マーケティング

最終更新日: 2022.07.19

Webコンテンツ制作とは?意味や流れ、必要なスキルについて解説

Webコンテンツ制作とは?意味や流れ、必要なスキルについて解説

Webマーケティングにおいて、コンテンツ制作は非常に重要な意味を持ちます。そんなコンテンツ制作について、以下のようなお悩みをお持ちの方が多いのではないでしょうか。

  • コンテンツ制作の必要性やメリットがイメージできない
  • どのようなコンテンツを作れば良いかわからない
  • コンテンツ制作を効率良く進める方法を知りたい

そこで本記事ではコンテンツ制作の流れや必要なスキル、進めるうえでのポイントを詳しく解説します。この記事を読めばコンテンツ制作の必要性や、効果的なコンテンツを作る方法などがイメージできるようになるでしょう。

Webコンテンツ制作を始めようとしている方や、コンテンツ制作について知りたい方は、ぜひ最後までお読みください。

目次

そもそもWebコンテンツとは?

そもそもWebコンテンツとは?

WebコンテンツとはWebサイトに掲載されている情報の中身を意味する用語です。単にWebコンテンツと呼ぶ場合は形態を問わず、文章・画像・動画すべてを含みます。特定の形態を指す際は、記事コンテンツや画像コンテンツなどの言い方をします。

コンテンツはもともと電子で利用できる情報という意味で扱われていました。しかし現在はWeb上に存在する情報全般のような広い意味ではなく、Webマーケティングのために活用する情報を指すケースも多いです

ちなみにWeb上に掲載されている情報は、文章・画像・動画などの形態を問わず、すべてWebコンテンツと表現できます。

Webコンテンツのメリット

Webコンテンツのメリット

Webコンテンツにはさまざまなメリットがあります。大きなメリットとして今回紹介するのは以下の4点です。

  • 集客効果が永続的に持続する
  • 資産として蓄積される
  • 他の媒体に比べて労力がかからない
  • 24時間365日休まず勝手に営業マンの代わりをしてくれる

それぞれのメリットについて詳しく解説します。

集客効果が永続的に持続する

Webコンテンツの大きなメリットは、永続的な集客効果がある点です。

WebコンテンツはチラシやテレビCMとは違い、ネットに公開している限りずっと残り続けます。そして常に外部からアクセスされる可能性を有します。したがって一度Webコンテンツを公開すれば、特別な作業をしなくてもそのまま集客効果を発揮し続けるのです。

集客のために行う対策の多くは、大きなコストや労力がかかる一方で、効果が持続する時間がそれほど長くありません。短期的には集客効果が期待できても、対応をやめてしまえばそこで終わってしまいます。その点Webコンテンツは集客効果が永続的なため、非常にコストパフォーマンスが高い施策です。

資産として蓄積される

Webコンテンツは一度作成すれば、自社の資産として蓄積されていきます。それも短期的な価値で終わるものではなく、永続的に利益をもたらし続ける資産です。

Webコンテンツ制作には、ある程度の時間・労力といったリソースが必要ですが、Webコンテンツが完成しサイト上に公開されれば、以降は資産として利益を生み出し続けます。

そのうえWebコンテンツは、価値が減少してしまう恐れが非常に小さいです。したがってWebコンテンツは作れば作るほど、自社の資産として蓄積されていき、価値を大きくしてくれます。

コンテンツ制作は無駄になる恐れが小さく、資産として蓄積され自社の価値を高め、利益をもたらし続ける存在となるのです。

他の媒体に比べて労力がかからない

他の媒体に比べて労力がかからない点も、Webコンテンツの大きなメリットです。

Webコンテンツは情報量のわりに、ほかの媒体よりも作成が容易です。たとえば書籍なら文章を作成するだけでなく、表紙のデザインや印刷会社との打ち合わせなども発生します。このように完成するまでにかかる労力が非常に大きいです。

