マーケティング

最終更新日: 2022.07.28

TikTok広告の成功事例10選!作成ポイントも解説

TikTok広告の成功事例10選!作成ポイントも解説

TikTok広告は、若年層に向けた商品やサービスの宣伝ができる媒体として注目を集めています。また、TikTokで広告を展開している企業も増加し始めていることをご存じでしょうか。

もはや歌やダンスをアップしたり、ショートムービーを楽しんだりするだけのアプリではありません。しかし、他のSNSと比べるとまだ新しい部類に入るため、どのように広告を出せばいいのか悩まれている方も多いはず。

そこで「Tiktok広告を成功させる方法を知りたい」「自社に適した広告を選びたい」という方のために、TikTok広告における種類別の事例とポイントを紹介します。

TikTokの最新トレンド

TikTokの最新トレンド

TikTokは近年30代以上の利用者も増え始めていますが、リリースされた頃から16歳から24歳のユーザーが中心です。その特徴から、20代未満に効果的な市場として活用する企業が増えました。また、15秒から1分程度のショートムービーを投稿するのが主流ですが、最近では最大10分ほどの動画を作れるようになりました。

加えて、特殊加工やフィルター、音楽などのテンプレートが用意されているため、誰でも簡単に利用できる点が、人気を集めている要因のひとつです。さらに、いいね機能で評価しあったり、自分の興味のある動画がピックアップされたりする使いやすさも、多くのユーザーから評価されています。

さらにTiktokは広告媒体としても、起動画面広告や、インフィード広告などを活用することで、フォロワー以外の特定多数ユーザーへのアプローチが可能です。

代表的な例では、サントリーが「ペプシJコーラ」のプロモーションをしたところ、投稿したダンス動画が人気を集め、視聴回数は15,000,000回をはるかに超えました。これにより、多くのユーザーがダンスを真似た動画を投稿するというトレンドも生み出しました。このように話題になれば、多くのユーザーに商品を認知してもらえる可能性が高まります。
TikTokマーケティングとは?事例とやり方、注意点も解説 TikTokマーケティングとは?事例とやり方、注意点も解説

TikiTokの広告種類

TikiTokの広告種類

商品を認知してもらうのに役立つTikiTok広告ですが、広告の種類には次の4種類があります。

  • 起動画面広告
  • #(ハッシュタグ)チャレンジ
  • インフィード広告
  • 運用型広告

この章ではそれぞれがどのような特徴を持っているのか、メリットや注意点などを解説します。目的に合った広告を出稿するためにも、広告の違いを理解し、選べるように正しい知識を持っておきましょう。

起動画面広告

起動画面広告とは、TikiTokを開く際に全画面表示される広告を指します。3~5秒で広告を表示し、GIFや静止画の投稿も可能です。また、アプリ内だけでなく外部サイトへの遷移もできるため、ユーザーを商品ページへ容易に誘導できます。加えて、全ユーザーがアプリを起動する際に広告が表示されるので、他の広告と比べて訴求力が高く注目されやすい広告です。

しかし、広告枠が一日一社限定なため、広告枠を確保することが難しいことは留意しましょう。価格も600〜750万円と比較的高価ですが、枠を勝ち取れば多くのTikiTokユーザーに、商品やサービスを認知してもらえるチャンスになります。

#(ハッシュタグ)チャレンジ

ハッシュタグチャレンジとは、歌やダンスなどのキャンペーンを用いた、ユーザー参加型の宣伝方法です。ユーザーは参加すると、企業側が用意した賞やグランプリに選ばれ、投稿動画が公式サイトに掲載されるといった特典を受けられます。

ユーザーと楽しくコミュニケーションが取れるので、ユーザーとの信頼の構築や認知度を高める絶好の機会になります。費用は1,000~1,700万円と高額ですが、投稿動画のエンゲージメント率は、インフィード広告の3倍近くになるといわれているほど、高い宣伝効果が期待できます。

インフィード広告

インフィード広告は、Tiktokのレコメンドに広告を載せる形式です。レコメンドの画面ではスワイプすると、次々と動画が表示される仕組みになっています。そのため、投稿した広告は、他の投稿動画の中に混ざっている状態で表示されるため、広告だと感じさせないにくい特徴があります。

