マーケティング

最終更新日: 2023.02.03

記事作成のコツは何?Web記事の作り方を初心者向けに解説

記事作成のコツは何?Web記事の作り方を初心者向けに解説

昨今は、オウンドメディアやビジネスブログなどで、商品やサービスに関する情報を発信することが多いです。

しかし、記事によって読みやすいと感じたり、読みにくいと感じたりすることがありませんか?

そこでこの記事では、企業のマーケティング・PR担当者の方、ライターとして執筆業務を担っている方に向けて、記事作成のコツと注意点を紹介します。

記事作成のコツは読者の期待に応えること

記事作成のコツは読者の期待に応えること

記事作成の目的が自社サービスの売り込みであったとしても、まずは読者のためになる情報を提供し、信頼を得ることが優先です。

Weサイトであれ書籍であれ、読者には「情報を知りたい」という目的とともに、達成したい何かしらの期待が存在します。

例えば、「味噌汁の作り方」のように疑問を解消したいケースや、「休みの日 暇」のように余暇の解消をしたいケースなどです。

記事作成は「Give、Give、Give」の精神で取り組んでいきましょう。

読者が知りたい内容について情報を満たす

Webサイトで何かを調べる際、読者は何かしらの情報を得るためにキーワードで検索をします。

例えば、以下のような内容です。

  • 料理サイトなら「レシピを知りたい」→「料理名 作り方」
  • ダイエットサイトなら「ダイエット方法を知りたい」→「ダイエット kg」
  • 転職系サイトなら「よい転職先の情報を知りたい」→「転職 採用」
  • 知識系サイトなら「分からないことを知りたい」「→〇〇(知りたい言葉) とは」

読者の目的にあわせて欲しているキーワードを選定のうえ、記事を作成していきます。

「ダイエット」だけでは、ダイエットのどの情報を得たいのかが分かりませんが、「ダイエット 1カ月 10kg」とあれば、具体的な読者のニーズが特定できます。

反対に、読者の知りたい情報が書かれていない記事は読まれません。

読者の次の行動につながる内容に組み立てる

記事を読んだ読者が、次の行動につなげられるよう、行動(アクション)を起こさせることも重要です。

一般的にWebサイトの記事は、情報や知識を読者に与えるだけと思われがちですが、実は次の行動につながるような内容や構成にしているものがほとんどです。

そのため、記事作成は情報を羅列させるだけではなく、読者の行動を促す構成になっているかが重要なポイントです。

「〜〜がおすすめ」「〜〜するとよい」「〜〜はしないほうがよい」など次の行動につながるように誘導するテキストを入れましょう。

記事作成の手順

記事作成の手順

記事作成は、テーマ決めから本文作成まで、さまざまな手順があります。ここでは、記事の作成手順を以下の5つの手順で解説します。

  1. 記事のテーマと対策を決める
  2. 記事の構成を決める
  3. 情報収集をする
  4. 記事を執筆する
  5. 記事の校正を行う

1.記事のテーマと対策KWを決める

まずは、記事のテーマを決めましょう。

例えば、「成功するダイエット方法」というテーマで記事を書く場合、「ダイエット 方法 成功」「ダイエット ○○kg ○カ月」といった複数のキーワード候補が出てきます。これらを精査し、どのような方向性で記事を書くか決めてください。

次に、記事の対策KWを決めます。このとき、検索意図やターゲットを設定すると、読者のペルソナやニーズを明確にできます。

例えば、ダイエット方法の紹介から「サプリメントを買わせる」「ジムに入会させる」ことを目的とした場合、最終的な読者行動の誘導先がショップの商品ページやジムの入会ページとなるのが分かります。

2.記事の構成を決める

次に記事の構成を決めましょう。構成とは、記事全体の設計図のようなものです。

構成は基本的に、「読者が知りたい」と思うような情報から順番に並べるのがポイントです。つまり、目当てとなる情報をなるべく前半に持ってくることが重要となります。

なぜなら、前半に知りたい情報がないと、読み進めているうちに「知りたい情報がない」と思われ、離脱するかもしれないからです。

また、構成には知りたい情報に関連する追加情報を組み込むことも重要です。

例えば、ダイエットをするにあたって、ジムの入会費用を知りたい場合は、関連する内容として費用相場や、安いといわれるジムなどを紹介するとよいでしょう。
SEO記事は構成が大事!記事の作成方法を解説 SEO記事は構成が大事!記事の作成方法を解説

3.情報収集をする

構成が決まったら、記事を書き進めるための情報を収集します。

このとき、間違った情報を発信しないためにも、公的な情報や信憑性の高い参照元を選ぶことが重要です。

間違った情報は、検索エンジンからの評価が下がるだけでなく、読者の信用も落としてしまいます。
E-E-A-T(旧E-A-T)とは?SEOで重要なGoogleの評価基準を解説 E-E-A-T(旧E-A-T)とは?SEOで重要なGoogleの評価基準を解説

