Webデザイン

最終更新日: 2021.08.31 (公開: 2021.07.13)

ランディングページ(LP)とは?マーケティングを行う企業が知るべきこと

ランディングページ(LP)とは?マーケティングを行う企業が知るべきこと

ランディングページという言葉はホームページの運営などをしているとよく聞く言葉ですが、通常のページとは何が違うのか疑問をもたれていませんか?

ここでは、ランディングページとはどのようなページのことなのか、概要からメリットやデメリット、流入経路や利用する際の注意点などについてまとめています。ランディングページはWebページの集客率を高めることにも役立つため、より有効な宣伝をしたいというかたに知ってほしい情報となっています。

プロダクトのプロモーションを行うためにランディングページの作成を考えている方は、ぜひ一読することをおすすめします。

▼目次

ランディングページ(LP)について

ランディングページ(LP)について

ランディングページの作成は、ユーザーにサービスや商品の購入などのアクションを起こすことに役立つ手段の1つです。全てのユーザーに興味を持ってもらえるわけではありませんが、1つの情報をまとめて届けられる方法としても多くの企業に利用されています。

ここではランディングページとは具体的にどのようなものなのか、ホームページとの違いやランディングページの違いなどについて解説します。

ランディングページとはどのようなものなのか把握して活用していくことができるようになれば、マーケティングもより効率的に行えるようになるでしょう。まずは、基本的な概要をつかみ適切なページ制作を行うための準備から始めることをおすすめします。

ランディングページとは

ランディングページは略してLPとも呼ばれる、リンク先(広告の飛び先ページ)で広告をクリックすることで表示される、コンバージョン(CV)率を最大化するために作られるWebページのことを言います。

ランディング(Landing)は着地するという意味を持つことから、ランディングページは最初にユーザーが着地する先のWebページと考えるといいでしょう。

例えば、Yahoo!などのトップページで表示される広告をクリックしたときにつながるWebページがランディングページにあたります。ランディングページと一言でいっても、広義のページと狭義のページがあります。

ホームページとランディングページの違い

ホームページとランディングページの違いにはどのようなものがあるのか、大きく2つに分けて紹介します。

1.目的の違い

ホームページの目的は、わかりやすくユーザーに情報を提供することにあります。ランディングページの場合は、Web広告からアクセスしてきたユーザーに資料請求や問い合わせ、購入などといったCVを達成してもらうことに集約します。

つまりホームページは検索エンジンからの検索が主で、ランディングページはWeb広告などからのアクセスが中心です。

2.デザインや構成の違い

ホームページは一般的に、リンクと階層のコンテンツでできたページとなっていますが、ランディングページは1ページで完結する構成となっています。

デザインやレイアウトについては、お問い合わせボタンや購入ボタンといった、ユーザーが目的を達成しやすいようなCVにつながる構成にすることが求められます。ランディングページを活用する際は、ユーザーの行動を後押しする工夫が必要となるでしょう。

広義のランディングページ

広義のランディングページとは、どのようなWebページのことを指すのか基本的な内容とどのような意味で使われているのか解説します。

広義のランディングページは最初に着地するページ

広義のランディングページはユーザーがホームページに訪れる際に、最初に開いて着地したページとなります。とはいえ、必ずトップページがランディングページとなるわけではありません。ダイレクトにアクセスしたときに表示されるページのことも、広義のランディングページと呼びます。

検索エンジンなどを通して、最初にアクセスしたページだということを覚えておきましょう。また、ホームページを制作する企業などによっては、狭義のランディングページと混同しないように、集客ページや入口ページと呼ばれることもあります。

広義の意味でGoogleアナリティクスで使われている

アクセス解析ツールとして知られているGoogleアナリティクスでは、広義の意味でランディングページという表現が使われています。アクセス解析をするためには、ホームページなどのランディングページを認識しておくことが必要不可欠です。

ランディングページのアクセス経路

ランディングページのアクセス経路は、Yahoo!やGoogleなどの検索結果はもちろんのこと、検索エンジンの上部に表示されるリスティング広告や、TwitterなどといったSNSからのアクセス経路が考えられます。

その他にも、他のホームページに掲載されたリンクや、メールマガジン、パンフレットやチラシなどにある二次元バーコードなど、パソコン上だけでなく紙媒体からのアクセスも存在しています。

