マーケティング

最終更新日: 2022.11.21

採用動画制作の費用と会社を紹介!動画の内容や流れも解説

採用動画制作の費用と会社を紹介!動画の内容や流れも解説

採用担当者の中には、採用動画の制作を検討している方が少なくないでしょう。採用動画を用いて、自社の魅力を伝えたいと考える企業は年々増えています。

しかし、採用動画にはどれくらいの費用がかかるのか、どんな内容を盛り込めばいいのか、気になっているのではないでしょうか?

そこでこの記事では、以下のような観点から採用動画について解説します。

  • 採用動画の内容
  • 採用動画を制作するメリット
  • 採用動画を制作する流れ
  • 採用動画の相場
  • 動画の制作会社

採用担当者の方や採用動画の制作を検討している方は、ぜひ最後までお読みください。

採用動画の内容について

採用動画の内容について

採用動画とは、採用活動において求職者に向けて制作する動画コンテンツのことです。新卒者や転職者に対して、企業のさまざまな情報を発信します。

近年では、多くの求職者が企業の情報をインターネットで調べ、採用動画を閲覧します。中には、採用動画がないと企業に関する情報が不足していると感じ、敬遠してしまう方もいるようです。

こうした背景から、採用活動を行う多くの企業が採用動画を制作し、採用サイトに掲載しています。

採用動画には大きく分けて3つの種類があります。

  • ブランドイメージを伝える採用動画
  • インタビュー形式の採用動画
  • 会社の説明をする採用動画

それぞれの特徴や得られる効果について知ることで、自社ではどんな採用動画を取り入れるべきか判断できるようになります。ここからは、それぞれの特徴について解説します。

ブランドイメージを伝える採用動画

採用動画では、企業のブランドイメージを伝えます。採用担当者が求職者に向けて話し掛けたり、オフィスの様子を映したりすることで、企業のイメージを伝えやすくなります。さらに音楽を流したり、編集を加えたりすることで、より伝えたいイメージに近づけることができます。

例えば、パーソルプロセス&テクノロジー株式会社では、「仕事を変える “シゴト”。」というコンセプトムービーを制作しました。

上空から撮影した映像を挿入したり、ナレーションやテロップを加えたりした採用動画を活用しています。まるでCMのような動画で、企業の最先端のテクノロジーが未来をつくっていくことを想起させます。

このように、採用動画で企業のブランドを伝えることで、テキストでは伝えにくいイメージを発信することができます。

ブランドイメージを伝える際の注意点は、企業の姿とかけ離れすぎないことです。ブランドイメージを伝えたい気持ちが先行してしまうと、実際の企業の雰囲気と大きくずれてしまい、内定者が「思っていたイメージと違った」と感じてしまうリスクがあります。ゆえに、実際の姿と大きく乖離しないように注意しましょう。

インタビュー形式の採用動画

採用動画でよく用いられるのが、インタビュー形式の動画です。インタビューを取り入れることで、企業の雰囲気や社員が働く姿を伝えられます。

多くの求職者は「普段どんな仕事をしているのか」「社内の雰囲気はどうなのか」といった疑問を抱えています。そこで、社員によって入社したきっかけや普段の仕事内容について説明すると、求職者の不安を解消できます。

例えば、パナソニック株式会社では、新卒採用向けの写真インタビュー動画を制作しました。動画では6名の社員によって各部署の仕事内容について説明されています。さらに動画内では、自社が働きやすい環境であることにも触れています。

インタビューを取り入れることで、入社後のイメージが明確になり、多くの求職者に興味を持ってもらいやすくなります。

ただし、インタビューの際の注意点は、ターゲットにあわせて社員を選定することです。新卒者向けの採用活動に用いる場合、中途採用者ではなく、新卒採用者にターゲットを絞りましょう。

会社の説明をする採用動画

企業についてフォーカスしたいなら、会社の説明をする採用動画が効果的です。オフィスツアーを行ったり、社内の福利厚生などについて紹介したりすることで、企業に興味を持ってもらえます。

