マーケティング

最終更新日: 2022.08.04

UGCとは?マーケティングで重要な理由と活用事例

UGCとは?マーケティングで重要な理由と活用事例

UGCはユーザーが作成したコンテンツを指す言葉です。インターネット上でユーザーが自由に投稿できる時代の中、マーケティングに活用する企業も少なくありません。

しかし、「なぜUGCがマーケティングに必要なのか」「どのように活用すればいいのか分からない」と、悩まれている方は少なくありません。

そこでこの記事では、UGCとは何かを解説するとともに、マーケティングで重要視される理由や活用事例を紹介します。

目次

UGC(ユーザー生成コンテンツ)とは

UGC(ユーザー生成コンテンツ)とは

そもそもUGCとは「User Generated Content」の略称で、一般的には「個人ユーザーによって作られたコンテンツ」を意味します。このUGCが、口コミサイトやSNSなどによる消費者の購買行動へつながると注目されています。

これまでは企業による情報発信がほとんどでしたが、SNSの発信力の高さが注目されるようになり、ユーザー発信のコンテンツが活用され始めました。また、マーケティング活動だけでなく、トレンド分析やブランド調査などの、企画戦略を策定する際に役立つコンテンツとしても活用されています。

そしてUGCは、ブログや写真などの要素も含まれるので、消費者のコンテンツを活用した宣伝となり、他ユーザーからの関心が集まりやすくなります。

UGCの意味と似た用語との違い

ここでは、UGCとは具体的にどのようなものを指すのか、シーンごとの使われ方や、似た用語の違いを詳しく解説します。

UGCの具体的な活用方法を把握しておけば、ゴールを明確にしたマーケティングに活かせるようになります。

具体例からわかる身近なUGC

私たちが生活している中で、身近なUGCとして次のようなケースがあります。

  • 化粧品を探す情報源:アットコスメにあげられた投稿
  • 飲食店を探す情報源:食べログにあげられたレビュー
  • 本を探す情報源:Amazonにあげられた商品レビュー
  • 観光地や旅行先を探す情報源:トリップアドバイザーのレビュー
  • 家電を探す情報源:価格.comにあげられた商品購入者の声
  • SNSで投稿されるブランドについてのコメント
  • ブログで記載されているブランドについての評判や評価

これらすべてにUGCが活かされています。ユーザー発信のコンテンツから集められる情報で購入を判断するユーザーも多いため、どのようなコンテンツで生かせるかを知っておくのも大切です。

UGCと似た単語「CGM」「VOC」との違い

UGCはよくCGMと間違われるケースが多いですが、これら2つは別の存在です。

CGMは「Consumer Generated Media」の略語で、ユーザー投稿で作られた「メディア」を指します。知恵袋や掲示板サイト、アットコスメ、クックパッドなどの「メディア自体」を意味する言葉である一方、UGCは「コンテンツ」を意味するため、異なります。

また別の言葉で「VOC」という言葉もあるのを知っていますか?これは「Voice of Customer」の略で、顧客の口コミを意味する言葉です。ブログやSNSなどのほか、「口コミサイト」や「レビューサイト」などにおける、ユーザーの意見を指します。

同じようにローマ字が3つ並んでいるうえに、どれもユーザーの意志が反映されて作られているので、混在しやすいポイントです。

しかし、それぞれの意味をしっかりと覚えておけば、間違った使い方をする心配がありません。どのような内容や投稿が好まれているのか分析するのに役立つので、ぜひ覚えておきましょう。

UGCがマーケティングで重要視されるようになった理由

UGCがマーケティングで重要視されるようになった理由

UGCがマーケティングでなぜこれほど重要視されるようになったのか、その理由を大きく2つに分けて解説します。注目されている事情を知っておけば、ユーザーの傾向に合わせた戦略を立てられるようになるでしょう。

