マーケティング

最終更新日: 2022.06.24

コンテンツマーケティングで成果を出す記事制作方法、外注時の注意点

コンテンツマーケティングで成果を出す記事制作方法、外注時の注意点

コンテンツマーケティングにおいて最も大変なのが、実際に記事を制作することです。ただ記事を書けばいいわけではなく、コンテンツマーケティングで求める成果を出せる記事を制作するには必要なステップを踏む必要があります。

自社内で記事制作に割ける十分なリソースがなければ、制作を外注するのも成果を出すために必要かつ効果的な方法です。

この記事ではコンテンツマーケティングに必要な記事制作の手順や外注先の選び方・記事制作を行う際の注意点などを解説します。

コンテンツマーケティングとは?目的やメリットデメリットを解説 コンテンツマーケティングとは?目的やメリットデメリットを解説

コンテンツマーケティングで成果を出す記事制作手順

コンテンツマーケティングで成果を出す記事制作手順

コンテンツマーケティングでは記事を制作することが大切とはいえ、単に記事を量産するだけでは成果を出すことは難しいです。記事を制作する際には、以下のようなステップを踏む必要があります。

  • コンテンツの届け方を決める
  • キーワード選定
  • 記事のアウトラインを決める
  • 記事を執筆する
  • 校正や編集者チェック
  • 記事公開
  • 効果検証

それぞれの手順について詳しく解説します。

コンテンツの届け方を決める

最初にコンテンツをどう届けるかという、コンテンツの届け方を決めることが大切です。コンテンツの届け方によって記事の情報量や文体などが異なるため、コンテンツマーケティングの方向性を決めるためには、届け方から検討します。

コンテンツの届け方の主な具体例は以下のとおりです。

  • 検索エンジンからの流入を目指す(以下:SEO)
  • SNSで拡散
  • メール配信で告知
  • 広告の出稿

SEOとは検索エンジン最適化を意味する用語で、検索エンジンで上位表示させるためにコンテンツやページを調整することをいいます。ユーザーは何らかのニーズを満たすために検索エンジンでキーワードを検索し、表示された結果からいずれかのページを選んで訪問します。

検索エンジンで上位表示されるようになれば検索エンジンからの流入数が増え、コンテンツ閲覧数の増加が期待できるでしょう。

SEOとは?SEO対策の基礎から検索エンジン上位表示のテクニック解説 SEOとは?SEO対策の基礎から検索エンジン上位表示のテクニック解説

SNSを活用する人が多い現代において、SNSでコンテンツを告知・拡散を目指す方法も効果的です。SNSにはTwitterやInstagram・Facebookなどいくつかの種類がありますそれぞれ特徴が異なるため、ターゲット層やコンテンツの内容に合わせて使い分けや工夫が必要です。

コンテンツマーケティングでSNSは結果につながる?おすすめ媒体と活用方法 コンテンツマーケティングでSNSは結果につながる?おすすめ媒体と活用方法

メール配信での告知もひとつの手段です。新しいコンテンツを公開したタイミングだけでなく、人気の記事をより多くの人に見てもらうために配信することもあります。

ただしメールマガジンは開封されない、もしくは開封されても最後まで読み進めてもらえない可能性も高いです。タイトルや導入文・デザインなどに読まれる工夫が求められます。

コンテンツマーケティングのメルマガ活用!メルマガのコツを解説 コンテンツマーケティングのメルマガ活用!メルマガのコツを解説

WEB広告の出稿もコンテンツを広めるのに効果的です。広告はより多くの人に見てもらえる可能性が高く、閲覧数を増やすことができるでしょう。一定の広告費が必要ではありますが、なるべく早いうちに効果を実現したいのであれば有用です。

Web広告の運用方法を知りたい!広告運用スキルの勉強方法は?独学で学べる? Web広告の運用方法を知りたい!広告運用スキルの勉強方法は?独学で学べる?

