マーケティング

最終更新日: 2022.09.16

【一覧表】UAとGA4で異なる計測指標の違いを解説

【一覧表】UAとGA4で異なる計測指標の違いを解説

2020年10月、UA(ユニバーサルアナリティクス)が、約7年ぶりにアップデートされ、GA4(Googleアナリティクス4プロパティ)が正式にリリースされました。

しかし、GA4では変更点が多く、「UAと並行して運用しているものの、GA4の活用方法がイマイチ分からない……」と悩まれている方が少なくありません。

そこで本記事では、UAとGA4の計測指標の名称を一覧にして紹介し、どのような点が異なるのかを詳しく解説します。「UAで取得できた指標は、GA4のどこを見れば良いの?」と疑問を抱く方は、ぜひ参考にしていただければと思います。

UAとGA4で異なる計測指標の名称一覧

UAとGA4で異なる計測指標の名称一覧

GA4では、指標が「セッション」から「イベント」へ変わっていたり、直帰率が削除されたりしています。
直帰率が追加されたようですが、従来とは計測手法が異なるようです。

ga4_ディメンション

引用:[GA4]ディメンションと指標 – アナリティクス ヘルプ

そのため、ここでは「代表的な指標」「広告系の指標」「アプリ系の指標」の3つに分けてそれぞれの指標の違いを紹介します。

代表的な指標

UA指標名 GA4指標名 備考
1回のセッションあたりの値 不可 収益÷セッション数
1回のセッションあたりの目標値 不可 手動で計算が必要
1日/7日/14日/30日のアクティブユーザー 備考参照 エンゲージメントのレポート内で30日と7日、1日ごとのユーザーをカウントできる
2ページ目 不可 GA4では探索の「経路データ探索」にて確認
Buy-to-Detail率 不可 探索にある目標到達プロセスで表示される
Cart-to-Detail率 不可
exit(離脱数) 離脱数 探索レポート内のみ
eコマースのコンバージョン率 不可 eコマース購入数÷セッション数
ISO 国コード 国ID 探索にて確認可能
イベント アクション 不可 GA4ではカスタムパラメータで計測ができる
イベント カテゴリ 不可
イベント ラベル 不可
イベントの値 イベントの値
イベントの発生したセッション セッション GA4で全セッションで発生する
特定イベントに限定したい場合はフィルタを設定
インタレストカテゴリ インタレストカテゴリ Google Signalを有効にすれば計測できる
オペレーティング システム オペレーティング システム
コンバージョン率 不可 手動で計算が必要
サービスプロバイダ 不可
サイト検索の目標コンバージョン率 不可
セッション セッション
セッション時間 不可 セッションあたりの平均エンゲージメント時間✕セッション数
デバイス カテゴリ デバイス カテゴリ
トランザクション数 eコマース購入数
ネットワーク ドメイン 不可
ヒット数 イベント数 ヒットとイベントで定義が異なる
ブラウザ ブラウザ
ブラウザのサイズ 不可
ブラウザのバージョン ブラウザのバージョン
ページ/セッション 不可 手動で計算が必要(表示回数÷セッション)
ページスピード関連の指標全般 不可
ページの価値 不可
ページビュー数 表示回数
ページ別訪問数 不可 セグメントの該当ページを閲覧したセッション数が表示
ホスト名 ホスト名
モバイルデバイスブランド デバイスのブランド
モバイルデバイスモデル モバイルモデル
ユーザー ユーザーの合計数 GA4の「ユーザー」はアクティブユーザー数になる
ユーザーあたりのセッション数 ユーザーあたりのセッション数
ユーザーあたりの収益 ユーザーあたりの平均購入収益額
ユニークイベント数 不可 セッション数をセグメント機能で作成して取得
ランディング ページ ランディング ページ
ランディングページ数(入口数) ランディングページ
亜大陸 亜大陸
亜大陸コード 亜大陸ID 探索にて確認
緯度 緯度
閲覧開始数 閲覧開始数 探索レポート内のみ
閲覧開始率 不可 手動で計算が必要(閲覧開始数÷表示回数)
完全なリファラー 不可 GA4では集客>ユーザー獲得>参照元/メディアで「 referral 」を検索で調べる
経度 経度
決済された商品数 不可 begin_checkoutのイベントで決済が開始された回数は取得可能
結果のページビュー数 不可
結果のページビュー数/検索 不可 手動で計算が必要
月(年間)
検索を伴うセッション数 view_search_results イベントのフィルタリングで確認
検索回数 view_search_results
検索結果の離脱 不可
検索後の時間 不可
検索深度 不可
固有の購入数 不可 カスタムディメンションで表示可能
合計イベント数 イベント数
合計ページ滞在時間 不可 平均エンゲージメント時間✕表示回数で計算
再検索数 不可
市区町村 市区町村
市区町村ID 不可
収益 eコマースの収益
週(年間)
商品がカートから削除された数量 不可 remove_from_cartのイベントの発生回数で削除された回数は取得可能
商品がカートに追加された数量 カートに追加
商品の収益 購入による収益 商品IDや商品名とかけあわせて確認
新規セッション率 不可 手動で計算が必要
新規ユーザー 新しいユーザー
数量 数量
性別 性別 Google Signal有効にした場合に計測可能
税金 不可 カスタムディメンションで表示可能
大都市圏 不可
大都市圏ID 不可
大陸 大陸
大陸ID 大陸ID 探索にて確認
地域 地域
地域ID 不可
直帰数 不可
直帰率 不可
内部プロモーションのクリック数 アイテムプロモーションのクリック数
内部プロモーションの表示回数 アイテムプロモーションの表示回数
日(月間)
日付 日付
年齢 年齢 Google Signal有効で計測可能
配送 不可 カスタムディメンションで表示可能
不可 地方ID 探索にて確認
不可 都市ID
払い戻し回数 不可 refundのイベントの発生回数で払い戻しされた回数は取得可能
払い戻し額 払い戻し金額 カスタムディメンションで表示可能

