マーケティング

最終更新日: 2021.11.08 (公開: 2021.09.13)

最新のMEOのアルゴリズムを徹底分析!上位表示させる対策方法を全て公開

最新のMEOのアルゴリズムを徹底分析!上位表示させる対策方法を全て公開

MEO対策は、低コストで実施でき、上位表示されれば、来店見込みの高いユーザーを集客できる効果の高い施策です。そのため、店舗を運営しているビジネスオーナーにとっては強い味方であると言えるでしょう。とはいえ、上位表示させるルールがあるのか分からない方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、最新のMEOアルゴリズムや上位表示させるための対策について解説していきます。MEOで上位表示させるためのアルゴリズムを理解し、アルゴリズムを考慮していくことが大切です。web担当者や経営者の方はぜひ本記事をチェックしてください。

MEOとは?

MEOとは?

アルゴリズムについて解説する前に、そもそもMEOとは何かについて説明していきます。MEOとは、「Map Engine Optimization」の略称で、「ローカルSEO」とも呼ばれます。

SEOというのは「Search Engine Optimization」の略で「検索エンジン最適化」と呼ばれる施策です。SEOを行うと、Googleで検索を行った際に上位表示されることがあります。では、MEOはなぜ「ローカルSEO」と呼ばれるのでしょうか。

新宿 ラーメンのgoogleマップ検索結果

それは、画像のようにGoogleマップにて「地域+サービス名」で検索をした際に、上位表示されるからです。例えば「新宿 ラーメン」で検索をすると、新宿にあるラーメン屋がヒットします。これは、MEO対策を行っていると、優先的に上位に表示されるようになっているのです。上記はPCでの表示です。

新宿 ラーメンのgoogleマップ検索結果(スマホ版)

そしてこちらがスマートフォンでの表示です。どちらも地図の直下に店名が写真と共に表示されています。

特徴

MEOの特徴は、Googleマップと連携していることです。上記の画像の例のように、Googleマップにて「地域+ジャンル」で検索をかけることで、地図の下部に、検索意図にマッチした店が表示されます。そしてヒットした店舗の中から行きたい店があれば、現在地からお店までのルートを示してくれます。そのため、検索から来店まで、スムーズにユーザーを誘導することが可能です。

ちなみに、Yahoo!も日本で使用されている検索エンジンではあるのですが、通常の検索では地図表示はされません。そのため、MEOはGoogle特有であることがわかります。

MEO対策に向いている事業者

では、MEO対策はどのようなビジネスに向いているでしょうか。MEOの特徴を踏まえると、BtoC向けにローカルビジネスを展開して実店舗を持っている事業者に向いていると考えられます。

その理由は「地域+サービス名」で検索するユーザーは、現在地周辺のお店を探しているからです。スマートフォンが普及するまでは、店舗を利用するときは、あらかじめ行き先を決め、ルートをある程度確認してから出かけることが主流でした。

しかしスマートフォンの利用が当たり前の今、現地で行き先を決めることは決して珍しいことではありません。スマートフォンで検索をし、現在地から目的地までのルートを示してくれるので、ユーザーは迷わずにゴールまでたどり着けます。

MEO対策をすべきローカルビジネスは、具体的には、飲食店、美容室、エステ、小売店、病院、カフェなどがあります。これらの事業者は、MEO対策をすると、さらに集客効果が期待できるでしょう。

検索エンジンのアルゴリズムとは

検索エンジンのアルゴリズムとは

MEOの概要について解説していきましたが、検索エンジンのアルゴリズムとは何でしょうか。検索エンジンのアルゴリズムを簡単に説明すると、検索結果の順位を決めるための仕組みやルールであると言えます。こうした検索結果の順位を決めるルールは非常に複雑で、実際には200以上の項目が存在しているとも言われています。例えば、アルゴリズムに関する項目には下記のようなものがあります。

  • サイト構造はユーザーにとって親切か
  • パンくずリストはあるか
  • タイトルタグにキーワードは入っているか
  • H1タグにキーワードは入っているか

上から2つの「サイト構造はユーザーにとって親切か」「パンくずリストはあるか」という項目は、Webサイトの構造に関係しています。そして、残り2つの「タイトルタグにキーワードは入っているか」「H1タグにキーワードは入っているか」というのは、ウェブページに関する項目です。

サイト構造やページの作りがしっかりしていると、ユーザーにとって使いやすいだけでなく、検索エンジンにとってもサイトを把握しやすくなるのです。そのため、評価の基準となっています。

