断することが大切です。例えば、すでに10以内で表示されている記事は、良質なコンテンツと評価されていることになるので、大幅な修正を行うことは推奨できません。

さらに上位表示させようとして、求められているコンテンツを削除してしまえば、反対に順位を大きく下げてしまう可能性があるので注意しましょう。
基本的にすでに上位表示がされている記事のリライトでは、コンテンツの削除ではなく、不足するコンテンツの追加や、内部リンクの充実などの対策を行います。

内部リンクとは?SEOへの効果や、おすすめの設置方法までご紹介! 内部リンクとは?SEOへの効果や、おすすめの設置方法までご紹介!

情報量を無駄に盛り込んでしまう

リライトでよくある失敗として、必要以上に情報を盛り込んでしまうことです。
確かに、検索ユーザーが求めている情報は網羅されていることが大切ですが、それは1〜10まで1記事で解説しなければならないわけではありません。

例えば、ダイエット方法を解説した記事で、食事制限の方法から運動方法まで完璧に解説しようと思えば、情報量が多すぎる長文記事になってしまい、ユーザーにとって読みづらいコンテンツとなります。

この場合は、ダイエット方法をまとめ記事として作成し、食事制限の方法や運動方法を別記事で解説、そしてまとめ記事に内部リンクを配置して複数記事で情報を網羅するようにします。
情報量が無駄に多い長文記事は、直帰率や離脱率を高めてしまい、結果的に評価を下げてしまうので、内部リンクを上手く活用してユーザーが見やすいようにまとめましょう。

Googleに評価されやすいコンテンツとは?

Googleに評価されやすいコンテンツとは?

リライトを正しく行う上で、Googleに評価されやすいコンテンツを把握しておく必要があります。

  • ユーザーの検索意図にあったコンテンツを作る
  • 専門性・独自性のあるコンテンツで、検索ニーズを網羅する
  • ユーザー目線でコンテンツを作る
  • PCでもスマートフォンでも表示スピードが早いサイトを作る
  • 他サイトやSNSでシェアされるページを目指す

Googleに評価されるコンテンツを目指してリライトを行わなければ上位表示はできません。
検索ユーザーのことを1番に考えて、必要なコンテンツとなるようにリライトを行ってください。

リライト記事の選定方法

リライトすべき記事の選定方法を解説します。
リライトは、現在の順位によって内容が異なるので、まずは公開した記事の順位を把握することが大切です。

GRCやランクトラッカーなどの順位計測ツールを活用して順位を確認したら、20位以内の記事をリライト対象として考えます。

20以内の記事というのは、記事内容が大きく間違っておらず、リライトを行うことで1ページ目10位以内に表示される可能性が高いからです。

30位以下の場合は、ユーザーの検索意図と異なると評価されている可能性が高いので、リライトで上位表示させるのは難しくなります。

30位以下で全く順位が上昇しない記事の場合は、新規記事を作成した方が良いでしょう。
新規記事対策を行う方は以下の記事を参考にしてください。
SEOとは?SEO対策の基礎から検索エンジン上位表示テクニック解説 SEOとは?SEO対策の基礎から検索エンジン上位表示テクニック解説

また、すでに10位以内に表示されている記事を大幅リライトすることも推奨できません。
すでに良い評価を獲得しているので、コンテンツ内容を大きく変えてしまうと反対に順位を下げてしまう可能性が高いです。

なので、すでに上位表示されている記事の中から、CTRが低い記事だけを抽出して、タイトルの改善のみを行いましょう。他にも、サーチコンソールを確認して、流入しているキーワードでタイトルや見出しに含まれていないものは追加します。

このように現在の順位やCTR、表示回数や流入キーワードを確認して、リライトする記事と改善内容を決めてください。
サーチコンソールとは?使い方と登録方法、アナリティクス連携を解説 サーチコンソールとは?使い方と登録方法、アナリティクス連携を解説 Webサイトの集客状況を分析する際にGoogleアナリティクスと同じくらい役立つのがGoogleサーチコンソールです。サーチコンソールへの登録方法やGoogleアナリティクスとの連携方法について、わかりやすく解説します。

