SEO

最終更新日: 2022.07.15

コンテンツSEOとは?メリット・デメリット、手順やコツを紹介!

コンテンツSEOとは?メリット・デメリット、手順やコツを紹介!
  • SEOとコンテンツSEOは何が違うか
  • コンテンツSEOがなぜ重要か
  • 結局コンテンツSEOは何をすればいいの?

Webサイトを運営していると、上記のような悩みを持っているWeb担当者様も多いのではないでしょうか。

コンテンツSEOはSEO対策の1つの方法ではあるものの、明確な定義はない言葉です。コンテンツを制作さえすれば成果が表れるわけではないため、コンテンツSEOを理解してノウハウを実践することが大切です。

そこでこの記事では、コンテンツSEOについて詳しく紹介していきます。後半ではコンテンツSEOのコツや手順についても触れています。そのため、この記事を読めば、より高品質なコンテンツを作成することができます。コンテンツ制作で悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

SEOとは?SEO対策の基礎から検索エンジン上位表示テクニック解説 SEOとは?SEO対策の基礎から検索エンジン上位表示テクニック解説

コンテンツSEOとは

コンテンツSEOとは

コンテンツSEOとはSEO対策の1つの方法で、自然検索からの流入を目的とした施策です。SEO対策にはサイトの構成を整えたり、サイト構造を示したサイトマップを作成したりとさまざまな施策があります。その中でもコンテンツSEOは、コンテンツ作成に特化した施策です。

コンテンツはユーザーの検索意図に合った内容でなければなりません。その理由は、Googleの検索エンジンがユーザーファーストであるコンテンツを評価しているからです。

そのためには、これから発信しようと考えているコンテンツに対して、ユーザーがどんなキーワードで検索してくるのか考えていく必要があります。また反対に、ユーザーが検索しているキーワードに対してどんな悩みを抱えているのか逆算して、コンテンツを制作していく方法も有効です。

このように、コンテンツSEOではユーザーの検索意図に合ったクオリティーの高いコンテンツを継続的に発信することが大切です。このようなコンテンツの発信を継続していくことで、SEOの評価が高まるため流入が増えていきます。その結果、検索結果の上位表示やアクセス数の増加が実現するのです。

オウンドメディアのSEO対策を基本から施策まで解説 オウンドメディアのSEO対策を基本から施策まで解説

コンテンツマーケティングとの違い

Webサイトに関するコンテンツに関連した施策で、コンテンツマーケティングというものがあります。コンテンツSEOとコンテンツマーケティングは目的が異なっています。コンテンツSEOの目的は、自然検索からターゲットユーザーが自社サイトに流入することでした。

一方コンテンツマーケティングの目的は、コンテンツ配信を通じて集客後にファンとして定着させ、リピーター化してもらうことです。このように考えると、コンテンツマーケティングの戦略のうちに、コンテンツSEOが含まれているとも考えられます。

コンテンツマーケティングの種類は幅広く、媒体はWebサイト以外にもメルマガやSNS、動画配信なども含まれています。

コンテンツSEOのメリット

コンテンツSEOのメリット

コンテンツSEOには以下のように5つのメリットがあります。

  • サイトが資産になる
  • 長期的にみるとコストパフォーマンスが良い
  • 拡散性が高い
  • 幅広い層にリーチできる
  • 信頼度がアップしてブランディングになる

ここからはそれぞれのメリットについて解説していきましょう。

サイトが資産になる

コンテンツSEOによって制作したサイトは、企業の資産になります。コンテンツSEO施策は新聞やCM、リスティング広告といった集客方法に比べて長期的な施策となっています。そのため、すぐに結果は見込めません。しかし資産として持ち続けることができるため、続けていけば以下のようなリターンを得られます。

  • 検索流入からのクリックで問い合わせや契約に繋がる
  • 一度記事をアップすればサイト上に残り続ける
  • 長期にわたり集客効果を維持し続けることができる
  • 認知度アップにつながる

SEOで継続的な流入がサイトにあると、クリック率が向上して問い合わせや契約に繋がります。そしてサイトを運営し続ける限り、一度記事をアップすればサイト上に残り続けます。このような性質から、長期にわたって集客効果を維持し続けることができるのです。公開した記事が結果的に上位表示すれば、より多くのユーザーにサイトを閲覧してもらえるため、認知度アップにも繋がります。

