マーケティング

2020.11.30

アクセス解析とは?アクセス解析の重要性とできること、アクセス解析で課題を見つける方法を解説

アクセス解析とは?アクセス解析の重要性とできること、アクセス解析で課題を見つける方法を解説

Webマーケティングに携わる人にとってアクセス解析は避けて通れない業務です。でも、なぜアクセス解析が重要なのか、ちゃんと理解して分析していますか?アクセス解析の重要性と分析方法、ポイントについて基本的なところからご紹介します。

アクセス解析とは?

アクセス解析とは?

アクセス解析とは、Webサイトから成果を上げるための課題を発見したり、改善のヒントを導き出したりするのに必要な作業です。Webサイトを訪れたユーザーに、最終的に起こしてほしいアクションのことをコンバージョン(CV)といいます。たとえば、商品の購入や資料請求、お問い合わせなど、事業内容によってどのようなアクションがCVになるかはさまざまですよね。事業の売上をアップさせるには、CVにつながる導線を工夫しなければなりません。そのために行うのが、アクセス解析です。

Webサイトの運営担当者は、サイトへのアクセス数(PV)ばかりを追ってしまいがちですが、事業として成果を伸ばすためにはCVにつながるサイト作りをしなければなりません。アクセス数やユーザーの動向を数値として確認し、そこから課題を発見し、改善策を打ち出すことがアクセス解析の目的となります。

アクセス解析では、PV数・CV数・直帰率・リピート率などWebサイトの基本的な状況を示す数値をチェックします。さらに、ユーザーの基本属性や、広告・検索・SNSなど、どのようなチャネルからサイトへ訪問しているかなど細かな情報を確認することも可能です。どのページがもっとも多く見られているかや、どのページで離脱しているかなどを確認することもでき、サイトの利便性や快適さなどを追求することにも役立ちます。

なぜアクセス解析が重要なのか、アクセス解析でできること

なぜアクセス解析が重要なのか、アクセス解析でできること

Webサイトの運営において、アクセス解析がどうして重要なのかしっかりと理解できていますか?アクセス解析の重要性について、一度おさらいしてみましょう。

1、過去~現在までのWebサイトの集客状況の確認

自社のWebサイトに、どの程度のユーザーが訪問しているかを確認することができます。過去~現在までの各数値をもとに、集客数自体が増加しているかどうか、逆に極端に減ったり流入がストップしたりしていないかどうかなど随時確認する必要があります。

突然大幅に集客数が減ったり、サイトへの流入がストップしている場合には、システム障害や広告掲載の異常、検索順位の変動などが起こっている可能性があります。こうした集客の異常や障害にいち早く気づき、対処するためにもアクセス解析は重要です。

2、Web広告やマーケティング施策の効果測定

アクセス解析は、Web広告の効果的な運用や、マーケティング施策の効果測定に役立ちます。どんなマーケティング施策も実行するだけでは意味がありませんし、Webサイトの動向を数字として見るだけでも成果は上がりません。数字そのものはあくまでも数字です。そこから集客数の増加やCV数の増加につながる「発見」「分析」をするのがアクセス解析の根本的な考え方です。

Webサイトで成果が変動した場合には必ず「なぜ成果が出なかったか(出たか)」という原因を追求をしていきましょう。数値の変化に対し、実際に行った集客方法やマーケティング施策を照らし合わせながら、柔軟な視点でサイトの評価や改善提案を繰り返すことが重要です。

3、コンバージョン(CV)に繋がるユーザーの分析

アクセス解析の重要な目的の一つは「CVにつながるユーザー」を分析できる点です。実際に自社の商品やサービスを購入してくれたり、資料請求や問い合わせなどのアクションを起こしてくれたユーザーは、どのような行動をとっているか?という傾向を知ることができるのです。

たとえば、CVがあった時間帯や曜日を見てみたとき、休日の20時~24時の間に反応が多い傾向にあったとします。その場合、CVが増える時間や曜日にあわせてメールマガジンの配信やSNSのお知らせ投稿をするなどといった工夫ができますよね。このように、アクセス解析は、CVに直結する施策を考えることに大いに役立ちます。
CVR(コンバージョンレート)とは?計算式と平均%、CVRの改善方法を解説 CVR(コンバージョンレート)とは?計算式と平均%、CVRの改善方法を解説 Webマーケティングに関わる人にはCVR(コンバージョンレート)は必ず知っておくべき用語です。では、CVRはどう計算されているのか、何%くらいが平均で低い場合はどう改善すればいいのでしょうか?CVRを基本的なところから解説します。

アクセス解析ツールはGoogleアナリティクスがおすすめ

アクセス解析ツールはGoogleアナリティクスがおすすめ

アクセス解析を行うためのツールは、Googleアナリティクスがもっとも一般的です。
日本国内の企業のおよそ75%が、アクセス解析にGoogleアナリティクスを利用しています。Googleアナリティクスの特徴は、データの正確性が高く、数字にできる項目の種類が多いこと。また、Webサイトの状況をすぐにデータとして反映させる即時性も高いです。

