マーケティング

最終更新日: 2022.07.19

302リダイレクトとは?htaccessの書き方、301との違いも解説

302リダイレクトとは?htaccessの書き方、301との違いも解説

Webサイトの管理やメンテナンスをする際、「302リダイレクト」を使う時があるかと思います。ところが「302と301は何が違う?」「転送したらSEO評価はどうなるの?」など、疑問を抱いた経験はありませんか?

そこでこの記事では、302リダイレクトの意味をはじめ、設定方法や設定する際の注意点をまとめています。リダイレクト方法について詳しく知りたい方は、ぜひ最後までお読みください。

302リダイレクトとは

302リダイレクトとは

「リダイレクト」とは、WebサイトやページURLを変更したときに、古いURLを訪問したユーザーを新しいURLへと自動で転送する方法です。そして今回紹介する「302リダイレクト」とは、リンク間の短期間な転送設定を指します。簡単に言い換えると、「家を修理する間だけ、郵便物を別の住所に送ってください」といったイメージです。

URLの変更をそのままにしておくと、古いアドレスをクリックするとページが表示されなかったり、エラーが表示されたりします。このような状態はユーザビリティの低下につながるので、新しいURLへ自動転送するようにしておく必要があります。

何らかの理由で一時的にWebページが使用できない、もしくはサイトを使用できないようにしたい場合は、リダイレクトを設定し、ユーザーに不便を感じさせないようにしましょう。では、302リダイレクトが必要となる、一時的にURLが変更になるシーンとは一体どのような時でしょうか。

302リダイレクトを使うシーン

302リダイレクトを使うシーン

一時的にURL変更が求められるシーンは、主に次のような場合です。

  • サイトリニューアル
  • システムメンテナンス
  • 不具合の修正中
  • ABテスト実施時
  • スマホページへの転送

また302リダイレクトを使って転送する理想の期間は、およそ数日~約2週間程度です。2週間前後で元に戻せる目途が立っている場合には、このリダイレクトを使いましょう。転送期間が2週間以上になりそうな場合は、たとえ一時的な場合でも「301リダイレクト」を使用します。

また、スマホサイトへの転送をする場合にも使います。使用するデバイスや地域などによって表示するページを変えたい場合は、転送期間に関係なくリダイレクト設定で振り分けるのが一般的です。

302リダイレクトのSEOへの影響

302リダイレクト設定をしても、SEOにマイナスの影響を与える心配はありません。リダイレクトの設定が完了すれば、元々のページの評価が転送先のページへ引き継がれるので、流入数が大幅に減るといった心配は不要です。

またページを短期間で元に戻すので、検索エンジンへインデックスする必要がなくなります。このようにSEO上の観点からも、短期間であれば「リダイレクト302」を推奨しています。しかし、欠点もあります。302のまま長期的に設定した場合は、検索エンジンに301扱いとして認識されるケースもあるからです。

「302リダイレクト」と「301リダイレクト」の違い

「302リダイレクト」と「301リダイレクト」の違いは、インデックスの仕組みにあります。一般的には、リダイレクト期間が2週間以上になる場合は、「301リダイレクト」が適しています。

「301リダイレクト」を設定すると、検索エンジンは新しい転送先のURLをデータベースへインデックスします。こうなると、いわゆる「完全な引越し」と認識されるため、ページの評価も転送先に渡されるようになります。

このような事情から「301リダイレクト」は、サイトのドメインが変更になった場合やURLの正規化、常時SSL(https化)など、恒久的にURLが変わるときに使います。

一方「302リダイレクト」のページ評価は、元々のページの評価を引き継ぐので、新しいページに渡されることはありません。結論として2つの違いは、「302は仮住まいの住所への転送手続き」、「301は定住先への転送手続き」と考えれば間違いありません。
301リダイレクトとは?やり方、確認方法も解説 301リダイレクトとは?やり方、確認方法も解説

302リダイレクトのやり方

302リダイレクトのやり方

それでは、実際に302リダイレクトを設定する方法を見ていきましょう。設定方法は、主に3つあります。

  • .htaccessを使う方法
  • PHPを使う方法
  • WordPressプラグインを使う方法

以下では、上記3つのやり方を、それぞれ詳しく解説します。

.htaccessを使う

.htaccessとは、Webサーバー内でおこなわれるさまざまな動作をコントロールするためのファイルです。同じWebサーバー内の設定を一元管理できるので、リダイレクトの設定には.htaccessを使うのがもっとも一般的な方法とされています。

.htaccessファイルを使用する場合、302リダイレクトを指示するコードをファイル内に書き込めば転送が可能になります。メモ帳などのテキストファイルを開き、以下の例を参考に記述していきましょう。転送が「サイト単位」と「ページ単位」によってコードの記述が変わります。

  • コードその1.『サイト単位』で設定する場合

RewriteEngine On

RewriteCond %{http_host} ^[元のサイトURL]

RewriteRule ^(.*) http://[移転先サイトのURL]/$1 [R=302,L]

  • コードその2.『ページ単位』で設定する場合

RewriteEngine on

RewriteRule ^[元のサイトURL]$ /[転送先のページURL] [R=302,L]

コードを書いたら、ご自身がわかりやすい任意の名称(半角英数字)「〇〇.txt」と名前を付けテキスト形式で保存します。このファイルをサーバーにアップロードすれば設定は完了です。
.htaccessリダイレクトの設定方法や書き方、注意点をわかりやすく解説! .htaccessリダイレクトの設定方法や書き方、注意点をわかりやすく解説!

