SEO

最終更新日: 2021.09.13 (公開: 2021.08.02)

【必見】SEO対策におすすめのツールを完全紹介!無料から有料まで初心者でも安心

【必見】SEO対策におすすめのツールを完全紹介!無料から有料まで初心者でも安心

「SEO対策をしたいけど、どんなツールを利用するべきか分からない」という悩みはございませんか?

SEO対策を効率良く行うには、アクセス解析ツールや検索順位チェックツール、キーワード調査ツールや競合分析ツールなど、様々なツールを活用することがおすすめです。

そこで、この記事ではSEO対策のジャンルごとに便利なツールを紹介し、その機能や利用料金を解説します。これからSEO対策を行う方にとって、非常に参考になる内容なので、ぜひ最後までご覧頂き、ツールを実際に活用してみてください。

必ず使っておきたい2つの無料SEOツール

必ず使っておきたい2つの無料SEOツール

まずはSEO対策する上で必ず使っておきたい2つの無料SEOツールを紹介します。

Google Analytics アクセス解析ツール 無料(月間1,000ヒット以上は有料)
Search Console 流入キーワード調査ツール 無料

2つのツールはGoogleから提供されている無料ツールなので、可能な限り使用することを推奨します。初心者であれば、有料ツールを使用しなくても以下の2つのツールの使い方をマスターするだけで十分です。非常に高機能で、行えることがたくさんあるので、それぞれ詳しく解説していきます。

Google Analytics(グーグルアナリティクス)|アクセス解析ツール

Google Analytics(グーグルアナリティクス)|アクセス解析ツール

Google Analytics(グーグルアナリティクス)はWEBサイトやアプリのアクセスを解析できるツールで、無料で利用できます(月に1000万ヒットを超えると有料になります)

機能としては、アクセス解析をしたいWebサイトやアプリに解析コードを記述することで、以下のデータを収集できます。

  • リアルタイムのアクセスデータ
  • ユーザーの属性
  • ユーザーのアクセス元
  • サイト内のユーザー行動
  • サイトの成果

リアルタイムでのアクセスデータを収集でき、ユーザーレポートでは月間アクセス数やPV数、平均セッション時間など詳細なデータを確認できます。また、ユーザーがどこから流入しているかも把握でき、自然検索やソーシャルメディアなど対策すべき集客経路を見つけることに役立ちます。

他にも、コンバージョン設定を行っておくことで、サイト内のユーザー行動や成果を知ることができ、サイト構造の改善へ繋げられます。アクセス解析なしにSEO対策は行えませんので、まずは無料のGoogleアナリティクスを活用してみてください。
Googleアナリティクスとは?登録方法や使い方、分析方法をわかりやすく解説 Googleアナリティクスとは?登録方法や使い方、分析方法をわかりやすく解説 Webサイト運営者の多くはGoogleアナリティクスに登録し、日々のデータを見てサイトの改善を行っています。でも、初めて利用する人には何を見て、どのようにサイトを改善していけばいいのかわかりませんよね?初心者向けにGoogleアナリティクスをわかりやすく解説します。

Search Console(サーチコンソール)|流入キーワード調査

Search Console(サーチコンソール)|流入キーワード調査

次にサーチコンソールは別名「サチコ」と呼ばれている流入キーワード調査ツールです。このツールも Googleが提供しており、サイト数に関わらず完全無料で利用できます。サーチコンソールを利用して分かることは以下の通りです。

  • 表示回数
  • クリック数
  • クリック率
  • 検索順位

Googleの検索結果に表示された回数やクリックされてアクセスした数、表示回数にあたるクリックされた割合、検索順位を知ることができます。SEO対策を行った結果を知ることができ、正しい方向で対策できているかの確認や、改善点を探す際に便利なツールです。

上記の情報の他にも、サイトにアクセスしたユーザーの検索キーワードや、サイトの問題点も調査できます。サーチコンソールを利用することで、対策していない意外なキーワードからの流入を見つけることができたり、サイトエラーやペナルティにいち早く気づくことが可能になります。

Googleアナリティクスと共にSEO対策の必須ツールになるので、必ず登録しておきましょう。
Google Search Console(グーグルサーチコンソール)の登録方法と使い方、アナリティクスとの連携方法 Google Search Console(グーグルサーチコンソール)の登録方法と使い方、アナリティクスとの連携方法 Webサイトの集客状況を分析する際にGoogleアナリティクスと同じくらい役立つのがGoogleサーチコンソールです。サーチコンソールへの登録方法やGoogleアナリティクスとの連携方法について、わかりやすく解説します。
Search Console(サーチコンソール)