コンテンツマーケティングで記事制作と最も相性がよいコンテンツの届け方はSEOです。そのため以降はSEOを行う場合を想定して解説します。

キーワード選定

コンテンツSEOを行う際には、キーワード選定が非常に重要です。キーワード選定とはどのようなキーワードによる検索で上位表示を目指すか決めるものです。

コンテンツSEOの成果が出るかはキーワードによって決まるといえるほど、キーワード選定は重要な意味を持ちます。キーワードの選定はいくつかの基準やポイントを考えながら進めます。

キーワード選定は以下の3つのステップで行われます。

  • 自社商材やサービスと近いキーワードか
  • CVにつながるか
  • カスタマージャーニーを作成する

キーワード選定の前提として、自社商品やサービスと近いキーワードを選ぶことが大切です。いくら需要が高くて検索頻度が高いキーワードだとしても、自社商材とまったく異なるキーワードを選んでは購入など具体的なアクションにはつながりにくいでしょう。

コンテンツSEOはコンテンツを見てもらえば終わりというわけではなく、コンテンツをキッカケに購入などのコンバージョン(以下:CV)につなげるための手法です。そのため、まずは自社商材に合ったキーワードをピックアップしていきます。

続いてCVが出そうか検討します。CVとはWEBサイトにおいて求めている成果が実現することです。ECサイトであれば商品の購入、イベント告知サイトであれば参加申込などがCVとなります。

ユーザーのためになる良いコンテンツを制作することも大切ですが、前述したようにコンテンツSEOではCVにつなげることが最終的な目的です。知名度や認知度の向上を目的とすることもありますが、とはいえCVの軽視は避けるべきでしょう。

そのキーワードで良いコンテンツが作れるか、そしてCVにつなげることができそうかを考えたうえでキーワード選定を進めます。

キーワードの候補がいくつか決まったら、競合が対策しているかを確認します。せっかく良いキーワードが見つかったとしても、すでに多くの競合が対策している場合は検索上位表示が難しい可能性が高いです。競合他社の対策状況について把握することも、コンテンツSEOを進めるために有用です。

カスタマージャーニーマップを作成することで、より効率的にキーワードの選定が進められます。カスタマージャーニーとはユーザーがCVに至るまでの流れを旅に例えたものです。どのように商品やサービスを知り、購入などのCVに至るまでどのようなステップを踏むかを表します。以下の3ステップが代表的な例です。

  • 認知(商品・サービスを知る)
  • 興味関心(商品・サービスについてもっと知りたい)
  • 比較・検討(商品・サービスを購入するか考えている)

これらをさらに細分化することも可能です。そしてそれぞれのステップによって、ユーザーが検索するキーワードは異なります。ステップによってユーザーが検索するキーワードを予測することも、キーワード選定を効率的に進める手法です。

カスタマージャーニーマップとは?作り方や企業事例、ツールを紹介 カスタマージャーニーマップとは?作り方や企業事例、ツールを紹介

キーワードの候補が決まったら、ユーザーの検索意図を汲み取りながら対策を進める順番を決めます。

キーワード選定の詳細は、下記の記事もご参考ください。

記事のアウトラインを決める

いきなり記事本文の執筆を始めるのではなく、まずは記事のアウトラインを決める必要があります。記事に含める内容や方向性を明確にすることでスムーズな執筆が可能となります。記事全体にまとまりを作り脱線を防ぐためにも、最初にアウトラインを決めることが大切です。

記事のアウトラインには以下の要素が含まれます。

  • タイトル
  • リード文
  • 見出し
  • まとめ

タイトルには前のステップで決めたキーワードを盛り込みましょう。特にタイトルの先頭部分にキーワードを使用するのが効果的です。ユーザーの求める情報が載っているということをアピールし、クリックしてもらうために押さえたいポイントです。

リード文とは記事最初の導入部分、タイトルから目次の間に書かれた文章を指します。ここで記事の方向性や、記事を読むことで得られるベネフィット・メリットなどを明確にしましょう。

長すぎると本文に進む前に読むのをやめることにつながってしまいますが、端的すぎて具体性に欠けるものでも離脱の可能性が高まります。記事を読み進めてもらうためにリード文は重要です。

見出しもコンテンツを読むかを判断するポイントとなります。そもそも記事全文をしっかり見てもらえるとは限りません。必要な情報が記載されているか先に把握し、それから読みたいと考えるユーザーは多くいます。

記事内容の大まかな把握に見出しが役立ちますが、どんなことが記載されているかわかりにくい見出しでは離脱を招いてしまいます。逆に見出しがわかりやすければ記事内容が把握しやすくなり、読んでもらえる可能性が高まるのです。何が記載されているか・どんなことが解説されているか大まかな内容が伝わる見出しにしましょう。