Googleアナリティクスは広く使用されているツールですから、関連するノウハウ書籍や活用セミナーなども多く、解析に不安のある方もサポートが受けやすいというメリットもあります。初心者でも主要な数値のチェックは簡単にできますが、中級者以上向けの高度なレポートを見ることも可能なので、幅広いレベルのユーザーに愛用されています。
関連リンク:Googleアナリティクスとは?登録方法や使い方、知っておくべき必須の4機能をわかりやすく紹介

アクセス解析前に決めておきたいこと

アクセス解析前に決めておきたいこと

アクセス解析を行う前に、決めておきたい「目標値」を設定しておきましょう。Webサイトの状況から目標を設定することで、今後どのように売上アップにつなげていけばよいかがわかりやすくなります。

1、WebサイトのKGI(最終目標)を決める

ビジネスにおいて、最終目標となる指標のことをKGIといいます。まずはWebサイトだけで達成したいKGIを決めておきましょう。自社のビジネス全体の目標に対して、Webサイトの集客でどの程度の成果をあげられるのが理想的かを明確にします。

このKGIは、ビジネスの成果に直結する数値を設定する必要があるため「売上〇万円」「CVR〇%アップ」など具体的な数字を設定してください。サイトを運用していく上でブレることがない大きな目標として、慎重に設定することをおすすめします。
KPI、KGIとは?とは?目標達成のためのKPI、KGIの重要性、マーケティングでの活用方法 KPI、KGIとは?とは?目標達成のためのKPI、KGIの重要性、マーケティングでの活用方法 重要な指標を設定し、目標達成のために具体的な施策を考えるためにKGI、KPIを設定する手法が一般的です。では、具体的にどのようにKGI、KPIを設定すればいいのでしょうか?OKR、KSFの紹介とあわせて解説します。

2、WebサイトのKGIを達成するためのKPI(中間目標)を決める

KPIとは、KGIを達成するまでの中間目標のことをいいます。Webサイト運営は長期的な戦略で進めることも多いため、途中経過としてKPIを設定する必要があります。まずは、WebサイトのKGIを達成するために必要なことを細分化して書き出しましょう。

細分化した各項目は、CSF(重要成功要因)になります。CSFは「サイト訪問者数を増やす」「商品単価を上げる」「リピート率を上げる」などの行動目標になります。一方KPIは「初回訪問時の購入率20%アップ達成」「自然検索の流入数を1,000まで引き上げる」などのように、具体的な目標数値で設定します。

KGIとKPIは、自社のビジネス全体の目標から枝分かれする「ロジックツリー」のフレームワークを使って考えていくとわかりやすいです。
ロジックツリーとは?問題を分解し、具体的な解決策を探す方法をわかりやすく解説! ロジックツリーとは?問題を分解し、具体的な解決策を探す方法をわかりやすく解説! ロジックツリーはあらゆるビジネスでの役立つフレームワークです。企画業務に携わる人だけではなく、営業・人事…あらゆる職種の人に役立ちます。問題を分解し、具体的な解決策を見つける方法をロジックツリーを作成して見つけましょう。

3、KGIとKPIの測定方法を考え、モニタリング体制を整える

KGIとKPIの測定で躓く場合も少なくありませんので、モニタリングする体制を整えていくようにしましょう。すでにアクセス解析ツールを利用している場合は、現在のWebサイトの状況からKGI、KPIの測定をします。

CVにつながるチャネルが複数ある場合には、それぞれから発生している収益のバランスがとれているか、改善できることや放置している問題はないかなどを探ってみましょう。

ただし、どの程度の数値を設定すればいいかわからないというケースも決して少なくありません。そんなときは、競合サイトのデータを分析できるツールを使用して、目標数値の目安を探ってみましょう。競合サイトのデータを取得するには「SimilarWeb」や「eMark+」といったツールが便利です。

アクセス解析での課題の見つけ方、確認すべき指標

アクセス解析での課題の見つけ方、確認すべき指標

先にも述べたように、Webサイト運営においてアクセス解析は「やりっぱなし」では意味がなく、課題や施策を考え、実行や実験をしてこそ成果につながります。課題の見つけ方や、確認しておきたい指標についても理解しておきましょう。

1、主要な数値を決まったサイクルでモニタリングする

アクセス解析を行うときは、主要な数値を、決まったサイクルで継続してチェックしていきましょう。主要な数値とは、Googleアナリティクスの「ユーザー」→「概要」の下記項目の数値になります。

  • ユーザー
  • 新規ユーザー
  • セッション
  • ユーザーあたりのセッション数
  • ページビュー数
  • ページ/セッション
  • 平均セッション時間
  • 直帰率

