マーケティング

最終更新日: 2023.01.25

記事構成案の作り方!検索で上位表示を狙うためのポイントや注意点

記事構成案の作り方!検索で上位表示を狙うためのポイントや注意点

Webメディアやブログでは、検索上位を狙うために、記事構成案を作成することが求められます。しかし、どのような記事構成案を作成すれば、検索上位に表示されるのか、悩まれている方も多いのではないでしょうか。

この記事で紹介する記事構成案の作り方やポイント、注意点を押さえることで、記事が検索上位に表示される確率を高められます。

記事構成案の作り方を学ぶことで、有益な情報発信を可能にして検索流入を得られます。ぜひ参考にしてみてください。

記事構成案とは?

記事構成案とは?

記事構成案とは、記事を作成するための設計図です。執筆前に作成することによって、執筆時間を短縮させたり、目的がブレることなく最後まで記事を完成させたりできます。

記事を検索上位に表示させたい場合に、記事構成案に必要な要素は以下のとおりです。

  • 対策キーワードと関連ワード
  • 記事の目的
  • ターゲットユーザー像
  • タイトル
  • 本文の見出し(目次)
  • 各見出しの執筆内容

このように記事構成案は、タイトルと見出しだけが並んでいるものではありません。記事の目的やターゲットユーザー像をはっきりさせたうえで、各見出しの執筆内容まで指示するものが理想です。

記事構成案の役割

記事構成案の役割

記事構成案には4つの役割があります。

それは、

  1. SEOで上位を狙う戦略づくり
  2. 情報収集を効率化させる
  3. 記事のテーマと内容のズレを防ぐ
  4. スムーズに執筆するために全体像を把握する

です。

一つずつ解説します。

SEOで上位を狙う戦略づくり

記事構成案づくりは、SEOで上位を狙う戦略づくりです。

設計図なしに家が建たないように、記事構成案なしに検索上位を狙う記事の執筆は難しいのです。

検索上位を狙って執筆された記事は、検索ユーザーの抱えている問題を解決することが求められます。ユーザーは問題を解決したいために、Googleなどの検索エンジンで検索をするからです。

ここでいうユーザーが解決したい問題とは、「○○について知りたい」というライトなものから、「○○に困っていて解決したい」という真剣なものまで含まれます。

このように多種多様なニーズを抱えた検索ユーザーを満足させるためには、記事構成案が欠かせません。

記事構成案があれば、誰の(ターゲット)、何を(悩みや問題)、どうやって解決するか明確にすることができます。

このように記事構成案を作ることには、SEOで上位を狙う戦略づくりの役割があります。

記事作成のコツは何?Web記事の作り方を初心者向けに解説 記事作成のコツは何?Web記事の作り方を初心者向けに解説

情報収集を効率化させる

記事構成案を作成しておくと、執筆時の情報収集を効率化できます。

検索上位に表示させる記事を作成する場合は、知っていることを書くのではなく、検索ユーザーが求めていることを書く必要があります。あくまでユーザーの検索意図に応えることが求められるのです。

そのため、執筆には情報収集が欠かせません。

特に記事作成の現場では、記事構成案を作成する方と、執筆する方が違う場合も多くあります。そのときにディレクターなどが、記事構成案を作成しておくことで、ライターは見出しに対応した部分を狙って情報収集できるので、とても効率的です。

このように記事構成案を作ることには、情報収集を効率化させる役割があります。

記事のテーマと内容のズレを防ぐ

記事構成案は、あらかじめテーマと見出し、見出しの内容まで決めるので、執筆しているうちにテーマからズレることを防ぎます。

特に検索上位に表示される記事は、ユーザーの抱える問題を解決することが重要です。テーマと内容のズレが生じると、ユーザーは記事から離脱してしまったり、問題を解決できなかったりしてしまい、結果的に検索上位に表示されません。