長期的にみるとコストパフォーマンスが良い

コンテンツSEOは短期的に効果が出ることはありませんが、長期的にみるとコストパフォーマンスが良いという性質があります。短期的にアクセスを集めるには、広告を出すという方法があります。確かに広告を出すとすぐにアクセスが集まりますが、高額のコストがかかるというデメリットもあります。またリスティング広告だとクリックされるたびに料金を支払う必要もあるので、必ずしも効果的であるとは限りません。

一方コンテンツの場合は、自社制作も可能です。コンテンツ制作は外注でも可能ですが、制作費がかかってしまいます。そのため、最終的には社内で作成できるようになるのが理想的です。自社でリソースを確保できれば、広告費などをかけずに運用ができます。そのため、長期で見れば維持費がほとんどなくコスパが良いのです。

拡散性が高い

コンテンツSEOのメリットは拡散性の高さにもあります。たとえば、自然流入からの被リンクが得られることで検索結果の上位に表示されるようになっていき、サイトへの流入が増えていきます。また、良質なコンテンツを制作すれば、SNSで拡散される可能性があります。

SNSでの拡散はGoogleのアルゴリズムとは異なるので、違った角度からアクセス数の増加を見込めます。このように、コンテンツSEOは時間がかかるものの、たくさんのアクセスを集めることができるのです。

幅広い層にリーチできる

コンテンツSEOなら、いずれ商品を購入する可能性のある見込み顧客や、潜在顧客にもリーチできるという性質があります。たとえば新聞やテレビCM、チラシなどは掲載期間や放送期間が決まっているため、顕在顧客にしか届かない場合があります。

しかしコンテンツSEOの場合、サイトが存在し続ける限りコンテンツはあり続けます。そのため長期間でマーケティングを行えます。すると顕在顧客だけでなく、潜在顧客にも届けられます。

また、顕在顧客が検索しそうなキーワードで上位表示するコンテンツのみならず、潜在顧客が検索しそうなキーワードで上位表示するコンテンツの両方を作ることで、幅広い集客が可能です。

信頼度がアップしてブランディングになる

コンテンツSEOでは、信頼度がアップしてブランディングになるというメリットもあります。Googleの検索結果では、上位表示されるほど権威性、信頼性が向上するという性質があります。特に自社サイトで専門性を確立できるので、ますます上位に表示されるという好循環が発生します。そのため、コンテンツを通してブランディングにつながるのです。

コンテンツSEOを導入した企業の成功事例

コンテンツSEOを導入した企業の成功事例

コンテンツSEOを導入すると、どのように成功するのでしょうか。ここからは、2つの企業から成功事例を紹介していきます。

株式会社ベネフィット・ワン

株式会社ベネフィット・ワン

出典:ボーグル

株式会社ベネフィット・ワンは福利厚生代行サービスを展開している企業です。広告にかかるコストを見つめ直すため、「ボーグル」というサイトを立ち上げました。

そこで働き方改革や福利厚生について現状を解説したSEOコンテンツをアップしたところ、3ヶ月で1日に1件のコンバージョンを獲得できるようになったのだとか。このように、ユーザーに役立つ情報を発信していくと、サイトの価値も上がっていきます。

クックパッド株式会社

クックパッド株式会社

出典:クックパッド

クックパッド株式会社は、レシピサイト「クックパッド」を運営しています。クックパッド内には「自由研究」というコンテンツがあります。その際キーワードリサーチでユーザー検索意図を調査してコンテンツを制作したところ、およそ1ヵ月でアクセスを急増させることに成功したのだとか。キーワードリサーチの重要性がよくわかる事例です。

コンテンツSEOの手順

コンテンツSEOの手順

では、コンテンツSEOは具体的にどのように制作すればいいのでしょうか。コンテンツSEOは以下の手順で施策を行っていきます。

  • ①ターゲットを決める
  • ②キーワード選定
  • ③競合調査
  • ④オリジナリティを入れる
  • ⑤構成案作成
  • ⑥コンテンツ作成
  • ⑦定期的にメンテナンスする

ここからはそれぞれの手順について解説していきましょう。

1.ターゲットを決める

はじめにターゲットを選定しましょう。ターゲットを選定する理由は、ターゲットを決めないと、誰にも刺さらない内容となってしまうからです。そこで、ターゲット選定ではどんな人のどのような悩みを解決するための記事なのかを考えていきましょう。その際、見込み客の抱えている悩みや知りたい情報を把握することが大切です。