例えば、ジャパネットグループでは、「ジャパネット社員の一日」という動画を制作しました。これは社員の一日を追った動画で、普段どんな仕事をされているのかが分かります。また、タイムスケジュールも表示されているので、一日の流れもつかみやすいです。

このように、企業の事業について詳しく紹介することで、企業への興味を持ってもらいやすくなります。

会社を説明する際の注意点は、どこまで映すかを事前に確認しておくことです。社内を映すため、社外に漏れてはならない書類などが映らないよう調整が必要になります。映像に移る範囲を確認し、再撮影が発生しないよう整えておくとスムーズです。

採用動画が注目されている理由

採用動画が注目されている理由

近年、採用動画が注目されている理由は3つあります。

  • 会社への興味を持ってもらえるから
  • 仕事内容をイメージしやすいから
  • 就活生の疑問や不安が解消されるから

会社への興味を持ってもらえるから

採用動画を通じて、自社に興味を持ってもらいやすくなります。同じ年齢の社員や、転職経験のある社員のインタビューを掲載するなど、テキストコンテンツに比べてさまざまな表現ができることから、親近感を持ってもらえます。社員のリアルな姿も映せるため、求職者にとっては貴重な判断材料となります。

仕事内容をイメージしやすいから

採用動画を掲載すれば、求職者に仕事内容をイメージしてもらいやすくなります。機械を用いたり、特別なツールを用いたりする仕事内容は、テキストでの説明が難しいです。ゆえに、実際の現場を映し、社員による説明があれば、具体的なイメージを掴めるようになります。

仕事内容が把握できないまま採用されてしまうと、ミスマッチにも繋がってしまうため、採用後のイメージを掴んでもらうためにも、採用動画は必要です。

就活生の疑問や不安が解消されるから

就活生の疑問や不安を解消できるのも、採用動画が制作される理由のひとつです。ほとんどの就活生は、「会社ではどんな風に働くのか」「どんな人が採用されるのか」など、さまざまな疑問や不安を抱えています。

そんな就活生に対して、企業の社員が語りかけるように仕事内容を説明すると、心置きなく就職活動ができます。その安心が信頼感にも繋がり、応募してもらうチャンスも得られます。

採用動画を制作するメリット

採用動画を制作するメリット

採用動画によって、求職者とのマッチングの精度を上げられるというメリットがあります。求職者が採用動画を視聴することで企業や社員の雰囲気を理解できるため、自分にあった企業かどうか判断できます。マッチング率が高まると採用活動も効率的になります。

さらに、SNSなどで拡散されやすいのも採用動画のメリットです。誰かに共有したいと思ったユーザーがいると、SNSで共有してもらえます。するとより多くの人に自社や採用活動について知ってもらえます。認知拡大にも繋がるため、企業にとっても大きなリターンを得られるでしょう。

採用動画を制作するデメリット

採用動画は、ほかのコンテンツに比べて費用が高いというデメリットがあります。動画制作には動画編集スキルが必要になるため、社内では制作しにくく、外注に依頼することが多いです。制作コストに余裕がない場合はクオリティの追及は難しくなります。

また、スマホで検索している一部のユーザーはデータ容量に限度があるため、動画再生を避けられる可能性があります。ゆえにこの場合、簡単に動画の内容をテキストで説明しておくといいでしょう。

採用動画を制作する際の注意点

動画制作会社 採用コンサルティング会社
映像制作 採用活動の全般

採用動画を制作する際は、どこまで外注に依頼するのか明確にしておきましょう。一般的に、採用動画を制作する際は動画制作会社、もしくは採用コンサルティング会社に依頼します。両者の違いは上記の通りです。

動画制作会社は映像制作がメインであるのに対し、採用コンサルティング会社は採用活動に関するコンサルティングを全般的に行います。

もし、自社でどのような動画を作るのか決まっているなら、動画制作会社に依頼するといいでしょう。反対に、採用活動についても相談したいのであれば、採用コンサルティング会社が最適です。
採用サイトランキング20選!好感度が高い事例まとめ【2022年最新】 採用サイトランキング20選!好感度が高い事例まとめ【2022年最新】

