SEO

最終更新日: 2022.05.27

YMYLとは?対象ジャンルとYMYL領域の対策を解説

YMYLとは?対象ジャンルとYMYL領域の対策を解説

Googleでは、人々のお金や健康などに大きな影響を与えるYMYLに関して、厳しい基準を設けています。しかしYMYLについて、「なぜGoogleが厳しい基準を設けるのか」、「なぜSEOで重視されるのか」と疑問を抱く人が少なくありません。そもそもYMYLを理解できていない人もいるでしょう。

そこでこの記事ではYMYLとは何なのか詳しくお伝えすると同時に、GoogleやSEO対策で重要視されるようになった理由についてまとめています。

また正しくサイトを運営していくために必要な対策方法についても解説しているので、コンテンツ制作に自信がないという方にもおすすめの内容です。この記事を読めば、YMYLを正しく理解し、Googleの基準を満たした質の高いコンテンツ作りができるようになるでしょう。

SEO対策については、下記に詳しく記載させて頂いておりますので、宜しければご覧ください。
SEOとは?SEO対策の基礎から検索エンジン上位表示のテクニック解説 SEOとは?SEO対策の基礎から検索エンジン上位表示のテクニック解説

YMYLとは?

aYMYLとは?

YMYLとはYour Money Your Lifeの頭文字を取った言葉であり、Google検索品質評価ガイドライン内で人々のお金、健康などに関するジャンルを指しています。人の人生を大きく左右するジャンルであることから、信頼性や権威性に欠ける情報を公開すると、ときにはペナルティを受けることもあり得ます。

そのため、あなたが運営するWebサイトがYMYLに該当する場合は、内容を精査し、間違った情報がないよう細心の注意を払う必要があるのです。

たとえ検索ユーザーをだますつもりがなかったとしても、間違った情報を発信することでユーザーが将来的に多大な被害を被るかもしれません。Googleではこのような問題を防ぐために厳格な基準を定め、検索結果の品質をより高くしようとしています。

YMYLの対象ジャンル

YMYLの対象ジャンル

YMYLジャンルは複数あるため、まずは運営するWebサイトや制作を担当するコンテンツがYMYLに該当するのかどうかを確認してみてください。

対象ジャンル 内容
ニュース・時事問題 エンタメやスポーツを除く、政治に関わる内容や国際問題などの情報
金融 保険や投資、金融取引などの金融に関する情報
法律・公共サービス等 一般的な市民生活を送るために必要な、公共サービスや法律に関する情報
ショッピング 金銭の取引や決済に関する情報
グループ・団体 宗教や性別、人種などに関する情報
健康・安全 薬や治療方法、病院や医療情報
その他 就職や進学、栄養やフィットネスなどの人生や生活を左右するような情報

このような情報は、ユーザーの考え方や生活に大きな影響を与える可能性があります。そのため、虚偽や不確かな情報があるとGoogleだけでなくユーザーからの信頼も失うことになりかねません。

情報の信頼性はSEO全般に言えますが、人の人生を左右するような情報は特に、内容の信憑性が重要になることを押さえておきましょう。

YMYLに関連するコアアルゴリズムアップデートについて

YMYLに関連するコアアルゴリズムアップデートについて

YMYLが正しく扱われるために、Google はコアアルゴリズムアップデートを続けてきました。なかには非公式として扱われるものもありますが、ここでは2017年から2020年まで行われたコアアップデートを時系列にまとめます。

実施日 アップデート名
2017年12月 医療や健康に関連する検索結果の改善(日本語検索のみ)
2018年8月 Medic Update(医療アップデートと言われているが、ターゲットや名称は非公式とされている)
2019年3月 March 2019 Core Update
2019年6月 June 2019 Core Update
2019年9月 September 2019 Core Update
2020年1月 January 2020 Core Update
2020年5月 May 2020 Core Update