ターゲット選定のコツは、以下3つのポイントを抑えることです。

  • ターゲット像を明確にする
  • 検索意図を分析する
  • 検索時のターゲットの心理状況を考える

なかでもターゲット像を明確にすることは重要です。ターゲット像が決まると、検索意図の分析が進み、ターゲットの心理状況が見えてきます。

2.キーワード選定

ターゲットが決まったら、続けてキーワード選定に進みましょう。キーワード選定では、ターゲット像と検索意図から、どのようなキーワードで検索するか想定する必要があります。キーワード選定に失敗すると意図しないターゲットが流入する恐れが生じるので、重要な工程です。

キーワード選定は以下のステップで進めていきます。

  • ①ターゲットの悩みを洗い出す
  • ②キーワードの候補を出す
  • ③キーワードをカテゴリーごとに整理する
  • ④メインのキーワードを決める
  • ⑤関連するキーワードを探す

先ほど選定したターゲット像を参考に、ターゲットの悩みを洗い出しましょう。次に悩みに関連したキーワードや、その悩みを解決する際に検索するキーワードを出していきます。キーワードが出揃ったらカテゴリーごとに分類し、メインのキーワードを決めます。

メインキーワードを軸にし、関連するキーワードを探していきましょう。関連キーワードがあると、ユーザーの検索に引っかかりやすくなります。
コンテンツマーケティングで成果を出すキーワード選定方法と7つのコツを総まとめ コンテンツマーケティングで成果を出すキーワード選定方法と7つのコツを総まとめ

3.競合調査

キーワードが決定したら、競合調査を行いましょう。競合調査というのは、同じキーワードでヒットするコンテンツを調べることです。上位表示されているサイトの傾向を分析することで、ユーザーがどのようなニーズを抱えているのかを知るための調査にもなります。

競合調査を行う際は、以下についてチェックしていきましょう。

  • タイトル名
  • 構成
  • 内容
  • 図や画像

タイトル名や構成、内容からはユーザーがどんなコンテンツを求めているのかが読み取れます。そして図や画像については、どのようにユーザー理解を助けているのか参考になります。

競合サイトの順位比較!分析ツールおすすめ10選と見るべきポイント 競合サイトの順位比較!分析ツールおすすめ10選と見るべきポイント

4.オリジナリティを入れる

競合調査が完了したら、自社ではどんなオリジナル要素を追加できるか考えてみてください。オリジナリティを入れるべき理由は、SEOコンテンツとして有利になるからです。

検索エンジンはオリジナリティのあるコンテンツを評価しています。別の言い方をすれば、他のサイトと内容が同じであると、検索エンジンはそのサイトを評価してくれないのです。

オリジナリティを加えるには、「E-A-T」を意識するといいでしょう。E-A-Tとは、以下の頭文字をとった略称です。

  • Expertise……専門性
  • Authoritativeness……権威性
  • Trustworthiness……信頼性

専門家や公的機関など権威のある組織から展開されているデータを参照するといいでしょう。また、具体的なデータを盛り込むことで、信頼性が高まります。

E-A-Tとは?SEOでGoogleが重要視する3つの評価基準と対策方法を解説! E-A-Tとは?SEOでGoogleが重要視する3つの評価基準と対策方法を解説!

5.構成案作成

キーワードが決定し、加えるべきオリジナリティが見えてきたら、構成案を作成しましょう。構成案とは、記事を作成するための設計書のようなものです。構成案を作らないと、ターゲットが欲しい情報を網羅しづらくなり、散漫とした記事になる恐れがあります。

構成案を作成することで、盛り込むべきキーワードを整理し、コンテンツの流れをスムーズにできます。そして構成案作成者と記事執筆者が同一でなくても、全体の流れを共有できるので大変便利です。構成案には以下の要素を盛り込みましょう。

  • タイトル
  • 見出し
  • 各見出しの要点
  • 盛り込むべきキーワード
  • 参考URL

タイトルと見出しを設定しておくと、方向性を見失わず意図に沿った記事作成が可能になります。特に各見出しの要点を箇条書きでいいので書いておくと、書き手も執筆しやすく、また企画者と書き手で認識の違いが生まれづらくなります。