動画自体はプロモーションとして表示されますが、他の動画投稿作品との区別をできるだけなくすために、ユーザーが自然と興味を持つ広告を目指しましょう。広告感が強くなってしまうと、動画を楽しんでいるユーザーは避けてしまう傾向があるので、注意が必要です。

費用は42〜440万円と、比較的低価格からの利用もできるので、柔軟性を求めるのであれば、インフィード広告も視野に入れましょう。

運用型広告

Tiktokにおける運用型広告は、動画形式の広告をアプリ内に配信できるタイプです。動画共有アプリのBuzzVideo(バズビデオ)や、モバイル広告プラットホームのPangle(パングル)などを使った配信にも対応しています。

予算を制限せず利用できるのが大きな特徴で、企業ごとに合わせた施策が実行できる対応力が強みといえます。費用はインプレッション課金型で考えると、1クリックにつき30〜100円と、一番低価格で始められる広告です。動画の投稿時間や価格設定も調整しやすいので、様子を見ながらの運用をしたい方は運用型広告がおすすめです。

TikiTok広告の事例(種類別)

TikiTok広告の事例(種類別)

それでは次に、Tiktok広告の成功事例を種類別に分けて紹介します。どの企業も、独自の方法でユーザーの興味を引くように作られているので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか?自社らしさを表現できる、なおかつユーザーの目を引く広告制作を心がられるといいですね。

起動画面広告

まずは起動画面広告をうまく活用している企業の事例を紹介します。起動画面広告は費用も高額に設定されているため、より多くのユーザーに興味を持ってもらえるように工夫された広告が多くあります。

今回紹介する広告はどれもインパクトがあるデザインなので、事例を参考に自社の魅力を伝えられる広告を目指しましょう。そのためにも、アプリを表示したユーザーの目に必ず入る特徴を最大限活かし、まずは他社の広告の魅力を調査してみましょう。

キレイモ

キレイモ

引用:Twitterのツイートより

キレイモでは、お笑い芸人の渡辺直美さんを起用した、「#指ハートチェンジ」というタグでキャンペーンに参加できる広告を出しました。参加者がダンスに挑戦して選ばれれば、キレイモのWeb広告に出演できる権利がもらえる内容です。また出演権利だけでなく、「あなたを最高にキレイにする体験をプレゼント(1組2名)」のサービスを無料で利用できる特典付き。

「#指ハートチェンジ」のタグをつければ誰でも投稿可能という、参加のしやすさが大きな特徴です。またダンスの監修に、Tiktokで120万人のフォロワーを持つ、モデルでクリエイターの「ねお」さんが起用されたのも話題になりました。キャンペーン参加のしやすさと、影響力を持つインフルエンサーを活用した広告として参考になります。

デカビタ

デカビタ

引用:TikTok企業広告成功事例14選〜成功ポイント4選〜マーケドリブン

サントリーコミュニケーションズ(株)は、いち早くTikTokを活用した広告やキャンペーンを実施しました。清涼飲料水「デカビタ」の広告において、文字数も少なくシンプルで伝わりやすいデザインを採用しています。

またデカビタのブランドキャラクターである、お笑いコンビのブラックマヨネーズを活用した広告は、目に残るインパクトがあります。また同社のクリエイターが手掛けた、「全力〇〇」をアレンジした音源を使ったキャンペーンは、TikTokをはじめ若者の間で大人気となりました。

また、広告掲載が終了したあとでも、「全力〇〇始まるよー♪」というかけ声に合わせた投稿が続くほどの人気を博しています。このように動画の人気がでれば、広告からの参加者も増え、商品の名前を広く認知してもらえるようになります。

#(ハッシュタグ)チャレンジ

ハッシュタグチャレンジは、キャンペーンにユーザーが参加して投稿してくれるかによって決まります。面白いと感じやすい内容にするのはもちろんのこと、参加するメリットなど、広告を制作する会社の商品やサービスにマッチしていなければなりません。

そこで、ハッシュタグチャレンジの活用に成功している会社の事例を4つ紹介します。それぞれでターゲットが異なるので、ユーザー層ごとでどういったハッシュタグチャレンジが注目されるのか、これらの事例を参考にしつつ、見極められるようにしましょう。

ユニクロ

ユニクロ

引用:Tiktok#UTPlayYourWorld

大手アパレルメーカーとして知られるユニクロでは、「#UTPlayYourWorld」というタイトルで、ハッシュタグチャレンジが行われました。日本だけでなく、フランスとアメリカ、台湾で同時に開催し、お気に入りのユニクロ商品を着用した動画の投稿を募りました。