アクセス解析は「ときどき」や「たまに」行うのでは意味がありません。ビジネスのジャンルによっては、季節ごとに数値が変動しますし、季節的な変動がない場合でも月ごと、週ごと、日ごとに特徴や傾向が見えてくるはずです。直近1ヶ月のデータを見るだけでも、上に挙げた主な数値は規則的に変動していたり、特徴的な傾向が読み取れたりすることでしょう。主要の指標は、決まったサイクルで継続的に分析を行っていくことが大切です。

2、集客チャネルを分析する

集客チャネルをチェックし、そこから分析を行いましょう。チャネルとは、Webサイトに訪問した人の経路をグルーピングしたものです。サイトへの入口であるリンクは、検索結果一覧、SNSのシェア、外部サイトのリンク、広告など複数の場所に存在しています。さまざまな流入経路をそれぞれ大まかに分類したのがチャネルです。Googleアナリティクスの「集客」→「すべてのトラフィック」→「チャネル」の順に進むとレポートが表示されますので確認してみましょう。

Googleアナリティクスの「チャネル」で確認できるのは、おおまかには下記項目です。

  • Organic Search(検索エンジン経由での訪問)
  • Direct(URLの直接入力やブックマークからの訪問)
  • Referral(他サイトからのリンクを辿っての訪問)
  • Social(SNSからの訪問)

前項でお伝えした「主要な数値」のユーザーやセッションの数値は、その内訳を「チャネル」のレポートで細かく調べることができます。ユーザーやセッションが大幅に伸びたり減ったりした場合、その原因を特定しなければなりませんよね。チャネルのレポートでは、どのチャネルの数値が変動しているかを確認できます。

Organic Searchが変化したならSEOに原因がある可能性が高く、Referralの数値が伸びているなら、どこかのサイトから優良なリンクが張られたり、紹介されたりしているかもしれません。Socialの数値が上がっているようであれば、FacebookやTwitterで拡散された可能性があります。このように、チャネルの数値を分析することによって、自社サイトのページがどこでどう動きを見せているかはおもしろいほどによくわかるものです。

3、検索ワード(検索クエリ)を分析する

検索ワードのことを、Googleアナリティクス上では「クエリ」と呼んでいます。クエリは、ユーザーの意図が含まれるユーザー目線の語句です。この検索クエリからもさまざまなユーザーの動向が分析できます。

  • どんなクエリでのサイト流入が多いか
  • 流入数が多いクエリの意図を読み解く
  • 直帰率の高いクエリはどれか
  • CV率の低いクエリはあるか

成果に結びつくいいクエリと、チャンスを逃している悪いクエリ、両方が存在していることもあります。ユーザーの意図を解決できるコンテンツがあるかどうかや、クエリとCVがしっかり結びついているかなど分析してみてください。

Googleアナリティクスでクエリを確認するには、「集客」→「Search Console」→「検索クエリ」の順に進みましょう。具体的な検索クエリを見るには、Googleサーチコンソールというツールをアナリティクスに連携させる必要がありますので、この機会に導入することをおすすめします。

4、ランディングページのセッション数と直帰率を分析する

Googleアナリティクスの「行動」→「サイトコンテンツ」→「ランディングページ」に表示されるレポートを見てみましょう。

ここでは、集客に貢献している上位のページを見ることができます。ここで直帰率が高いページがある場合、そのページを修正したり、リライトすることでサイト全体の直帰率を改善できます。Webサイトのページをやみくもに修正していくことはおすすめできません。まずは改善効果が高いページを探し、ピンポイントで修正を行っていくのが効率のいい方法だといえます。

5、コンバージョン(CV)までのページ遷移を確認する

CVに至ったユーザーの動向を分析するためには、CVまでのページ遷移を確認することが重要です。Googleアナリティクスでは、ユーザーがCVに至るまでの閲覧ページを3ページ前まで遡って確認できます。ユーザーがどのような心理で、どのような行動に出るかを分析するには、辿ったページの分析が必要なのです。Googleアナリティクスでページ遷移のデータを確認するには、コンバージョンの目標を設定する必要があります。未設定の場合はこの機会に設定しておきましょう。

まとめ

アクセス解析は、単純に数字を見るだけでは不十分であることが理解できたのではないでしょうか。数値を項目ごとに分解しバラバラに切り離してみることで、施策やアイデアなど、ひとつの道筋としてつなぎ合わせていくのがアクセス解析の目的となります。

しかし、アクセス解析にかかる工数や時間が多いことでお悩みの方や、目標の設定方法などがわからず不安な方も多いことと思います。ニュートラルワークスでは、SEO施策からWeb広告での集客、各種モニタリングを代行しております。インターネット集客やWebサイトの運営でお困りの方は、ニュートラルワークスまでお気軽にご相談ください。

著者紹介

三木 五月

三木 五月

代表取締役社長

神奈川県の湘南でWeb制作会社を経営しています。湘南をシリコンバレーみたいにしたく、社員一丸で突っ走っています! 座右の銘は「好きこそものの上手なれ」。成熟した文化、自然豊かな湘南で一緒に働いてくれる仲間を絶賛募集中です! 詳しくは採用ページをご確認ください。