SEO

2020.12.10

Googleの検索順位はどう決まる?順位はどう上げる?どのくらいの期間で上位表示できる?

Googleの検索順位はどう決まる?順位はどう上げる?どのくらいの期間で上位表示できる?

検索エンジン経由で集客しているWebサイトにとって、各ページでの検索順位は非常に重要です。では検索順位はどのように決まっているのでしょうか?SEO対策をしたらどのくらいの期間で順位が変動するのでしょうか?わかりやすく解説します。

どうして検索順位が重要なのか?

どうして検索順位が重要なのか?

自社サイトで有益な情報コンテンツを公開するなら、SEO対策をしっかり施して検索順位を上げる必要があります。なぜ検索順位を上げる施策が必要なのでしょうか?

検索結果一覧に表示されるページは膨大な数になります。なかでも検索結果の1ページ目に表示されるページは、ユーザーにクリックされる確立が非常に高いです。そのため、検索上位にいけばいくほど、サイトへの集客力は高まります。

検索結果1ページ目と2ページ目では、ユーザーのクリック率が大幅に変化するのです。検索結果で1位に表示されるページは、全体のクリックの31.7%を占めます。また、10位以下の場合は、検索結果画面のは2ページ目になります。

2ページ目までチェックするユーザーは1%以下と非常に低い割合になっており、同じキーワードで検索された内容であっても、検索順位によって集客力に明確な差が生まれることがわかっています。そのため、見てほしいページ、アピールしたいページは、少なくとも検索結果1ページ目までもっていく事が必要なのです。

検索順位別クリック率(2020年版)

検索順位 クリック率
1位 28.5%
2位 15.7%
3位 11.0%
4位 8.0%
5位 7.2%
6位 5.1%
7位 4.0%
8位 3.2%
9位 2.8%
10位 2.5%

狙ったキーワードで検索結果の1ページ目にもっていくのには、それなりの工夫が必要で大変な作業となる場合も多いです。しかし、同じ1ページ目でも順位によってさらにクリック率に差が出ます。検索順位1位のページは全体の31.7%のユーザーにクリックされるのに対し、10位のページは3.09%と10分の1にまで下がります。6~10位までのページのクリック率にそれほど差がありませんが、5位以上になると大幅に増えることがわかっています。そのため、検索順位の1位を目指しつつ、結果的に5位以上には入れるように施策を打っていく必要があるわけです。

検索順位が決まる仕組みはどうなっている?

検索順位が決まる仕組みはどうなっている?

Googleなど、検索エンジンのクローラーの情報収集の結果で変動する

Googleをはじめとする検索エンジンでは、ネット上のコンテンツを「クローラー」というロボットを使って巡回しています。リンクや以前巡回したURLなど、世界中のページを調査し、情報収集しています。Googleの公式Webサイトやガイドライン、セミナーをはじめとする200以上の評価基準によって、各ページを順位付けしているのです。公開して間もないページは「インデックス」といって、公開されている新規ページがあることを検索エンジンに認識させる必要があります。クローラーは一度インデックスしたページを何度も巡回して、さまざまな要素を基にしながら評価し、順位の変更を繰り返しているのです。

検索順位を上げる、上位表示させる方法は?

検索順位を上げる、上位表示させる方法は?

検索順位を上げるには、どのようなコンテンツを作ればよいのでしょうか。Googleのアルゴリズムに沿ってサイトを製作すれば、検索順位は上位に表示されるでしょう。しかし、狙うキーワードによってはさまざまなリサーチと工夫が必要になります。また、Googleの評価基準は200以上の要素から成り立っているため、それらをすべてクリアすることはとても難しいです。そこで、SEO対策の基本といえるポイントを5つに絞って解説しますので参考にしてください。

対策したいキーワードをタイトルや見出し、本文に適切に盛り込む

SEO対策で最も重要かつ基本となるのは、キーワードの盛り込みです。ユーザーが検索する語句のことを検索キーワードといいます。ヒットさせたいキーワードを、記事のタイトルや見出し、そして本文に盛り込むことが必須となります。ただし、キーワードは適切な量とバランスを意識することも重要です。ユーザーが読んでいて不自然に感じない程度に、キーワードを盛り込んでいきましょう。

ユーザビリティを考慮してコンテンツを作成し、ページを構成する

SEO対策にはいくつもの評価要素がありますが、やはり重要なのは「ユーザビリティ」です。ユーザビリティとは、ユーザーが使いやすく、快適にコンテンツを閲覧できることをいいます。

  • 文章は正確に、読みやすく書く
  • 専門用語や難しい表現に解説を入れる
  • ページの表示速度を上げる
  • 記事やサイトURLはわかりやすく簡潔にする
  • パンくずリストを作成する
  • コンテンツに一貫性をもたせる
  • 広告の表示頻度に注意する

ユーザーの意図を汲み取り、求められている情報を適切な質とボリュームで提供することが大切になります。ユーザーの視点に立って、どんなコンテンツなら読みやすいか、Webサイトが使いやすいかなどを考えてみましょう。
パンくずリストとは?設置のメリットは?SEOに効果的?スマホでの閲覧にも表示させるべき? パンくずリストとは?設置のメリットは?SEOに効果的?スマホでの閲覧にも表示させるべき?