SNSが普及し、消費者の情報発信が一般的になった

TwitterやInstagramなどのSNSが普及したため、ユーザー個人が気軽に情報発信をできるようになりました。そのため、ユーザー自身が使った商品やサービスについて、リアルな情報を発信しています。

人気の飲食店へ行った際のSNS投稿が世間で注目されるなど、反響を呼ぶ可能性を秘めています。

商品を開発した会社や販売しているお店が情報発信をすることも今まではありました。しかし、ユーザーはあまりにも強い販促に嫌悪感を抱くこともあるのです。

一方個人が投稿するSNSの情報であれば、消費者目線からの情報となるため、信頼の持てる情報として扱われやすくなります。

ユーザーはUGCに影響をうけやすい

米国のアンケートによると、「63%の生活者が、SNSで商品のUGCを探している」という、影響力の高さを証明する調査結果が出ました。

また、アライドアーキテクツ株式会社が2020年の7月に行った調査でも、30%の人が「外出する時間を減らすために、SNSを活用して情報を集める機会が増えた」と答え、影響力があると報告されています。

さらに、プラットフォーム大手のStackla(スタックラ)の調査では、「特定の旅行先に興味を持つきっかけは、SNS投稿である」とも発表されました。

これら3つの調査からもわかるように、日本だけでなく、世界中で個人のSNS投稿が与える影響の大きさがうかがえます。どんなに魅力的な宣伝をしても、SNSで多くの悪い評価を受ければ、売れなくなってしまう恐れもあるでしょう。

情報源の少なかった時代は、使ってみなければわからないものもありましたが、今はSNSで事前に情報をキャッチできます。そのため、企業側も個人の投稿をいち早くキャッチして、ニーズに合わせた商品開発を行っていかなければなりません。

引用:UGCとは?マーケティングにおける活用手法・事例・注意点を徹底解説!

引用:【調査】旅行者の9割が「身近な人のSNS投稿」をきっかけに旅の目的地を選ぶ UGCの影響度が年々上昇

引用:ニューノーマル時代、企業はSNSをどう活用すべき?「新型コロナがもたらした【新しい生活様式】における消費者のSNS利用実態調査」結果発表

UGCの活用事例とメリット

UGCの活用事例とメリット

続いてはUGCの活用事例と、メリットがどのようなところにあるのか解説します。他会社の事例を参考に、自社商品やサービスに合ったUGCを生み出し運用できれば、認知度と売上も高められるようになります。

調査から分かる企業のUGC活用

アライドアーキテクツ株式会社が2020年の11月から12月のあいだに行った「UGCの重要性について」という調査の結果、国内でマーケティング業務を行っている回答者の約94%が、UGCが重要だと回答しました。

また同年7月に、ユーザーがSNSを活用する目的についての調査も行われ、約30%が「外出の時間を減らすための情報収集」として、28%が「通販やデリバリーを利用する前の事前調査」としてUGCを活用すると答えました。

このほかの回答として、「オンラインイベントの口コミやサービス内容を調べる」、「仕事に関するコミュニケーションについてSNSで情報を集める」などといったケースもあるようです。つまり、半数以上のユーザーが、企業が提供する情報だけでなく、SNSの口コミや内容から商品やサービスを利用するか判断しているのがわかりました。

このような時代の変化が影響し、多くの企業がオンライン広告を使った宣伝だけでなく、UGCを活用し始めたのです。

【事例】商品ページやLPにUGCを掲載

商品ページやLPにUGCを掲載している企業も多くなりました。ここでのメリットは、自社サイトに訪れたユーザーが同じサイト内で、口コミを参照できるようになります。

事例としては、次の「サンスター」や「アテニア」などがあります。

株式会社サンスターのケース

株式会社サンスターのケース

引用元:サンスター公式

サンスター株式会社では、自社で販売している青汁「緑でサラナ」において、CRM内への引き上げページやモニター募集ページにUGCを使用しました。その結果、単月あたりで1,000万円以上の売り上げ貢献と、1.1倍から1.3倍までCVRを高めるのに成功しています。