PHPを使う

WebサーバーのPHP言語を使ってリダイレクトを設定できます。これは、PHPページのHTTPヘッダーをheader関数にて設定する方法です。PHPの302リダイレクトのサンプルコードとして次の記述を参考にしてください。

【PHPによる302リダイレクトコード】

<?php

header(“Location: /new.php”,TRUE,302);

header(“Location: /new.php”);

exit;

?>

※ただしPHPのリダイレクト設定に対応していない機種やデバイスもあるため確認が必要です。

WordPressならプラグインを使う

WordPressサイトの場合は、プラグインを使ったリダイレクト設定もできます。コードの記載やサーバーファイルなどシステムに関する知識がない方は、プラグインを利用した方が安心です。WordPressのリダイレクトには「Redirection」というプラグインが便利です。Wordpress管理画面のプラグインを選択し、Redirectionを検索します。

インストールしたら有効化し、詳細設定を「302リダイレクト」に変更します。Redirectionでは標準設定が「301リダイレクト」になっているので、詳細設定を必ず確認してから実装しましょう。

302リダイレクトの注意点

302リダイレクトの注意点

302リダイレクトの設定を行うときには、注意しておきたいポイントが2つあります。設定の作業に移るまえに、302の用途を改めて確認しましょう。

削除したページは404エラーを表示させる

サイトのリニューアルや管理をする中で、削除したページがあった場合には「302リダイレクト」ではなく、「404エラー」を設定しましょう。

削除したページにリダイレクトを設定し、トップページなどへ飛ばす方法は、親切なように感じます。しかしユーザーとしては「なぜトップに戻ってしまうの?」「このサイトは誤作動を起こしている」と認識され、離脱の原因になる場合があります。

そもそも404エラーとは「該当するページが削除されている」状況をユーザーに明確に伝えるステータスコードです。どんな場合でもリダイレクトで飛ばせばよいというわけではないので注意しましょう。
404エラー(404 not found)とは?原因・確認方法・対処法・設定方法・SEOの影響を解説 404エラー(404 not found)とは?原因・確認方法・対処法・設定方法・SEOの影響を解説

一時的なリダイレクトのみに使用する

302リダイレクトは、あくまでも「一時的な転送の場合のみ」使用してください。設定を302ダイレクトのままで放置していると、検索エンジンに「301リダイレクト」だと認識される場合があります。Googleによりサイトの状況や動きをわかりやすく、正しく認識してもらうためにも、「一時的なURLの変更である場合は302」「長期的な変更は301」というように、使い分けましょう。

302リダイレクトのまとめ

302リダイレクトのまとめ

「302リダイレクト」は、サイトのリニューアルやメンテナンスなどの一時的なURLの変更があった場合の転送設定です。元々のページの評価を引き継ぐ一方で、転送先URLをインデックスする必要がありません。あくまでも「ページの仮住まい」への転送設定なので、2週間を超える長期のURL変更は301リダイレクトを設定し、できるだけ明確に使い分けるようにしましょう。

監修者紹介

石田 哲也

石田 哲也

取締役CMO

Twitter:@te2319
株式会社ニュートラルワークス 取締役CMO。1984年生まれ。高校卒業後にISD株式会社にて起業。株式会社オプトにてWebマーケティングを学び、株式会社メタップスなど複数のベンチャー企業にて事業立ち上げを経験。前職はワンダープラネット株式会社にてゲームプロデューサーとしてスマホアプリゲームの制作に従事。2018年に地元の神奈川へ戻り、ニュートラルワークスにジョイン。SEO/Web広告運用/サイト分析・改善など、Webサイトの運用改善~ゲームアプリ制作や数十万フォロワーのSNSアカウントの運用経験などWebビジネス全般を守備範囲とする。

■経歴
2003年 ISD株式会社/起業
2009年 株式会社オプト/SEMコンサルタント
2011年 株式会社メタップス/シニアディレクター
2013年 ライブエイド株式会社/執行役
2016年 ワンダープラネット株式会社/プロデューサー・BizDev
2018年 株式会社ニュートラルワークス/取締役CMO

■得意領域
Webサイト改善
SEO対策
コンテンツマーケティング
リスティング広告

■保有資格
Google アナリティクス認定資格(GAIQ)
Google 広告検索認定資格
Google 広告ディスプレイ認定資格
Google 広告モバイル認定資格