このとき、見出しにはSEOのキーワードを散らばせると、よりベストです。他にも、各見出しごとに参考にしてほしいURLを記載する場合もあります。

そしてSEOで成功するには、正しくキーワードを入れていくことが大切です。キーワードを盛り込んで効果があるのは以下の要素です。

  • タイトル
  • メタディスクリプション
  • 見出し
  • 本文
  • 画像ファイル名
  • URL

特にタイトルや見出しはクローラーがキーワードを確認する部分になるので、必須となります。そして検索キーワードとコンテンツが一致していることを示すためにも、本文にもキーワードを盛り込みましょう。また、画像ファイル名やURLに盛り込むとさらに効果的です。ただし、不自然に盛り込むと逆効果となるので、無理矢理盛り込むのは避けましょう。

6.コンテンツ作成

記事の構成案が完成したら、コンテンツ作成に取り掛かります。コンテンツ作成では、ユーザーにとって有益な記事を作成することが大切です。検索エンジンは小手先のテクニックで評価してくれるものではありません。真にユーザーにとって価値のあるコンテンツを評価しているので、コンテンツ作成も丁寧に行います。

そこでコンテンツ作成では以下のポイントを抑えましょう。

  • 記事を読めば読者の悩みが解決できるか
  • 情報量が多く読みやすい記事か
  • 誤字脱字・誤った情報はないか

上記2つのポイントは、ユーザーにとって役立つ記事になってなっているかどうかに関わっています。そして誤字脱字や誤った情報があるとクローラーからの評価が下がり、ユーザーからの信頼も失います。公開前にしっかり確認しましょう。

7.定期的にメンテナンスする

コンテンツを作成して公開が完了しても、そこでSEOの施策は終わりではありません。公開された記事は定期的なメンテナンスが必要です。その理由は、アップしたコンテンツが狙い通りにアクセスを集めているとは限らないからです。

思うようにアクセスが集まっていない場合は、キーワードや見出し、構成の見直しが必要です。また、時間の経過とともに情報が古くなるという特徴も理解しましょう。古くなった情報は更新が必要です。コンテンツに掲載している情報は常に最新であることを心がけましょう。

メンテナンス手順は以下の通りです。

  • ①公開された記事を分析する
  • ②上位表示されない記事はリライトや追記を行う
  • ③古い情報は最新の情報に更新する
  • ④検索順位のチェックをする

アップした記事のアクセスは分析しましょう。その際上位表示されていなかったら、リライトや追記を行う必要があります。コンテンツは中身が充実しているほど評価が高まります。また、古い情報は最新の情報に更新することも大切です。

そして検索順位のチェックをしましょう。コンテンツは検索結果の上位に表示されるまで時間がかかります。そのため、すぐに確認する必要はありません。ただし、コアアルゴリズムアップデートの度に順位変動があるので、必ずチェックしましょう。順位が変わった場合、アップデートがどのように影響を与えたのかを知るための手がかりになります。

【最新版】Googleコアアップデートとは?最新コアアップデート情報や傾向を解説 【最新版】Googleコアアップデートとは?最新コアアップデート情報や傾向を解説

コンテンツSEOのコツ

コンテンツSEOのコツ

コンテンツSEOには3つのコツがあります。

  • ユーザーファーストで検索ニーズを分析する
  • 読者にとってのゴールを考えて設計する
  • 読者に提供できる価値を考える

それぞれのコツについては、以下より詳しく解説していきましょう。

ユーザーファーストで検索ニーズを分析する

コンテンツSEOを行う際は、ユーザーファーストで検索ニーズを分析しましょう。この工程は先ほど紹介した手順「2.キーワード選定」に組み込むといいでしょう。ユーザーファーストとは、ユーザーを第一に考えて行動する考え方のことです。つまり、自社が何を発信したいかという軸ではなく、ユーザーが何を求めているのかという軸で検索ニーズを分析することがポイントとなります。

たとえばユーザーの検索ニーズを分析するために、「サジェストキーワード」や「共起語」を調べるという方法があります。サジェストキーワードとは検索エンジンがユーザーに対して提案しているキーワードのことです。一方共起語とは、検索されているキーワードに対して一緒に使われることが多いキーワードのことです。こうしたキーワードを組み合わせることで、ユーザーのニーズが見えてきます。
コンテンツ記事の制作方法を解説!キーワード選定から記事ライティングまで コンテンツ記事の制作方法を解説!キーワード選定から記事ライティングまで