各エリアの参加者から計5名がグランプリに選ばれ、Twitterや、世界中の店舗内モニターで流れる映像に出演できる権利が得られます。世界中で店舗を展開している利点を活かして行われたキャンペーンは、ユニクロファンの動画投稿が連日に渡って行われる盛り上がりを見せました。

ファイブミニ

ファイブミニ

引用:Tiktokファイブミニ

大塚製薬が提供する商品の「ファイブミニ」を宣伝する方法として、Tiktokでユーザーに動画投稿してもらう方法を採用しています。ファイブミニの宣伝をTiktokにシフトし始めた経緯として、ダイエット効果があると紹介する動画や、ファイブミニを使ったオリジナルドリンク動画などが話題を呼んだことがきっかけです。

さらに「ハッシュタグファイブミニ」を付けた投稿が影響して、1日あたりの売り上げが2倍になるほどの結果を出しています。そこからファイブミニのプレゼントキャンペーンや、インフルエンサーを活用した広告など、新規ユーザーの獲得を目的とした施策が続けられています。

このように突如発生した現象をうまく活用している企業もあるので、Tiktokを使った宣伝は潜在的な可能性を秘めているのです。

L’ORÉALPARIS(ロレアルパリ)

L’ORÉALPARIS(ロレアルパリ)

引用:Tiktok投稿ryoka_720

世界最大の化粧品メーカーとしても知られる日本ロレアル株式会社では、「L’ORÉALPARIS(ロレアルパリ)」の宣伝の一環として、TikTokを活用しています。この広告の特徴は、TikTokと共同開発したオリジナルエフェクトを活用した「#髪を咲かせよう」というハッシュタグをつけて動画投稿をしたところです。

若年層からも人気のある欅坂46をアンバサダーに起用し、おしゃれでかわいらしいエフェクトを使った動画に注目が集まりました。有名なアイドルを動画広告に起用して、同じエフェクトや商品を利用したいと思わせるきっかけとなる広告です。エフェクトを活用した広告も増え始めているので、商品イメージに合った映像をより豊かに表現して、他社との差別化をはかりましょう。

NIKEJapan

NIKEJapan

引用:Tiktok投稿_wata.a

大手アパレルブランドであるNIKEJapanは、公式アカウントによる拡散ではなく、TikTokの広告利用を目的としたハッシュタグチャレンジを実施しました。内容は「#NIKE塾ポーズチャレンジ」のタグを使って、NIKEJapan独自のブランドエフェクトを活用した視聴者参加型のキャンペーンです。

世界的に有名なアーティストである「新しい学校のリーダーズ」とタイアップした動画で、同じポージングができるかチャレンジするといった内容でした。「勉強を目安にして、体を動かす」ことを目的としており、学生をターゲットにするハッシュタグチャレンジの事例として参考になります。

加えて、NIKEのシューズや服を身につけているのも自然に感じられるなど、商品やサービスを押し付ける感じをほとんど出さないプロモーションの仕方としても、参考になるのではないでしょうか。

インフィード広告

おすすめ投稿の間に表示されるインフィード広告は、ユーザーに事前に見てもらうために、広告感を感じにくくする必要があります。そのためには、注目度を上げて再生時間を伸ばせるようにします。

そこで、TikTokのインフィード広告を活用した企業の事例を2つご紹介。どちらもユーザーを退屈にさせずに動画を再生したくなるような工夫がなされているので、どのように活用できるのか考えながら参考にしましょう。

FUJIMI(ふじみ)

FUJIMI(ふじみ)

引用:自分に合ったサプリを選んでくれる@fujimi_official_

カスタマイズサプリのサブスクである、FUJIMI(ふじみ)では、サブスク利用までの流れをまとめた動画を作成しています。美容分析の診断を受けた後に、診断結果にあったカスタマイズサプリが手元に届くまでの様子が、映像と文章でわかりやすく解説されています。

ただ単に商品を紹介するのではなく、診断から届いた後の商品紹介を動画にまとめ、サブスクを利用する際のイメージを湧きやすくしている点が特徴的です。動画を見れば診断の必要性やカスタマイズサプリの仕組みが一目でわかるので、ユーザーの興味を引きやすい広告といえるでしょう。