一方、Web上で公開する記事コンテンツの場合、文章を書くだけでほぼ完成します。画像の挿入や作成が必要な場合もありますが、CMSを使えば見栄えの良いページをほぼ自動で作れます。

Webコンテンツは他の媒体よりも小さな労力で作成できるうえ、効果にも期待できる点で非常に大きなメリットと言えるでしょう。

24時間365日休まず勝手に営業マンの代わりをしてくれる

Webコンテンツを公開したあとは何もしなくても、24時間365日休まず営業マンの代わりとして働き続けます。営業活動にかかる労力の削減につながる点も、Webコンテンツによって得られる大きなメリットです。

営業マンは商品の説明や提案をはじめ、必要な情報の提供を行います。営業マンによる活動は時間・労力がかかるのはもちろん、人に依存してしまう部分が大きいです。コストが大きいだけでなく、活動にあたって常にリスクがつきまといます。

その点Webコンテンツは休まず集客を行えるうえ、運用にかかるコストがかなり低いです。もちろん人の手が必要な営業活動も存在しますが、Webコンテンツを上手く活用すれば、トータルでの営業コストを大幅に削減できるでしょう。

アクセス数が増えるWebコンテンツの特徴や重要なポイント

アクセス数が増えるWebコンテンツの特徴や重要なポイント

Webコンテンツを活用するにはユーザーに見てもらう機会を増やす、すなわちアクセス数の獲得が非常に重要です。アクセス数が増えるWebコンテンツの特徴や重要なポイントとして、以下の要素があげられます。

  • ユーザーが求めている情報を掲載している
  • コンスタントに更新をして新鮮な状態に保っている
  • 良質なコンテンツが豊富にある

それぞれ詳しく解説します。

ユーザーが求めている情報を掲載している

Webコンテンツはキーワードに関して、ユーザーが知りたいであろう情報の網羅的な掲載が求められます。しかし単純に情報量が多ければ良いとは限りません。ユーザーに役立つ情報を、簡潔に濃くまとめることが大切です。

またユーザーが求めている情報を掲載しているWebコンテンツは、アクセス数が自然と増えやすい傾向にあります。Webコンテンツ制作の最重要ポイントは、ユーザーニーズに応えられる内容に仕上げること。そのためキーワードに関して必要な情報を、無駄なく簡潔に掲載する必要があります。

このようなWebコンテンツはユーザーからの評価が高まり、結果としてアクセス数の増加が見込めるでしょう。

コンスタントに更新をして新鮮な状態に保っている

Webコンテンツは一度公開すれば資産として効果を発揮し続けますが、放置し続けて良いわけではありません。コンスタントに更新し、新鮮な状態に保つ必要があります。

コンテンツに掲載されている情報が古いままでは、ユーザーニーズを満たせません。それどころか誤った情報を掲載しているとして、悪い印象を持たれてしまう恐れもあります。

またコンテンツが更新されず、情報が追加されないWebサイトでは、ユーザーに「また訪問したい」と思ってもらえません。したがってアクセス数の増加も見込めなくなってしまいます。

Webコンテンツのアクセス数を増やすには、コンスタントな更新が必要不可欠です。高い頻度で情報が追加され、常に新鮮な状態を保ったWebコンテンツはユーザーからの評価が高まり、アクセス数につながります。

良質なコンテンツが豊富にある

良質なコンテンツを豊富に有しているWebサイトはアクセス数が増えやすいです。

Webコンテンツはテーマやキーワードに関係なく、有益な情報が詰まった内容が求められます。また質の高さだけでなく、量も大切なポイントです。質の高いコンテンツの量が多ければ、アクセス数の増加も期待できます。

Webコンテンツは質・量ともに重要です。どちらが欠けても、大きな成果を実現できません。良質なコンテンツの量が増えれば、サイト全体のアクセスはもちろん、サイトに掲載されている個々のWebコンテンツもアクセス数が増える可能性が高いです。

Webコンテンツ制作の際は、質・量ともに高いレベルの実現を目指しましょう。

Googleに評価されるWebコンテンツの特徴は?