それらから、広義のランディングページへのアクセスを増やすためには、ページ自体の流入量を増やしたり、ランディングページの数を増やすことが効果的です。

1つのページだけでは、そのぶんアクセス数も制限されてしまうことになりかねません。そうならないためにも、できるだけ多くの広義のランディングページ化を行っていけば、アクセスするユーザーの入り口が広がり、集客にも役立つでしょう。

狭義のランディングページ

狭義のランディングページとは、訪問者を達成目標へと導くための集客に特化した、縦長のレイアウトで作成されたページのことです。一般的にはランディングページはこの狭義の意味で使われることが多く、ユーザーがダイレクトに注文などを行えるように活用されます。

目的としては、

  • イベントの予約などといった見込み客の発掘
  • 注文や問い合わせに誘導する直接的な売上効果
  • 求人募集などの人材の獲得

などに使われます。対象となるユーザーは、検索エンジンの検索結果やSNS、リスティング広告なども含まれることから、それぞれのアクセス者にアクションを起こしてもらえるかが課題となるでしょう。

また、売上アップや集客アップに直接繋がることにもなる狭義のランディングページは、人の心理を読み解く力も必要となります。Webの知識だけでなく、マーケティングや心理学の知識を持っていることも大切です。

1枚のWebページで、どれだけ分かりやすく伝えて、どのように作ればユーザーの興味につながるのか、理解した上でランディングページを作っていかないと、売上につながらなくなってしまいかねません。

広義と狭義の違い

広義のランディングページは、ユーザーがアクセスした最初のページを指す広い意味で使われ、ユーザーに目的を達成してもらうことを念頭においたページです。

大きな違いがあるわけではありません。そのため、ユーザーを集客する会社の受付が広義のランディングページ、実際に商品を紹介して最終的に購入や問い合わせをしてもらうように宣伝を行うのが狭義のランディングページ、とイメージすれば理解しやすいでしょう。

ランディングページの特徴

ランディングページの特徴

ランディングページの特徴は、1ページで1つの情報をまとめてCVにまで誘導することに特化したページであることが特徴です。その他にも自由度の高いデザインができるなどの特徴を持っていますが、それらが具体的にどのようなことに役立つのか紹介します。

ランディングページのことを知るためには、まずどのような特徴を持っているのか把握することから始めましょう。具体的なイメージを持てるようになれば、今後のWebページの作成に役立てていくことができます。

1ページの縦長レイアウト

ランディングページは、商品やサービスを紹介する営業トークなどを扱うようなページとなるため、縦長1ページでCV達成まで完結する配置で作られます。

一般的なホームページなどよりも、チラシやセールスレターのような内容がほとんどです。また、ユーザーがCVを達成するまでに必要な情報を多く扱うことから、どうしても情報量が増えてしまい、縦長のレイアウトになりやすい特徴を持っています。

1ページでどれだけユーザーニーズに応えられるような内容に作り上げるのか、それぞれの製品に合わせた様々な工夫がなされています。

コンバージョンに繋げるページに特化している

CVにつなげることを最終目標としているランディングページでは、他ページへのリンクが少ないCVRの向上に特化したものになっています。

コンバージョン(CV)とは、ユーザーが製品を購入したり、イベントに申し込みをしたりする、アクションを起こしたことを指す言葉です。つまり、ランディングページはユーザーにアクションを直接起こしてもらうために作られたページだといえます。

他のサイトへ誘導したり、異なるコンテンツに興味を持たせたりすることに重きを置かないため、極端に内部リンクが少ないページになりがちです。

また、注文や購入などをしてもらうためのページとなるため、ユーザーの回避性を上げてしまわないためにも、出口を無くしてしまおうと考えて作られたページが、ランディングページの大きな特徴と言えるでしょう。

あえてCVに特化するために、問い合わせや商品注文に限定して、ユーザーがアクションを起こしやすいデザインが選ばれています。ランディングページを作成する際は必要な情報だけをのせて、CVの妨げになるようなリンクなどを取り除くことを意識していきましょう。

デザインの自由度が高い

ユーザーのCVを目指すランディングページでは、コーポレートサイトなどと比べても、より多くの人にインパクトを与えるために、デザイン性が高くなる傾向があります。また、サイドメニューなどの設定が必要となることから、1カラムで作成することも可能です。

このように自由度の高いランディングページは、競合相手との差別化を図ることも重要となってくるため、レイアウトの制限なく色々な工夫がなされているページが多く存在しています。