このように記事構成案を作ることには、記事のテーマと内容のズレを防ぐ役割があります。

スムーズに執筆するために全体像を把握する

執筆スピードを高めるには、記事の全体像を把握する必要があります。

そのため、記事構成案を作成しておくと、どの見出しに何を執筆するか決まっているため、ライターが迷いを感じることが少なくなるのです。

また、全体像を把握しているからこそ、前半に執筆した内容を後半に重複して執筆してしまうようなことも減らせます。

このように記事構成案を作ることには、記事の全体像を把握してスムーズな執筆を可能にする役割があります。
スマホで記事作成ができるおすすめアプリ7選!隙間時間に記事が書ける スマホで記事作成ができるおすすめアプリ7選!隙間時間に記事が書ける 本記事では隙間時間に記事作成ができる、スマホ対応のおすすめアプリの紹介と、利用するメリットやデメリット、選び方などについてまとめています。アプリで隙間時間をうまく使えれば、時間を有効活用しながら記事が書けるようになるでしょう。

記事の基本的な構成

記事の基本的な構成

ここまで記事構成案について紹介してきましたが、ここで記事の基本的な構成をおさらいしましょう。

各構成の説明と役割について紹介します。また、どのような内容を書くべきか解説します。

記事構成案の作り方を紹介するときに、重要な前提情報となります。しっかり押さえておいてください。

タイトル

タイトルとは、記事の題名のことです。タイトルにはユーザーにクリックして記事を読んでもらうために、記事の内容を把握させたり興味を持たせたりする役割があります。

検索上位を狙う記事であれば、対策キーワードやどのような内容の記事なのかわかるような文言にしましょう。

対策キーワードが含まれていないと、検索結果に表示されない上に、記事の内容が想像できないとクリックされにくくなります。

したがってタイトルには、対策キーワードと記事の内容が想像できる文言を入れましょう。

さらに、この記事を読んだらどのような結果を手に入れられるのかを、短い言葉で入れましょう。その結果、さらにクリック率が高まり、記事の評価を受けやすくなります。

リード文

リード文は、タイトルと本文をつなぐ文章です。記事にアクセスしたユーザーに、本文を読むモチベーションアップの役割があります。

検索ユーザーの悩み、悩みを放置してしまった未来、悩みを解決した未来、悩みの解決方法について書きましょう。可能であれば、その悩みに対して解決できた実績を入れられるのが理想です。

ユーザーの悩みを書くことは、問題提起になります。その後に、その悩みを放置してしまった場合と解決した場合とを対比させることで、記事を読むモチベーションを高めます。

悩みの解決方法は、記事の概要となります。さらに悩みを解決した実績を入れることで、より本文を読んでもらえるようになります。
記事タイトルとは?例や文字数、SEOに効果的な付け方のコツを解説 記事タイトルとは?例や文字数、SEOに効果的な付け方のコツを解説 このページでは、ユーザーがコンテンツに興味を持つかどうか左右される記事タイトルについて、作り方や注意点などを解説しています。タイトル作成に役立つツールやキーワードの選定方法などについてもまとめているので、SEOにお役立てください。

本文

本文は、記事のメインです。検索ユーザーのニーズを満たす役割があります。

ユーザーの悩みを解決する方法や、ユーザーの知りたい情報を書いていきましょう。

検索で上位表示を狙うには、この本文の質が重要です。検索ユーザーに、いかに再検索させないかが検索順位を高めるポイントになります。

まとめ

まとめは、記事内容を総括するものです。総括をした上で、検索ユーザーの行動を促す役割もあります。

検索ユーザーの行動を促す具体的な方法は、いくつかあります。本文で述べた解決方法などを再度伝える、あるいは問題を解決するためのファーストステップを強く促してもいいでしょう。

ただ記事をおさらいするだけではなく、検索ユーザーの背中を押すようなものにするのが理想的です。

記事構成案の作り方

記事構成案の作り方

それでは具体的に記事構成案を作成するステップについて、紹介します。

記事構成案を作るステップは、全部で7ステップです。

  1. キーワード選定と関連ワードの洗い出し
  2. ユーザーの検索意図を探る
  3. ターゲットと記事の目的を決める
  4. 記事の情報を収集する
  5. タイトルと見出しで目次を作る
  6. 関連する潜在ニーズを探る
  7. 各見出しで執筆する内容を決める