コンテンツSEO(コンテンツマーケティング)対策ツール

コンテンツSEO(コンテンツマーケティング)対策ツール

次にコンテンツマーケティングを行う際に役立つツールを3つ紹介します。

Googleトレンド トレンド調査ツール 無料
MIERUCA 対策キーワード調査ツール 初期費用10万円
月額費用15万円or20万円
キーワードマップ 関連キーワード調査ツール 月額費用5万円

SEO対策の基本は、ユーザーの検索意図を理解して問題を解決できる質の高いコンテンツを作ることです。質の高いコンテンツを作る上で、市場のトレンドや対策すべきキーワードなどを調査する必要があります。

以下の3つのツールを活用すれば、キーワードの検索回数推移や、対策キーワードの関連語を調査できます。無料ツールやお試し利用できるツールもあるので、まずは無料から活用してみてください。

Googleトレンド(無料)

Googleトレンド(無料)

Googleトレンドは、キーワードの検索回数の推移や急上昇キーワードを調べることができるできるツールです。登録なしに無料で利用することができ、コンテンツネタを探す際や、新規事業案を考える際に役立ちます。

Googleトレンドの機能は以下の通りです。

  • キーワードの検索回数の推移
  • 国や地域ごとの人気キーワード調査
  • キーワードを検索するユーザーが同じく検索している人気キーワード調査
  • 検索回数が急上昇したキーワード
  • 特定キーワードのトピックやトレンド情報の通知

地域密着型メディアを運営している場合は、該当地域で検索されているキーワードを調査してコンテンツに活かしたり、広告運用に役立たせます。また、キーワードを検索するユーザーが同じく検索している人気キーワードを調査できる機能によって、ペルソナの設定や対策キーワードを調査を行えます。

Googleトレンド

MIERUCA

MIERUCA

MIERUCA(ミエルカ)は、株式会社Faber Companyが提供しているツールで、コンテンツ作成のヒントとなる情報を分かりやすいレポート機能で可視化できます。MIERUCAの機能は以下の通りです。

  • 対策すべきキーワード
  • キーワードの月間検索数
  • ユーザーの検索意図
  • 競合調査
  • コンテンツのコピーチェック
  • ヒートマップ

MIERUCAを利用することで、対策すべきキーワードや作るべきサイト構造を明確にでき、必要のないコンテンツに時間をかけることなく、最短距離で結果に繋げられます。コンテンツ作成に役立つ豊富な機能を利用できるのが特徴のツールで、新たにサイトを立ち上げた場合や、新規コンテンツ作成時に活用すると良いでしょう。

MIERUCAの利用料金は、初期費用10万円・月額15万または20万円のプランがあります。サイト規模に応じて個別の見積もりプランを用意しているので、まずは相談してみてください。導入に不安がある方向けに、無料のお試し利用も提供しています。

MIERUCA

キーワードマップ

キーワードマップ

キーワードマップは、特定のキーワードの関連語をマインドマップツールのように視覚的に見やすく表示できるツールです。対策すべきキーワードの関連キーワードを知ることができるので、必要なコンテンツやサイト構造の設計に役立ちます。

キーワードマップを元にコンテンツを増やしていけば、孤立する無駄な記事を増やすことなく、良質な内部リンクで繋がったサイトを作れるでしょう。キーワードマップの機能は以下の通りです。

  • 自然検索調査
  • 競合ドメイン調査
  • 流入貢献ページ調査
  • 競合獲得ワード調査
  • ユーザーニーズ調査
  • リスティング広告調査
  • 季節要因調査
  • ソーシャル調査
  • 順位レポート抽出

自社サイトの分析だけでなく、競合調査も手軽に行えるので、他のサイトが対策しているキーワードを調べて戦略を立てられます。キーワードマップの利用料金は月額50,000円で、7日間の無料トライアルから使い始めることができるので、まずは無料期間で試してみてください。

キーワードマップ

内部SEO対策ツール

内部SEO対策ツール

次に、内部SEO対策に役立つツールを3つ紹介します。

ahrefs 競合調査ツール 月額費用99ドル〜
SimilarWeb 競合調査ツール 月額費用199ドル〜
SEMrush 競合調査ツール 月額費用119.95ドル〜

内部対策とは、HTMLタグや内部リンクなどのサイト構造を改善するSEO対策です。検索上位を狙う上で、最低限の内部対策は必ず行っておく必要があります。

以下の3つのツールを活用して内部対策を行うことで、検索エンジンにサイト情報を正しく伝えることができ、Googleのクローラーの回遊を促すことができます。また、ユーザビリティを高めることも可能です。

ahrefs

ahrefs

ahrefs(エイチレフス)は、シンガポールの会社が提供している競合調査ツールです。非常に多くのメディアやアフィリエイターが利用しており、自社サイトや競合の様々なデータを分析できます。ahrefsの機能は以下の通りです。