例えばデザインを派手にしたり、下部までスクロールしてもらうために画像を使って目を引くようにしたり、製品やサービスにあったデザインが使われています。

ユーザーがどのようなデザインならアクセスしてくれるのか、途中で興味を無くしてしまうような内容になっていないか、ランディングページの制作は慎重に行うようにしましょう 。

ランディングページのメリット

ランディングページのメリット

ランディングページのメリットは、

  • 1ページに必要な情報がまとまっている
  • ユーザーに適切な順番で情報が提供できる
  • 幅広いユーザーに対応したページ作成が行える
  • 高いデザイン性で訴求がしやすくなる

など、様々です。ここでは具体的にそれらのメリットが、どのような効果を生むのかそれぞれ紹介します。メリットを最大限活かすことができれば、幅広い需要に合わせたランディングページの制作が行えるようになるでしょう。

1ページに必要な情報がまとまっている

1ページに必要な情報がまとまるという点は、どのようなメリットを生むのか解説します。

通常のホームページよりも集客しやすくなる

通常のホームページの場合、文字リンクやバーナーを複数設置することで、関連ページへと移動できるようになっています。しかし、ユーザーが思い通りに全てのリンクへ行くとは限りません。

なぜならユーザーが欲しい情報を集めるまでに、どうしても時間がかかってしまうことから、求めている情報がえられるまでに興味を失ってしまうケースもあるからです。

人は誰しもが余裕を持っているわけではありません。 通学中や出勤中などの短い時間であったり、昼休みなどのちょっとした時間を活用する方も多くいます。

一定以上の確率でユーザー離れも起きる可能性が高まり、30%以上の離脱者が存在すると言われています。しかし、ランディングページの場合はひとつのページで情報が完結することから、ユーザーが興味を無くしてしまう確率を抑えることにつながります。

つまり、ひとつのページに情報をまとめられるランディングページは、興味を持って訪れたユーザーがそのままページに留まり、購入などの行動を移すCV率を高めてくれます。

訪問者が知りたい情報をまとめて伝えることができる

ユーザーニーズを事前にしっかり掴めていれば、アクセスした人々が欲しいと思っている情報に特化したページの作成も行えるようになります。

通常であればページを移動して情報を集める必要性が出てきますが、縦長のレイアウトのランディングページは、スクロールをするだけで求めている情報を得ることができます。サービスや商品の説明を載せることで、さらに紹介したいものの理解度を高めることもできることから、 ユーザーに行動を起こしてもらいやすいページといえるでしょう。

1ページに必要な情報をまとめられるメリットをうまく活用することで、ユーザーに素早く情報提供を行うこともできるため、より狙ったアクションを起こしてもらいやすくなることもランニングページの強みです。

ユーザーに適切な順番で情報を伝えられる

ランディングページを活用し、ユーザーに適切な順番で情報を伝えられることによって得られるメリットについてまとめます。

情報を伝える順番が読みやすさにつながる

いくらひとつの情報がまとめられているランディングページでも、情報を伝える順番がバラバラでわかりにくいページの場合、ユーザーが読むのを途中でやめてしまうことになりかねません。

例えば、はじめに問題や課題を提起することで注意をひきつけ、この商品を使えばその問題が解決できるとアピールした上で、最後に期間限定のプランや価格などを紹介してユーザーに購入したいと思わせるような書き方もあります。

いきなりこの商品がいいから買いなさいと言われても、買うメリットがなければなかなか人は行動にうつしません。

1ページで完結するLPは最後まで読んでもらいやすい

通常のホームページなどでセオリーを守った書き方をしていても、詳細については内部リンクなどが必要になってしまうことがあります。そうなってしまうと、ユーザーに最後まで伝えたい内容を読んでもらえないこともありえます。

その点、必要とする全ての情報を得られるランディングページは、行動に移してもらうための説明や宣伝を読んでもらいやすくなります。そのため、ユーザーに受け取って欲しい情報を提供することができるようになるでしょう。

当然人をひきつける内容や順番にする必要はありますが、ユーザーのページ離れを抑えられる、ランディングページならではの長所となります。

また、適切な順番で情報を得られるページだとユーザーに感じてもらうことができれば、自然と注目度を高めると同時に、成功率の向上へと役立てることも可能です。

せっかくユーザーに与えたい情報を1つにまとめて伝えることができるページだからこそ、途中で興味をなくすことのない理想的な順番の情報提供を心掛けていきましょう。

幅広いユーザーに合わせたページを作成できる

ランディングページは訴求するユーザーに特化したページを作成しやすいことから、CVRの向上が見込める方法の1つです。ユーザーニーズは個人によって異なるため、それぞれのニーズに合わせたページを作る必要が出てきます。

