マーケティング

最終更新日: 2021.10.07 (公開: 2021.09.08)

コンテンツマーケティングの費用相場はどのぐらい?おすすめ企業も解説

コンテンツマーケティングの費用相場はどのぐらい?おすすめ企業も解説

コンテンツマーケティングには、広告費用の削減、潜在層への認知獲得、ソートリーダーシップの獲得など様々なメリットがあります。中長期的にみれば費用対効果が合いやすい一方で、短期的にはコストが見合わないとされる場合もあります。そのため、コンテンツマーケティングに取り組みたいと思っても明確な費用対効果も施策実行時には試算が必要です。

そこでこの記事ではコンテンツマーケティングの費用相場について様々な事例やデータをもとに解説していきます。リスティングやFacebook広告など様々な施策を打ってきたけれどCPAを合わせることに限界を感じている、といったマーケティング担当者の方は、この記事を読めば、コンテンツマーケティングを始めるにはどんなコストがかかるのか分かります。ぜひ最後までご覧ください。

コンテンツマーケティングに必要な費用内訳と相場感

コンテンツマーケティングに必要な費用内訳と相場感

コンテンツマーケティングに効果があるとわかっていても、今ある予算で実現できるかどうか確認しなければなりません。ここからは必要な費用の内訳と相場について説明します。ただし企業によってサービスや費用が異なることがあります。ここで紹介する費用は目安としてご覧ください。

戦略策定費用

戦略策定費用とは、コンテンツマーケティングを行う上で打ち立てる戦略に対する費用のことです。例えばターゲットの設定には調査や分析が必要です。またSEOコンテンツを作成するにはキーワードの選定や競合サイトの分析をします。

このような戦略策定を依頼する場合、相場として10〜30万円ほどの戦略策定費用がかかります。戦略策定はコンテンツマーケティングで成果を出すために重要なプロセスです。

戦略策定を社内で行うことも可能ですが、ノウハウがない場合、社内のリソースでまかなおうとしても遠回りになり、時間がかかってしまいます。そのため、コンテンツに関するナレッジやノウハウがない方はコンテンツ制作会社やコンサルティング会社に依頼することをおすすめします。

サイト制作費用

サイト制作費用はゼロからサイトを構築するために必要な費用です。サイトの制作方法には様々な方法があります。例えばテンプレートを用いて制作する方法であれば、比較的コストを抑えて制作することができます。またオリジナルデザインのホームページであれば100万円以上かかることもあります。

制作方法は様々ですが、サイト制作費用の相場はおよそ50万円前後です。前述のように、制作方法によって金額は大きく変わります。テンプレートを使用するサイトであれば20万円~30万円前後に抑えられるでしょう。

また、WordPressなどを用いてテンプレートをカスタマイズして制作するサイトであれば、40万〜80万円前後です。そしてゼロからオリジナルデザインで作るサイトや独自システムを導入するサイトであれば、100万円以上かかると考えていいでしょう。

どのようにサイトを制作するかは、目的やゴール次第です。例えば、会社の名刺になるようなコーポレートサイトであれば、アクセスを集める必要はありません。この場合、会社情報の掲載が目的になるからです。

一方、顧客の問い合わせを受け付けるといった窓口となる場合は、顧客が迷わないようなサイト導線やUI/UXデザインにも注意する必要があります。また、オウンドメディアやECサイトのように商品・サービスを販売する場合はさらにSEO対策も行わなければなりません。

このように、サイト制作費用は目的やゴールに大きく左右します。サイトを制作する目的を明らかにし、どのようなサイトが最適であるか考えていきましょう。

運用設計費用

運用設計費用とは、サイトの運用業務をスムーズに行うためにプロセスやルールを定義するために必要な費用のことです。

運用設計は、サイトを立ち上げ、運用を続けるために大切なプロセスですが、開発と運用の間にあり、グレーゾーンになりがちです。サイトの運用経験がなく、どのように運用していけばいいかわからない場合は運用設計を依頼するといいでしょう。

運用設計費用の相場は10万円~50万円程度です。運用設計では下記のようなことを行います。

  • ガイドラインの作成
  • マニュアルの作成
  • ロードマップ作成
  • PDCAプロセスの具体化

運用設計が必要かどうかはリソースの経験値によります。サイト運用に困らないよう、不安な場合は運用設計費用をかけましょう。

コンテンツ制作費用

コンテンツ制作費用とはサイトのコンテンツを制作するのにかかる費用です。コンテンツ制作は社内で行うこともできますが、リソースが足りない場合は外部に依頼することになるでしょう。また、SEOコンテンツを作成したいけどノウハウがないという場合にはコンテンツマーケティングに強い企業に依頼するということもあります。