一つずつ解説します。

キーワード選定と関連ワードの洗い出し

検索で上位表示させたいキーワードの選定と、そのキーワードの関連ワードを洗い出しましょう。

なぜなら、実際にキーワードで検索したユーザーに有益な情報を提供しなければ、記事を上位表示させることができないからです。関連ワードは、次で紹介する検索意図を把握して、記事の質を高めるために欠かせません。

キーワード選定と関連ワードの、洗い出しは以下の記事を参考にしてください。

キーワード選定の方法
SEO記事のキーワード選定方法を解説 SEO記事のキーワード選定方法を解説 本記事では、SEO記事作成に必要なキーワード選定について、SEOの基本から選定方法や重要なポイントまで詳しく解説しています。自身が運営するサイトの評価を高めるためにも、キーワード選定を正しく理解したうえで、SEO施策に取り入れていきましょう。

関連ワードの洗い出し方法
関連キーワードとは?サジェストとの違いや関連キーワードツールを紹介 関連キーワードとは?サジェストとの違いや関連キーワードツールを紹介

ユーザーの検索意図を探る

検索行動を起こすユーザーの目的や理由を探りましょう。

対策するキーワードで実際に検索をして、検索結果で上位表示されているサイトを調べます。上位表示されているサイトは、検索ユーザーの求める情報を網羅しているため、そこから検索意図を読み取るのに役立ちます。

検索する行為には、必ず理由があります。例えば、「記事 構成案」と調べる方は、おそらく記事構成案がどういうものか知りたい、検索で上位表示される記事構成案を作る方法を知りたい、と考えているでしょう。

それらを想像するだけではなく、対策したいキーワードを検索して、検索上位のサイトを確認すると、よりニーズに合う構成案作成につながります。

具体的な検索意図の調べ方は、こちらの記事を参考にしてください。
検索意図とは?種類や調べ方、SEOでの重要性を解説 検索意図とは?種類や調べ方、SEOでの重要性を解説 効果的なSEO施策を行うためには、ユーザーニーズに応えられるサイトやコンテンツの作成が求められます。本記事では、そのために重要となるユーザーの検索意図を理解し、活用するために必要な基礎的な知識と、調べ方や応用方法について解説しています。

ターゲットと記事の目的を決める

ユーザーの検索意図をもとに、想定されるターゲットユーザー像を書きだし、彼らをどのような状態に導くか決めましょう。

そうすることで、誰に向けて書いているのかわからない記事になりにくく、どのような結論に向かって書いているのかブレにくい記事構成案を作成できます。

例えば、「記事 構成案」というキーワードで記事を作成するのであれば、想定されるユーザーは、オウンドメディアを運営するマーケティング部の担当者と設定できます。また目的は、上位表示させる記事構成案を作成できる状態にすると決められます。

このように記事のターゲットと目的を決めておくことが重要です。

記事の情報を収集する

対策するキーワードで検索をしてみて、検索上位のサイトにはどのような情報が掲載されているか調べましょう。

ただし、この時点では、検索結果の上位をなぞっただけの記事構成案になってしまいます。

したがって、検索上位のサイトだけではなく、関連した書籍やSNSなどの投稿についても調べるのがおすすめです。

そうすることによって、検索結果の上位サイトに掲載された情報を網羅しただけの記事になりにくくなります。

検索上位のサイトの情報と、関連書籍の情報やSNSなどの投稿の情報を収集しましょう。

タイトルと見出しで目次を作る

タイトルと見出しは、本を作るように設定していきましょう。本には、タイトルがあり、1章、2章などの大見出しと、その各章の下層の小見出しに分けられていることが多いです。

このように記事の目次も、本の目次のように構造を作り、論理的に並べる必要があります。

検索ユーザーが記事に求めているのは、整理された情報です。情報が論理的に整理されていないと、ユーザーにわかりにくいと感じさせてしまいます。その結果、記事の途中で離脱してしまうことにつながります。