採用動画を制作する流れ

採用動画を制作する流れ

採用動画を制作する際は、以下のように進めます。

1.採用動画で伝えたいことを明確にしておく

2.スケジュールをしっかり立てて撮影を進める

3.編集する際は動画の用途によって長さを調整する

あらかじめ制作の流れについて知っておくと、スムーズにプロジェクトを進められます。ここからは、それぞれのステップについて解説します。

1.採用動画で伝えたいことを明確にしておく

はじめに、採用動画で何を伝えたのか明確にしておきましょう。採用動画のメッセージが決まっていないと、方向性がぶれてしまい結局何が言いたいのか分からない動画になってしまいます。

メッセージを決めるには、採用動画の目的を考えましょう。採用動画は、一般的に以下のような目的で制作されます。

  • 自社のアピールポイントを伝える
  • 自社の仕事内容を伝える
  • 社内の雰囲気を伝える
  • 求職者の不安を解消する

目的が決まると、そのためのテーマやコンテンツを決めやすくなります。

2.スケジュールをしっかり立てて撮影を進める

採用動画の内容が決まったら、スケジュールを立てて撮影を進めましょう。スケジュールを決める理由は、プロジェクトをスムーズに進めるためです。

採用動画制作には、採用担当者や社員、制作チームなど、多くの人が関わります。締め切りがないといつまでに間に合わせていいのか分からず、遅延が発生します。ゆえに、プロジェクトに関わる全員が気持ちよく仕事ができるよう、あらかじめスケジュールを決めるようにしましょう。

3.編集する際は動画の用途によって長さを調整する

採用動画は、動画の用途に合わせて長さを調整しましょう。目的に合わせて動画の長さを調整することで、離脱することなく多くのユーザーに視聴してもらえます。

動画の目安は以下の通りです。

  • 採用サイトに掲載する動画…2分程度
  • SNSに掲載する動画…2分程度
  • 会社説明会で流す動画…5~10分程度

編集する際の注意点は、多くのコンテンツを盛り込もうとしないことです。全てを載せようとすると、動画が長くなり視聴者も飽きてしまうので、テンポよく進行するように編集するといいでしょう。

基本的な採用動画の内容

基本的な採用動画の内容

採用動画には、一般的に以下のような内容を盛り込みます。

  • オープニング
  • 社長や人事・採用責任者などのインタビュー
  • 社員インタビュー
  • 社員の1日のスケジュール例
  • 上司・部下の対談

これらの内容を取り入れることで、自社をより詳しく知ってもらえるので、把握しておきましょう。

オープニング

採用動画の冒頭には、求職者を惹きつけるオープニングを取り入れましょう。いきなり本題に入るのではなく、この動画を見ることでどんなことが分かるのか、どんな見どころがあるのかなどを盛り込みます。オープニングがあることで、動画への興味を持ってもらいやすくなり、離脱を防ぐことができます。

オープニングの多くは、音楽やCGを用いて動画の概要を簡単に伝えます。ここでは視聴者の掴みが目的となるため、長くならないように注意しましょう。

社長や人事・採用責任者などのインタビュー

採用動画には、社長や人事・採用責任者などのインタビューを盛り込む場合があります。社長にインタビューを行う場合、会社の展望や将来性について語られます。一方、人事や採用責任者にインタビューを行う際は、どんな人材を求めているのかがテーマになります。

社長や人事・採用責任者などのインタビューがあることで、求職者が企業のイメージを掴みやすくなります。すると求職者自身が企業とマッチしているか判断できるので、ミスマッチを防げます。

インタビューでは、求職者にも理解できる言葉で話してもらうよう注意しましょう。特に多くの就活生は社会人経験がないため、分からない用語もあります。かみ砕いて説明することで、興味を持ってもらえます。

社員インタビュー

多くの採用動画では、社員インタビューが取り入れられています。社員インタビューでは、部署ごとに普段どんな仕事をしているのか、就職したきっかけなど、社員個人にフォーカスすることがあります。

社員インタビューを盛り込むメリットは、求職者に対して仕事内容や社員の雰囲気を伝えられることです。具体的な話を聞くことで、仕事のイメージが鮮明に伝わります。また言葉では説明しにくい社内の雰囲気も伝わるので、ミスマッチ防止にもなります。
参考になる採用サイトの社員インタビューとは?作成方法とコツを解説 参考になる採用サイトの社員インタビューとは?作成方法とコツを解説