コンテンツ制作の費用は文字数や内容によって変わります。記事の単価も、記事単価や文字単価など様々な単価設定があります。例えば1,500文字程度のブログ記事の場合は、1本2万〜4万円前後です。電話取材などのインタビュー記事やコラム執筆の場合は、1本5万〜8万円前後です。

また、企業に依頼するのか、個人に依頼するのかによっても変わってきます。企業に依頼するとコンテンツの品質を担保できるという安心感はありますが、その分コストがかかります。一方個人に依頼する場合は、コストは抑えられますが、ライター個人のスキルによって記事のクオリティは左右されるため、ディレクション工数がかかります。

SEOで集客をしたいという方は、コンテンツ制作に費用をかけるといいでしょう。限られた予算で進めなければならない場合は、一部依頼するということも可能です。

分析費用

分析費用はサイトを運用した後、ユーザーのアクセスなどの分析を行うために必要な費用です。サイト分析で確認しておきたい指標は下記の通りです。

  • サイト全体のアクセス状況
  • ユーザーの流入元
  • サイト内のユーザーの動き

分析費用の相場は約10~100万円と幅が広いです。というのも、サイト分析はどこまでも突き詰めることができるからです。そのため、課題を整理し、何のためにデータが必要なのかを把握して分析を依頼するようにしましょう。

また、Google AnalyticsやSearch Consoleなどの無料で使用できる分析ツールもあり、社内のリソースでまかないたい場合でも十分な分析は可能です。です。とはいえある程度のノウハウがないと使いこなせないので、期間を設定して外部に依頼し、社内の担当者がノウハウを積んでいくという進め方でもいいでしょう。

外注費用

サイトの運用を外部に依頼する場合、外注費用がかかります。どの程度外注するかによって費用は変わってきますが、相場としては5〜10万円前後です。運用内容としては下記のような作業があります。

  • コンテンツの更新
  • サイトの更新
  • バックエンド業務

内容は商品やサービス、社内の運用体制によって変わります。社内のリソースでまかなうのか、既存業務を怠らないためにも外部に任せるのか、優先事項を設定して決めるといいでしょう。

コンテンツマーケティングで効果を最大化するコツ

コンテンツマーケティングで効果を最大化するコツ

コンテンツマーケティングにかかる費用について解説しましたが、コンテンツマーケティングには始めてもすぐには売上につながりにくいという側面があります。加えて、長く続ければ成功するという施策ではありません。実際コンテンツマーケティングの成功率は38%と決して高くはないのが現状です。

そこで、ここからはコンテンツマーケティングで効果を最大化する6つのコツについてご紹介していきます。

一定数のコンテンツ数は必要

1つ目は一定数のコンテンツ数が必要という点です。コンテンツマーケティングで成果を出すにはコンテンツも重要ですが、その数も同様に重要です。その理由は、検索エンジンによるコンテンツの評価はサイトの評価と関連しており、サイトの評価はコンテンツ数と関わっているからです。

あるデータによると、読み物系のサイトの場合コンテンツ数が166本以下、情報ノウハウ型のサイトの場合は59本以下であると流入が集まりにくいという結果が出ています。

迷ったら情報提供型コンテンツ

2つ目は迷ったら情報提供型コンテンツを選択することです。単純にコンテンツを発信するだけでは、成果につながりません。そこで効果的なのが、ユーザーに情報提供をする形でコンテンツを発信していくという方法です。

その理由は、読み物系のコンテンツより情報提供型のコンテンツの方がコンテンツ本数に対するCV数が高いからです。前述の通り、読み物系のサイトの場合コンテンツ数が166本以下、情報ノウハウ型のサイトの場合は59本以下であると流入が集まりにくいというデータがあります。別の見方をすれば、情報ノウハウ型のサイトは60本以上からある程度の流入を集めることができると考えられます。

参考リンク

ユーザーが何かを検索する場合、悩みや問題を抱えていることがあります。その場合ユーザーのニーズはわかりやすいです。例えば洗剤を販売している企業が自社サイトへの流入を集めるのに、「シャツ チョコ 汚れ」というキーワードを設定したとします。

この場合、ユーザーが「シャツについたチョコレートの汚れを落としたい」という問題を抱えていることが想定できます。そこでどうしたらチョコレートのシミを落とせるかという情報を提供することによって、検索したユーザーに刺さりサイトへの流入が実現できます。

このように、情報提供型のコンテンツはユーザーに態度変容を促しやすいためおすすめです。その場合、ユーザーが検索するキーワードの文脈を把握したうえでのCTAの設置や、導線の設置が必要です。そして情報を提供するだけでなく、CVを達成するという目的から逆算して導線を設計することが重要となります。