ユーザーに信頼される、有益性の高いコンテンツを作る

ユーザーからの信頼を得るには、コンテンツの内容をより有益で質の良いものにする必要があります。たとえば、データを表記する場合は信頼できる公的機関や論文などから引用するなど、情報の正確性や信憑性に配慮しましょう。

また、記事はオリジナルのものを作ることも重要です。酷似する内容や文面のコピぺなどはコピーコンテンツと見なされてしまいます。加えて、上記のような良質なコンテンツをできるだけ長い期間継続的に更新することも必要です。

そうすると「このサイトは信頼できる」というユーザーの信頼を得ることができ、外部サイトからの被リンクやSNSのシェアなどもされるようになり、検索エンジンからの評価も底上げされます。

質の高い外部リンクを獲得する

外部リンクとは、別名被リンクとも呼ばれます。Googleは外部のサイトから紹介されたり、引用元としてリンクされたりしているサイトを高く評価します。他社からの信頼があること、広く知られるべき有益な情報が掲載されていると判断できるためです。

以前は、報酬を払って大量の被リンクをもらうような「ブラックハットSEO」が横行していました。現在は、このような手法で大量の外部リンクを設置するのは不正とみなされ、Googleからペナルティを受けます。

外部リンクは、良質なコンテンツを作ることによって自然な形で紹介やシェアを促すのが基本となっています。
被リンクを受けるのはSEOでは重要?被リンクの調べ方と良質な被リンクを受ける方法! 被リンクを受けるのはSEOでは重要?被リンクの調べ方と良質な被リンクを受ける方法!

クローラーのクローラビリティを高める

検索順位を上げるためには、クローラーがサイトを巡回しやすいようにしておくことも大切です。クローラーがサイトを巡回しやすいようにするためには、以下のポイントをおさえておきましょう。

  • 記事を公開したらインデックス登録を行う
  • インデックスするページを厳選する
  • リンク切れをなくす
  • 重複ページをなくしてリンクを正規化する

クローラーが無駄なく、必要なページだけを巡回できるようにサイトを整備しておきましょう。見落としがちなリンク切れや、重複ページは定期的にチェックすることをおすすめします。
クローラーって?検索エンジンにインデックスされる仕組みや巡回頻度を上げる方法を解説 クローラーって?検索エンジンにインデックスされる仕組みや巡回頻度を上げる方法を解説 Webサイトを制作、公開しても検索結果に表示されないと検索エンジン経由の集客はできません。検索エンジンがWebサイトの情報を取得するために使用しているのがクローラーです。クローラーがサイトの情報をどのように取得しているのか、基本的なところから解説します。

検索順位が急に上がった、下がった!アルゴリズムアップデートが原因?

検索順位が急に上がった、下がった!アルゴリズムアップデートが原因?

Googleでは、定期的に検索順位を決定するアルゴリズムをアップデートしています。ユーザーが最適な情報に辿り着けるよう、コンテンツを評価するアルゴリズムの内容も年々アップデートされていくのです。急に検索順位が上がったり、下がったりしたときは検索アルゴリズムのコアアップデートが原因となっているかもしれません。

近年では、コアアップデートが1年に数回実施されています。コアアップデートに一喜一憂するサイトは多いですが、基本的に「ユーザーのために」「役立つコンテンツを」「丁寧に」作っている限りはプラスになることが多いです。

検索順位が不自然に変動した場合は、コアアップデートが行われたかどうかチェックしてみるとよいでしょう。その際は、マーケティング会社のSNSや下記サイトが参考になります。SEO担当者の方は、アップデート対策情報を公開しているnamazを毎日チェックしておくと安心です。
外部リンク:namaz

新規コンテンツが検索上位になるのにどのくらい時間がかかる?

新規コンテンツが検索上位になるのにどのくらい時間がかかる?

基本的に、掲載直後の記事が検索1ページ目に表示されることはまずありません。最新ニュースやタイムリーな話題などの内容は別ですが、狙ったキーワードで作成した記事は1週間前後で50~100位ほどの順位がつきます。

そこから数ヶ月かけて、順位を上下させながら20位以内にランクインすれば上々です。この間、100位以下の圏外に飛ばされることもあるため、一定期間は順位の変動をゆっくり見守りましょう。

それなりに検索ボリュームがあるキーワードで、公開から半年以内で10位以内に入れば上々の結果だといえます。公開後1年以上かかって10位以内に入ることも珍しくありません。

順位が上がらないコンテンツのリライトはいつやればいい?

順位が上がらないコンテンツのリライトはいつやればいい?