まとめは記事全体をまとめた部分です。記事内で解説した重要な点を振り返るほか、全体を通して伝えたい結論を記載します。まとめ部分にCTA(Call To Action:アクションを促す要素)を設置する手法もよくみられます。

本文執筆に移る前に、まずは記事のアウトラインを決めましょう。ただしリード文やまとめは記事本文を執筆してからのほうが進めやすいことも多いです。記事の内容や方向性を決めながらタイトルや見出しを決定し、やりやすいタイミングでリード文やアウトラインを作ります。

記事構成案の作成方法は、下記の記事もご参考ください。

記事を執筆する

記事のアウトラインが決まったらいよいよ記事本文の執筆です。記事内容のレベルや盛り込むべき情報量などはコンテンツの目的やターゲット層によって異なるため、今回の記事における解説は割愛します。ここではどの記事でも共通して押さえるべきポイントを紹介します。

まず文字装飾は、読みやすい記事にするため非常に効果的です。重要な部分を太字にする、特定箇所は文字の色を変えるなどの装飾がよく見られます。文字が多いとどうしても単調になりがちですが、ポイントを絞って文字装飾をすることでメリハリがつきます。

適した口調や記事の温度感はある程度自由が効く部分ですが、使う言葉はどのようなコンテンツであっても注意が必要です。

特に、「決めつけ」や「命令」などの攻撃的な言葉や誤解を招きやすい言葉は避けるようにしましょう。コンテンツ内容が良いものであっても、言葉遣いが原因で悪印象を受けてしまう・ひどい場合は炎上してしまう可能性もあります。

読みやすい文章にするには、文末にも注意しましょう。「~ます。」「~です。」とさまざまな文末がありますが、同じ文末が続くと単調で読みにくい印象になってしまいます。同じ文末が続くのは2回までに抑え、なるべく文末を変えるようにします。

記事は文字がメインではありますが、他の表現方法を取り入れるのも効果的です。画像や動画などのほうが情報を伝えやすいのであれば、それらも併せて活用するとより良いコンテンツになります。商品の説明やレビュー記事などは、画像や動画も使うとわかりやすいでしょう。

文字だけで十分なコンテンツ内容であっても、画像で華やかにしたいと考えるのであればバランスを見ながらフリー画像などを挿入するのも有用な手法です。

校正や編集者チェック

記事が執筆できたからといって、すぐに公開するのはリスクがあります。まずは自身で校正をしたうえで編集者がチェックをします。

校正とはコンテンツを見直し、修正するべき部分がないか確認をすることです。校正時には、内容そのものだけでなく、誤字脱字や前述したような語尾の連続がないかも確認します。

レギュレーション(コンテンツを作成するうえで守るべき共通ルール)に違反している箇所がないかの確認も重要です。また校正や編集者チェックの際には、以下を必ず押さえましょう。

  • コピペチェック
  • 出典の記載有無・誤りがないか
  • リンクが適切か

他者が制作した記事の一部でもコピペ行為は犯罪です。著作権侵害で賠償請求をされてしまっても、拒否することはできません。コンテンツマーケティングを進めるうえで非常にリスクの高い行為なためコピペチェックは念入りに行いましょう。ツールを使用すれば短時間でコピペチェックができます。

コピペチェックツールの代表例として「CopyContentDetector」が挙げられます。無料プランで4,000文字まで、有料プランで8,000文字までチェックが可能です。直接的なコピペだけでなく、他のコンテンツと類似している部分の多さについても確認できます。

どうしても別のコンテンツに使われた文を使う必要があるならば、引用というかたちで掲載します。引用の際は必ず出典元の記載が必要です。引用部分を明確にし出典元を記載することで、他者の制作物をコンテンツ内で使用することができます。出典の記載があるか、内容が誤っていないか確認しましょう。

コンテンツ内にリンクを挿入している場合、リンク先が適切に設定されているか注意が必要です。特に外部リンクの場合は別サイトにも迷惑をかけてしまう可能性があるため、しっかり確認しましょう。

記事公開

記事の校正や編集者チェックが完了したら公開となります。SEOの場合、記事公開のタイミングにそれほどこだわる必要はありません。都合の良い状態になったら記事を公開しましょう。一方で、SNSの場合には公開時間によって成果が大きく変わります。

良いタイミングで公開できれば多くの閲覧や拡散が期待できますが、注目を浴びることができず流されてしまっては成果が見込めません。もしSNSを活用したコンテンツマーケティングを行うのであれば、公開の時間にもこだわりましょう。