Googleに評価されるWebコンテンツの特徴は?

Webコンテンツのアクセス数を効率良く増やすには、検索エンジンからの流入を増やす必要があります。そのためにはGoogleからの高評価を得ることが効果的です。

Googleに評価されるWebコンテンツの特徴や注意点として、以下の要素があげられます。

  • ユーザーが求める良質なコンテンツであることが最重要
  • 悪質なSEO対策をしているサイトはペナルティを受ける

それぞれ詳しく解説します。

ユーザーが求める良質なコンテンツであることが最重要

Googleからの高評価を得るためには、ユーザーが求める内容を扱う良質なコンテンツの作成が最重要です。

Googleに評価されるWebコンテンツやWebサイトの特徴として、以下の要素があげられます。

  • ユーザーが求める情報を網羅的に掲載し、キーワードの検索意図に沿ったコンテンツ
  • 必要に応じてコンスタントな更新を行い、常に新しく新鮮な情報を扱っているコンテンツもしくは更新頻度の高いWebサイトに掲載されているコンテンツ
  • 質が高くユーザーの役に立つコンテンツを豊富に扱うWebサイト

これらは先ほど解説した、ユーザーからのアクセス数が増えるWebコンテンツにも当てはまります。すなわちGoogleに評価されるWebコンテンツの条件は、ユーザーからのアクセス数が増えるWebコンテンツと同じなのです。

ユーザーにとって有益な内容を心がけてコンテンツ制作を行えば、自然と検索結果での上位表示も実現しやすくなります。

悪質なSEO対策をしているサイトはペナルティを受ける

検索順位を上げるには、SEO施策の実施も重要です。しかし悪質なSEO対策をしているWebサイトはペナルティの対象となります。検索結果での上位表示が実現するどころか、誤ったSEO対策は順位下落につながるのです。

悪質なSEO対策はブラックハットSEOと呼ばれ、例として以下のような項目があげられます。

  • 不当な方法による被リンクの大量獲得:サテライトサイトの利用や金銭取引による被リンクなど
  • 質の低いコンテンツの量産:コピペコンテンツやキーワードを不自然に多用しただけで情報の薄いコンテンツなど
  • クローキング行為:検索エンジンとユーザーに別のページを表示するようクローラーのみに見えるキーワードやリンクを挿入するなど、不当な順位操作につながる行為

上記以外にもGoogleガイドラインに違反する内容は、原則としてペナルティの対象です。悪質な方法によるSEO対策は逆効果のため、絶対に避けましょう。

Webコンテンツでは文章も重要!

Webコンテンツでは文章も重要!

コンテンツをWeb上に掲載すると聞くと、高度なPCスキルが必要とイメージするかもしれません。しかしWebコンテンツ制作にあたってPCスキルは重要ではなく、良質な文章作りのほうがはるかに大きな意味を持ちます。

Webコンテンツは、キーワードに関する網羅的かつ専門性の高い内容が求められます。確かにデザイン性や見やすさなどもユーザーに好印象を与えますが、いくら見栄えが良くても文章の質が低ければ評価を得られません。一方デザイン性が多少悪くても、文章が良ければユーザーニーズは満たせます。

またWebページを評価するクローラーは文章しか読み取れません。現時点では画像(※)や動画を含む文章以外の要素は、Googleの評価に影響を与えないのです。このことから検索エンジンからの評価を得るという観点でも、質の高い文章が求められます。

※タグを利用すればクローラーに画像の意味を伝えられます。しかし文字情報に変換されるだけであり、それほど高評価につながりません。良質な文章作りのほうが重要性が高いです。

コンテンツ制作において重要なコンテンツマーケティングとは?

コンテンツ制作において重要なコンテンツマーケティングとは?

