• mandom
  • new balance
  • panasonic
  • pasona
  • persol
  • HILL
  • Alpen Group
  • Cyber Agent
  • forval
  • GDO
  • 花キューピット
  • Zoff
  • timberland
なぜ今Webサイトの高速化が重要か? なぜ今Webサイトの高速化が重要か?

Webサイトの
表示速度が
もたらすさまざまな影響

サイトの表示スピードを始めとするパフォーマンスの向上は、
Googleからの評価はもちろん、ユーザーの体験・購買意欲に直接影響を及ぼします。
ニュートラルワークスのWebサイト高速化はこのような影響をカバーし、ポジティブな結果へ導くことが可能です。

  • サイトの直帰率に
    大きく影響

    情報収集を目的とした流入の場合は、ほとんどが新規ユーザーでしょう。操作性や速度面が悪ければ、コンテンツを見る前にページから離脱してしまい、二度とサイトを訪れてくれないかもしれません。

  • サイト回遊
    率の低下

    ページの表示速度や反応が遅いサイトは、ユーザーのWebサイトを回遊し続けるというモチベーションを奪います。メディアサイトやECサイトなど、検索やレコメンドが伴い、より高い回遊率がキーとなるサイトでは致命傷になり兼ねません。

  • リピート
    率の低下

    Webサイトの快適さ・使いやすさはユーザーの感覚的な記憶に刷り込まれやすく、リピートの動機になり得ます。商品はよいのに、リピーターになってもらえないという事態を引き起こしてしまうかもしれません。

  • コンバージョン
    率の低下

    魅力的な商品があっても、購入画面に進むまでの全ての画面で逐一表示時間がかかってしまうと、ユーザーは購入をやめてしまいます。

  • SEOランキング
    の低下

    Googleは表示スピードをはじめとするパフォーマンスを検索ランキング要因に組み込むと発表しています。今後は表示スピードのせいで流入減少に至ってしまう可能性があります。

  • さまざまな
    機会の損失

    表示スピードは、コンバージョン率や離脱率の上昇などの直接的なデメリットだけでなく、ブランド自体へのマイナスイメージを持たれてしまう可能性もあるでしょう。

電話相談イメージ

2018年
Googleが発表した
新たな検索ランキング要因

2018年1月18日(木)のGoogleウェブマスター向け公式ブログで発表された、検索ランキングの要因にWebサイトの表示スピードを加味するという「スピードアップデート」。「ユーザーに本当に遅い体験を提供しているようなページについてのみ影響」するという発表ですが、実際にそういったサイトに対して、順位が下がったという報告がありました。

検索ユーザーはできるだけ早く質問に対する回答を見つけたいと考えています。研究(英語)では、ユーザーはページの読み込み速度を非常に気にかけていることがわかっています。 読み込み速度はこれまでもランキング シグナルとして使用されていましたが、それはデスクトップ検索を対象としていました。 そこで 2018年7月よりページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素として使用することを本日みなさんにお伝えしたいと思います。

Googleウェブマスター向け
公式ブログ

数々の有名企業が発表した
分析データに基づく表示スピードと
離脱/直帰率・CV率の関係

現状のWebサイトやモバイルサイトがいかに遅く、遅い表示速度がどのくらい悪影響をユーザー体験に与えているかを調査した結果を、さまざまな有名企業が発表しています。ニュートラルワークスの最先端技術でWebサイト高速化を図ることで、これらの懸念を払拭します。

操作開始時間が3秒のサイトは1秒のサイトに比べ、コンバージョン率は38%低下、直帰率は50%上昇する。

Web担当者
Forum

表示速度が1秒から3秒に落ちると、直帰率は32%上昇する。1秒から5秒で90%、1秒から6秒で106%、1秒から10秒で123%上昇する。

Googleウェブマスター向け
公式ブログ

ユーザーは2秒以内にWebページが読み込まれることを期待している。3秒を過ぎると57%のユーザーがしびれを切らし、訪問を諦める。

マイナビ

表示速度が1秒遅くなるごとにPVが11%、コンバージョンが7%下がり、顧客満足度は16%下がる。

FORBES

CONTACT

高速化・Webパフォーマンスを
あげて、集客・売り上げに
直結するサイトに!
お気軽に
ご相談・お問い合わせください

サイト高速化のご相談無料

Webサイトの表示速度がもたらすさまざまな影響をカバーし、集客・売上げに貢献!

ニュートラルワークスのWebサイト高速化3つのメリット ニュートラルワークスのWebサイト高速化3つのメリット

POINT1

ニュートラルワークスのWebサイト高速化は体感速度が違う ニュートラルワークスのWebサイト高速化は体感速度が違う

「サイト表示速度が0.1秒遅くなると、売り上げが1%減少し、1秒高速化すると10%の売上が向上する。」と言われる昨今。
ニュートラルワークスのWebサイト高速化は、静的にHTMLを生成し、
CDNという高速なコンテンツ配信システムを使用する構成を採用するため、圧巻のページ表示速度を実現できます。

※左が高速化したWebサイト、右が従来のWebサイト。回遊スピードの違いが一目瞭然です。

POINT2

Webサイト表示速度の高速化で直帰率改善とSEO対策 Webサイト表示速度の高速化で直帰率改善とSEO対策

Googleは2021年からコアウェブバイタル*という3つの新たなランキング指標が組み込むことを発表しています。そのうち2つはWebサイトの表示速度に関する指標です。逆に言えば、ページ表示速度をはじめとするパフォーマンスを上げれば検索ランキングが上昇し、流入数が増幅するということ。従来のサイト構成では成し得なかった完璧なパフォーマンススコアを実現し、検索ランキングの向上に貢献します。

  • アクセシビリティ

  • ベストプラクティス

  • パフォーマンス

  • 検索エンジン最適化

*コアウェブバイタルとは?
2021年からGoogleが検索順位に反映する「最大コンテンツ表示速度」「初回入力反応速度」「読み込み時レイアウト変更発生頻度」を測る3つの指標のこと。

POINT3

外部からの侵入ポイントが極限に少ない安全な構造 外部からの侵入ポイントが極限に少ない安全な構造

現在、数々のCMSが開発されています。例えばその代表格であるWordPressは、全世界のwebサイトのうち4分の1※で利用されている程、世界中の人々に使われているサービスです。しかし、年間2,000件の脆弱性が報告されているのも事実です。これは、第3者が閲覧できるサイトの表側と、サイトオーナーのみが閲覧できる裏側(管理画面)が一挙にカバーしていることが原因です。
※参考 https://w3techs.com

サイト全体に対する攻撃の可能性あり。
最悪の場合、丸ごと乗っ取られてしまうことも。

従来型のCMSイメージ
ニュートラルワークスの高速サイトイメージ

一方で、ニュートラルワークスのWebサイトは、サイトの表側と裏側(管理画面)が完全に分離されているため、攻撃者が裏側にはいる隙がなく、改ざん等の被害にあう確率が非常に低いのです。

ニュートラルワークスの高速サイトイメージ 技術構成 データベース:WordPress microCMS ビルト:NUXT.JS Gatsby デプロイ:netlify

CONTACT

一般公開していない制作事例もございます。
制作をご検討の方は是非お問い合わせください

サイト高速化のご相談無料

Webサイト高速化のご相談(無料) Webサイト高速化のご相談(無料)

弊社担当者より1営業日以内にご連絡いたします。

暗号通信を用いて個人情報は安全に守られています。

お電話でのご相談はこちら

0467-37-5958 受付時間
平日10:00~19:00

電話相談イメージ