効果検証

記事公開から一定期間を経たら、効果検証を行います。SEOコンテンツの場合は、狙ったキーワードで検索した際に上位表示されるかというのが指標のひとつです。選定したキーワードでの検索順位や、検索エンジンからの流入数をチェックします。

もし検索順位や流入数において効果が得られていなければ、SEO対策が不十分である可能性が高いです。軽微な修正から大幅なリライトまでさまざまな改善方法があるため試してみましょう。ヒートマップや読了率まで確認することで、改善するべきポイントが見つけやすくなります。

なお実際に効果が出ているかどうかを比較するために、検索順位や検索エンジンからの流入数などの推移を把握できるチェックツールを使用すると便利です。手軽に利用できるツールへのリンクをいくつか紹介します。

検索順位の動きをチェックできるツール「BULL」はこちら

検索順位の動きをチェックできるツール「GRC」はこちら

Google検索での流入数などSEO成果をチェックできる「Googleアナリティクス」はこちら

確認するべきは検索順位や流入数だけではありません。最終的なゴールはコンテンツを通して自社商品の売上などCV獲得につなげることです。

もしSEOの成果は出ているのにCV率が低いのであれば、導線の整備やアクションを促す文章などが必要となります。SEO的な観点だけでなくコンテンツで実現したいと考えていた成果がしっかり出ているかを確認し、そのうえで必要な修正を行いましょう。

【外注先別】記事制作時のポイント

【外注先別】記事制作時のポイント

コンテンツマーケティングにおいて必要な記事制作には一定以上の時間がかかります。無理に自社内ですべて対応するのではなく、記事制作を外注するのも有用な手段です。

ただし記事制作を外注するときにはいくつか注意点があります。外注先によって押さえるべきポイントが違うため、それぞれ解説します。

クラウドソーシング

クラウドソーシングとは不特定多数に向けて案件を公開して募集を行い、応募者から条件が一致する人を選んで業務を依頼する業務の形態です。比較的安価にコンテンツ制作を依頼できます。

クラウドソーシングで外注依頼をするのであれば、サイトを使って募集を行うのが効率的です。報酬や納期など必要情報を入力し、募集の掲載文を作成したら公開します。あとはクラウドソーシングサイトに登録しているワーカーから応募が届くのを待ち、条件の合う応募者が見つかれば正式に発注します。

クラウドソーシングによる依頼はサイトなどのプラットフォームを使用しますが、ライター本人と直接やり取りが可能です。そのためスピーディーな連絡や意思疎通が期待できます。また比較的柔軟な対応がしやすく融通が利きます。記事内容にもよりますが、文字単価1円前後という低コストでの依頼も可能です。

ただしライターの能力はかなり幅が大きく、制作された記事が望むクオリティに達しないこともあります。また契約書などを交わすことがあまりないためライターの意識が低いこともあり、納期を守ってもらえない・レギュレーションチェックが甘いなどのケースが他の外注方法と比べて高めです。

クラウドソーシングで外注を依頼する場合には、選定するライターの実力や意識がかなり大きく影響します。公開されている実績や他の案件で受けた評価などを確認しましょう。

納期を守ってもらうには、やや手間ではありますがマメな連絡が効果的です。レギュレーションのためにマニュアルを用意し確認してもらうのも良いでしょう。

また安価で依頼できる点が魅力的とはいえ、安すぎる報酬ではライターのレベルも相応になりがちです。求めるレベルや相場に合わせた報酬設定をする必要があります。

有名なクラウドソーシングサイトとして、クラウドワークスやランサーズが挙げられます。どちらも大手で多くのライターが登録しているため、募集後すぐに応募が届くでしょう。

クラウドワークスの使い方はこちら(公式サイト)

ランサーズの使い方はこちら(公式サイト)

記事制作代行会社

個人のライターと直接契約するのではなく、記事制作代行会社に発注する方法もあります。記事制作代行会社は高い能力を持つライターを抱えているため、コンテンツのクオリティが保証されています。

コンテンツ制作における進行管理やライターとのやり取りなど記事制作に関連する一連の作業をすべて任せられるため、自社の負担は小さめです。

また品質や納期・レギュレーションなどの管理もしっかりしており、記事のクオリティや納期遅れなどのリスクが低い点も大きな強みといえます。手間削減や安心感の獲得を優先とするならば、しっかりとした記事制作代行会社への外注をおすすめします。