  • 競合サイトの上位コンテンツ調査
  • SNSで話題のコンテンツ調査
  • まだ流入していないキーワードの検索
  • 外部からの被リンク状況の確認
  • Webサイトを分析して課題を発見
  • 自社と競合サイトのキーワード難易度を調査
  • 対策サイトの順位変動

被リンク状況の確認や競合サイトを分析する機能が有名ですが、自社のコンテンツを分析したり、まだ流入してないキーワードの検索も行えるので、内部対策としても活用できます。

ahrefsの利用料金は、最も安いプランで月額99ドルです。7日間の無料トライアルから利用し始めれるので、まずは実際に使用してみてください。

ahrefs(エイチレフス)

SimilarWeb

SimilarWeb

SimilarWebは、競合分析に特化しているSEO対策ツールです。調査したいサイトのURLを検索するだけで、サイトのアクセス状況を調べることができます。SimilarWebの機能は以下の通りです。

  • アクセス調査
  • アクセス元調査
  • 訪問前後のサイト調査
  • 検索トラフィック調査
  • ソーシャルトラフィック調査
  • 広告流入調査
  • ユーザー属性調査
  • 競合サイト一覧

競合サイトの様々なデータを丸裸にできるので、自社サイトの改善点を導き出せます。Googleアナリティクスのように正確なデータは把握できませんが、競合サイトの大まかなアクセスや検索トラフィックを調査できます。

有料版を利用した場合は、最大で37ヶ月前のデータまで確認でき、過去データを遡って検証可能です。SimilarWebの利用料金は月額199ドルからで、利用できる機能は制限されますが、無料版もあります。

SimilarWeb

SEMrush

SEMrush

SEMrushは、ahrefs同様に対策キーワード調査や競合サイト分析、外部リンク調査を行えるツールです。世界600万ユーザーに利用されており、サーチコンソールと連携することで、対象サイトの被リンク数や獲得元ドメインを可視化できます。

また、被リンク分析以外にも、アクセス解析やSEO対策に役立つデータ分析機能を利用できる便利なツールです。SEMrushの機能は以下の通りです。

  • ドメイン分析
  • 内部施策のモニタリング
  • 順位変動のトラッキング
  • 競合の広告戦略分析
  • 競合のSNSアカウント分析

内部対策と外部対策の両方に活用できるので、総合的なSEO対策ツールを探している方におすすめです。SEMrushの利用料金は月額119.95ドルからで、14日間の無料トライアルから使い始めることができます。導入後の無償サポートも行っているので、豊富な機能を使いこなせない心配はいりません。

SEMrush

GoogleのSEO無料テストツール

GoogleのSEO無料テストツール

実装したリッチリザルトが問題なく反映されているかチェックしたり、ページ表示速度をテストできる以下の3つのテストツールを活用してみてください。

リッチリザルトテスト 構造化データテストツール 無料
Schema Markup Validator 構造化データテストツール 無料
Page Speed Insighs ページ表示速度チェックツール 無料

せっかく実装したものも、正常に反映されていなければ意味がないので、Googleが提供している無料ツールを利用してテストしましょう。

リッチリザルトテスト

リッチリザルトテスト

リッチリザルトテストは、リッチリザルトに対応した構造化データが正しいかチェックできるツールです。Googleが公式で提供しているツールなので、誰でも無料で利用できます。

リッチリザルトとは通常の検索結果に加えて、様々な視覚的な機能や操作機能を追加した検索結果のことです。

例えば、検索結果の下によくある質問を表示したり、手順を画像付きで表示する機能があります。リッチリザルトを設定することで、他の検索結果と差別化でき表示領域が増えるので、クリック率の向上が期待できます。

また、Googleのクローラーに記事の内容を理解してもらいやすくなるので、検索順位の向上も期待できるでしょう。リッチリザルトテストにページURLを入力することで、構造化をテストできます。

リッチリザルトテスト

リッチリザルトとは?種類から表示方法まで丁寧に解説 リッチリザルトとは?種類から表示方法まで丁寧に解説

Schema Markup Validator

Schema Markup Validator

Schema Markup Validatorはリッチリザルトテストと同じく、構造化データを検証できるツールです。機能は非常にシンプルで、構造化データを検証したいページのURlを入力するだけでテストできます。