1つのページで情報を届けることができるランディングページであれば、何枚でも違う表現や構成のものを作ることができることから、幅広いユーザーに合わせたページ作成が行えます。

また、ジャンルごとに分けてページを作ることができれば、より多くのユーザーに製品やサービスに触れてもらえることになるため、結果的に集客へとつながっていくでしょう。複数枚のページを作る必要はありますが、異なる視点から製品をアピールできれば、潜在顧客の発掘も狙えます。

高いデザイン性や余計なバナーがなく訴求しやすい

ランディングページはレイアウトに制限のないページとなります。そのため、コーポレートサイトなどと比べて、サイドバーやデザインの整合性を意識せず自由に作成できる部分もメリットだといえるでしょう。

商品のイメージ画像や文字サイズ、高いデザイン性のあるレイアウトなど、よりユーザーに強い印象を与えるページにすることも可能です。

集客率を高めるためにも、ページに入ったユーザーにどれだけ興味を持ってもらうかということも重要なポイントです。自由な構成で作れるランディングページの特徴をうまく活用できれば、ユーザーがアクションを起こしたり、見込み客を増やすなどの効果が期待できます。

ランディングページのデメリット

ランディングページのデメリット

ランディングページのデメリットには、

  • 制作費用が高い
  • SEOの上位が狙いにくい
  • 広告嫌いなユーザーに弱い

などが挙げられます。自由度の高いデザインや構成ができるメリットを持っているランディングページですが、コスト面やSEOの上位、広告を嫌うようなユーザーについては弱点となりえます。強みだけでなく弱みもしっかりと把握して、対策をとっていきましょう。

1ページあたりの制作費用が比較的高い

自由度の高いランディングページですが、1ページあたりの制作費用が他の方法と比べても比較的高い部類に入ります。そのためページ数が増えるとそのぶんコストが増えてしまい、圧倒的にコストがかかってしまうデメリットも存在しています。

また、読み手がわかりやすいデザインを作るためには、独自のイラストを使ったり、動画や漫画などの作成が必要です。

さらに制作を外注することになれば、制作費用は1ページあたり10万円から40万円程度が必要となります。外注の制作時間に関しては早くて1、2週間、遅くて1ヶ月以上かかってしまうこともあるため、時間的コストも考えていかなければなりません。

宣伝に大きく費用を使える会社であればいくつもページを作成できますが、費用があまりかけられないような会社にとっては、複数のページが作りにくい点が挙げられます。

スタッフのインタビューや原稿をもとに作成されるランディングページは、コスト面もさることながら、構成や内容を落とし込んでつくっていかなければなりません。一朝一夕では作れないことがランディングページの難しさでもあります。

対策をしないLPではSEOで上位を狙いにくい

多くの画像やイラストを使用できるランディングページですが、画像などのデータはYahoo!やGoogleなどの検索エンジンのクローラーに認識してもらうことができません。

そのため、対策を講じないランディングページではSEOで上位が狙いにくくなります。

また、画像を使うということはテキストが少なくなりがちになってしまうことから、できるだけテキストを使った情報量を多くするなどの対策が肝心です。

クローラーが感知してくれないWebページは、顧客の獲得を減少させてしまうことになりかねません。ただし、SEO対策を行ったランディングページであれば、上位表示を目指すことも十分に可能です。

実例として、ニュートラルワークスが対策を講じたランディングページを制作したことによって、ecサイト制作3位となる成果につながっています。ただ目立つデザインで作れば集客につながるというわけではないため、SEOを意識したページの作成を行いましょう。

神奈川県でLP制作のパートナーを探している方はこちらもご覧ください。

広告の嫌いなユーザーは離脱しやすい

広告からの流入が多くなるランディングページは、広告の嫌いなユーザーの離脱をどうしても誘発してしまう面が短所です。どの分野においても、広告を嫌うユーザーは一定数存在するため、ランディングページで訴求しすぎてしまうと売り込み感が強いと思われ、離脱する可能性を高めてしまいます。