SEO効果が出やすいリライトのポイント

SEO効果が出やすいリライトのポイント

SEO効果が出やすいリライトのポイントを解説します。

  • 検索者が求めていることを改めて考える
  • 上位サイトを参考にする
  • 差別化ポイントを必ず盛り込む
  • サジェストキーワード、関連キーワードを参考にする
  • 共起語を参考にする
  • Q&Aサイトを参考にする
  • なるべくわかりやすい文章にする(専門用語はひかえる)
  • 内部リンク(関連記事への導線)を追加する

このポイントを参考にリライトを行えば、間違って順位を下げてしまうことなく、効果的なリライトが行えるでしょう。

検索者が求めていることを改めて考える

SEOでよくある勘違いとして、検索エンジンに最適化するためにコンテンツを作成していることがあります。タイトルや見出しにキーワードを含めることは、検索エンジンに記事内容を伝えるために大切なことですが、1番は実際に検索して記事を読むユーザーのためです。
キーワードを入れて、検索意図を満たす記事を書くことで、ユーザーの問題を解決することができ、結果的に上位表示されます。

「完璧な検索エンジンとは、ユーザーの意図を正確に把握し、ユーザーのニーズにぴったり一致する答えを返すものである」とGoogleは公式で発言しています。

この発言から、検索者が求めていることを考えてコンテンツを作成することが大切と分かります。
キーワードからどんな記事を執筆すべきか分からないという方は、ユーザーの検索意図を理解できていない状態なので、上位表示することはできません。

まずは対策キーワードで検索するユーザーは、どんな情報を求めているのかを徹底的に考えてから記事を執筆しましょう。

上位記事と比べて不足するコンテンツを補ったり、他の記事では解説していない情報を丁寧に書いたりするなど、様々なリライト方法がありますが、本質はユーザーの検索意図を満たすことなので、自己満足なリライトにならないように注意してください。

上位サイトを参考にする

リライトする際は、上位サイトを参考にしてください。自社よりも良い評価を受けている記事には、必ずヒントが隠れているので、上位10記事をチェックして、自社コンテンツとの差を探しましょう。

不足するコンテンツがある場合は、新たに見出しを追加して情報を網羅する記事を目指します。
また、上位コンテンツとの差を埋めるだけでは上位表示されないので、上位サイトでは解説していないコンテンツを新たに追加します。

不足コンテンツや新たに追加するコンテンツは、上位サイトを最低でも5記事は読み込まないと見えてこないので、タイトル・リード文・見出しを中心にチェックしてください。

差別化ポイントを必ず盛り込む

表示順位を高めるには、他の記事との差別化ポイントを必ず盛り込むことが大切です。
差別化ポイントとしては以下の2つがあります。

  • 他の記事にはない情報
  • 他の記事よりも読みやすく、分かりやすいコンテンツ

まず「他の記事にはない情報」を追加することで、差別化を行います。
例えば最新の情報をどこよりも早く更新したり、他の記事では面倒で解説していない情報を丁寧に解説するなどです。
ユーザーにとって必要な独自性のあるコンテンツは、上位表示するために大切な差別化ポイントになります。
次に「他の記事よりも読みやすく、分かりやすいコンテンツ」にリライトすることで、ユーザーの利便性を高めることができます。
ヒートマップツールを活用して、読まれているコンテンツや離脱しているポイントを確認して、必要な情報を届けられるように改善します。
他の記事と同じ情報が網羅されていたとしても、読了率には大きな差がある可能性もあるので、コンテンツの読みやすさ、分かりやすさを高めていきましょう。