また、ページURL以外にも、コードスニペットのテストも行えます。無料で利用できるので、リッチリザルトテストもしくはSchema Markup Validatorを活用してみてください。

Schema Markup Validator

Page Speed Insighs(ページスピードインサイト)|ページスピード調査

Page Speed Insighs(ページスピードインサイト)|ページスピード調査

Page Speed Insighs(ページスピードインサイト)は、ページ表示スピードを調査できるツールです。Googleが提供している公式ツールなので、無料で利用できます。

調査したいサイトURLを検索するだけで、パソコンとモバイル別の表示速度を秒数単位で調べることができ、表示速度を遅くしている原因と改善方法が表示されます。

Page Speed Insighsの機能は以下の通りです。

  • デバイス別表示速度調査
  • 速度向上の改善点把握
  • 最適化された素材の一括ダウンロード

Googleはサイトの表示速度の重要性を公表しており、検索順位に関係する大切な要素です。質の高いコンテンツを作成して、キーワード対策を行っても、表示速度が遅ければユーザーの利便性を下げてしまいます。

完全無料で利用でき、改善点をすぐに把握できるので、定期的にサイト速度を診断することをおすすめします。

Page Speed Insighs(ページスピードインサイト)

Page Speed Insighsの使い方については、以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

Google PageSpeed Insights(ページスピードインサイト)の使い方!Webサイトの表示速度のスコアを知り、改善しよう! Google PageSpeed Insights(ページスピードインサイト)の使い方!Webサイトの表示速度のスコアを知り、改善しよう!

キーワード順位チェックツール

キーワード順位チェックツール

SEO対策にはキーワード順位チェックツールが必ず必要です。対策したキーワードの検索順位を、手作業で全て確認するのは非常に大変なので、以下のツールを活用して、まとめて順位を計測しましょう。

GRC 検索順位チェックツール 月額450円〜
Demand Metrics 検索順位チェックツール 月額10万円
Bull 検索順位チェックツール 月額1,150円〜

キーワード順位チェックツールを活用しながら、順位を上げる方法については以下の記事で解説しているので、参考にしてください。

Googleの検索順位を上げるには?SEOの仕組み、上位表示するまでの期間、順位チェック方法を解説 Googleの検索順位を上げるには?SEOの仕組み、上位表示するまでの期間、順位チェック方法を解説

GRC

GRC

GRCは検索キーワードの順位チェックツールとして非常に有名なツールです。自社サイトとキーワードを登録しておくだけで、自動で順位変動をチェックすることができ、見やすいグラフで変動を可視化できます。

過去の検索順位から推移を遡ってチェックできるので、リライト対象の記事を把握しやすいです。GRCの機能は以下の通りです。

  • 自動で順位チェックを実行
  • SEO対策に必要なデータを収集
  • 簡潔かつ視覚的なデータを表示
  • 多彩な機能でデータ管理をサポート

GRCのの利用料金はベーシックプランで月額450円、スタンダードプラン月額900円、エキスパートプラン月額1,350円です。他にもプロプランやアルティメットプランがあり、プランによってチェックできるURL数や検索後数が異なります。

GRC

Demand Metrics

Demand Metrics

Demand Metricsは、大量のキーワードをまとめて順位チェックできるツールです。分かりやすいグラフで順位結果を確認することができ、リライトすべきコンテンツを把握できます。

また、サイト内のSEO診断やコンテンツの分析など、様々な機能を利用可能です。被リンク分析やキーワード選定など、SEO対策に必要な機能が揃っているので、非常に便利なツールです。Demand Metricsの機能は以下の通りです。

  • 検索順位計測
  • キーワード選定
  • 被リンク分析
  • コンテンツ分析
  • レポーティング
  • SEO診断
  • SEO情報取得

Demand Metricsの料金プランには3種類あり、2500キーワードの順位を追跡できる月額10万円のプランが人気です。どのプランを利用した場合でも、2週間の無料トライアルから参加できるので、まずは実際に使用して使いやすさや機能を確認してみてください。

Demand Metrics

Bull

Bull

BullもGRCと同じく検索順位をチェックできるツールです。クラウド型のサービスなので、インストールする必要なく、PCを起動しなくても自動的に順位を取得できます。

各種ブラウザやデバイスからログインするだけで、いつでも順位をチェック可能です。リアルタイムの検索順位を一覧で表示でき、上昇したキーワードと下降したキーワードを絞り込むことができます。Bullの機能は以下の通りです。

