マーケティング

最終更新日: 2021.09.21 (公開: 2021.06.28)

記事作成の代行会社を徹底比較!選び方からおすすめ専門業者まで初めての方でもわかりやすい内容で解説します

記事作成の代行会社を徹底比較!選び方からおすすめ専門業者まで初めての方でもわかりやすい内容で解説します

自社サイトを立ち上げたものの、なかなか流入が増えない、記事作成の工数を確保できないといった悩みをお持ちではないでしょうか。この記事では記事作成におすすめな代表的な会社を紹介して行きます。記事作成の代行会社を選ぶポイントや、メリット、デメリットについても触れていきますので、ぜひ参考にしてください。

記事作成の代行会社を選ぶ上での重要なポイント

記事作成の代行会社を選ぶ上での重要なポイント

実際に記事作成代行会社を紹介する前に、選ぶ上での重要なポイントについてご紹介します。代行会社選びには、何を基準として選ぶべきか把握しておくことが重要です。特に、以下の4つのポイントは抑えておくといいでしょう。

  • クラウドソーシングかライティング専門業者か選ぶ
  • 値段が相場より安すぎないか確認する
  • 修正が可能か確認する
  • 得意とする業種や成功事例が当てはまるか確認する

クラウドソーシングかライティング専門業者か選ぶ

一つ目のポイントは、クラウドソーシングかライティング専門業者かを軸に選ぶことです。記事作成を始めて依頼する場合は、それぞれどのような違いがあるのかわからない方もいるでしょう。ここからはクラウドソーシングとライティング専門業者のそれぞれのメリットやデメリットを簡単にご紹介します。

クラウドソーシング ライティング専門業者
メリット ・費用が安い
・発注から納品までの期間が短い
・知見があるため、リサーチ力が高い
・記事のクオリティが高い
・サイト設計や記事掲載後の集客もサポートしてくれる場合がある
デメリット ・記事のクオリティは個人の力量に左右される ・費用が高い
・発注から納品までの期間が長い

クラウドソーシングのメリットは、費用が安く、発注から納品までの期間が短いことです。クラウドソーシングの場合、ライター個人との契約になることが多いので、スムーズなやり取りとなります。しかしその反面、記事のクオリティがライター個人の力量に左右されるというデメリットもあるでしょう。

一方ライティング専門業者に依頼する場合は、実績が多く知見がありリサーチ力も高いため、記事のクオリティが担保されます。そしてサイト設計やサイト運用など、コンテンツ納品後のケアをしてくれることも会社によっては期待できます。その分、費用は高くなり、記事発注から納品までの期間が長くなるというデメリットも。

以上を踏まえて、記事発注に知見がない方は、ライティング専門業者に依頼するのがおすすめです。クラウドソーシングで依頼する場合は、ライター個人に依頼することになります。そのため、記事の完成度はライターの実力に左右されてしまうことがしばしば。納品された記事を読んで、思っていたのとは違う、しかしどのように指示をすればいいかわからない、といったシチュエーションも想定できます。

一方、記事発注がある方で、自分でコントロールできる方ならクラウドソーシングの利用も視野に入れていいでしょう。特に、予算が限られている場合には、クラウドソーシングの方がコストを抑えることができます。

値段が相場より安すぎないか確認する

二つ目のポイントは、値段が相場より安すぎないか確認することです。費用を安く抑えられるのはいいことではありますが、提示されている値段が相場より安い場合、実績がなかったり、やってもらいたい範囲が狭い場合があります。

いくつかのライター、または代行会社の金額を確認した上、それでも安いところに依頼したい場合は、実績や依頼できる内容を確認しましょう。サイトに実績がない場合は、これまでの執筆記事がわかるURLやファイルを共有してもらうと判断材料になります。ライターや代行会社のクオリティーと依頼できる範囲を確認し、自身でコントロールできそうであれば問題ないでしょう。

修正が可能か確認する

三つ目のポイントは、修正が可能かどうか事前に確認することです。一般的に、代行会社に依頼した場合でも、記事は書いてもらってすぐに公開できる状態になっていることの方が稀です。最低限1回の修正は必要となる可能性が高いと考えていいでしょう。契約によっては、修正ボリュームによって追加費用が発生する場合があります。

そのため、事前に無料で修正もやってもらえるところであるか確認しておきましょう。わからない場合は、修正分は追加費用となるのか、また何回まで修正対応をしてもらえるかチェックしておくと安心です。

とはいえ修正が発生すると、依頼するにしても指示をしたり確認をしたりといった工数が発生します。無駄な修正を避けるためにも、事前に認識のすり合わせや相談を行っておくことが大切です。