サジェストキーワード、関連キーワードを参考にする

リライトを行う際は、対策するメインキーワードだけでなく、以下のキーワードも考慮してコンテンツを作成することが大切です。

  • サジェストキーワード
  • 関連キーワード
  • 他の人はこちらも検索
サジェストキーワード、関連キーワードを参考にする

サジェストキーワードは、検索窓に入力したキーワードと併せて検索されやすいキーワードのことです。
検索窓でキーワードの後ろにスペースを入力すると表示されます。
「SEO」と検索したユーザーは、他にもSEOの意味や本、SEO対策とは何かを知りたがっていることが分かります。

サジェストキーワード

次に関連キーワードは、検索結果の最下部に表示されています。
関連キーワードは、検索クエリや関連するサイトで使用されている共起語を抽出しています。
考え方としては、サジェストキーワードと同様に、ユーザーの検索意図を知ることができるので、リライトの参考になります。

関連キーワード

次に他の人はこちらも検索は、検索結果から一度ページを閲覧し、検索結果に戻った際に表示されます。

同じようにページを閲覧した他のユーザーが、再度検索したキーワードが分かります。
閲覧したページでは問題を解決できなかったことが分かるので、上位記事に不足するコンテンツや読みやすく改善すべきコンテンツを知ることができます。

再度検索されたキーワードを軸にして、情報を追加すれば他の記事との差別化に繋がります。
リライトする際は、サジェストキーワード・関連キーワード・他の人はこちらも検索の内容を確認して、情報を網羅するようにしましょう。

関連キーワード取得ツールについては、下記のブログもご参考ください。
関連キーワードの取得ツール17選!無料から上級者向けまで徹底網羅 関連キーワードの取得ツール17選!無料から上級者向けまで徹底網羅

共起語を参考にする

共起語とは、キーワードと一緒に使用されることの多い言葉です。
関連キーワードで表示される共起語や、キーワードマップツールで取得した共起語を参考にして、コンテンツ内に追加することで、検索エンジンに記事内容を正確に伝えることができます。
共起語のみをちりばめるだけでは、検索エンジンに内容を伝えることができても、ユーザーの可読性を損なってしまうので、共起語を軸としてコンテンツを膨らませるイメージで追加してください。
読んでいて違和感を感じるほど、無理やり共起語を追加することは本質とは異なるので、ユーザーにとって必要な情報を共起語を使用しながら追加するようにしましょう。

Q&Aサイトを参考にする

サジェストや関連キーワードの他にも、ヤフー知恵袋や発言小町などのQ&Aサイトを参考にしてリライトを行います。
Q&Aサイトには、サジェストには表示されないユーザーのリアルな悩みや疑問が掲載されているので、必要なコンテンツを見つけるのに役立ちます。
Q&Aサイトに掲載されている質問をもとに、コンテンツとして「よくある質問」を掲載することも効果的です。
Q&Aサイトを細かく調査して、コンテンツを作成しているサイトは少ないので、他の記事と差別化するためにも、ユーザーの悩みを調べてみてください。

なるべくわかりやすい文章にする(専門用語はひかえる)

記事を読みやすく改善するには、専門用語をあまり使用しないことが大切です。
ターゲットユーザーによっても変わりますが、初心者向けの記事の場合は、専門用語を使用せずに伝えることを意識してください。
どうしても専門用語を使用する必要がある場合は、用語の解説も必ず行いましょう。
専門用語をひかえて、わかりやすい文章にすることで、離脱せずに最後まで読んでもらえる可能性が高まるので、結果的に検索順位の向上に繋がります。

内部リンク(関連記事への導線)を追加する

長文で最後まで読まれない記事にならないためにも、内部リンクを活用して、複数記事で情報を網羅するようにしましょう。
書籍と異なりWebページが優れている点は、内部リンクを活用することで、ひとつのテーマに絞ってコンテンツを作れることです。
1記事で全ての情報を網羅しなくても、関連記事を内部リンクで挿入することで、ユーザーのページ回遊率を高めることができます。
最も避けたいことは、ページの滞在時間と直帰率が高いことです。
記事を執筆する際は、あらかじめ構成の段階で内部リンクを追加する箇所を決めておくと良いでしょう。
ページ下部で関連記事を自動で表示させる機能もありますが、クリックされなければ意味がないので、手動でコンテンツ内の適切な箇所に追加してください。