コンテンツ制作を進める際は、コンテンツマーケティングという概念もおさえる必要があります。ここからはコンテンツマーケティングの意味や重要性、実施するメリットなどを解説します。

Webを通して有益な情報を提供して集客に利用すること

コンテンツマーケティングとは商品やサービスを売るために直接的なアプローチをするのではなく、ユーザーにWebを通して有益な情報を届けることを意味します。Webコンテンツを提供し、結果的に集客につなげるマーケティング施策を指します。

例えば、メールやWebサイトを通して化粧品の割引クーポンを送る方法は、マーケティング施策のひとつです。こちらの進め方は消費者に「せっかく安く買えるなら」と購入のキッカケを与えます。営業や売り込みといえる行為でしょう。

一方でコンテンツマーケティングの場合、購入を促す積極的なアプローチは行いません。化粧品の使い方、最近のメイクのトレンドなど、化粧品にまつわる有益なお役立ちコンテンツを提供します。コンテンツを読んだユーザーが好印象を持ち、自社や商品に興味を持てば、そこから売上に発展する可能性があるでしょう。

自社からアプローチを行うか、消費者が自ら来るのを待つかが、それぞれの施策にみられる大きな違いです。

コンテンツマーケは集客・宣伝活動の主流になりつつある

コンテンツマーケティングは、集客・宣伝活動で主流になりつつある方法です。コンテンツマーケティングを行う企業は増加傾向にあり、今後も増え続けると予測されています。

コンテンツマーケティングが主流になりつつある背景として、以下のような要因があげられます。

  • マス広告の衰退:テレビCMや新聞広告など、主要4メディア・媒体で掲載される広告の力が弱まっており、マス広告の出稿で得られる効果が低下気味だから
  • スマートフォンやPCなどの普及:インターネットが身近な存在になったため、Webコンテンツを閲覧する人が急速に増えているから
  • コンテンツマーケティングを展開しやすい:現代は検索エンジンやSNSなどを通して、誰でもコンテンツマーケティングを展開できる時代だから

このように現代は、コンテンツマーケティングによる成果が実現しやすい状況にあります。

コンテンツマーケティング成功事例24選!BtoB、BtoC別の手法も解説 コンテンツマーケティング成功事例24選!BtoB、BtoC別の手法も解説

コンテンツマーケティングのメリット

コンテンツマーケティングのメリット

コンテンツマーケティングには、以下のようなメリットがあります。

  • 会社や商品を認知していない顧客の集客が可能
  • 顧客の購買意欲を高める顧客育成の効果が見込める
  • 企業のブランド力をUPさせて競争優位性が得られる
  • 顧客のアフターフォローやリピーター化にもつながる

それぞれ詳しく解説します。

会社や商品を認知していない顧客の集客が可能に

コンテンツマーケティングは、会社や商品を認知していないユーザーも集客できる可能性が高い方法です。良質なコンテンツの制作・発信を行えば、さまざまなユーザーの目にとまる機会を増やせます。ターゲット層が求めるであろうコンテンツを提供できれば、コンテンツをキッカケに新たなユーザーの集客が実現するのです。

たとえば「新しいマットレスが欲しい」と考え、まずはWebで情報を集めようと考えているユーザーがいるとします。マットレスに関する良質なWebコンテンツを発信していれば、ユーザーの行動が以下のような流れにつながる可能性があります。

  • ①マットレスに関する情報を集めるため、検索エンジンを利用する
  • ②検索結果で表示されたページを訪問する
  • ③マットレスの選び方や種類など、マットレスを買ううえで役立つ情報が十分に載っており、高い満足感を得る
  • ④コンテンツに対する高評価から、発信する会社への興味につながる
  • ⑤会社を認知する

このように最初は情報を集めたかっただけのユーザーに、結果として会社を認知してもらえるケースが多く起こり得るのです。

顧客の購買意欲を高める顧客育成の効果が見込める

コンテンツマーケティングは認知の獲得だけでなく、購買意欲を高めるなど顧客育成の効果も見込める方法です。顧客育成はリードナーチャリングとも呼ばれます。

先ほどのマットレスに関して検索したユーザーの例を取り上げます。今回の例におけるユーザーは、検索した段階では「マットレスが欲しい」となんとなく考えている程度です。しかしコンテンツから情報を集めるうちに、以下のような流れが発生する可能性があります。