「自身にとって必要なサプリをチョイスできる」という、カスタマイズサプリのメリットを伝えやすくしているだけでなく、サービスや商品の魅力の伝えやすさにもつながっています。

アリシアクリニック

アリシアクリニック

引用:TikTok企業広告成功事例14選〜成功ポイント4選〜マーケドリブン

医療脱毛のアリシアクリニックでは、あえて脱毛の話題には触れず、宣伝だと思わせない工夫がされた広告を出しました。明るくポップな楽曲を使用し、まるでミュージックビデオ動画のような演出がされており、ユーザーの興味を引きやすいように作られています。スキップされにくい動画の良い例として参考になるのではないでしょうか。

「脱毛サロンの広告」と聞くと、脱毛の施術について紹介しがちですが、そのような内容の動画にしても、簡単にスキップできるTikTokでは興味を持ってもらえません。Tiktokは商品を買ってもらうためのツールではなく、自社に興味を持ってもらえるための機会として活用しましょう。

運用型広告

リアルタイムでユーザーの反応を見ながら、広告の内容や予算、配信頻度などを調整できる運用型広告ですが、その代わりに状況に合わせた柔軟な運用が必要です。その運用型広告の特徴をうまく活かして、広告を運用している2社の事例を紹介します。

企業の業務形態や、ユーザーの反応にあわせた施策を実施する参考にもなるので、自社に合った広告運用の方法を見つけるのに役立つでしょう。自由度が高い運用型広告を最大限活かすためにも、事例から学ぶのも大切です。

バルクオム

バルクオム

引用:BULKHOMME

株式会社バルクオムでは、18歳以上の男性をターゲットにした、メンズスキンケアの宣伝広告を、Tiktok上で配信しました。特徴のひとつとして、メインで伝えたい内容をより早く伝えるために、冒頭部分を1秒削ったり、ユーザーの反応がよかった「香り」という言葉を使ったりしました。

また内容としても、アンケートに答えるだけで無料サンプルがもらえる情報を、製品画像と一緒に伝えるようにしました。さらに、動画を配信する時間を、再生数が多くなる夜の時間帯に設定する工夫がなされています。このようにさまざまな工夫が功を奏して、美容に対する意識の高いZ世代や、若い年代のユーザーに評価されるようになりました。

バルクオムのように、最も効果的な時間やユーザーが反応の良かった内容にうまく適応できれば、広告を見てもらえる確率が高くなります。

きずな出版

きずな出版

引用:きずな出版 20代にとって大切な17のこと

自己啓発本や実用書、ビジネス書などを中心に扱っているきずな出版は、「20代にとって大切な17のこと」というタイトルの本を宣伝するTiktok広告を出しました。タイトルの通り、20代をターゲットにした本であったため、若者に人気のTikTokで運用型広告を出すことにしたのかもしれません。

ターゲットは18〜34歳の男女にし、カテゴリーは「読書」に設定した広告を出しています。その結果、他のSNS広告と比べて広告のクリック数が約10倍で、クリック率も約5倍の数値になったそうです。

動画の内容は、どんなことが書かれているのかたった15秒でわかりやすくまとめられており、若者に向けたメッセージが伝わるようになっています。また音楽はテンプレートのものが使用されているので、低予算で運用できる成功例としても覚えておきたい例です。

TikTok広告成功事例から考える広告のポイント

TikTok広告成功事例から考える広告のポイント

ここまでTiktok広告の成功事例を紹介しましたが、参考になりましたか?最後に、成功事例からの施策を効果的にするポイントをまとめました。どれもTikTokユーザーが自然に興味を抱き、不信感なく広告を見てもらうためにも重要なポイントです。Tiktok広告作成の際は、自社が投稿しようとしている広告が、ポイントを満たしているかどうかのチェックも忘れずに行いましょう。

スマホに合わせた縦型クリエイティブを活かして作成する

Tiktokユーザーのほとんどは、スマホで動画を視聴するので、縦型クリエイティブの方が見やすくなるので、できるだけ縦型で作成しましょう。横長の動画や静止画で作成してしまうと、見切れてしまう場合もあるので、ユーザーの見やすさを第一に考えるのが重要です。

どんなに質の良い内容でも、デザインや映像が見にくいと思われると、ユーザーは広告をスキップしてしまいます。自社で画面のサイズを合わせるのが難しい場合は、制作会社に依頼するといいでしょう。費用が必要になりますが、プロであればスマホで見やすいデザインや画面のサイズを熟知しているので、調整もスムーズです。