プロジェクト期間は少なくとも1年

3つ目はプロジェクト期間は少なくとも1年は必要という点です。コンテンツマーケティングで成果を出すには、およそ1年ほどかかると言われています。期間はチーム体制やリソースによって左右しますが、コンテンツマーケティングで中長期的な時間が必要な理由は、前述のコンテンツ数がある程度必要であることが関係しています。

SEOの効果を発揮させるために166記事あげるとすると、1年間でおよそ2日に1記事はアップしなければなりません。これが個人で運用しているブログであれば可能かもしれませんが、社内のチームで運用しているとなかなか厳しいでしょう。

また外部に委託している場合でも、社内ミーティングや外部との連絡のやり取りが発生することを考慮すると、純粋にコンテンツを作成・運用する以外の工数も発生します。そのため、プロジェクトの期間は少なくとも1年はかかると見積もっておきましょう。

コンテンツ改善体制も構築する

4つ目はコンテンツ改善体制も構築することです。コンテンツマーケティングの中でもコンテンツSEOを行う際には、リライトが必要です。リライトというのは一度作成したコンテンツを一部加筆・変更することです。リライトが必要な理由は、いくつかあります。

まず、一度アップしたコンテンツは古くなります。例えばおすすめの電子レンジを紹介している記事であれば、コンテンツをアップした時点では最新のモデルであったとしても、1年経てば別の新しいモデルが誕生しています。そのまま掲載してしまうと在庫がなくなっていたり、古い商品を紹介していることに気がついたユーザーが離脱して、最新の商品を掲載しているサイトに流れてしまうということがあります。

また、作成したコンテンツがSEO効果を発揮していないときにリライトを行うこともあります。キーワードを加えたり、狙っていたのとは違うキーワードで流入している場合にはコンテンツを変えることもあります。

このように、リライトによるコンテンツ改善はマーケティングを成功させるために重要です。実際にリライトを継続して行っている企業はコンテンツSEOで成果を出すことができています。

コンテンツの種類は様々なものがある

そして5つ目が、コンテンツマーケティングにおけるコンテンツの種類は様々であるという点です。一例を挙げると、コンテンツには下記のようなものがあります。

  • 記事
  • レビュー
  • ホワイトペーパー
  • 事例紹介

一般的なコンテンツは記事です。ユーザーに悩みの解決方法を提案したり、読み物を提供してユーザーのロイヤリティを高めるといった効果があります。レビューは商品やサービスの評価をユーザーに提示することで、購入へと誘導することができます。

またホワイトペーパーはユーザーの体験談をPDFとしてまとめたり、ツールの使い方を説明するなどの目的で使用されることがあります。そして事例紹介は、サービスを導入したお客様の声を掲載することで、導入を検討しているユーザーをプッシュする働きがあります。

このように、コンテンツには様々な種類があります。自社との商材やユーザとの接点から適切なコンテンツやチャネルを設計することが重要です。

コンテンツマーケティングに迷ったら頼りたいおすすめ企業

コンテンツマーケティングに迷ったら頼りたいおすすめ企業

コンテンツマーケティングについてご理解いただけましたら、企業を探してみましょう。ここではおすすめの企業を6つ紹介していきます。

株式会社ルーシー

株式会社ルーシーは、コンテンツの企画や、ライティングに特化したコンサルティングを提供する会社です。記事代行やマーケティングのサポートなどを行なっています。

そんな株式会社ルーシーの強みは、bazubu-shikiというサービスです。bazubu-shikiとはWebサイト制作・保守サービスで、成果を出すために必要な要素だけを取り揃えています。例えばパンくず、サイトマップ、OGP、構造化データなどといったサイト構築に必要な部分をデフォルトでSEOを実現してくれます。

そしてメタ要素や関連記事に関しては、自然な導線で設定できるので、ユーザーの離脱率を抑えることができます。また、bazubu-shikiでは細かくレポートを作成してくれます。サイト全体のレポートから各コンテンツのレポートまで、そして年間、月間、週間と様々な角度から分析が可能です。これにより、コンテンツやサイトをどのように改善すべきかがわかります。

このように、株式会社ルーシーはbazubu-shikiというサービスによってサイト運営全体をサポートしてくれます。またサイトフィードバックを行なってくれるため、社内の担当者もコンテンツマーケティングについて学ぶことができます。そのため、期間を設けコンテンツマーケティングをサポートしてもらい、社内でノウハウを蓄積してゆくゆくは内省で運用したいという会社に株式会社ルーシーがおすすめです。