株式会社アテニアのケース

株式会社アテニアのケース

引用元:アテニア公式
株式会社アテニアではかつて、Instagramに投稿を依頼して買い取りを行い、LPに反映する手法が取られていました。しかし近年ではUGCに本腰を入れ、SNSにて自社商品についての投稿し、それを広告LPやSNS広告のバーナーに活用した結果、LPが1pt.程度のCVR向上を達成しました。

自社製品が実際に使われている写真を活用しているので、ユーザーはよりリアルな情報を得られるコンテンツとなっています。

【事例】ハッシュタグを利用したキャンペーンを実施

ハッシュタグを利用したキャンペーンを実施している企業も出てきました。ハッシュタグは、「#美味しい食べ物」など、SNS投稿に対して関連表示しやすくするタグを指します。ハッシュタグを付けて特定のキーワードを盛り込めば検索されやすくなり、注目度が上がります。

より注目の集まる言葉を活用できれば、ユーザーに見つけてもらいやすくなるため、マーケティングにも活かせるでしょう。

森永製菓のケース

森永製菓のケース

引用元:森永製菓株式会社公式

森永製菓では、「ベイクを買わない理由」をキーワードに、Twitterで告知ツイートを行いました。このキャンペーンは、公式ツイッターで買わない理由を書いてリツイートすると、そのリツイートを100円分のAmazonギフト券で買い取るといったものです。

この自虐的とも思われるキャンペーンは話題を呼び、リツイートは1日で最大4万件を超えるほどの大成功を収めています。

サッポロ一番(サンヨー食品)のケース

サッポロ一番(サンヨー食品)のケース

引用元:サンヨー食品公式
「サッポロ一番」の看板商品を掲げるサンヨー食品が行ったキャンペーンは、ハッシュタグ「#偏愛サッポロ一番」を用いて、ユーザーが考えるサッポロ一番のアレンジを募集しました。

投稿者の中から厳選されたユーザーに、サッポロ一番のどんぶりセットと4商品がセットで当たるプレゼントも用意され、誰でも参加しやすい内容であったこともあり、好評を得たキャンペーンの一つです。

【事例】公式SNSアカウントの投稿画像にUGCを利用

公式SNSアカウントの投稿画像に、UGCを利用する事例もあります。公式アカウントのファンに向けた、エンゲージメントを向上させるために使われる手法です。
またInstagramではリポストの利用が多く、ファンとのコミュニケーションも取れるため、自社に愛着を持ってもらいやすくなるでしょう。

キリンホールディングス株式会社のケース

キリンホールディングス株式会社のケース

引用元:キリンホールディングス株式会社

ビールや清涼飲料水など、さまざまな飲食を手掛けるキリンホールディングス株式会社は、Instagramの公式アカウントにUGCを採用し、素材収集にかかる工数の削減に成功しています。今までの投稿頻度が月3〜4本だったのに比べ、現在では月6〜7本に増加している結果が出ました。

さらに、通常の素材を使った投稿よりも、いいねなどのエンゲージメント数が多く、平均して約135%という数値を実現させています。

キヤノンマーケティングジャパン株式会社のケース

キヤノンマーケティングジャパン株式会社のケース

引用元:キヤノンマーケティングジャパン株式会社公式

キャノン株式会社では、一眼カメラ「EOSM10」をアピールするために、Instagram公式アカウントにて本製品で撮影された写真のみをリポストする形を取っています。「#my_eosm10」と「#my_eosm100」のタグによる投稿数を合計すると、20万件以上もアップされているのがわかり、高い反響があったことがうかがえます。

【事例】SNSの広告クリエイティブのUGCを活用

UGCを広告クリエイティブに活用するケースは、SNSのフィードと同じ文脈になるため、ファンからも受け入れられやすくなります。また、自社の制作ソースを使わずにPDCAを回し、素材を多く入手できる効果が期待されます。