なかなか検索上位に上がらない記事を、すぐにリライトや加筆などの調整にかけるのはおすすめできません。順位が少しずつ上昇しているうちはリライトせず、見守った方がよいでしょう。

掲載後少なくとも半年ほどは経過観察し、順位が落ち着くのを待ちます。半年経っても検索20位以内に入っていない記事は大幅にリライト、もしくは書き直しすることをおすすめします。

20位以内に入っている記事は、そのワードの検索上位記事がなぜ評価されているのかという理由を考えながらリライトしていきます。足りない情報の追加、不要な内容のカットなど、リライトすれば1ページ目も狙えるでしょう。

検索順位はどうチェックすればいい?

検索順位はどうチェックすればいい?

検索順位をチェックするには、無料ツールから有料サービスまで幅広い方法があります。ここでは無料~手頃な価格で利用できるツールをピックアップして紹介します。

順位が知りたいキーワードをシークレットモードで検索する

検索順位を調べるためには、実際に検索するという手法があります。しかし、通常の検索では「パーソナライズド検索」が適用されているため、使用しているPCの検索履歴や閲覧サイトなどの情報を元にした順位で表示されてしまいます。

純粋な検索順位を調べたいときは、履歴やcookie情報が反映されないGoogleの「シークレットモード」を使用します。ただし、この方法はコンテンツごとのキーワードをひとつひとつ調べていく必要があるため、たくさんのコンテンツを一度に調べたい場合には不向きです。

Googleサーチコンソール

Googleサーチコンソールは、Webサイトの分析には欠かせない無料ツールです。Googleアナリティクスと紐づけすることで、検索順位も調べることができます。Googleアナリティクスは、サイト内部の分析を行うツールですが、サーチコンソールは検索結果画面から自社サイトが表示されたときのデータを取得できます。

順位変動の様子や、狙ったキーワード以外でどのようなキーワード流入があるかも確認することが可能です。ただし、順位の報告は検索上位のキーワード順に表示されるため、本当に狙いたいキーワードでの順位測定をするときには使いづらいと感じるかもしれません。

検索ボリュームが大きいキーワードや、コンバージョンにつながりやすいキーワードなど、特定のページに絞った順位を調べることに難があります。
Google Search Console(グーグルサーチコンソール)の登録方法と使い方、アナリティクスとの連携方法 Google Search Console(グーグルサーチコンソール)の登録方法と使い方、アナリティクスとの連携方法 Webサイトの集客状況を分析する際にGoogleアナリティクスと同じくらい役立つのがGoogleサーチコンソールです。サーチコンソールへの登録方法やGoogleアナリティクスとの連携方法について、わかりやすく解説します。

SEOチェキ

SEOチェキは、調べたいページのキーワードを入力するだけで順位の計測ができる無料ツールです。シークレットモードで検索する場合、自社のページを自力で探す必要がありますが、このツールではGoogleとYahoo!での検索順位を一発測定してくれます。調べたいキーワードやページが少ない場合、1日の間に複数計測したいという場合に便利です。
外部リンク:SEOチェキ

GRCで順位測定する

GRCとは、Google、Yahoo!、Bingと3種類の検索エンジンでの順位を計測するツールです。このツールの利点は、第1に使用料が他のSEOツールに比べて格安な点、調べたいキーワードを登録しておくだけで、PC起動時に自動でチェックしてくれるところ。さらに結果は表とグラフにまとめ、データとして扱いやすくしてくれるため大変便利です。

GRCはPCでの順位測定をする通常版と、スマホでの順位測定をするGRCモバイルの2種類があります。スマホユーザーが多いサイトならGRCモバイルを契約し、順位測定する必要があるでしょう。20キーワードまでは無料で使用でき、それ以上登録したい場合にはパーソナルライセンスを購入するという形態になっています。

GRCで改善して欲しいところはインストールするPCごとにライセンスが必要なこと。会社のPCにインストールしている場合、自宅のPCから順位チェックができないのが少し不便です。
外部リンク:GRC

まとめ

SEO対策で検索上位をとることには、非常に大きなメリットがあります。そのためのコンテンツ作りや細かな施策、分析には労力がかかりますが、長期的に有益な情報を提供することで後々の集客力に差が出ます。まずは基本的なSEOの知識を備え、コンテンツマーケティングを軌道に乗せていきましょう。

ほとんどの企業様はWebサイトに構築する時間と専門知識がありません。ニュートラルワークスは、トレンドを抑えたデザインで徹底的に「成果」にこだわったサイトを構築いたします。そのため、あなたは競合と差をつけることができ、それが更なる顧客獲得・売上増加に繋がります。Zoomなどのオンライン相談(無料)をやっておりますので、まずはこちらのお問い合わせページよりお気軽にお問い合わせください。ご連絡心よりお待ちしております。

著者紹介

三木 五月

三木 五月

代表取締役社長

神奈川県の湘南でWeb制作会社を経営しています。湘南をシリコンバレーみたいにしたく、社員一丸で突っ走っています! 座右の銘は「好きこそものの上手なれ」。成熟した文化、自然豊かな湘南で一緒に働いてくれる仲間を絶賛募集中です! 詳しくは採用ページをご確認ください。