このようにコアアップデートは定期的に行われています。サイト運営者は常に対応できるよう、アップデートの内容を随時、確認することも大切です。

明確なターゲットや内容を確認したい方は、2017年の医療や健康に関連する検索結果の改善についてを読んでみてください。

YMYLが重要視されるようになった背景

YMYLがGoogleで重要視されるようになったのは、 Googleが掲げる10の真実が関係しています。

Googleは、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。」とあるとおり、検索ユーザーにとって不利益な情報や誤った情報が流れないよう、YMYL領域における評価基準の変化もその一環と考えることができます。

Googleは常にユーザーの利益を追求している

前述のとおり、Googleは検索ユーザーの利便性を追求しています。そのためユーザーに不利益や悪影響を与えるWebサイトはペナルティを与えられる場合もあるのです。

Googleから悪質だと判断されれば検索順位が下がるほか、検索結果に表示されなくなる場合もあります。また、より悪質な情報を扱えばアカウントを停止される可能性もあるため、扱う情報には常に気を付けねばなりません。

なお、Googleからペナルティを受けるようなことがあれば、Webサイト全体の信頼にも関わります。Webサイトを運営するうえでは常に、ユーザーファーストを心掛けながら、Googleのガイドラインに沿った運用が求められます。

Google検索の精度が上がった

フェイクニュースへの対策として2017年4月に実施したアルゴリズムアップデートでは、うそのニュースを扱うサイトの評価を下げる処置が取られました。また、検索品質評価ガイドラインの変更、強調スニペットや予測変換されるワードのフィードバックが送信できる機能が追加されたのもこの時期です。

さらに2020年12月には、医療や健康に関連する情報を改善するアップデートが行われるなど、Googleの検索精度が上がり続けています。特に2020年12月のアップデートは、60%もの対象ジャンルのサイトに影響を与えたとされています。このことから、悪質なサイトは今後もペナルティの対象となると考えられます。

健康アップデート、アウルアップデートの導入

健康アップデートは、前述した2017年12月に日本のみで行われたアップデートのことで、健康や医療に関係する情報を精査するためのものでした。

健康アップデートが行われる前は、医学的根拠のない情報が検索上位に表示されていた時期があったため、以降は公的機関が発信する情報や、信憑性・権威性を満たすサイトが検索上位に上がるよう変更されています。

また、アウルアップデートは、攻撃的またはデマが含まれているコンテンツの順位を下げ、悪質なサジェスト検索の結果を報告できるようにしたもの。アップデートに合わせて品質評価のガイドラインが変えられるなど、サイトのあり方が大きく変わりました。

悪質なサイトが完全に無くなったわけではありませんが、上質なコンテンツが評価されやすくなったのは事実であり、今後のアップデートによっては検索上位になるための必要な条件が増える可能性も考えられます。

YMYLへの対策

YMYLへの対策

YMYLに該当するWebサイト運営が実際にどのような対策を取っていけばいいのか、ここでは8つの方法を紹介します。

YMYLだけでなくSEO全般に重要なポイントとなってくるため、事前に把握しておくことをおすすめします。

良いサービスを作り、良い評判を得る

大前提としてユーザーにとって良いサービスでなければ、高い評判は得られません。今では当たり前の話ですが、以前は悪質なサービスであってもGoogleの裏をかいて上位表示されるケースがありました。

現在は検索精度の向上により、ユーザーから低評価を受けるような情報は上位表示されなくなったものの、特に人々の生活や考え方に影響を及ぼすYMYLはより厳しく審査されます。そのため、信頼されるサイトはそのまま、Googleからの評価も高まる傾向にあります。

著者や監修者の情報を明記する

Web上で情報を扱うにあたって重要視されるのが、どこの誰が発信した情報であるか?という情報源です。どこからの情報なのかがはっきりしていない限り、信用は得られません。

そのため著者や監修者の情報を明記することで、信頼に値する情報だということを証明する必要があります。企業であれば責任者の連絡先や所在をはっきりとさせておくと、コンテンツを見てもらいやすくなるでしょう。