読者にとってのゴールを考えて設計する

ユーザーにとって価値のあるコンテンツを作成するためには、読者にとってのゴールを考えて設計することが大切です。その理由は、読者にとってコンテンツを読むのは手段を知ることではなく、問題を解決することが目的だからです。

コンテンツを作成する際は、ユーザーにコミットしたものになるようにします。問題に対してどのような解決をしたいのか、コンテンツを読んでからどんな行動を取るべきなのかなど、理想的なストーリーを想定していきましょう。その際、ペルソナを設定することをおすすめします。

ペルソナ設定とはコンテンツの読者となるユーザーの細かい属性を想定することです。ペルソナ設定を行うことで、ユーザーに寄り添ったコンテンツ制作が可能になります。

「ペルソナとは?」聞かれたら答えられますか?マーケティングの基礎知識 「ペルソナとは?」聞かれたら答えられますか?マーケティングの基礎知識

読者に提供できる価値を考える

そしてコンテンツを作成する際は、読者に提供できる価値を考えましょう。読者に提供できる価値とは、役に立つ情報やオリジナリティにあります。役に立つ情報というのは、ユーザーの悩みを解決できる情報のことです。たとえばスキンケア商品を販売している企業は、ユーザーが悩みがちなお肌のトラブルに対する解決策を提供しています。

こうしたコンテンツはユーザーにとって重宝し、リピートしてくれる傾向にあります。そしてオリジナリティとは、他のサイトにはない情報のことです。オリジナリティがあることで競合との差別化が働き、上位表示を見込めるようになるのです。

コンテンツSEOのおすすめツール

コンテンツSEOのおすすめツール

コンテンツSEOを行う際は、ツールを用いると効率的です。SEO対策におすすめのツールについては、以下の記事も合わせてご確認ください。

【必見】SEO対策におすすめのツールを紹介!無料から有料まで初心者でも安心 【必見】SEO対策におすすめのツールを紹介!無料から有料まで初心者でも安心

ここからは5つのおすすめツールを紹介していきましょう。

Google Search Console(グーグル・サーチ・コンソール)

Google Search Console(グーグル・サーチ・コンソール)

出典:Google Search Console

Google Search Consoleは、Googleが展開しているツールです。Google Search Consoleには以下のような特徴があります。

利用シーン ・キーワード調査
・サイトのメンテナンス
・サイトのパフォーマンス確認
機能 ・検索キーワードの確認
・ページ監査
・被リンクの確認
料金 無料

Google Search Consoleでは検索キーワードの確認ができます。どのようなキーワードで検索されているかがわかるので、サイト制作の情報を取得できます。

またサイトに問題点がある場合はアラートを上げてくれるため、サイトのメンテナンスにも役立ちます。そしてどんなページで自社サイトが被リンクされているかを知れるので、サイトのパフォーマンスを確認できます。

Google Search Consoleの詳細はこちらからご確認ください。

【Googleサーチコンソール】使い方/登録方法/アナリティクス連携を解説 【Googleサーチコンソール】使い方/登録方法/アナリティクス連携を解説 Webサイトの集客状況を分析する際にGoogleアナリティクスと同じくらい役立つのがGoogleサーチコンソールです。サーチコンソールへの登録方法やGoogleアナリティクスとの連携方法について、わかりやすく解説します。

Google Analytics(グーグル・アナリティクス)

Google Analytics(グーグル・アナリティクス)

出典:Google Analytics

Google Analyticsは、Googleが展開しているツールです。Google Analyticsには以下のような特徴があります。

利用シーン ・ユーザー調査
・サイトのアクセス解析
機能 ・ユーザーの基本属性の確認
・サイト内での動きの確認
・Webサイトの成果の確認
料金 無料

Google Analyticsはユーザー調査やサイトのアクセス解析に役立つツールです。たとえば、ユーザーレポートからは訪れたユーザーの基本属性を確認できます。

そして訪れたユーザーがサイト内でどんな風に回遊したのかがわかるので、サイトの問題点を見つけることができます。そして申し込みや問い合わせといったボタンがどれだけクリックされたかという成果もチェックできます。