特に注意する点は、以下のとおりです。

  • タイトルと大見出しの関係に違和感がないか
  • 大見出しと小見出しの関係に違和感がないか
  • 大見出しと小見出しがもれなくダブりなく並べられているか

やみくもに見出しを作成して並べるのではなく、論理的に並べることを意識してください。

さらに検索ユーザーが知りたい順番に並べたり、検索ユーザーの問題を解決する順番で並べたりすることも重要です。

見出しの並べ方は、上位表示された記事の目次を参考にしてみましょう。

関連する潜在ニーズを探る

潜在ニーズを探るには、設定した見出しから、さらに見出しの内容を検索すると見つかります。

潜在ニーズとは、ユーザー自身が気づいていない欲求のことです。潜在ニーズを満たすことは、ユーザーにとってサプライズになることが多く、満足度を高められます。

よく潜在ニーズと一緒に使われる言葉として、顕在ニーズという言葉があります。こちらは自分自身で気づいている欲求です。顕在ニーズは、対策キーワードを検索して、上位サイトを見れば、だいたい把握できます。

しかし潜在ニーズは、対策キーワードの検索だけでは見つかりません。

だからこそ、前のステップで作成した見出しから、さらにその内容を検索して、潜在ニーズを探りましょう。

各見出しで執筆する内容を決める

最後に検索ユーザーの顕在ニーズと潜在ニーズを満たす内容を、箇条書きしましょう。記事構成案が完成したら執筆に進むので、箇条書きで問題ありません。

執筆前に、各見出しで執筆する内容を決めることで、記事内容の漏れや重複を防ぐことができます。

このステップを飛ばして、執筆を始めることもできますが、漏れや重複の修正には時間がかかります。

特に検索で上位表示されるような記事だと、5,000文字を超えるようなものも少なくありません。必ず各見出しで執筆する内容を、箇条書きしておきましょう。

以上が記事構成案の作り方です。

記事構成案を作る際のポイント

記事構成案を作る際のポイント

記事構成案を作るときに、欠かせないポイントが3つあります。

  1. タイトル・見出し・本文にキーワードを入れる
  2. 一目で内容がわかる見出しをつける
  3. 1つの見出しで伝えることは1つにする

一つずつ解説します。

タイトル・見出し・本文にキーワードを入れる

対策キーワードを、タイトルと見出し、本文に入れましょう。特に意識すべきなのは、タイトルと見出しです。なぜなら、タイトルと見出しには、検索エンジンにとって重要なHTMLタグをつけるからです。

検索エンジンに記事の内容を認識してもらうために、どのようなキーワードに対して作成された記事なのか把握してもらう必要があります。

ただし、検索エンジンにタグを認識してほしいからといって、無理に小見出しや本文に、意図的に文章がおかしくなるほどキーワードを詰め込むことは避けましょう。対策キーワードの検索意図を理解して、記事構成案を作れば、小見出しや本文に自然と対策キーワードが入るからです。

だからといって、記事構成案の作成段階で、あまりにもキーワードが入らなそうな内容であれば、キーワード量は見直してください。

一目で内容がわかる見出しをつける

できるだけ対策キーワードや言葉の意味が重複しないように、内容をイメージできる見出しをつけてください。

Webのユーザーは、ネット記事を飛ばし読みする傾向があります。スクロールするスピードも速いです。見出しをCSSなどで装飾したり、文字サイズを大きくしてたりしても、文字数の多い見出しは読んでもらえません。