そんなSNSの広告クリエイティブでUGCを活用した事例の中から、株式会社I-neのケースをピックアップして紹介します。

株式会社I-neのケース

株式会社I-neのケース

引用元:株式会社I-ne公式

株式会社I-neでは、UGCがSNSのフィード面でも優れている点に着目し、Instagramの投稿を使って広告クリエイティブを行っています。実際に商品を購入したユーザーの投稿は、広告に触れる際の違和感をできるだけ薄くするために狙った手法です。

さらに、LPにInstagramのUGCを使用し始め、「商品でどのような体験ができるのか」、「自身にどういったメリットがあるのか」など、ユーザーがより具体的なイメージを持ちやすいよう工夫しています。

ほかにも、写真だけでなく、コメントやユーザー名も表示させるなどさまざまな工夫を凝らした結果、ページのCVRが開始してからたった1ヶ月で1.73倍に向上しました。広告にユーザーのコメントが掲載し反映されたおかげで、商品やページへの信頼性が高くなったと考えられます。

UGCを活用してマーケティングに活かす方法

UGCを活用してマーケティングに活かす方法

UGCを活用して、より効果的なマーケティングを行うための方法を3つ紹介します。ただユーザーからの投稿を載せるだけでは、十分な効果が得られないので、自社にどう活かすのかしっかりと考えられるかが大切です。

消費者の意見を商品の改善や次の企画の参考にする

ユーザーの投稿からは、消費者からのリアルな意見が読み取れるため、それらの意見を参考に、商品の改善や企画をするようにしましょう。

たとえ商品の評価が悪かったとしても、問題点を改善し、ユーザーが求めている企画を実施すれば、再度興味を持ってもらえる可能性があります。

またユーザーの意見の中には、企業が想定していなかったような活用方法やアイデアを生み出すヒントも得られるでしょう。時に悪質なクレームやいたずらなどもありますが、多くのユーザーから求められている意見や、面白い発想は、今後の商品開発に良い影響を与える可能性を秘めています。

ユーザーの意見を反映すればするほど、商品に対する評価や信頼感も高まり、購入を勧めてくれるような投稿が自然と増えていきます。一方で、どんなに人気を持っている商品でも、ユーザーニーズに対応できなくなれば、売れなくなるのは火を見るより明らかです。

多くのユーザーが自由に情報発信できますが、同時に世間が何を必要としているのか分析できる情報があふれている状態を意味します。その情報を無駄にしないためにも、消費者の意見を参考にしたマーケティングを目指しましょう。

消費者目線の信頼性の高いコンテンツを選ぶ

UGCを活用する際は、消費者目線で信頼性の高いコンテンツを選ぶようにしましょう。自社が発信した情報に寄せた内容ばかりを扱ってしまうと、消費者も同じ情報であると認識し、飽きやすくなります。

そのため、消費者目線からのリアルな口コミがあるかが肝心です。一般消費者の投稿は、他ユーザーからの信頼も集めやすい情報の一つです。さらに、多くのフォロワーを抱えているインフルエンサーによって拡散されれば、より大きな影響を与えるといったケースも十分にあり得ます。

しかし中には、信憑性のない情報を含んだ投稿も存在します。そのような投稿を間違ってピックアップしてしまうと、自社のブランドイメージを悪くしてしまいます。ユーザーの投稿がどれだけの人に評価を受けているのかも確認を行い、情報の取捨選択も忘れずに行うようにしましょう。

ただし、メリットばかりをあげている投稿には、怪しむユーザーも出てくるので、注意が必要です。デメリットとなる部分や、注意点のある投稿の方が不信感を持たれにくい傾向があります。自社の都合ばかりでなく、ユーザーファーストを取り入れた施策を行いましょう。

ユーザーに合わせたクリエイティブを制作する

UGCを活用したマーケティングを行ううえで、クリエイティブとは密接な関係にあります。LPやSNSなどの媒体やユーザーによって、クリエイティブのクオリティにも関わってくるからです。テストにおいても多種多様なクリエイティブが必要になるため、できる限り生み出し続けていきましょう。