得意とする業種や成功事例が当てはまるか確認する

四つ目のポイントは、得意とする業種や成功事例が当てはまるか確認することです。記事制作の代行会社はコンテンツ作成やSEOのプロではありますが、自社のサービスの専門家ではありません。その代行会社に自社のサービス分野を得意としていない場合、専門性が欠落してしまい、クオリティが担保されないことがあります。

ミスマッチを防ぐには、制作会社がどのような分野を得意としているのか確認しておきましょう。過去にどのような企業に依頼されているか、どのような成功事例があるのかをチェックするといいでしょう。

おすすめの記事代行サービス9選

おすすめの記事代行サービス9選

記事作成の代行会社を選ぶポイントについてご理解いただけましたら、実際に探してみましょう。ここからはおすすめの記事代行サービスを9選ご紹介していきます。各会社の特徴や強みについても触れていきますので、ぜひチェックしてみてください。

ニュートラルワークス

ニュートラルワークスはWEBサイト制作事業を中心に手がけている会社です。ニュートラルワークスの特徴は、ワンストップ型の提案力を保持している点が挙げられるでしょう。記事作成からサイト構築、SEO対策など、サイト運営に関する工程をトータルでケアしてもらうことができます。

そんなニュートラルワークスの強みは以下の3つを挙げることができます。

  • 大手ネット広告代理店出身者によるディレクション
  • 専門知識を持つライターネットワーク
  • 早いレスポンス

ニュートラルワークスには大手ネット広告代理店出身のコンテンツディレクターが揃っており、上位表示するためのキーワードやコンテンツについて熟知しています。また、ライターによって執筆されたコンテンツのチェックも行っているので、クオリティーを担保することが可能です。

また、ニュートラルワークスでは300人以上の専門知識を持つライターネットワークを構成しています。専門性、網羅性、オリジナリティを含むことで質の高いコンテンツ作成が可能となり、上位表示を見込むことができます。

そして、他社にはない業界屈指の迅速なレスポンス対応も強みの一つです。問い合わせや相談に対してスムーズな対応ができるので、事業への影響が少なくなります。

ニュートラルワークスでは記事作成の相談から提案・見積もりまでは無料で行っています。費用に関しては契約時に全体費用の半分を支払い、納品・公開が完了した時点で残りの半分を支払うという進め方となっているため、初めて代行会社に依頼する方でも安心です。

制作実績には大手航空会社や家電メーカーのコンテンツ作成があり、丁寧なヒアリングや早いレスポンス、高いデザイン力が評価されています。コンテンツ以外の点でも丁寧にケアしてもらえるのは、ワンストップサービスならではのものです。コンテンツ作成に関する知見がない方、サイトの運営面について自信がない方は、トータルで提案してもらえるニュートラルワークスがおすすめです。

また、記事制作からのリード獲得数を最大化させるために必要なホワイトペーパーの制作代行サービスも提供しており、記事制作からリード獲得まで一貫して相談が可能です。

ルーシー

ルーシーはWEBサイト制作やアプリ開発を中心に展開している会社で、記事制作代行サービスも行っています。ルーシーの特徴は、「bazubu-shiki」という独自のノウハウをもとにしたWebサイト制作・保守サービスがある点です。bazubu-shikiを利用することで、SEOの知識がなくても、自然な導線によって設定することが可能となります。

そんなルーシーの強みは、下記の3つです。

  • 圧倒的・継続的な集客を実現する
  • 企業のブランドを強化できる
  • 売上につながる質の高い問い合わせを獲得できる

一つ目の強みは、圧倒的・継続的な集客を実現することです。検索するユーザーが真に求めていることを考え、フォーカスします。すると見込客からの流入を可能にし、PV数の向上へと繋がります。二つ目の強みは、企業のブランドを強化できることです。集客で終わらせうのではなく、企業を高く評価してもらうことでユーザーの満足度を高めます。そして三つ目の強みは、売上につながる質の高い問い合わせを獲得できることです。ルーシーはコンテンツを窓口にして、CVに貢献するようなコンテンツを生み出しています。

ルーシーの注目すべき実績は、SEO1位を獲得したキーワードが豊富であることです。月間検索ボリュームが400以上のキーワードは100以上存在し、幅広いジャンルで実現しています。そのため、ライティングに特化した依頼をしたい方や、まずはコンテンツから結果を残したいという方にはルーシーがおすすめです。

ルーシーのサイトで詳細確認

CROCO

CROCOはコンテンツマーケティング事業を中心に行う会社で、調査から制作、運用などのサービスをワンストップで提供しています。CROCOの特徴は幅広いジャンルのコンテンツを扱っている点です。ブログ記事や商品紹介記事はもちろん、ホワイトペーパーやプレスリリース、メールマガジンまで幅広く取り扱っています。