ただし記事制作代行会社は、クラウドソーシングに比べて費用は高くなります。クラウドソーシングのように1文字1円前後で依頼できることはほとんどありません。

一般的な内容のコンテンツでも2~3円、専門性が求められる難易度の高い記事であれば5円以上かかるケースも考えられます。会社によって報酬は大きく異なるため、依頼検討時や見積り依頼時にしっかり確認するようにしましょう。

記事制作代行会社に依頼する場合も、クラウドソーシングと同様に実績の確認が必要です。掲載されている事例には必ず目を通しましょう。

ただしレベルが高く信頼できそうな会社だからといって、安易に依頼するのは危険です。会社によって得意とするジャンル・特色が違うため、自社サイトやコンテンツ内容と相性が良さそうかという観点からも検討が必要です。

事前にいくつかの会社を比較したうえで相場を押さえておき、予算感を決めておくことが大切です。

記事制作代行会社のなかでも特に大手なのが、サグーワークスです。またアフィリエイト秘書.comやリファイドなどさまざまなサービスがあるため、ぜひ複数の会社をチェックしてみましょう。

サグーワークスの公式サイトはこちら

アフィリエイト秘書.comの公式サイトはこちら

リファイドの公式サイトはこちら

SEO対策コンサル会社

SEOコンテンツの制作なら、SEO対策のコンサル会社に外注するのも効果的な方法です。このような会社はSEO対策に関する高い専門性を持つため、成果の実現が期待できます。SEO対策に力を入れたいと考えるのであれば、SEO対策コンサル会社に外注するのも良いでしょう。

コンテンツSEOではただ良い記事を執筆すれば良いというわけではなく、SEOへの意識も必要です。契約したライターがSEOに対する理解がない人の場合、キーワードの適切な活用が行なわれない可能性もあります。

SEO対策のコンサルティングをメイン事業とする会社であれば、SEO対策が甘くなってしまう心配はありません。記事制作だけでなくSEO対策のコンサルティングサービスも受けられる場合もあるため、自社内でSEOのノウハウを身につけることも可能です。

記事制作代行会社と同様、クラウドソーシングでの外注に比べると費用は高くなりがちです。またコンサルティングも一緒に受けるのであれば、別料金が必要になることもあります。予算に余裕がない場合は、記事制作とコンサルティング両方を依頼するのは難しいかもしれません。

SEO対策コンサル会社に外注する場合も、事例などから記事制作における実績の確認は欠かせません。自社サイトとの相性が良さそうであるかも検討しましょう。いくら良さそうな会社であっても、ジャンルや内容などの相性が悪いければアウトプットにズレが発生しやすくなります。

またコンサルティングも受けるのであれば、達成したい目標を明確にすると良いでしょう。記事制作は外部に任せるならSEOについて概要を理解する程度で済みますし、将来的に自社で記事制作をできるようになりたいなら具体的な執筆方法までコンサルティングを受けるべきです。

SEO対策コンサル会社の例として、株式会社ニュートラルワークス・株式会社IAMmedia・株式会社ヒトノテなどが挙げられます。複数の会社を比較して、自社に合いそうなところを選びましょう。

コンテンツマーケティングに強いSEOコンサルの選び方|おすすめコンサル会社も解説 コンテンツマーケティングに強いSEOコンサルの選び方|おすすめコンサル会社も解説

株式会社ニュートラルワークスの公式サイトはこちら

株式会社IAMmediaの公式サイトはこちら

株式会社ヒトノテの公式サイトはこちら

コンテンツマーケティングの記事制作は内製化?外注?

コンテンツマーケティングの記事制作は内製化?外注?

コンテンツマーケティングにおける記事制作は内製化と外注どちらが良いのでしょうか。どちらにも別のメリットがあるため、自社の状況や考え方によって選ぶべき手段は異なります。

記事制作を内製化するか外注にするか選ぶための考え方として、それぞれのおすすめポイントを紹介します。

内製化がおすすめな場合

記事制作にあたって、以下のようなケースでは内製化のほうがおすすめです。

  • コンテンツ内容の専門性が高い
  • 炎上リスクが高い
  • 対策キーワードの数が少ない
  • 自社内である程度の記事制作リソースがある

コンテンツ内容の専門性が高い場合、専門知識を持たない外部の人では有用なコンテンツを制作できない可能性があります。専門性の高い記事は、必要な専門知識を持った自社スタッフが対応するのが確実です。