社員の1日のスケジュール例

採用動画によっては、社員の1日のスケジュール例を紹介することもあります。出社から退社までの流れを説明しつつ、どんな業務を行っているか説明することが多いです。

1日のスケジュール例を時間ごとに区切って伝えられることで、求職者が入社後のイメージを掴みやすくなります。

近年では残業が多い企業は「ブラック企業」と呼ばれて敬遠されることが多いですが、定時で退社できる場合はワークライフバランスが取れる会社だとアピールすることが可能です。

上司・部下の対談

上司と部下の対談を通して業務内容や仕事のやりがいなどについて語ってもらう方法もあります。

対談を行うことで、社内の雰囲気を伝えられるだけでなく、上司と部下の関係が良好だとモチベーションも上がりやすく、求職者が安心して応募できます。仕事のやりがいも感じてもらいやすいので、効果的な内容です。

採用動画を制作する際の相場や費用感

採用動画を制作する際の相場や費用感

採用動画の相場や費用感は以下の通りです。

30万円以下 30万円~70万円 70万円以上
特徴 手軽に制作できる コンテンツが充実する オーダーメイドが可能
簡単なインタビュー動画 企業の案内動画 ドキュメンタリー動画
制作期間 2週間~1ヵ月 1ヵ月程度 1ヵ月半~

相場によって特徴や制作期間が異なりますが、プロジェクトの方針や目的に合わせて選ぶことで、自社のニーズに沿った採用動画を制作できます。ここからは、それぞれの相場の特徴について解説します。

30万円以下の相場

30万円以下で制作する動画は、手軽に制作できるのが特徴です。演出がないため、社員や企業のリアルな姿を見せられます。主なコンテンツは、簡単なインタビュー動画です。1名のみに絞られることがありますが、社員がどんな風に働いているのか、現場の雰囲気などを伝えることができます。

注意点は、動画の仕様が限られることです。こだわった編集ができなかったり、テロップがつけられなかったりする場合もあります。限られた予算の中で動画を制作する際は、事前に何ができるのか確認しておきましょう。

30~70万円の相場

30万円〜70万円の相場では、充実した動画コンテンツを制作できます。動画制作会社によってはパッケージプランを用意している場合もあるため、ハイクオリティの動画が制作できます。

50万円前後あれば、オープニングから社員インタビューまで充実したコンテンツを制作できるほか、テロップを付けたり、イメージ映像を挿入したりすることもできるため、企業説明会などで流すこともできます。

ただし、完全オリジナルの動画を制作するのは難しいです。パッケージプラン内での制作の場合、テンプレートを用いている場合があるため、要望がある際にはどのような形で盛り込めるか、制作会社に相談するといいでしょう。

70万円以上

70万円以上かければ、オーダーメイドで動画を制作することも可能です。希望に応じて見積もりをもらう形になるので、自社のニーズも取り入れてもらいやすくなります。

この場合、編集にこだわりドキュメンタリー風の動画を制作するなど、完全オリジナルで動画を制作することができます。自社を魅力的に伝えられるため、ブランディングに適しています。

制作する際の注意点は、目的を明確に決めておくことです。ゴールを決めないまま制作してしまうと、漠然な内容になってしまい、高額な出費になってしまいます。ゆえに社内でゴールを決めておき、目的に沿った動画構成案を作成しましょう。

おすすめの採用動画制作会社の紹介

おすすめの採用動画制作会社の紹介

最後に、おすすめの採用動画制作会社を紹介します。人気のポイントや費用感についても触れているので、制作会社に依頼したい場合はぜひ参考にしてください。

株式会社ネオキャリア

株式会社ネオキャリア

出典:株式会社ネオキャリア

株式会社ネオキャリアは、東京都新宿区にある人材派遣会社です。法人向けには人材・採用支援サービスを展開しています。

人気のポイント 用途別にデータを作成してもらえる
費用
  • パッケージプラン:70万円~
  • インタビュー動画プラン:70万円~
  • 企業PR動画プラン:100万円~
サイトURL https://www.neo-career.co.jp/