効果的なUGCを活用していくためには、「結果を定量的に把握」し、「場面に合わせたものに切り替え、改善する」作業が重要です。そして、適切なUGCを選び、「コンテンツを生成する」工程を繰り返し、向上を目指します。

このような戦略的なサイクルを、運用型UGCと呼び、より高い効果を目指すためにも、自社サイトやユーザーに合わせたクリエイティブを制作しなければなりません。自社が伝えたい内容と、ユーザーが求めている両方のバランスを崩さないように、統一感を持たせられるかが大切です。

また、内容は自社製品ともマッチしていなければならないため、「興味を引くためだけの関連性のない内容」は選ばないようにしましょう。

UGC活用を成功させるポイント

UGC活用を成功させるポイント

UGC活用を成功させるために必要なポイントがいくつかあるので、紹介します。どれか一つでも欠けてしまうと、効果が思うように出なかったり、思わぬトラブルに発展したりしてしまう可能性があるので、細かくチェックしましょう。

商材によってUGCの生まれやすさが変わる

UGCは商材によって生まれやすさが変わってしまいます。その例を、生まれやすいケースと生まれにくいケースを2つに分けて紹介します。

UGCが生まれやすい商材

UGCが生まれやすい商材として、「人におすすめしやすい商品」が多いです。たとえば、「音楽」や「漫画」「スナック菓子」「映画」などがあげられます。他にも自己表現しやすく映えを狙える、「コスメ」や「アパレル」なども含まれます。

また商品が形あるものとして存在していれば、動画や写真に写した投稿ができるため、SNSで紹介してもらえる可能性が高まります。つまり、ユーザーがブログやSNSに投稿しやすい商材であるかどうかにかかってきます。

UGCが生まれにくい商材

その一方でUGCが生まれにくい商材として、簡単に言えば「話題になりにくい商品」です。たとえば、「乾電池」や「ゴミ袋」などといった、日常生活で当たり前にあって言及されないものは興味が持たれにくい傾向にあります。

また他人には言いづらい、「痩せたい」「薄毛を治したい」などのコンプレックスに関わる商材や、場合によっては相手を不快にするのでUGCが生まれません。

さらに自動車のような、高価で購入個数自体が少ない商材も興味を引きにくくなってしまいます。

どんなUGCが必要なのか、活用の目的を考える

上述したように、UGCと一言でいっても、さまざまな種類があるため、活用目的に合わせるのも大切です。「写真を投稿して欲しい」「コメントをして欲しい」「活用事例が欲しい」、「感想に対する口コミが欲しい」などから決めます。

活動目的によって、適切なSNSやキャンペーン(ハッシュタグや写真コンテスト)の出し方も異なるので、活用事例を参考に目的を考えてみましょう。

ユーザーに何をして欲しいのか決まっていれば、サイト内の内容や選ぶUGCも具体的なイメージを持てるようになります。

何のためにSNSを使用するのかわかっていないと、適切なUGCを選ぶどころかサイトで扱う内容にも一貫性がなくなってしまいます。

UGCが生まれるきっかけ作りを行う

UGCが生まれるには、ユーザーがブログやSNSに投稿したくなるきっかけがないと始まりません。たとえば、店頭スペースやプレゼントキャンペーン、オリジナルのハッシュタグを作成するなど、既存のユーザーとコミュニケーションを取る方法です。

他にも見本となるUGCを公式アカウントで紹介したり、商品に同梱するチラシにユーザーの投稿を載せたりする方法も、人々の興味を引きます。ユーザーが店舗に来たときや、オンラインのキャンペーンに参加したときなど、思わず投稿したくなるような内容を考えましょう。