4.記事を執筆する

構成に沿って、収集した情報をもとに記事の本文を執筆しましょう。

最初に集めた情報とは別に、執筆しながら追加の情報や補足が必要になることもあるため、情報収集と並行しながら執筆を進めるのがおすすめです。

本文の執筆は、情報収集で目にした記事や資料を参考にすると書きやすいといえます。ただし、文章をそのまま真似るのはよくありません。

真似した文章は、検索エンジンからも「模倣」と見なされ、サイト全体の評価を下げる要因になってしまいます。

そのため必ず、オリジナルの文章で執筆し、他のサイトと被らないことが重要です。思いがけず、本文が似てしまう場合もありますが、こういった不測の事態を防ぐためにも「コピペチェックツール」などを使って、本文を確認するのが有効です。
記事作成おすすめツール14選!ライティングに役立つツールを厳選 記事作成おすすめツール14選!ライティングに役立つツールを厳選

5.記事の校正を行う

校正する際は、以下の2点をチェックしてください。

・誤字脱字や日本語の誤用、表記のチェックなど一目で分かるもの

 ・論点のずれ、構文の間違えなど読みこみが必要なもの

さっと目を通しただけの場合、1つ目はチェックできても、2つ目のチェックは難しいでしょう。記事の読者になったつもりで読み返すことにより、記事の校正を正確にします。声に出して本文を読むのもおすすめです。

また、記事の掲載先によっては、独自のルールが用意されていることもあるため、規定に沿っているか必ずチェックすることも重要です。

なお、前述したコピペチェックツールと同様、文章校正ツールを使うのも有用です。

読みやすくて伝わりやすい記事を作成するコツ

読みやすくて伝わりやすい記事を作成するコツ

記事作成には、さまざまなポイントがあります。中でも、文章作成をするときに特に意識したいのが、読み進めやすい記事を作成することです。

ここからは読みやすさに重点をおいた7つのコツを紹介します。

  • 文章構成を意識する
  • 見出しや改行を活用して区切る
  • 同じ語尾を繰り返さない
  • 記事内の表記を統一する
  • 一文を長くしすぎない
  • メリット・デメリットを入れる
  • 必要に応じて画像や表を活用する

コツ1.文章構成を意識する

Webサイトに掲載する記事は、一つの見出しを「結論」「理由」「まとめ」の順で構成を立てると、流れがスムーズで読みやすくなります。

例えば、

結論:ブログを書くと文章力が向上する
理由:なぜなら、人に読まれることを意識するため、自然と文章力が鍛えられるから
まとめ:文章力を向上させたいのであればブログを書こう

結論ファーストな文章を作成することで、読者が欲しい情報を見つけやすくなり、その後も読み進めやすいです。

コツ2.見出しや改行を活用して区切る

見出しや改行を有効的に活用して、文章を区切るのもコツの一つです。なぜなら、文章に見出しも区切りもない場合、読者は最後まで読みたがらないからです。

現代は、記事の一部を読み飛ばして欲しい情報のみを得ようとする人も少なくありません。

そのため、読者が知りたい情報を見つけやすくするために、見出しをうまく活用しましょう。見出しで何が書いてあるのかを分かりやすくしておけば、読者は安心して読み進められます。

コツ3.同じ語尾を繰り返さない

文末の表現を、同じ語尾で繰り返さないのも読み進めやすい記事を作成するコツです。

ここを意識せずに執筆すると、同じ語尾を繰り返しがちになります。同じ語尾が続くと読者にとってはテンポが悪く、読み進めにくい文章になるという欠点があります。

特に、語尾の定番である「〜ます。」「〜です。」は連続して使いがちなので注意が必要です。

連続が絶対に駄目というわけではありませんが、読んだときに「~ます。」の終わり方ばかりで単調にならないよう「~です。」「~ます。」「~でしょう。」など、バリエーションを増やして、語尾が重ならない工夫をしましょう。

コツ4.記事内の表記を統一する

記事を読み進めやすくするコツには、記事内の表記を統一することも挙げられます。同じ意味の言葉でも、メディアによって表記の仕方や送り仮名が異なる場合があるため注意が必要です。

例えば、「申込み」「申込」「申し込み」は、それぞれ意味は同じでも、表記を変えられる表現です。これが同じメディア内で、バラバラだと読み手が違和感を感じ、読みづらい文章の原因となります。

可能であればメディア内で表記を統一するのが望ましいですが、書き手が複数いるなど難しい場合は、記事内の表記だけでも統一しましょう。

また、「申し込み」以外にも、下記のような例が挙げられます。

  • おすすめ、オススメ
  • 引越し、引っ越し

漢字を平仮名にすることを「ひらく」と呼び、日常的に使われない漢字はひらくと読みやすいです。

  • 下さい、ください
  • 頂きます、いただきます

このように、普段何気なく使っている言葉でも、記事内で使用する場合は、表記を統一することが重要です。

コツ5.一文を長くしすぎない

読み進めやすい記事を作成するには、一文を長くしすぎないことも大切です。より詳細に情報を伝えようとすると、一文に情報を詰め込みすぎて長くなる場合があります。

特に、文章を書き慣れていない人は、一文の中にさまざまな情報を詰め込み過ぎる傾向にあります。

情報が多いとテンポが悪くなり、意味の区切りや主語述語の関係などが曖昧になるため、文章の内容が理解できずに読みにくい原因となるのです。基本的には、一文で伝えたい情報は一つに絞っておくのがおすすめです。