  • 検索順位の上昇や下落調査
  • 顧客・多数のサイトを一元管理
  • レポート出力
  • 地域固有の順位チェック
  • SEO施策のメモ機能

Bullの利用料金は登録キーワード数によって異なり、月額1,150円〜15,400円で利用できます。2週間の無料体験から使い始めることができるので、実際の使用感など確認してみてください。

Bull

便利なGoogleChrome拡張機能(無料)

便利なGoogleChrome拡張機能(無料)

最後に、無料で利用できるGoogle Chrome拡張機能を2つ紹介します。

SEO META in 1 CLICK SEO対策情報解析ツール 無料
Ahrefs SEO Toolbar 被リンク・ドメインランク解析ツール 無料

拡張機能をインストールするだけで、SEO対策を効率化でき、コンテンツ制作にかかる時間を短縮できます。無料で利用できて、メリットしかないので、できる限り活用していきましょう。

SEO META in 1 CLICK

SEO META in 1 CLICK

SEO META in 1 CLICKは、1クリックでページのSEO対策情報を解析できる便利な拡張機能です。SEO META in 1 CLICKで解析できるSEO情報は以下の通りです。

  • titleやdescriptionなどのMETA情報
  • 見出しタグの文書構造
  • imageタグのalt設定状況
  • OGPなどのSNS関連情報

ChromeウェブストアからSEO META in 1 CLICKを検索して、インストールすればすぐに使い始めることができます。SEO対策情報を解析したいページ上で、SEO META in 1 CLICKのアイコンをクリックすると上記の情報が一覧で表示されます。

競合サイトのSEO対策を調査したり、自社サイトの公開ページが問題なく対策できているかチェックする際に役立ちます。対策するキーワードで上位表示されているページの情報を解析することで、最適なタイトル・見出し設定を行えるようになります。

SEO META in 1 CLICK

Ahrefs SEO Toolbar

Ahrefs SEO Toolbar

Ahrefs SEO Toolbarは、ページ画面上にサイトの被リンク数と、ドメインランクを表示できる拡張機能です。閲覧中のページ情報を分かりやすく表示できるので、競合サイト分析や自社サイトの改善に役立ちます。

Ahrefs SEO Toolbarで表示される情報は以下の通りです。

  • ページの被リンク数
  • ページの被リンクドメイン数
  • ページのソーシャルシェア数
  • ドメインへの被リンク数
  • ドメインへの被リンクドメイン数
  • Ahrefランク
  • Ahrefドメインランク
  • Alexaランク

「BL」=被リンク数「RD」=被リンクドメイン数など略称で表示されるので、慣れていないと最初は難しいかもしれませんが、慣れれば非常に便利でなくてはならない機能になるので、活用してみてください。

Ahrefs SEO Toolbar

まとめ

まとめ

今回は、SEO対策におすすめのツールを対策内容別に複数紹介しました。

SEO対策といっても、サイト構造や設計などの内部対策から、被リンク獲得などの外部対策など行うべきことがたくさんあります。効率良くSEO対策を行うには、紹介したツールを積極的に活用して、対策にかかる時間と手間を削減することが大切です。

アクセス解析やコンテンツマーケティング対策、キーワード順位チェックなど、ツールによって機能が異なるので、複数のツールを活用して効率的なSEO対策を行いましょう。

しかし、ツールを使用しても行うべき様々なSEO対策を自社のリソースのみで行うのは非常に大変です。ニュートラルワークスでは、オウンドメディアの立ち上げから、SEO対策をサポートしているので、お気軽にご相談ください!

著者紹介

石田 哲也

石田 哲也

取締役CMO

株式会社ニュートラルワークス 取締役CMO。1984年生まれ。高校卒業後にISD株式会社にて起業。株式会社オプトにてWebマーケティングを学び、株式会社メタップスなど複数のベンチャー企業にて事業立ち上げを経験。前職はワンダープラネット株式会社にてゲームプロデューサーとしてスマホアプリゲームの制作に従事。2018年に地元の神奈川へ戻り、ニュートラルワークスにジョイン。SEO/Web広告運用/サイト分析・改善など、Webサイトの運用改善~ゲームアプリ制作や数十万フォロワーのSNSアカウントの運用経験などWebビジネス全般を守備範囲とする。

■経歴
2003年 ISD株式会社/起業
2009年 株式会社オプト/SEMコンサルタント
2011年 株式会社メタップス/シニアディレクター
2013年 ライブエイド株式会社/執行役
2016年 ワンダープラネット株式会社/プロデューサー・BizDev
2018年 株式会社ニュートラルワークス/取締役CMO

■得意領域
Webサイト改善
SEO対策
コンテンツマーケティング
リスティング広告