株式会社ネオキャリアの人気のポイントは、用途別にデータを作成してもらえることです。インタビュー用に撮影した素材を活用し、説明会のオープニングとしてティーザームービーを作成したり、SNS配信用ショートムービーを作成したりすることが可能です。

費用はプランごとに異なり、パッケージプランとインタビュー動画プランは70万円から、企業PR動画プランは100万円からとなっています。相場に比べてやや高いですが、クオリティの高い採用動画が期待できます。

株式会社LOCUS

株式会社LOCUS

出典:株式会社LOCUS

株式会社LOCUSは、東京都品川区にある映像制作会社です。社内だけでなく外部のクリエイターとの連携もあり、チーム編成で提案してもらえます。

人気のポイント 実写・アニメーション・3Dが可能
費用 要問い合わせ
サイトURL https://www.locus-inc.co.jp/

株式会社LOCUSの人気のポイントは、実写だけでなくアニメーションや3Dによる動画制作も可能であることです。アニメーションや3Dなどを取り入れることにより、インパクトの強い動画を制作することができます。競合と差をつけたい場合に有効です。

ただし、費用については見積もりが必要です。どのような映像を制作したいのか相談しながら決めていくといいでしょう。

HRディレクション株式会社

HRディレクション株式会社

出典:HRディレクション株式会社

HRディレクション株式会社は、東京都国分寺市にある制作会社です。採用に特化した動画制作を行っており、採用に関する相談もできます。

人気のポイント 演出家による自然な動画を撮影できる
費用 60万円~
サイトURL http://hr-direction.co.jp/

人気のポイントは、演出家による自然な動画を撮影できることです。脚本家もいるため、どのようなストーリーで伝えるか相談することができます。そのため、動画の内容がかたまっていない場合に最適です。

費用は60万円からとなっています。動画の長さや演出の加え方によって費用が変わるので、予算に合わせて相談しましょう。

採用動画を活用して自社の魅力を伝えましょう

採用動画を活用して自社の魅力を伝えましょう

この記事では、採用動画について詳しく紹介しました。採用動画には企業のブランドイメージや仕事内容を伝えられるほか、テキストに比べて情報量が多いため、就活生や転職者の不安を解消できるメリットがあります。

採用動画を制作する際のポイントは、動画内で伝えたい内容をまとめておくことです。ターゲットや目的を明らかにすることで、的確にメッセージを伝えられるようになります。また、動画の用途に合わせて長さを調整することで、見やすい動画になります。

もしどのような採用動画にすればいいか分からない場合は、採用コンサルティング会社に依頼するといいでしょう。これから採用動画を制作する担当者の方は、この記事でご紹介した内容を取り入れてみてください。

監修者紹介

石田 哲也

石田 哲也

取締役CMO

Twitter:@te2319 |
株式会社ニュートラルワークス 取締役CMO。1984年生まれ。高校卒業後にISD株式会社にて起業。株式会社オプトにてWebマーケティングを学び、株式会社メタップスなど複数のベンチャー企業にて事業立ち上げを経験。前職はワンダープラネット株式会社にてゲームプロデューサーとしてスマホアプリゲームの制作に従事。2018年に地元の神奈川へ戻り、ニュートラルワークスにジョイン。SEO/Web広告運用/サイト分析・改善など、Webサイトの運用改善~ゲームアプリ制作や数十万フォロワーのSNSアカウントの運用経験などWebビジネス全般を守備範囲とする。

■経歴
2003年 ISD株式会社/起業
2009年 株式会社オプト/SEMコンサルタント
2011年 株式会社メタップス/シニアディレクター
2013年 ライブエイド株式会社/執行役
2016年 ワンダープラネット株式会社/プロデューサー・BizDev
2018年 株式会社ニュートラルワークス/取締役CMO

■得意領域
Webサイト改善
SEO対策
コンテンツマーケティング
リスティング広告

■保有資格
Google アナリティクス認定資格(GAIQ)
Google 広告検索認定資格
Google 広告ディスプレイ認定資格
Google 広告モバイル認定資格