  • ①マットレスに関する具体的な情報が集まる
    例:「マットレスに使われるコイルには、ポケットコイルとボンネルコイルの2種類があるのか」
  • ②欲しいマットレスのイメージが具体的になる
    例:「ポケットコイルタイプが良いな。感触は硬めで、サイズは一人でも広々使えるセミダブルタイプが欲しい」
  • ③マットレスに関する情報集めではなく、条件に合うマットレスを探そうと考える
  • ④有益なコンテンツを発信したとして好印象を持っている会社(この場合は自社)を有力候補として商品探しをはじめる

コンテンツ内に購入を促す直接的な文言がなくても、購買意欲を高める効果が期待できるのです。

企業のブランド力をUPさせて競争優位性が得られる

Webコンテンツの活用は、企業のブランド力を高め競争優位性を獲得する効果も期待できます。競合他社との差別化により、自社を選んでもらう理由が増やせます。

同じマットレス販売店でも、Webサイトに店舗情報しか載っていなければ、企業やブランドイメージの強化ができません。企業を知らない状態でアクセスしたユーザーに印象付けることができないため、自社を選んでもらえる可能性は低くなってしまいます。

しかしマットレスの種類や選び方、睡眠に関する情報など、ユーザーの役に立つコンテンツを多く発信しているサイトは印象に残りやすいです。また有益な情報を提供する企業として、信頼の獲得など高評価にもつながるでしょう。

このようにコンテンツマーケティングは、ブランドイメージの確立による差別化や、競争優位性の実現にも効果的です。大々的な広告出稿や直接的なアプローチに比べ、低コストで実施できます。

顧客のアフターフォローやリピーター化にもつながる

コンテンツマーケティングは集客や顧客育成のような、いわゆる購入前の段階でしか効果が発揮されないわけではありません。実際に購入した顧客のアフターフォローや、リピーター化にもつながります。

アフターフォローに関するコンテンツ例として、商品のお手入れ方法や使用方法などの説明があげられます。またよくある質問や困ったときの対応方法など、購入後に必要となる可能性が高い情報も有益です。このような内容をWebコンテンツとして発信すれば、人が直接対応しなくても、ある程度のアフターフォローが可能となります。

また購入後の顧客に役立つコンテンツの存在は、「商品を買ったあとも安心」という信頼感の獲得につながります。高評価やイメージアップなどの効果により、結果としてリピーター化できる可能性が高いです。

このようにWebマーケティングは、さまざまな段階の顧客に対する効果が期待できます。集客や認知度アップのみを目的とした施策は勿体ないです。購入後の顧客に対するコンテンツ制作も行いましょう。

売上を生むコンテンツマーケティング手法と成功ポイントを解説 売上を生むコンテンツマーケティング手法と成功ポイントを解説

Webコンテンツ制作を進める上で必要なスキルは?

Webコンテンツ制作を進める上で必要なスキルは?

Webコンテンツ制作を進めるには、いくつかのスキルが必要です。コンテンツ制作で求められるスキルとしては以下があげられます。

  • 企画力
  • ディレクション力
  • 進行管理能力

それぞれのスキルについて、具体的に解説します。

企画力

企画力はコンテンツ制作を始めるために必要不可欠なスキルです。企画力はアイディアを生み出す力ともいえます。すなわち企画が出ない限り、コンテンツ制作をスタートできません。したがってコンテンツ制作を行うには、まず企画力を鍛える必要があります。