プライベートな情報までは書く必要はありませんが、どのような人物なのか、どういった専門家なのかなどは記載することをおすすめします。

「E-A-T」を満たす

E-A-Tを構成するものは以下の3つです。

  • 専門性の「Expertise」
  • 権威性の「Authoritativeness」
  • 信頼性の「Trustworthiness」

以上の3つの意味から頭文字をとった、Googleの造語がE-A-Tと呼ばれています。サイトを作る際の三原則のようなもので、専門性とはひとつの情報に特化した内容であるかどうかを指します。

内容の薄い情報が入り交じるより、専門性の高い情報が集約されたページのほうが評価されやすいため、情報の精度を高めるといいでしょう。

また権威性は、例えば医療や健康に関する情報について、病院や医療関係者が情報発信するなど、信憑性の高い情報提供を意味します

3つ目の信頼性は、ユーザーから信用を持たれている情報であるかどうかです。権威性につながる部分でもありますが、例えば野球のルールに関する記事を素人がまとめるより、プロ野球選手がまとめた内容のほうが信頼されやすい、という点です。

このようにユーザーが信頼できる情報だということが証明できれば、Googleからの評価も受けやすくなるでしょう。

E-A-Tとは?SEOでGoogleが重要視する3つの評価基準と対策方法を解説! E-A-Tとは?SEOでGoogleが重要視する3つの評価基準と対策方法を解説!

情報ソースの信頼性担保

Webサイト内に情報ソースを盛り込む場合は、参考にしたページや取材した相手の情報を公表し、信頼性を担保するのが大切です。いくら参考サイトの内容をアレンジして記載しても、同じような内容であれば不信に思われる場合もあります。

最悪の場合、コピペサイトとして扱われる場合もあるため、情報ソースははっきりさせておくといいでしょう。また信頼性を高めるためには、その情報に対するメリットばかりでなく、デメリットを書く誠実性も関係します。

人々の人生に大きな影響を与えるような情報の場合は特に、事実を隠さず正しく伝えることも重要です。

権威性の高いサイトからの被リンク

YMYL対策においてWebサイトの権威性を高めることは重要ですが、権威性の高いサイトからの被リンクも大切なポイントです。被リンクが「権威性のあるサイト」と認められている場合は、自社のWebサイトも評価してもらいやすくなります。

しかし、悪質なサイトや関係のないサイトからの被リンクは、かえって評価を落とすことにもなりかねないため注意が必要です。

被リンクを受けるのはSEOでは重要?被リンクの調べ方と良質な被リンクを受ける方法 被リンクを受けるのはSEOでは重要?被リンクの調べ方と良質な被リンクを受ける方法

定期的にコンテンツを整備し、最新の情報にしておく

WebサイトがGoogleから高い評価を受けたとしても、時が経てば情報は古くなってしまいます。そのまま更新をせず、古い情報のまま放置しては、いづれ順位が下げられてしまうかもしれません。

そのような事態を防ぐためにも、定期的にコンテンツを整備し、情報を最新の状態にしておくことが大切です。また、コンテンツの更新を行うことでユーザーの興味を引けるため、アクセス数を安定させる方法としても最適です。

リスクになりそうなテーマの記事はむやみに作らない

Webサイトを運営する際、YMYLにおいてリスクになりそうな記事作りを避けるのも、対策の一つです。

たとえ多くの人が興味を持つような話題であっても、真実かどうか分からないリスクを伴うような情報は、むやみに作らないほうが無難です。

1つのサイトにYMYLコンテンツと非YMYLコンテンツを混ぜない

ひとつのコンテンツにおいて、まとまりのない情報が掲載されたページは評価されにくい傾向にあります。また、情報があり過ぎてもユーザーを混乱させてしまうため、YMYLコンテンツにするのか、非YMYLコンテンツにするのかをあらかじめ決めましょう。

また、Webサイト自体が読みやすいかどうかも、Googleが定義するユーザーの利便性に関係します。そのため複雑な内容は避けたり、関連性のあるページを内部リンクでつなげたりするなど、ページ単体ではなくWebサイト全体でコンテンツを作る視点も必要です。

YMYLについてよくある疑問

YMYLについてよくある疑問

ここからはYMYLについてよくある疑問について解説します。

YMYLのジャンルは順位改善が難しい?