そんなCROCOの強みは、下記の3つが挙げられるでしょう。

幅広いジャンルでのコンテンツ制作
充実したコンテンツ分析
独自の編集者・ライター専用のお仕事マッチングプラットフォーム

一つ目は幅広いジャンルでのコンテンツ制作です。前述の通り、CROCOではホワイトペーパーやプレスリリース、メールマガジンといったコンテンツの依頼が可能なので、多角的なコンテンツマーケティングが可能となります。二つ目は充実したコンテンツ分析です。独自のツールである、WEBコンテンツ作成支援ツール「tami-co(たみこ)」を使用することで、トレンドやユーザーの需要を意識したコンテンツ作成ができます。そして三つ目が、独自の編集者・ライター専用のお仕事マッチングプラットフォームです。CROCOにはクライアントと編集者・ライターを繋ぐプラットフォームが設けられています。そのため、編集者・ライターを直接選び、記事のクオリティを担保することができます。

CROCOは大手飲料メーカーや不動産メディアでのコンテンツ制作をサポートした実績を持っています。執筆はもちろん、キーワード解析や取材・撮影までもカバーしており、スムーズに多くのコンテンツを作成できたという声が上がっています。また、海外からの問い合わせのサポート実績もあります。このように、コンテンツ制作をさまざまな角度からサポートして欲しい方には、CROCOがおすすめです。

費用はコンテンツのジャンルによって異なりますが、コラム・ブログは1記事あたり30,000円から、SNS用のコンテンツは1記事あたり10,000円から依頼可能となっています。

CROCOのサイトで詳細確認

イノーバ

イノーバはコンテンツマーケティング企画・制作・運用を主な事業としている会社で、コンテンツマーケティング支援やWebサイト制作のサービスを行っています。イノーバの特徴はBtoB企業向けのマーケティング支援を行っている点です。企画・戦略かられポーティングまでが包括されています。

そんなイノーバは、強みとして下記の3つを挙げることができます。

  • トータルでサポートしてくれる
  • サービスの魅力をアピールできる
  • 見込み客へのアクションができる

一つ目はトータルでサポートしてくれることです。コンテンツマーケティングによって潜在顧客の見込みを試み、商談までの流れを総合的にサポートしてくれます。二つ目はサービスの魅力をアピールできることです。メインビジュアルや重要ページのコンテンツを見直すことで、商品やサービスをユーザーに認知してもらい、魅力を知ってもらうことを意識しています。そして三つ目は、見込み客へのアクションができることです。独自のノウハウによる分析によって導線やナビゲーションを最適化し、CVの達成を目指します。

イノーバはメーカーやIT企業といったさまざまなBtoB企業への導入実績を誇っています。事例としては、サイトのデザインを現代的に刷新した、HPをリニューアルした、問い合わせ数が3倍増加したといった声が上がっています。このように、イノーバはBtoB企業のサイトやホームページを運用している方におすすめです。

イノーバのサイトで詳細確認

WACUL

WACULは記事コンテンツの提供だけでなく、プロダクト開発やコンサルティングを行っている会社です。WACUL はいくつかの独自ツールを開発していて、テクノロジーを掛け合わせたDXソリューションが特徴となっています。

そんなWACULの強みには、下記の3つが挙げられます。

  • 独自のツールを持っている
  • コストを抑えながら品質の高いコンテンツを提供する
  • SEO記事ノウハウが提供される

一つ目の強みは独自のツールを持っていることです。例えば「AIアナリストSEO」というツールは、「AIアナリスト」というツールを用いてCV獲得に特化した記事コンテンツ制作を可能としています。二つ目の強みは、コストを抑えながら品質の高いコンテンツを提供することです。独自のツールを使用することで高い費用対効果でコンテンツを提供してくれます。そして三つ目の強みは、SEO記事のノウハウが提供されることです。ノウハウを自社で蓄積することで、良質なコンテンツを作成することがでいます。

WACULが所有しているツールは、有名婚相手紹介サービス会社や求人検索サイトでの導入事例があります。実績としてはCVを2.3倍になった、無料体験申し込みが1.2倍に増加したなどの事例があります。このように、CVを獲得したいという方や、高い費用対効果を期待したいという方には、WACULがおすすめです。

WACULのサイトで詳細確認

ウィルゲート

ウィルゲートはコンサルティング事業やメディア事業を中心に展開している会社で、自社メディアの運用から蓄積したナレッジを活用したコンテンツを提供しています。

ウィルゲートの強みは、起業支援で培ったSEOノウハウです。ウィルゲートはこれまで6,400社以上の企業をサポートしてきました。その結果、「SEO」というキーワード検索に対して、98位から3位にまで上位表示させることに成功したという実績を誇っています。