企画力を鍛える手段として、以下のような方法があげられます。

  • とにかく数を出す:確実に通そうとひとつの企画を丁寧に仕上げるのではなく、まずは多くの企画を出すことを意識しましょう。企画を出すコツが掴める、思わぬアイディアが生まれるなどの効果が期待できます
  • 他のメンバーの意見を聞きアイディアを広げる:一人で企画を考えるのに限界を感じたら、ブレストなどを行い他のメンバーの意見を集めます。他者の意見は、さらなるアイディアの思いつきや、企画の整理などに有用です
  • アイディアや意見を可視化させる:考えを整理し企画を効率良くまとめるには、アイディアや意見を書き起こして可視化させるのが効果的です。頭の中で考えるだけでは、混乱や偏りなどの恐れがあります

企画力は訓練や工夫次第で鍛えられます。企画力の向上はコンテンツ制作や、マーケティング施策の効率化に効果的です。

ディレクション力

ディレクション力とは簡単に言うと、作業現場をまとめ企画を上手く進める力です。ディレクション担当者には、以下のような行動が求められます。

  • 的確な指示出し
  • 指示の意図や背景などのわかりやすい説明
  • メンバーの能力や性質を考慮した適切な役割分担
  • 迅速かつ正確な判断・決断

ディレクションのためには幅広いスキルが高いレベルで必要です。そんなディレクション力を高める方法を紹介します。

  • 責任を自覚・意識する:ディレクション担当者は、人任せな態度や考えなしの行動を取らないことが非常に大切です。責任を自覚・意識したうえで現場を動かしましょう
  • 明確に決断する:曖昧なディレクションは、関係者間での認識相違や誤った進行など、トラブルの原因となります。常に白黒つけた明確な決断を心がけ、少しでも疑問があればすぐに確認が必要です
  • 入念に準備する:準備不足は非効率につながります。細かな部分まで準備をし、行き当たりばったりが起こらないようにしましょう

これらを意識するだけでも、ディレクション力の向上によるコンテンツ制作の効率化が期待できます。

進行管理能力

Webコンテンツ制作を適切に行うには、進行管理能力も必要です。ディレクション力と似ていますが、こちらは人員や予算、スケジュールなどの管理を指します。

進行管理では、以下のような対応が必要です。

  • 作業時間の適切な管理
  • 各メンバーの負担を考慮した業務量の調整
  • お金や物などの管理、必要に応じて調達
  • 納期から逆算したスケジュール調整

進行管理能力を高めるには、以下のポイントを意識しましょう。

  • スケジュールは逆算して考える:スケジュールを管理・調整する際は、期日から逆算して考えると効率的です
  • メンバーとの良好な関係を構築する:メンバーを管理するには、その人のことを深く知る必要があります。日頃から小まめな声かけなどを行い、メンバーとの良好な関係を構築しましょう
  • 後回しにしない:ちょっとした連絡や優先度が比較的低めにみえるタスクも、なるべく後回しにしないようにしましょう。もちろん状況によっては臨機応変な態度も必要です

高い進行管理能力は、コンテンツ制作の成功につながります。

Webコンテンツ制作を始める前に意識したいポイント

Webコンテンツ制作を始める前に意識したいポイント

Webコンテンツで成果を出すために、コンテンツ制作を始める前に意識したいポイントがいくつかあります。今回紹介するのは以下3点です。

  • ペルソナを決める
  • ペルソナに対するカスタマージャーニーを考える
  • SEO対策を行う

それぞれ詳しく解説します。

ペルソナを決める

Webコンテンツ制作にあたって、ペルソナの決定は欠かせません。ペルソナとは自社のターゲットとなる人物のモデルです。ターゲットのイメージを具体化することで、より効率的かつ的確なコンテンツ制作が進められます。

ペルソナのプロフィールはなるべく細かく設定しましょう。設定したい内容として、以下の要素があげられます。

  • 年齢:ターゲットなら「20代」など広く設定しますが、ペルソナは仮想の人物像を作り上げるために、具体的な年齢を設定します
  • 性別
  • 居住地:都会や田舎など、どのような場所に住んでいるかを決めます。イメージに近い都道府県や自治体があれば、そちらを設定しても良いでしょう
  • 職業や立ち位置:仕事内容や役職などを設定します。また仕事に関連する要素として、年収も設定しましょう
  • 家族構成:ライフスタイルに大きく影響するため、人物像の具体化をするうえで設定したい要素です
  • 価値観・趣味・特技など