株式会社ルーシーのサイトはこちら

株式会社Faber Company

株式会社Faber Companyは、Webマーケティングを支援する会社で、コンサルティング事業やメディア事業を行なっています。

そんな株式会社Faber Companyの強みは、「MIERUCA(ミエルカ)」という独自ツールを持っている点です。MIERUCAとはSEO・コンテンツの課題を発見してくれるツールで、数々の企業で導入されている実績があります。

MIERUCAには例えば、「競合流入キーワード調査機能」という機能があります。競合流入キーワード調査機能ではキーワードの検索ボリュームがわかったり、検索流入を獲得していそうなキーワードを知ることが可能です。そのため、新規トピック・キーワード発掘に活用することができます。

また、「SEO解析ツール」では、改善対象URLの自動発見を行なってくれます。自動で行なってくれることで、工数を割いて改善が必要なサイトを探す必要がないため、サイト改善の効率化につながります。

このように、株式会社Faber Companyではツールによるコンテンツマーケティングの運用が可能です。そのため、ツールを導入してコンテンツマーケティングにかかる工数を減らしたい企業や、少ないリソースで運用したい企業には、株式会社Faber Companyがおすすめです。

株式会社Faber Companyのサイトはこちら

株式会社ニュートラルワークス

株式会社ニュートラルワークスは、WEBサイト制作事業を中心に手がけている会社です。ニュートラルワークスの特徴は、ワンストップ型でのサポートを受けられるところです。記事作成からサイト構築、SEO対策など、サイト運営に関する工程をトータルでケアしてもらうことができます。そんなニュートラルワークスの強みは以下の3つです。

  • 大手ネット広告代理店出身者によるディレクション
  • 専門知識を持つライターネットワーク
  • 早いレスポンス

ニュートラルワークスには大手ネット広告代理店出身のコンテンツディレクターが揃っており、上位表示するためのキーワードやコンテンツについて熟知しています。また、ライターによって執筆されたコンテンツのチェックも行っているので、クオリティーを担保することが可能です。

また、ニュートラルワークスでは300人以上の専門知識を持つライターネットワークを構成しています。専門性、網羅性、オリジナリティを含むことで質の高いコンテンツ作成が可能となり、上位表示を見込むことができます。

そして、他社にはない業界屈指の迅速なレスポンス対応も強みの一つです。問い合わせや相談に対してスムーズな対応ができるので、事業への影響が少なくなります。

ニュートラルワークスでは記事作成の相談から提案・見積もりまでは無料で行っています。費用に関しては契約時に全体費用の半分を支払い、納品・公開が完了した時点で残りの半分を支払うという進め方となっているため、初めて代行会社に依頼する方でも安心です。

コンテンツ以外の点でも丁寧にケアしてもらえるのは、ワンストップサービスならではのものです。コンテンツ作成に関する知見がない方、サイトの運営面について自信がない方は、トータルで提案してもらえるニュートラルワークスがおすすめです。

株式会社ニュートラルワークスのサイトはこちら

株式会社才流

株式会社才流(サイル)は、BtoB営業・マーケティングのデジタル化支援を行う企業で、コンサルティングを行なっています。現状分析から施策の立案、実行、改善までをトータルでサポートしていて、数々のBtoB企業の支援を行なっています。

そんな株式会社才流の強みは、BtoBマーケティングのメソッドを持っている点です。例えば、BtoBマーケティングのコミュニケーション設計において有効なメソッドを活用することで、見込み顧客と段階的にコミュニケーションを取り、関係性を構築した上でお問い合わせを獲得したり、商談を獲得できたりといったことを実現できます。BtoB企業ならではの課題や悩みに寄り添った提案してくれるため、課題解決につながりやすいでしょう。

このように、株式会社才流はBtoB営業・マーケティングのデジタル化支援を行う企業で、BtoB企業への支援を得意としています。そのため、BtoBマーケティングを行なっている企業には株式会社才流がおすすめです。

株式会社才流のサイトはこちら

株式会社ガイアックス

株式会社ガイアックスは、ソーシャルメディアサービス事業やシェアリングエコノミー事業、インキュベーション事業など幅広い分野で展開している企業で、WEB改善・マーケティング支援を行なっています。

そんな株式会社ガイアックスの強みは、SNSを含めた運用も合わせて支援してくれる点です。昨今ではWEBサイトのみならず、SNSの運用に力を入れている企業が少なくありません。株式会社ガイアックスが行なっているSNS運用サービスでは、コンテンツを投稿するだけでなく、運営戦略の提案やアクセス解析なども行なってくれます。