TikTok動画を作る感覚で作成する

Tiktokで動画広告を作成する場合は、広告感を強く出してしまうと避けられてしまうので、Tiktok動画を作る感覚で作成するよう心がけましょう。特に一般の投稿の間に広告が挟まってしまうインフィード広告は、広告色があまりに濃いとすぐにスキップされてしまいます。

ユーザーに少しでも長く動画を見てもらうためには、Tiktokで投稿されている動画に馴染ませるのが一番です。「この動画は何だろう?面白そうだ」とユーザーに興味を持ってもらえるようになれば、最後までしっかりと見てもらえる可能性が高くなります。

動画は冒頭2秒でインパクトを与える

Tiktok広告を投稿する際は、冒頭2秒でインパクトを与えなければなりません。特に、おすすめで動画を閲覧しているユーザーは、数秒見ただけで見続けるかどうか判断します。そのため、最初に興味を持てなければ、すぐにスクロールして次の動画へと移ってしまうケースがほとんどです。

一方で冒頭2秒で続きが気になるほどユーザーの興味を引ければ、公告とわかっていても最後まで見てもらいやすくなります。Tiktokは「スピード」と「インパクト」が勝負という点を忘れずに、瞬時に目を引く内容の広告を作成するようにしてください。

エンゲージを高めるような動画にする

広告のエンゲージを高めるためには、紹介するサービスや商品を「購入してみたい」や、「使ってみたい」とユーザーに思わせなければなりません。商品の強みや魅力などはもちろん、インフルエンサーの使用動画や有名な楽曲を使うなど、さまざまな視点から興味関心を引く方法を探しましょう。

他のポイントにも共通する部分ですが、ユーザーに興味を持たせなければ、ユーザーは興味をなくして離れてしまいます。そうならないためにも、他社の事例を参考に、自社商品の魅力が伝わるユーザーファーストな動画を作るのが重要です。
TikTok広告の出し方!アカウント作成、広告活用ポイントも解説 TikTok広告の出し方!アカウント作成、広告活用ポイントも解説

TikTok広告の事例についてまとめ

TikTok広告の事例についてまとめ

Tiktok広告を活用するのに相性がいい企業は、「10代から20代向けの商品やサービスを提供している企業」です。また新しく10代や20代の顧客を獲得したいという企業にとっても、ターゲット対象となるユーザーが数多く利用しているので、広告の投稿を検討してみてはいかがでしょうか。

Tiktok広告は自社でも作成できますが、難しいと感じたら、Tiktokマーケティングや広告に精通している企業に相談するのもおすすめです。適切な運用やクリエイティブを作成するためにも、費用や相場を把握して、本当に必要な費用をかけなければなりません。

安い、高いだけの理由で広告を作成するのではなく、達成させたい目的や、自社の施策にマッチしているかどうかなど、深く判断してから行動しましょう。

監修者紹介

石田 哲也

石田 哲也

取締役CMO

Twitter:@te2319
株式会社ニュートラルワークス 取締役CMO。1984年生まれ。高校卒業後にISD株式会社にて起業。株式会社オプトにてWebマーケティングを学び、株式会社メタップスなど複数のベンチャー企業にて事業立ち上げを経験。前職はワンダープラネット株式会社にてゲームプロデューサーとしてスマホアプリゲームの制作に従事。2018年に地元の神奈川へ戻り、ニュートラルワークスにジョイン。SEO/Web広告運用/サイト分析・改善など、Webサイトの運用改善~ゲームアプリ制作や数十万フォロワーのSNSアカウントの運用経験などWebビジネス全般を守備範囲とする。

■経歴
2003年 ISD株式会社/起業
2009年 株式会社オプト/SEMコンサルタント
2011年 株式会社メタップス/シニアディレクター
2013年 ライブエイド株式会社/執行役
2016年 ワンダープラネット株式会社/プロデューサー・BizDev
2018年 株式会社ニュートラルワークス/取締役CMO

■得意領域
Webサイト改善
SEO対策
コンテンツマーケティング
リスティング広告

■保有資格
Google アナリティクス認定資格(GAIQ)
Google 広告検索認定資格
Google 広告ディスプレイ認定資格
Google 広告モバイル認定資格