コンテンツ制作では、「誰のために作るコンテンツか」を意識する必要があります。そのためペルソナ設定が非常に大切です。

ペルソナに対するカスタマージャーニーを考える

ペルソナのプロフィールを決めたら、続いては設定したペルソナに対するカスタマージャーニーを考えます。

カスタマージャーニーとは、自社と接触してから顧客になるまでのプロセスです。コンテンツマーケティングの場合、コンテンツの訪問から自社商品の購入・利用までの流れを指します。

カスタマージャーニーを考える過程では、以下のポイントを意識しましょう。

  • どのような理由で自社コンテンツにたどり着くか:検索意図や抱えているニーズを考えるうえで役立ちます
  • 各プロセスでペルソナが何を考えるか:顧客になるまでには、認知・情報収集・他社との比較検討・意思決定などのプロセスがあります。それぞれのプロセスで何を考えるかを想像すれば、効果的な施策を決めやすいです
  • 思い込みや先入観に注意:これらの要素は、効果の出ない誤った施策を展開させる原因となってしまいます。入念な情報収集を行い、明確な根拠をもとにカスタマージャーニーを考えましょう

精度の高いカスタマージャーニーは、コンテンツ制作で非常に役立つでしょう。
BtoBのカスタマージャーニーマップのポイント、顧客課題やペルソナ BtoBのカスタマージャーニーマップのポイント、顧客課題やペルソナ
カスタマージャーニーマップとは?作り方や企業事例、ツールを紹介 カスタマージャーニーマップとは?作り方や企業事例、ツールを紹介

SEO対策を行う

コンテンツマーケティングの成果を高めるには、SEO対策を行う必要もあります。

繰り返しになりますが、コンテンツ制作ではユーザーニーズを満たせる内容の実現が何よりも大切です。しかし検索エンジンからのアクセスを集めるためには、SEO対策も重要な意味を持ちます。SEOに関する施策の適切な実施は、コンテンツの効果を最大限に高めると期待できます。

SEO対策でおさえたいポイントは以下のとおりです。

  • キーワードの適切な活用:検索上位を狙いたいキーワードを多く、しかし不自然にならないよう適切に活用しましょう
  • タイトル・ディスクリプションの設定:これらの要素は検索エンジンからのアクセスを促すための重要な役割を果たします
  • 見出しの内容:h2などの見出しは、クローラーがページ内容を判断する際に重視される要素です。キーワードの活用や、内容がわかりやすい見出し名を設定しましょう

SEO対策が上手くいけば、検索エンジンからのアクセス増加につながります。

Webコンテンツ制作は体制も重要!量も質も担保するには?

Webコンテンツ制作は体制も重要!量も質も担保するには?

Webコンテンツ制作には時間・労力などのリソースが必要です。したがって自社ですべてを行うのは困難なケースもあるでしょう。無理な状況でコンテンツ制作を行おうとすると、制作できる量が少ない、もしくは質が悪いなどの事態が起こりえます。

コンテンツの量・質ともに担保するには、外部へコンテンツ制作を依頼するのも有用な方法です。Webコンテンツ制作を外部に依頼する方法として、大きく2つがあげられます。

  • フリーランスライターへ依頼をする
  • コンテンツ制作会社へ依頼をする

それぞれの方法について、特徴やメリット・デメリットを紹介します。

フリーランスライターへ依頼をする

フリーランスへの依頼は、もっとも手軽に実施できるコンテンツ制作の方法です。他にも以下のようなメリットがあります。

  • 人数を集めやすい:フリーランスライターとして活動する人は多いため、コンテンツ制作を依頼できる人を集めやすいです
  • 低コストで依頼できる:会社と異なり仲介人が入らないので、手数料などがかからず、ライター本人へ払う報酬のみで依頼できます