すると初動に勢いをつけられ、効果が出るまでの期間を短くすることができます。またアクセス解析によるフィードバックもあるため、コンテンツのクオリティを上げることができます。

このように、株式会社ガイアックスはSNSを含めた運用も合わせて支援してくる企業です。そのため、サイト運用とSNSの活用を視野に入れている企業は、株式会社ガイアックスがおすすめです。

株式会社ガイアックスのサイトはこちら

コンテンツマーケティングのSEOコンサルを選ぶ際の注意点

コンテンツマーケティングのSEOコンサルを選ぶ際の注意点

コンテンツマーケティングにおすすめの企業をご紹介しましたが、実際に選ぶ際は以下の2点の注意が必要です。

  • 即効性を期待しすぎない
  • 金額で判断しない

ここからはコンテンツマーケティングのSEOコンサルを選ぶ際の注意点について詳しく解説します。

即効性を期待しすぎない

1つ目の注意点は、即効性を期待しすぎないことです。コンテンツマーケティングは成果が出るまでに時間がかかります。その理由は2つあります。

1つ目はSEOは効果が出るのが遅いことです。というのも、狙った検索キーワードでコンテンツが上位に表示されるには、検索エンジンに認識される必要があります。コンテンツがアップしてからクロールが巡回するまでにラグが発生します。

また、コンテンツの評価はドメインのパワーに関連しており、サイト自体の評価が良くないと上位表示されません。サイト評価を上げるためには、サイトにある程度コンテンツが蓄積している必要があります。こうしたことから、SEO施策で効果を出すには時間がかかるのです。

2つ目はコンテンツマーケティングは運用フローが長いことです。コンテンツマーケティングでは企画、制作、運用、改善といった工程が発生します。ただコンテンツを作成してアップするだけでなく、その反応を見て改善し、次に繋げることによって効果を発揮します。

ただし前述のように、コンテンツマーケティングはすぐに効果が現れるものではありません。そのため、反応を見て改善するまでにもある程度の期間が必要になります。このように、コンテンツマーケティングは他の施策に比べて運用フローが長くなるという特徴があります。

金額で判断しない

2つ目の注意点は、金額で判断しないことです。これからどの企業に依頼をしようか考えている担当者は、やはり費用は安くしたいことでしょう。しかし、金額だけで判断していてはコンテンツマーケティングを成功させることはできません。インスタントな効果ではなく中長期的な視点が必要です。

繰り返しになりますが、コンテンツマーケティングで成果を出すには、中長期的な取り組みが必要です。一般的な広告キャンペーンのような即効性のある施策ではありません。それは一見効率が悪いように思えますが、作成したコンテンツは資産となります。そのため、金額だけで判断せず、コンテンツマーケティングを成功させるにはそのプロセスが必要であるかを考えて打ち込むようにしましょう。

コンテンツマーケティングの費用相場は長期的に考える

コンテンツマーケティングの費用相場は長期的に考える

コンテンツマーケティングの特徴は、長期的に見た費用対効果が得られることです。事業フェーズによっては、コンテンツマーケティングがマーケティング施策として相性が悪い場合もあります。また、自社にノウハウがない場合には実績のある外部パートナーに相談してみることがおすすめです。

ニュートラルワークスは、自社メディアの検索流入数34倍、獲得件数24倍にまで成長させている実績があります。コンテンツマーケティングの記事制作にお悩みなら、ニュートラルワークスにご相談ください。無料相談も受け付けています

著者紹介

石田 哲也

石田 哲也

取締役CMO

株式会社ニュートラルワークス 取締役CMO。1984年生まれ。高校卒業後にISD株式会社にて起業。株式会社オプトにてWebマーケティングを学び、株式会社メタップスなど複数のベンチャー企業にて事業立ち上げを経験。前職はワンダープラネット株式会社にてゲームプロデューサーとしてスマホアプリゲームの制作に従事。2018年に地元の神奈川へ戻り、ニュートラルワークスにジョイン。SEO/Web広告運用/サイト分析・改善など、Webサイトの運用改善~ゲームアプリ制作や数十万フォロワーのSNSアカウントの運用経験などWebビジネス全般を守備範囲とする。

■経歴
2003年 ISD株式会社/起業
2009年 株式会社オプト/SEMコンサルタント
2011年 株式会社メタップス/シニアディレクター
2013年 ライブエイド株式会社/執行役
2016年 ワンダープラネット株式会社/プロデューサー・BizDev
2018年 株式会社ニュートラルワークス/取締役CMO

■得意領域
Webサイト改善
SEO対策
コンテンツマーケティング
リスティング広告