コツ6.メリット・デメリットを入れる

何かを決めたり、判断するような内容の文章には、メリット・デメリットを入れるとよいでしょう。これらは主に、サービスや商品を読者が選ぶときの判断基準です。

情報を分かりやすくまとめるために、メリット・デメリットをそれぞれ分けて説明することで、読者は判断がしやすくなります。

コツ7.必要に応じて画像や表を活用する

一般的に、文章だけの記事は、イメージが湧きにくいというデメリットがあります。

そのため、ファーストビューの第一印象を重視して、画像や図などの視覚的に分かりやすいものを挿入すると記事の内容が分かりやすくなります。

また、データを羅列する場合には、表を活用してまとめるのもおすすめです。文章の中に数字を羅列してしまうと、見にくくなり、情報が分かりにくくなります。数字を表にまとめることで、正しい情報を分かりやすく伝えられるでしょう。

記事作成の注意点

記事作成の注意点

ここからは、記事作成時に注意すべき2つの項目を見ていきましょう。

  • 正確な情報を伝える
  • 過剰な表現をしない

正確な情報を伝える

Web上には、さまざまな情報が出回っていることもあり、参照元が正確でない情報があります。

間違った情報をもとに記事を作成すると、読者に誤った情報を届けることになるため、注意が必要です。

中でも、医療系やダイエット関連、法律系の記事は、正確な情報でないが故に、間違った理解を引き起こし、事故やトラブルになりかねません。

そのため、記事作成の際には必ず信憑性のある情報元を参照して、ジャンルによっては監修者を入れ、正確な情報を伝えることが大切です。

過剰な表現をしない

記事作成の際、過剰な表現をしないように注意しましょう。過剰な表現は一定のリスクがあり、間違った情報を拡散・浸透する可能性があります。

そのため、「〜を使うと絶対に治る」など効果を保証する表現や、「〜全員が使っている」など不確実な表現は絶対にやめましょう。

特に、健康食品やダイエットグッズ、医療関連の記事は、過剰な表現で断言するのはNGです。
YMYLとは?対象ジャンル、SEOにおける対策のポイントを解説 YMYLとは?対象ジャンル、SEOにおける対策のポイントを解説 人々の生活に影響を与える政治やお金、健康などの情報を扱うYMYLについて重要視される理由や対策方法についてまとめています。Google やユーザーからの評価を高めるためにも、ガイドラインを守った高品質なサイト運営を目指しましょう。

記事作成のスピードを上げるには

記事作成のスピードを上げるには

最後に、記事作成のスピードを上げるコツについて紹介します。

  • 構成をしっかりと作り込む
  • 効率化できるツールを活用する

構成をしっかりと作り込む

記事作成のスピードを上げるには、構成をしっかりと作り込むことが重要です。構成作成に時間をかけていると「時間がもったいない」と感じる人も多く、構成が雑になりがちですが、それが原因で最終的により多くの時間が執筆にかかるケースもあります。

しかし、念入りに構成を準備することで、構成作成の段階で何を書けばよいか明確になるため、記事内容や全体のバランスも整いやすく、仕上がりが早くなります。

効率化できるツールを活用する

記事作成を効率化できるツールの活用も有効な手段です。

入力を補助するツールや、校正を手助けするツール、リサーチに役立つツールなどさまざまあります。

目的にあわせて使い分けることで、記事作成の効率が上がるでしょう。
記事作成おすすめツール14選!ライティングに役立つツールを厳選 記事作成おすすめツール14選!ライティングに役立つツールを厳選

記事作成のコツを理解し、読者に有益なコンテンツをつくりましょう

記事作成のコツを理解し、読者に有益なコンテンツをつくりましょう

本記事で紹介したポイントをもとに実践を続けると、読者にとってより最適なコツが見えてきます。また、記事作成する中で、自分なりのやり方やノウハウも出てくるでしょう。

数をこなすことで記事作成も上達するため、まずは実践を詰むことを目標に、丁寧に記事作成をするのがおすすめです。

監修者紹介

山崎盛哉

山崎盛哉

コンテンツディレクター

1973年生まれ。編集プロダクション、業界誌記者、出版社勤務などを経て、大手小売業グループのハウスエージェンシー、コンテンツマーケティング会社でコンテンツディレクターとして勤務。2021年よりニュートラルワークスへジョイン。
20年超にわたる編集経験を活かしたコンテンツ制作が得意領域。