また炎上リスクが高い内容も、外注するのは危険でしょう。専門知識がないとそもそもどこにリスクがあるのかわからない場合もあります。責任を取れないと断られてしまう可能性もあるため、リスクのある記事は内製化がおすすめです。

対策キーワードの数が少ないならば、プロに外注することなく自社で十分に対応できるでしょう。また自社内である程度の記事制作リソースを割ける場合も、わざわざ外注する意味はありません。外部の力を借りる必要性がないならば、内製化のほうが効率的な可能性が高いです。

外注がおすすめな場合

一方で以下のようなケースでは外注をおすすめします。

  • コンテンツのテーマが一般的
  • 対策キーワードの数が多い
  • 記事制作リソースが足りず自社での対応が難しい

コンテンツのテーマが一般的、すなわち専門性がそれほど高くないならば外部に依頼しても求める品質のコンテンツが期待できます。特別な知識がなくても十分に執筆可能なテーマならば、外注したほうが効率的に進むでしょう。

対策キーワードの数が多い場合、自社ですべてを対応するのはかなり負担となってしまいます。SEOに関する専門知識や深い理解が必要となるため、プロに外注して任せるのが安心です。

記事制作のリソースが足りない場合も外注したほうが良いでしょう。リソースが足りないのに無理して内製化しようとしても記事の質、量のどちらも中途半端になってしまいます。。記事制作に割ける十分なリソースがないのであれば外注がおすすめです。

内製化と外注、どちらにもそれぞれ違ったメリットがあります。どちらが適しているのかを考えたうえで、コンテンツ制作の進め方を決めましょう。

コンテンツマーケティングで記事制作を行う際の注意点

コンテンツマーケティングで記事制作を行う際の注意点

コンテンツマーケティングで記事制作を行う際には、ただ記事を制作すればいいわけではありません。注意点をしっかり把握したうえで、必要なポイントを押さえながら記事制作を進めることが大切です。

記事制作を行う際に押さえるべき注意点を紹介します。

量産すれば良いわけではない

現在のSEOでは、ただ記事を量産すれば良いわけではありません。かつて記事の文字数やコンテンツの量が評価基準とされていた頃は、質は二の次でとにかく文の量・コンテンツ量ともに増やすという方法がとられていました。

しかし今はコンテンツの質が大きく関係するため、単純に量産するという手法では検索上位に表示させることはかなり難しいです。

もちろん記事本数はWEBサイトの印象やトータルの閲覧数に影響するため重要な指標ではありますが、質の高い記事を制作することにも力を入れる必要があります。実際に少ない記事本数でもSEO対策に成功し、しっかりと成果を出しているコンテンツマーケティング事例も存在します。

量よりも質を重視したコンテンツマーケティングのほうが、顧客ロイヤルティの獲得やブランド力の向上・ファンの獲得などにつながりやすいです。記事制作においては、質の高い記事を制作することを優先していきます。

とはいえあまりにもコンテンツ制作・公開頻度が低いと、成果を得るまでにかかる時間がかなり長くなってしまうことがあります。質のために納期を決めない・納期が破られても指摘しないという対応では、業務を進めるうえで支障も出てしまいます。

高品質な記事を制作できるだけの時間的余裕を確保しつつも、明確な納期や週・月あたりの目標本数などを定めて制作を進めていくようにしましょう。

導線設計を確認する

記事コンテンツの役割は集客であり、最終的なゴールは獲得したユーザーに商品購入などのアクションを起こしてもらうことです。実際に売上などにつなげるためには、記事からアクションまでの導線を作る必要があります。

導線設計はとにかく記事内にCTAを設置すれば良いというわけではありません。検索エンジンからコンテンツにたどり着いたユーザーの検索意図やニーズを考える必要があります。そこからユーザーのアクションを予測し、どうすれば具体的なCVを獲得できるか予測して導線を設計します。

よくある導線設計の例が、記事のまとめ部分や最後にCTAを設置する方法です。コンテンツを読み終えたユーザーを課題解決や願望達成などの実現に導くため、次のステップを提案するかたちで誘導します。記事の途中であっても、適切なタイミングで導線設計ができれば効果が期待できます。