そのため、対策キーワードや言葉の意味が重複しないようにするべきなのです。また内容が一目でわかるようにしましょう。

1つの見出しで伝えることは1つにする

1つの見出しで伝える主張や事実は、1つまでにしましょう。複数の主張や事実を見出しに入れるのであれば、別の見出しを作成したほうがよいです。

無理に1つの見出しで複数のことを伝えると、何を伝えたいのかユーザーは理解しにくくなってしまい、ライターも何を書けばよいのかわからなくなってしまいます。

仮に新たに別の見出しを作成して、その見出しの執筆内容が少なくなってしまっても、問題はありません。

あくまで1つの見出しで伝えることは1つにしましょう。
SEO記事は構成が大事!記事の作成方法を解説 SEO記事は構成が大事!記事の作成方法を解説

記事構成案を作る際の注意点

記事構成案を作る際の注意点

記事構成案を作るときに、注意点が3つあります。

  1. 独自性のあるコンテンツを心がける(コピーコンテンツにしない)
  2. 無理にキーワードを盛り込まない
  3. 誰が読んでもわかりやすい内容にする

一つずつ解説します。

独自性のあるコンテンツを心がける(コピーコンテンツにしない)

記事構成案の作成時、情報収集の方法に注意をしましょう。なぜなら対策キーワードの上位サイトだけを参考にして記事構成案を作ると、他社サイトの記事に似たものができてしまうからです。

もちろんキーワードごとに検索意図があるので、どうしても似たようなコンテンツになってしまうこともあります。しかし、検索上位のサイトがどれも似ているからといって、コピーをしてはいけません。

そのために記事構成案の作り方で前述したとおり、対策キーワードの検索だけで情報収集を終わらせずに、関連ワードでの検索、関連書籍、SNSなどの投稿も参考にしましょう。

情報収集の範囲を広げれば、独自性のあるコンテンツに近づきます。
記事作成おすすめツール14選!ライティングに役立つツールを厳選 記事作成おすすめツール14選!ライティングに役立つツールを厳選

無理にキーワードを盛り込まない

タイトルと大見出しにはキーワードを入れるべきですが、小見出しや本文に無理やりキーワードを盛り込まないように注意しましょう。

無理にキーワードを盛り込むと、記事として意味がわかりにくい内容になってしまい、読んでいる途中でユーザーが離脱しかねません。

タイトルには必ず対策キーワードを入れましょう。大見出しは意味がおかしくならない程度に入れるべきですが、小見出しには無理して入れる必要はありません。本文は、意識してキーワードをいれなくても、対策キーワードで記事構成案を作成すれば、自然と入ります。

無理にキーワードを盛り込まないように注意してください。

誰が読んでもわかりやすい内容にする

記事構成案は、誰が読んでもわかりやすいように工夫する必要があります。例えば、想定した検索ユーザーが知らない言葉があれば、見出しや各見出しの内容に、説明を入れましょう。

検索ユーザーの知らないであろう言葉を説明せずに記事が続くと、離脱につながります。

もちろん、専門的なキーワードで、その業界の方しか読まないような記事もあります。その場合でも、ターゲットの検索ユーザー像の理解度を捉えた上で、見出しや各見出しの内容を作成していきましょう。

質の高い記事構成案が有益なコンテンツを作り上げる

記事構成案の概要から記事構成案の作り方、ポイント、注意点について説明してきました。

検索で上位表示されるためには、検索ユーザーを満足させる記事が欠かせません。そのために記事構成案づくりが重要なことはご理解いただけたでしょうか。

特に重要なことは以下のとおりです。

  • 情報収集の差別化をすることで、記事構成案の時点でオリジナルコンテンツを目指すこと。
  • タイトルと見出しで構成された目次を、やみくもに並べずに論理的に並べること。
  • 各見出しで執筆する内容には、検索ユーザーの顕在ニーズと潜在ニーズの両方を満たすこと。

ぜひ、記事構成案を作成する予定のある方は、この記事の方法で作成してみてください。

監修者紹介

山崎盛哉

山崎盛哉

コンテンツディレクター

1973年生まれ。編集プロダクション、業界誌記者、出版社勤務などを経て、大手小売業グループのハウスエージェンシー、コンテンツマーケティング会社でコンテンツディレクターとして勤務。2021年よりニュートラルワークスへジョイン。
20年超にわたる編集経験を活かしたコンテンツ制作が得意領域。