つまり新規ユーザーを獲得するために広告性の高いランディングページを作成しても、コンテンツを見ずに避けられてしまうというケースが生まれてしまいます。そのため、回避されてもリマーケティング広告で追跡を行ったり、SNSのシェアをして自然検索からアクセスしやすくしたりするなどの工夫が求められることになるでしょう。

ランディングページの実用方法と注意点

ランディングページの実用方法と注意点

ランディングページごとに役割を持たせて、複数のページを扱うことは多くのユーザーの目に届くようにするためにも効果的な方法です。また、ページに訪れた訪問者への課題や解決策を考えておくことも重要なポイントとなります。

ここからは、サイトごとに役割を変える必要性や、ランディングページの実用方法から注意点について解説をします。明確な目的を持って、Webページの管理をしていきましょう。

サイトごとに役割を変える

改修や構築のしやすいページを作成するためには、ページごとに役割を変えてあらゆるユーザーに訴求したをランディングページの作成が必要です。

ランディングページは、1つの情報に関して自社の商品やサービスの紹介などが行えることから、あらゆるシーンでページが作成できるメリットがあります。

また、商品やサービスをアピールするページに限らず、ターゲット別に分けてランディングページを複数に分けて行うことも可能です。そのためスピーディーに多くのページが用意できることから、より多くのユーザーに興味を持ってもらえることにつながります。

ランディングページを、サービスサイトやオフィシャルサイトのユーザー理解を高める方法としてうまく活用できれば、PDCAを効率よく回せるようになるでしょう。

オフィシャルサイトなどで大掛かりな改修や構築が必要となる前に、様々な目的を持ったランディングページを作成し、商品やサービスごとにプロモーションをかけて行くことをおすすめします。

ランディングページの役割

リングページの役割を大きく3つに分けると、

  • ターゲットごとに内容を変化させていくマーケティングツール
  • 企業イメージを長期的に発信して行くブランディングツール
  • わかりやすく魅力を発信し採用につなげるリクルーティングツール

などがあります。売上に直結するものから、商品やサービスをアピールする手段、会社の魅力を発信し人材獲得へつなげるなど、ランディングページは幅広く活用していくことができます。まずはどのページにどのような役割を持たせたいのか考えて、目的にあったページの作成を目指していきましょう。

訪問者の課題と解決策を考える

ランディングページの作成を行う場合は、ただページへ誘導するだけでは意味がありません。正しくキーワードを選定していかなければ、ページの最後まで読んでもらうことができなくなってしまいかねません。

つまりページに訪問したユーザーのジャーニーがないような状態になってしまうと、ランディングページの目的が無くなってしまいます。そうならないためにも、課題から解決策までの流れをしっかりと考える必要が出てきます。

狙ったキーワードで流入できているのか、必要のない内容が含まれていないか、CV率に問題はないのかなどを把握できれば、集客率につながるページの作成が行えるようになるでしょう。

サービスなどによって、購入などのアクションを起こせていないボトルネックの原因は変化するため、まずは様々な方法を検証して修正していくことが大切です。

ランディングページ制作でお困りの場合

ランディングページ制作でお困りの場合

ランディングページは広告などによって訪れたユーザーのCV率を高めるために作られたページとなっていますが、ニーズを抑えた内容にしておかなければ離脱もあり得ます。

いかにページにアクセスしてきたユーザーが興味を持ったまま、最後まで内容を読み、購入や問い合わせなどの行動に移してくれるのか、商品やサービスに合わせたページの作成が求められます。まずはランディングページにどのような役割を持たせたいのか考えて、適切な構成や見せ方を考えていきましょう。

売上につなげるためにも、興味を引く内容と、行動を起こしたくなる情報提供やデザインなどを考えて、独自性のあるページの作成が大切です。ランディングページ制作でお困りの方は、ニュートラルワークスがLP制作をいたしておりますので、お気軽にご相談ください。高品質なページ制作をお約束いたします。

著者紹介

津久井 渉

津久井 渉

取締役

1991年生まれ。オーストラリアの高校を卒業後、その後イギリスで建築学科を卒業し、大学院ではデザインシンキングを専攻していました。楽天株式会社へ新卒で入社。トラベル事業部でマーケティング職に約3年間従事した後、2017年には株式会社LIGにWebディレクターとして転職。2019年よりニュートラルワークスへジョイン。これまでの多岐にわたる経験を元に最高なサイト作りはもちろんのこと、貴社のビジネス上の課題解決へ導きます。