導線設計を確認する際には、効果検証の欄で紹介したヒートマップの活用が便利です。ヒートマップを見れば、特に読まれているエリアや離脱されてしまうポイントなどを把握できます。記事内容とのバランスを見る必要はありますが、よく見られているエリア付近にCTAを設置するとCVが期待できます。

またWEBサイト全体でよく見られているページや、記事を読み終えたあとにユーザーが起こす行動などの確認も必要です。ユーザーのアクションを確認することで、より効果的な導線設計ができるようになります。
売上を作るコンテンツマーケティングの導線設計方法を解説!種類別の事例も紹介 売上を作るコンテンツマーケティングの導線設計方法を解説!種類別の事例も紹介

記事コンテンツ以外も検討する

コンテンツマーケティングといえば記事コンテンツのイメージが強いですが、記事コンテンツだけが成果を出すわけではありません。最近では画像や動画など、記事以外のコンテンツも成果を出すようになっています。

実際にSEOでも、記事ではなく画像や動画などが上位表示されるケースも増えています。例えば「アジ 捌き方」というキーワードでGoogle検索を行うと、検索上位に出てくるのは記事ではなく動画です。

「ブラウス 着方」というキーワードの検索結果では、画像が最初に表示されます。文字よりも動画や画像のほうが伝えやすく需要が高い内容であれば、良い記事を制作しても検索上位を実現できない可能性があります。

コンテンツマーケティングで成果を出すにあたって、必ずしも記事コンテンツで進めなければならないわけではありません。もし自社商材やキーワードに記事コンテンツ以外のほうが適していると考えられるなら、画像や動画を活用したコンテンツマーケティングを検討しても良いでしょう。

記事コンテンツとそれ以外のコンテンツでは、コンテンツの制作方法や適したジャンルなどは異なります。しかしコンテンツの届け方や押さえるべきポイントなどには共通点が多く見られます。どのコンテンツであってもSEOへの意識や品質の重要性・導線設計の必要などは変わりません。

ユーザーが求める情報を最もストレスなく伝えられる方法を選ぶことが大切です。記事のみに固執せず、適切なコンテンツを選ぶ必要があります。

コンテンツマーケティングの記事制作は企画が命

コンテンツマーケティングの記事制作は企画が命

コンテンツマーケティングの記事制作が成功するかは、記事執筆に入る前の段階でほとんど決まってしまいます。どのような企画を立てるべきか、どのようなアウトラインであればユーザーが満足できるコンテンツになるかを執筆前に考えなければなりません。

自社内で記事制作を進めるための十分なリソースやノウハウがない場合には、外部パートナーに依頼することも成果を出すために有効な手段です。内製化にこだわり過ぎず、必要に応じて外注も行いましょう。

株式会社ニュートラルワークスではSEO対策をした記事制作をお受けいたします。自社メディアの検索流入数を34倍・CV獲得件数を24倍まで成長させた実績を持ちます。

記事制作代行に関する具体的な案内ページはこちら

コンテンツマーケティングの記事制作にお悩みであれば、ぜひ株式会社ニュートラルワークスへご相談ください。

著者紹介

石田 哲也

石田 哲也

取締役CMO

Twitter:@te2319
株式会社ニュートラルワークス 取締役CMO。1984年生まれ。高校卒業後にISD株式会社にて起業。株式会社オプトにてWebマーケティングを学び、株式会社メタップスなど複数のベンチャー企業にて事業立ち上げを経験。前職はワンダープラネット株式会社にてゲームプロデューサーとしてスマホアプリゲームの制作に従事。2018年に地元の神奈川へ戻り、ニュートラルワークスにジョイン。SEO/Web広告運用/サイト分析・改善など、Webサイトの運用改善~ゲームアプリ制作や数十万フォロワーのSNSアカウントの運用経験などWebビジネス全般を守備範囲とする。

■経歴
2003年 ISD株式会社/起業
2009年 株式会社オプト/SEMコンサルタント
2011年 株式会社メタップス/シニアディレクター
2013年 ライブエイド株式会社/執行役
2016年 ワンダープラネット株式会社/プロデューサー・BizDev
2018年 株式会社ニュートラルワークス/取締役CMO

■得意領域
Webサイト改善
SEO対策
コンテンツマーケティング
リスティング広告

■保有資格
Google アナリティクス認定資格(GAIQ)
Google 広告検索認定資格
Google 広告ディスプレイ認定資格
Google 広告モバイル認定資格