YMYLに触れるジャンルは厳しい評価基準があることから、品質を維持するのも大変です。しかし常に質の高いコンテンツを上げ続けられれば、順位を改善できる可能性があります。

あらゆるSEO施策は、成果が出るまでに時間がかかるもの。継続して信頼を積み上げていくことが重要です。

また、非YMYLコンテンツに比べると、より正しい情報が必要にはなりますが、裏付けとなる確証があれば新しい情報も発信できます。ルールを守ったうえで差別化を図り、競合サイトにも差をつけていきましょう。

低品質コンテンツとみなされたらどうなる?

YMYLは人々に与える影響の大きい情報であることから、検索結果に表示されなくなることがあります。

単に順位が下がっただけという場合もありますが、もしインデックスから削除され、検索結果から表示されなくなった場合は、直ちにコンテンツの内容を見直しましょう。SEO施策を行うにあたって、自社コンテンツが検索結果に表示されなくなるのは大きな痛手です。

YMYL領域の評価はどのようにされている?

YMYL領域の評価は、Googleのアルゴリズムによって決まります。しかし評価される領域はWeb上のコンテンツだけでなく、SNSなども含まれるため、扱うコンテンツすべてに気を配るといいでしょう。

詳しい評価方法については一度、Googleのガイドラインを確認しておくことをおすすめします。評価基準が変更される場合もあるので、アップデートの内容やガイドラインは定期的に確認してください。

ウェブマスター向けガイドライン

YMYLのまとめ

YMYLのまとめ

YMYLコンテンツを扱うWebサイトでは、コアアルゴリズムアップデートのタイミングで急激に順位が下落するようなケースが少なくありません。

また、YMYLに関する内容は今後も、一般的な検索クエリに比べアップデートの影響を受けやすいと考えられます。

YMYL対策は常にコンテンツの質を高める必要がありますが、これと同時にSEO的な問題がWebサイト内にないかどうかも忘れないようにしていきましょう。

基本的なSEO対策を行ったうえで、YMYL関連のコンテンツが上位表示を獲得できるようになれば、結果的にサイト全体の高評価にもつながります。

著者紹介

石田 哲也

石田 哲也

取締役CMO

Twitter:@te2319
株式会社ニュートラルワークス 取締役CMO。1984年生まれ。高校卒業後にISD株式会社にて起業。株式会社オプトにてWebマーケティングを学び、株式会社メタップスなど複数のベンチャー企業にて事業立ち上げを経験。前職はワンダープラネット株式会社にてゲームプロデューサーとしてスマホアプリゲームの制作に従事。2018年に地元の神奈川へ戻り、ニュートラルワークスにジョイン。SEO/Web広告運用/サイト分析・改善など、Webサイトの運用改善~ゲームアプリ制作や数十万フォロワーのSNSアカウントの運用経験などWebビジネス全般を守備範囲とする。

■経歴
2003年 ISD株式会社/起業
2009年 株式会社オプト/SEMコンサルタント
2011年 株式会社メタップス/シニアディレクター
2013年 ライブエイド株式会社/執行役
2016年 ワンダープラネット株式会社/プロデューサー・BizDev
2018年 株式会社ニュートラルワークス/取締役CMO

■得意領域
Webサイト改善
SEO対策
コンテンツマーケティング
リスティング広告

■保有資格
Google アナリティクス認定資格(GAIQ)
Google 広告検索認定資格
Google 広告ディスプレイ認定資格
Google 広告モバイル認定資格