一方でフリーランスライターへの依頼には、以下のデメリットに注意が必要です。

  • ライターによってスキルの差が大きい:スキルの高さや得意分野などはライターによって異なります。ライターの数自体は多いですが、求める人材を見つけるのは困難です
  • トラブルのリスクが高い:期日までに記事が上がらない、レギュレーションを守ってもらえないなどのトラブルが会社に依頼する場合よりも起こりやすいです

手軽かつ低コストな面が魅力的な半面、依頼する相手によっては効果が半減する恐れがあります。

コンテンツ制作会社へ依頼をする

コンテンツ制作会社への依頼は、質の高さや安定性が期待できる方法です。主なメリットを紹介します。

  • 質の高さが期待できる:ライターの数・質ともにある程度担保された状態であり、良質な記事が期待できます
  • 指示出しや連絡の手間が小さい:ライターへの指示出しや連絡は制作会社の担当者が行います。そのためコンテンツ制作にかかる手間が非常に小さいです

制作会社への依頼によるデメリットは、コストが高額になりやすい点です。個人であるフリーランスライターに比べ、制作会社の場合は関わる人数や工数が多くなります。そのためどうしても費用が高い傾向です。

発注者は、手間を最小限におさえた良質なコンテンツ制作が期待できますが、大きなコストがかかってしまいます。しかし、ライター選定に手こずったり、上がってきた記事の品質がいまいちなことから、リライトしたりする手間を考えると、一概に「費用が高い」というだけで発注を渋る要因にはなりません。WEBコンテンツは移り変わりが早い業界なので、とにかく早めに動くことが肝心です。

記事作成の代行会社13社を比較!SEOに強い業者を厳選 記事作成の代行会社13社を比較!SEOに強い業者を厳選

コンテンツ制作のまとめ

コンテンツ制作のまとめ

Webマーケティング施策で成果を得るには、コンテンツ制作が必要不可欠です。単にコンテンツを作れば良いわけではなく、重要性の理解やポイントをおさえたコンテンツ制作を意識する必要があります。本記事で紹介した内容をもとに、効果的なコンテンツ制作を進めていきましょう。

もしWebコンテンツの外部制作を検討している場合はぜひ、ニュートラルワークスへご相談ください。当社は300人以上の専門ライターネットワークを有しており、質の高いコンテンツをスピーディーに制作できます。詳しくは下記のページをご覧ください。

監修者紹介

石田 哲也

石田 哲也

取締役CMO

Twitter:@te2319
株式会社ニュートラルワークス 取締役CMO。1984年生まれ。高校卒業後にISD株式会社にて起業。株式会社オプトにてWebマーケティングを学び、株式会社メタップスなど複数のベンチャー企業にて事業立ち上げを経験。前職はワンダープラネット株式会社にてゲームプロデューサーとしてスマホアプリゲームの制作に従事。2018年に地元の神奈川へ戻り、ニュートラルワークスにジョイン。SEO/Web広告運用/サイト分析・改善など、Webサイトの運用改善~ゲームアプリ制作や数十万フォロワーのSNSアカウントの運用経験などWebビジネス全般を守備範囲とする。

■経歴
2003年 ISD株式会社/起業
2009年 株式会社オプト/SEMコンサルタント
2011年 株式会社メタップス/シニアディレクター
2013年 ライブエイド株式会社/執行役
2016年 ワンダープラネット株式会社/プロデューサー・BizDev
2018年 株式会社ニュートラルワークス/取締役CMO

■得意領域
Webサイト改善
SEO対策
コンテンツマーケティング
リスティング広告

■保有資格
Google アナリティクス認定資格(GAIQ)
Google 広告検索認定資格
Google 広告ディスプレイ認定資格
Google 広告モバイル認定資格