UAでは「セッション」でしたが、GA4は「ユーザー」に軸が置かれるようになったため、指標が変化したのはその違いにあります。

※対応する指標があっても計測定義が違う指標もあるため、数値は必ずしも一致しません

広告系の指標

UA指標名 GA4指標名 備考
Google 広告: 広告グループ Google 広告の広告グループ名 探索にて確認
Google 広告: 広告スロット 不可
Google 広告: 広告スロット位置 不可
Google 広告キャンペーンID 不可
Google 広告クリエイティブID 不可
Google 広告のお客様ID Google 広告のお客様ID 探索にて確認
Google 広告の広告グループID Google 広告の広告グループID 探索にて確認
Google 広告の条件 ID 不可
TrueView 動画広告 不可
キーワード Google 広告のキーワードテキスト 探索にて確認
キーワードのマッチタイプ 不可
キャンペーン Google 広告のキャンペーン 探索にて確認
キャンペーンコード 不可
クエリのマッチ タイプ 不可
クエリのワード数 不可
ターゲット タイプ 不可
プレースメント URL 不可
プレースメント タイプ 不可
プレースメントのドメイン 不可
リンク先 URL 不可
広告のコンテンツ 不可
広告掲載ネットワーク Google 広告の広告ネットワーク タイプ
表示URL 不可
キャンペーン キャンペーン
キャンペーンID キャンペーンID 探索にて確認
デフォルト チャネル グループ デフォルト チャネル グループ
参照元 参照元
メディア メディア
参照元/メディア 参照元/メディア 集客>ユーザー獲得にて確認
不可 参照元プラットフォーム

アプリ系の指標

UA指標名 GA4指標名 備考
アプリケーション インストーラ ID アプリストア
アプリのバージョン アプリのバージョン レポート>テクノロジー>ユーザーの環境の詳細から確認
不可 アプリ スクリーン名
アプリケーション ID 不可
アプリ名 不可