ウィルゲートは参加費無料のSEOセミナーを開催していることがあるので、まずはSEOについて学んでみたいという方は参加してみてはいかがでしょうか。

ウィルゲートのサイトで詳細確認する

サムライト

サムライトはコンテンツマーケティング事業を展開している会社で、コンテンツの制作だけでなくSEO、SNS活用、広告活用などの面からのサポートも行っています。

サムライトの強みは下記の2つです。

  • 専門チームによるトータルサポート
  • SNSや広告活用などのマーケティング面でのサポート

サムライトには戦略、メディア設計、サイト制作における専門チームが存在しています。特にコンテンツ制作においてはコラムやインタビュー、対談など幅広いバリエーションでの対応が可能です。そして効果的なパフォーマンスを発揮するよう課題解決の相談を受けています。また、SNSによるユーザーとのコミュニケーションやSNS広告の活用についてもケアしてくれます。そのため、記事を作成してもらうだけでなく、作成したコンテンツをどのように発信していけばいいのかわからない、という方にはサムライトがおすすめです。

サムライトのサイトで詳細確認する

ナイル

ナイルはデジタルマーケティング事業をはじめとしたサービスを展開している会社です。「Appliv」「定額カルモくん」といった自社サービスを有しており、新規事業開発も行っています。

そんなナイルの強みは、独自のSEOノウハウです。広告を利用せずに売り上げをアップさせるというSEOコンサルティングを実施しています。SEOの効果を見える化し、長期的に集客が安定するように実現し、CVを高めるといったサポートを行っています。そのため、まずはSEOで効果を発揮したいという方にはナイルがおすすめです。

ナイルのサイトで詳細確認する

株式会社ダリコーポレーション(インタビュー記事向き会社)

株式会社ダリコーポレーションはインタビュー記事向きの制作会社で、専門性の高さが特徴的です。特に、医者・税理士・弁護士といった専門家が監修していて、高品質のコンテンツを提供してくれます。

株式会社ダリコーポレーションの強みは、ハイレベルなライターによる価値の高いコンテンツです。合格率8%未満という狭き門をくぐり抜けたライターが揃っているため、難易度の高いコンテンツであっても、ニーズに応えることができます。

特にインタビュー記事は優れており、芸能人や作家、政治家といった著名人への取材実績も豊富。そのため、プロのライターに依頼したい方や、専門性が非常に高いコンテンツを作成したい方、優れたインタビュー記事を作成して欲しい方には、株式会社ダリコーポレーションがおすすめです。

株式会社ダリコーポレーションのサイトで詳細確認する

記事作成代行のメリット・デメリット

記事作成代行のメリット・デメリット

記事制作代行のメリットとデメリットは下記を挙げることができます。

メリット デメリット
・執筆のための工数を削減できる
・コンテンツを多く作成できる
・SEO対策をカバーできる
・専門外のジャンルも扱える
・社内に知見が蓄積されない
・コストがかかる
・代行会社の選定に時間がかかる

メリット・デメリットの詳細については、こちらの記事をご確認ください。
【WEB担必見】オウンドメディアの記事を外注するにあたってのメリット・デメリット。費用感や上手くいくためのポイントまで完全解説! 【WEB担必見】オウンドメディアの記事を外注するにあたってのメリット・デメリット。費用感や上手くいくためのポイントまで完全解説!

まとめ

今回は記事作成におすすめな代表的な会社を紹介していきました。記事作成の代行会社を選ぶポイントとしては、クラウドソーシングかライティング専門業者かをまず選ぶことが大切です。提示された費用が相場より安すぎる場合は、コンテンツのクオリティが低い場合があります。その場合は、ライターや制作会社の実績をチェックしましょう。また、納品されたコンテンツに対する修正回数をあらかじめ把握しておくとスムーズです。そして、自社サービスの魅力をしっかりと伝えるためにも、得意とする業種や成功事例が当てはまるか確認することが大切。また、記事代行サービスにはメリット・デメリットがそれぞれあります。社内の状況に応じて対応するといいでしょう。

ニュートラルワークスではSEOに強い記事の作成を行っています。コンテンツ作成のみならず、SEO対策やサイト運営など、WEBサイトに関するさまざまなことをトータルで解決することも可能です。ニュートラルワークスでは無料相談も受け付けております。記事制作代行を考えている方は、ぜひニュートラルワークスへご相談ください。

著者紹介

石田 哲也

石田 哲也

取締役CMO

株式会社ニュートラルワークス 取締役CMO。1984年生まれ。高校卒業後にISD株式会社にて起業。株式会社オプトにてWebマーケティングを学び、株式会社メタップスなど複数のベンチャー企業にて事業立ち上げを経験。前職はワンダープラネット株式会社にてゲームプロデューサーとしてスマホアプリゲームの制作に従事。2018年に地元の神奈川へ戻り、ニュートラルワークスにジョイン。SEO/Web広告運用/サイト分析・改善など、Webサイトの運用改善~ゲームアプリ制作や数十万フォロワーのSNSアカウントの運用経験などWebビジネス全般を守備範囲とする。