Google Analyticsの詳細はこちらからご確認ください。

Googleアナリティクスとは?登録方法や使い方、分析方法を解説 Googleアナリティクスとは?登録方法や使い方、分析方法を解説 Webサイト運営者の多くはGoogleアナリティクスに登録し、日々のデータを見てサイトの改善を行っています。でも、初めて利用する人には何を見て、どのようにサイトを改善していけばいいのかわかりませんよね?初心者向けにGoogleアナリティクスをわかりやすく解説します。

Keywordmap(キーワードマップ)

Keywordmap(キーワードマップ)

出典:Keywordmap

Keywordmapは、株式会社CINCが展開しているツールです。Keywordmapには以下のような特徴があります。

利用シーン ・キーワード調査
・競合調査
・ユーザーニーズの調査
機能 ・自然検索調査
・競合ドメイン調査
・ユーザーニーズ調査
料金 月額定額制(要問い合わせ)

Keywordmapはユーザーニーズの調査や競合調査に役立つツールです。たとえばユーザーニーズ調査では、検索ワードに対してユーザーがどんな悩みや興味を持っているのかを可視化してくれます。そして競合調査では、キーワードに対してどんなドメインが競合となっているかが分かります。

Keywordmapの詳細はこちらからご確認ください。

Ahrefs(エイチレフス)

Ahrefs(エイチレフス)

出典:Ahrefs

Ahrefsは、Ahrefs社が展開しているツールです。Ahrefsには以下のような特徴があります。

利用シーン ・競合調査
・キーワード選定
・SEOパフォーマンスの確認
機能 ・サイトエクスプローラー
・キーワードエクスプローラー
・サイト監査
料金 月額99ドル〜

Ahrefsは英語圏を中心に展開しているツールですが、一部日本語でも利用ができます。たとえば競合調査なら、サイトエクスプローラーという機能で競合を見つけることができます。キーワードエクスプローラーではキーワード選定が可能です。そしてSEOパフォーマンスの確認ができるので、サイト監査としても役立ちます。

Ahrefsの詳細はこちらからご確認ください。

MIERUCA(ミエルカ)

MIERUCA(ミエルカ)

出典:MIERUCA

MIERUCAは、株式会社Faber Companyが展開しているツールです。MIERUCAには以下のような特徴があります。

利用シーン ・キーワード選定
・公開前のコピペチェック
・コンテンツ公開後のアクセス解析
機能 ・競合流入キーワード調査機能
・コピペチェック
・アクセス解析
料金 月額150,000円〜

MIERUCAはキーワード選定や公開前のコピペチェック、コンテンツ公開後のアクセス解析に役立つツールです。特にアクセス解析はGoogle Analyticsのようなツールがあってもノウハウがないと利用できないことがありました。しかしMIERUCAなら複雑なアクセス解析が簡単に利用できます。

MIERUCAの詳細はこちらからご確認ください。

コンテンツSEOの注意点

コンテンツSEOの注意点

コンテンツSEOには、以下のように4つの注意点があります。

  • 即効性がなく効果が出るまで時間が必要
  • 定期的なメンテナンスが必要
  • 重複コンテンツに注意
  • コンテンツ制作に工数がかかる

ここからはそれぞれの注意点について解説していきます。

即効性がなく効果が出るまで時間が必要

コンテンツSEOには即効性がないため、効果が出るまで時間を要します。その理由は、Google検索エンジンはページをクローラーに知らせてからサイトのインデックスを読み込み、ページを評価するというように、複数の工程を経て評価しているからです。

そのため、コンテンツを作成してから検索エンジンに評価されるまで時間がかかるのです。記事を公開してから半年~1年後にようやく上位表示するかしないかとも言われています。こうした特徴から、コンテンツSEOでは長期的な計画を立てる必要があります。

定期的なメンテナンスが必要

コンテンツSEOで成功させるには、定期的なメンテナンスが必要です。コンテンツにおいてメンテナンスとは、アクセス解析で公開した記事の動向を追い、改善点を見つけて次回の施策に生かす、もしくはリライトを行うというものです。

定期的なメンテナンスが必要な理由は、放置すると検索順位が低下する恐れがあるからです。SEO施策を行ったつもりでも、うまく評価が得られないことがあります。その場合は、見込んだキーワードが正しかったか、コンテンツはユーザーにニーズに沿っていたかなどを確認する必要があります。