他2つの指標と比べると数はあまり多くありませんが、それぞれ表示できないものも含まれるため、アプリ分析をする際にはご注意ください。

あわせて読みたいGA4の関連記事

あわせて読みたいGA4の関連記事

ここでは、「UAとGA4の違い」や「GA4の設定手順」についてまとめた関連記事を紹介します。

ランディングページの分析方法やBigQueryとの連携方法についても解説しているので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてください。

GTMを使ったGA4の設定手順

GA4の設定方法は、UAと大きく変わりません。UAで既にGTMを使っている方は、引き続きGA4でも使用することをおすすめします。

また、GTMでは計測の設定だけでなく、イベントの設定も可能です。GA4はカスタムイベントを作る機会が多くなるので、イベント管理もGTMで行える点は便利と言えます。
GTMを使ったGA4の設定手順!よくあるカスタムイベントも紹介 GTMを使ったGA4の設定手順!よくあるカスタムイベントも紹介

GA4でのイベント設定方法

UAとGA4のイベントは、仕様自体が変更になっています。UAでは「カテゴリ」「アクション」「ラベル」「値」を設定していましたが、GA4にはこれらの概念がありません。

そのため、「GA4のイベント設定のやり方が分からない」「UAとGA4のイベントの違いは何?」「GA4で分析したいものの、どのレポートを使うべき?」と疑問を抱く方はぜひ、以下の記事をご覧ください。
GA4のイベント設定方法を解説!反映されないときの対処法 GA4のイベント設定方法を解説!反映されないときの対処法

GA4でのコンバージョンの設定方法

アクセス解析で重要なのが、コンバージョンの設定です。GA4とUAとでは、設定や確認方法が異なります。

そのため以下の記事では、「GA4のコンバージョン設定方法の流れ」と「ケース別のイベント作成方法」について解説しています。くわえて「GA4でコンバージョン設定したのに反映されないときに確認する点」「GA4でコンバージョン設定する際のポイント」にも触れていますので、コンバージョン設定について詳しく知りたい方は、こちらもあわせてご覧ください。
GA4のコンバージョン設定を解説!反映されないときの対処法も紹介 GA4のコンバージョン設定を解説!反映されないときの対処法も紹介

GA4でランディングページを分析する方法

以下の記事では、ランディングページの具体的な設定方法をはじめ、ランディングページの分析のコツについてもまとめています。
GA4のランディングページ分析!カスタムレポートの作り方も解説 GA4のランディングページ分析!カスタムレポートの作り方も解説

GA4とBigQueryを連携する方法

GA4は、BigQueryと連携することで活用の幅を大きく広げられます。GA4のデータを「Webサイトやアプリの分析でもっと活用していきたい」とお考えの方は、こちらの記事をぜひご覧ください。
GA4のbigqueryとは?連携のメリット、活用方法を解説 GA4のbigqueryとは?連携のメリット、活用方法を解説

監修者紹介

石田 哲也

石田 哲也

取締役CMO

Twitter:@te2319
株式会社ニュートラルワークス 取締役CMO。1984年生まれ。高校卒業後にISD株式会社にて起業。株式会社オプトにてWebマーケティングを学び、株式会社メタップスなど複数のベンチャー企業にて事業立ち上げを経験。前職はワンダープラネット株式会社にてゲームプロデューサーとしてスマホアプリゲームの制作に従事。2018年に地元の神奈川へ戻り、ニュートラルワークスにジョイン。SEO/Web広告運用/サイト分析・改善など、Webサイトの運用改善~ゲームアプリ制作や数十万フォロワーのSNSアカウントの運用経験などWebビジネス全般を守備範囲とする。

■経歴
2003年 ISD株式会社/起業
2009年 株式会社オプト/SEMコンサルタント
2011年 株式会社メタップス/シニアディレクター
2013年 ライブエイド株式会社/執行役
2016年 ワンダープラネット株式会社/プロデューサー・BizDev
2018年 株式会社ニュートラルワークス/取締役CMO

■得意領域
Webサイト改善
SEO対策
コンテンツマーケティング
リスティング広告

■保有資格
Google アナリティクス認定資格(GAIQ)
Google 広告検索認定資格
Google 広告ディスプレイ認定資格
Google 広告モバイル認定資格