インフルエンサーマーケティングを行う

インフルエンサーマーケティングは、同じジャンルのことに興味を持つユーザーに影響を与えやすいため、UGCに適しています。しかし反響が出やすい分、炎上すると悪い印象を与えるリスクもあります。

そのため、インフルエンサーを選ぶ際は、自社のイメージと合う人物や、過去に投稿したものを調べるなど、慎重に選びましょう。また、消費者に受け入れられないような施策にしてしまうと、炎上する可能性も高まるので、投稿内容にも十分気をつけましょう。
インフルエンサーマーケティングとは?事例、効果測定方法も解説 インフルエンサーマーケティングとは?事例、効果測定方法も解説
インフルエンサーマーケティングの成功事例8選!SNS別に紹介 インフルエンサーマーケティングの成功事例8選!SNS別に紹介

二次利用の許諾をとる

UGCを二次利用する際は、必ず許可を取るようにしましょう。事前に二次利用の承諾を得ているものであれば問題ありませんが、許可もなく使えば、著作権侵害になってしまいます。

そのような事態を引き起こしてしまわないためにも、契約したインフルエンサーや、キャンペーンで投稿を求める以外では、必ず利用許諾を取らなければなりません。加えて、キャンペーンを行う際は、利用規約を事前に作成しておき、二次利用する旨を明記しておきましょう。

また取り扱う商品やサービスによっては、薬機法(薬事法)により掲載できないものもあるので、慎重な対応をしてください。

UGCを掲載したら効果検証を行う

UGCは活用したらそこで終わりではなく、掲載後に効果検証を行うようにしましょう。活用したのはいいものの、どのような効果が出たのか把握していないと、次に活かせません。

ABテストやCVRの効果測定を実施し、より効果的な施策を立てて、より効果的なUGCを使っていきましょう。常に改善され品質が向上されていれば、新たなUGCを生み出すきっかけにもなります。

UGCとは?のまとめ

UGCとは?のまとめ

ユーザーのSNSで投稿した写真や、口コミなどをうまく活用していくためにも、自社の目的を明確にしておくかが大切です。作成したコンテンツに対して、ユーザーにどのような行動をとって欲しいのか考え、適切なUGCを選択しましょう。

また、ユーザーに効果的な投稿をしてもらうためにも、キャンペーンやイベントなどの、思わず投稿したいと思わせる施策を計画し、実施するのも重要です。そして大前提として、自社商品を求めるユーザーとマッチしていなければ、効果的なUGCは生まれません。

企業だけの力ではUGCを活用したマーケティングは成功できないので、ユーザーに寄り添った、商品開発やコンテンツ作成を続けていきましょう。

監修者紹介

石田 哲也

石田 哲也

取締役CMO

Twitter:@te2319
株式会社ニュートラルワークス 取締役CMO。1984年生まれ。高校卒業後にISD株式会社にて起業。株式会社オプトにてWebマーケティングを学び、株式会社メタップスなど複数のベンチャー企業にて事業立ち上げを経験。前職はワンダープラネット株式会社にてゲームプロデューサーとしてスマホアプリゲームの制作に従事。2018年に地元の神奈川へ戻り、ニュートラルワークスにジョイン。SEO/Web広告運用/サイト分析・改善など、Webサイトの運用改善~ゲームアプリ制作や数十万フォロワーのSNSアカウントの運用経験などWebビジネス全般を守備範囲とする。

■経歴
2003年 ISD株式会社/起業
2009年 株式会社オプト/SEMコンサルタント
2011年 株式会社メタップス/シニアディレクター
2013年 ライブエイド株式会社/執行役
2016年 ワンダープラネット株式会社/プロデューサー・BizDev
2018年 株式会社ニュートラルワークス/取締役CMO

■得意領域
Webサイト改善
SEO対策
コンテンツマーケティング
リスティング広告

■保有資格
Google アナリティクス認定資格(GAIQ)
Google 広告検索認定資格
Google 広告ディスプレイ認定資格
Google 広告モバイル認定資格