リライトにあたっての注意点

リライトにあたっての注意点

最後にリライトにあたっての注意点を解説します。

  • キーワードを詰め込みすぎないように注意
  • 重複コンテンツにならないように気を付ける
  • ここまでリライトのポイントを解説しましたが、リライトすることで却って評価を下げてしまう
  • ことのないように以下の点に注意してください。
  • キーワードを詰め込みすぎないように注意
  • タイトルだけでなく見出しにキーワードを入れることはSEO上大切なポイントです。

しかし、無理やり全ての見出しにキーワードを入れることや、本文中のキーワード出現率を違和感を感じるほど高くする必要はありません。

キーワードを入れる意識は大切ですが、ユーザーが読みにくくなってしまい、届けたい情報が伝わらなければ意味がないです。

Googleのアルゴリズムは日々進化しており、キーワードを無理に詰め込みすぎなくても、コンテンツ全体の内容から書かれている情報を理解しています。
キーワードを無理やり詰め込んだコンテンツは、スパムとして認識される可能性もあるので、ユーザーファーストのコンテンツを意識して執筆してください。

重複コンテンツにならないよう気を付ける

リライトする際は、メディア内の他の記事と重複しないように注意が必要です。
重複コンテンツが存在すると、ユーザビリティを下げてしまい、検索エンジンの評価も悪くなってしまいます。
コンテンツを追加すべき記事の場合は、概要のみ解説して、詳細は内部リンクとして過去記事に誘導するようにすると良いでしょう。
重複コンテンツにならないために大切なことは、過去記事を把握しておくことです。
計画性なしにコンテンツを追加してきたメディアは、いつの間にか記事内容が同じになるキーワードで執筆していることがあります。
この場合は、どちらかの記事を削除して、ひとつの記事に集約させて重複を避けるようにリライトしてください。

まとめ

今回はSEOを意識した効果的なリライト方法を解説しました。
リライトを正しく行えば、検索順位やコンバージョン数を向上できます。
解説したリライト記事の選定方法を参考に、効果に繋がるリライトを行ってみてください。
リライト前の検索順位が30位以上で、順位が長期間停滞している記事は、新規記事で対策しなおした方が良いでしょう。
ユーザーの検索意図から外れている記事を修正するのは難しいので、SEOに強い記事を執筆できるように、キーワード調査や構成の段階から力を入れて対策しましょう。
上位表示できる記事の作成方法が分からないという方は、お気軽にご相談ください!

監修者紹介

石田 哲也

石田 哲也

取締役CMO

Twitter:@te2319
株式会社ニュートラルワークス 取締役CMO。1984年生まれ。高校卒業後にISD株式会社にて起業。株式会社オプトにてWebマーケティングを学び、株式会社メタップスなど複数のベンチャー企業にて事業立ち上げを経験。前職はワンダープラネット株式会社にてゲームプロデューサーとしてスマホアプリゲームの制作に従事。2018年に地元の神奈川へ戻り、ニュートラルワークスにジョイン。SEO/Web広告運用/サイト分析・改善など、Webサイトの運用改善~ゲームアプリ制作や数十万フォロワーのSNSアカウントの運用経験などWebビジネス全般を守備範囲とする。

■経歴
2003年 ISD株式会社/起業
2009年 株式会社オプト/SEMコンサルタント
2011年 株式会社メタップス/シニアディレクター
2013年 ライブエイド株式会社/執行役
2016年 ワンダープラネット株式会社/プロデューサー・BizDev
2018年 株式会社ニュートラルワークス/取締役CMO

■得意領域
Webサイト改善
SEO対策
コンテンツマーケティング
リスティング広告

■保有資格
Google アナリティクス認定資格(GAIQ)
Google 広告検索認定資格
Google 広告ディスプレイ認定資格
Google 広告モバイル認定資格