また、コンテンツによってはアップしてから時間が経つと、情報が古くなってしまいます。この場合は、定期的に情報を更新して行く必要があります。このように、コンテンツSEOにはメンテナンスを定期的に行うことが重要です。

重複コンテンツに注意

また、コンテンツ制作においては重複コンテンツに注意が必要です。重複コンテンツとは、同じサイト内に存在する同一のコンテンツ、または類似したコンテンツのことを指します。

外部のコンテンツと同一であると、コピペしていると判断されて評価が下がってしまうことは理解できるでしょう。では、なぜ同じサイトに重複コンテンツがあると良くないのでしょうか。その理由は、以下のようなデメリットが存在するからです。

  • 被リンクの評価が分散してしまう
  • 検索結果に表示されなくなる恐れがある

1つ目のデメリットは、被リンクの評価が分散してしまうことです。被リンクとは外部のサイトによって自社サイトのリンクが掲載されることを意味します。被リンクがあるとGoogleからの評価が高くなるため、重要なポイントです。しかし類似コンテンツが複数あると、被リンクが分散してしまうため評価が得られません。

そして2つ目のデメリットは、検索結果に表示されなくなる恐れがあることです。重複コンテンツを作ると、それまでもともとサイト内にあった類似ページが検索結果に表示されなくなる恐れがあるのです。コンテンツSEOは検索結果の上位に表示されることを目的としているので、これでは元も子もありません。

以上が重複コンテンツのデメリットになります。ちなみに、重複コンテンツについてはGoogleからペナルティを受けるといったリスクはありません。しかし、デメリットがいくらか存在するため、注意しましょう。

コンテンツ制作に工数がかかる

また、コンテンツ制作においては工数がかかるという側面があります。上記で紹介したように、コンテンツSEOにはターゲットの選定からメンテナンスまで7つのステップが存在しました。調査が必要であったりオリジナリティを含めなければならなかったり、また、メンテナンスが必要であったりと、一つひとつの工程も簡単ではありません。

こうした点を踏まえると、コンテンツSEOに即効性がないことが分かります。そのため、コンテンツSEOを行う際は、リソースの確保や予算などを確認してから取り掛かるようにしましょう。

コンテンツSEOのまとめ

コンテンツSEOのまとめ

この記事ではコンテンツSEOについて詳しく紹介していきました。コンテンツSEOとはSEO対策の1つの方法で、自然検索からの流入を目的とした施策です。

コンテンツSEOには多くのメリットがあり、特に企業にとってサイトが資産となったり、コスパよく集客ができるという特徴があります。基本的にはユーザーファーストで考えることが重要で、ペルソナ設定をしてユーザーのゴールを想定することで価値のあるコンテンツを作成できます。

コンテンツSEOは長期的な施策であり、思うように結果が出ないこともあるでしょう。そういった場合にはコンテンツSEOに強いプロに頼むのもおすすめです。Webサイト制作はノウハウと実績豊富なニュートラルワークスにご相談ください。ニュートラルワークスでは無料相談を受けています。Webマーケティングにまつわるお悩みを、まずはお聞かせください。

監修者紹介

石田 哲也

石田 哲也

取締役CMO

Twitter:@te2319
株式会社ニュートラルワークス 取締役CMO。1984年生まれ。高校卒業後にISD株式会社にて起業。株式会社オプトにてWebマーケティングを学び、株式会社メタップスなど複数のベンチャー企業にて事業立ち上げを経験。前職はワンダープラネット株式会社にてゲームプロデューサーとしてスマホアプリゲームの制作に従事。2018年に地元の神奈川へ戻り、ニュートラルワークスにジョイン。SEO/Web広告運用/サイト分析・改善など、Webサイトの運用改善~ゲームアプリ制作や数十万フォロワーのSNSアカウントの運用経験などWebビジネス全般を守備範囲とする。

■経歴
2003年 ISD株式会社/起業
2009年 株式会社オプト/SEMコンサルタント
2011年 株式会社メタップス/シニアディレクター
2013年 ライブエイド株式会社/執行役
2016年 ワンダープラネット株式会社/プロデューサー・BizDev
2018年 株式会社ニュートラルワークス/取締役CMO

■得意領域
Webサイト改善
SEO対策
コンテンツマーケティング
リスティング広告

■保有資格
Google アナリティクス認定資格(GAIQ)
Google 広告検索認定資格
Google 広告ディスプレイ認定資格
Google 広告モバイル認定資格