このように、検索エンジンのアルゴリズムはユーザーがWebサイトを快適に利用できるため、そして検索エンジンがサイトを正しく理解するために存在しています。よりユーザーが使いやすいものにために、検索エンジンのアルゴリズムは日々改善されています。

MEO対策とSEO対策の違い

MEO対策とSEO対策の違い

先ほども少しSEOについて触れましたが、MEO対策とSEO対策の違いは何でしょうか。簡単にまとめると、下記のような違いがあります。

  • SEO対策:検索エンジンでWebサイトを上位表示させること
  • MEO対策:Googleマップで店舗を上位表示させること

SEO対策は、検索エンジンでWebサイトを上位表示させることを目的としています。ユーザーが「知りたい」「課題を解決したい」と思ったとき、意図に沿ったキーワードで検索をかけます。

するとSEO対策をしているWebサイトは、あらかじめユーザーが「こんなことを知りたがっているだろう」「こんな課題を解決したいと思っているだろう」といった意図を見越して、コンテンツを作成していきます。こうしてユーザーの検索意図に沿っていると判断されたWebサイトが、検索結果の上位に表示されるのです。

一方MEO対策は、Googleマップで店舗を上位表示させることを目的としています。「地域+ジャンル」で検索をかけることで、検索エンジンは特定の地域でお店を探していると理解し、店舗が表示されるのです。この場合、Webサイトも表示されるのですが、店舗の基本情報が優先的に表示されています。

このように、MEOとSEOは異なった目的を持っています。また、MEO対策とSEO対策は、アルゴリズム面とコスト面でも異なっています。ここからは2つの側面から両者の違いを見ていきましょう。

アルゴリズム

1つ目の違いは、アルゴリズムです。両者のアルゴリズムは、ユーザーファーストのコンテンツであることを評価する点は共通しています。ただし、下記のように評価する対象については相違点があります。

  • SEO対策:Webサイトのコンテンツ
  • MEO対策:Googleマイビジネスの情報

SEOのアルゴリズムは、Webサイトのコンテンツを評価しています。ユーザーにとって役に立つコンテンを提供しているサイトを優先的に表示するようにしているのです。一方MEOのアルゴリズムは、Googleマイビジネスの情報を対象にしています。正確かつ最新にし、良い口コミなどが集まっている店舗は、評価が高くなっていきます。

このように、両者のアルゴリズムは異なっています。それぞれ異なる検索アルゴリズムへの理解が大切です。そして今回は、MEOで上位表示するためのアルゴリズムの内容とその対策を後ほど解説していきます。

コスト

そして2つ目の違いが、コストです。両者のコストはそれぞれこのようになっています。

  • SEO対策:少なくとも3~6カ月はかかり、費用は月10万以上かかることもある
  • MEO対策:1か月以内に上位表示することもあり、月2~5万と低コスト

SEO対策の場合、上位表示までには少なくとも3〜6カ月はかかると言われています。もちろん無料でも実施できるのですが、リソースはある程度必要です。そのため、外部の専門家に依頼していることが多いのが現状です。専門家に依頼する場合は、少なくとも月10万以上かかるケースが多いです。

一方MEO対策の場合は、競合が周辺エリアの店舗になります。そのためSEOより競合が少なくなり、比較的短期間で上位表示しやすいという特徴があります。地域やジャンルにもよりますが、競合が少ない場合は1か月以内に上位表示することもあります。そしてMEOも無料で実施でき、専門家に依頼する場合でも月2~5万と低コストで依頼できます。

MEO対策のメリット

MEO対策のメリット

MEO対策について詳しく紹介していきました。では、MEO対策をすることで具体的にどのようなメリットが期待できるのでしょうか。MEO対策のメリットは、下記のように5つあります。

  • ユーザーの目に留まりやすい
  • 来店見込みの高いユーザーに直接訴求できる
  • 競合が少なく成果が出やすい
  • 口コミで信頼を獲得しやすい
  • 店舗までの地図が表示され、来店確率が高まる

ここからはそれぞれのメリットについて、詳しく解説していきます。

ユーザーの目に留まりやすい

1つ目のメリットは、ユーザーの目に留まりやすいことです。MEO対策をすると、グーグルマップにて「地域+サービス」などで検索したときに、Googleマップが通常の検索結果よりも上位に表示されます。一般的に検索ユーザーは1ページ目を重点的に読むので、最初に目に入りやすいです。

そしてMEOには、上位3位までなら最初に表示されるという特徴があります。というのも、MEO対策を行なっていると、Googleマップでの検索だけでなく、自然検索の結果にも影響が及びます。検索結果のマップエリアの下部に、候補とされる店舗が表示されます。自然結果の1位のクリック率は約30~40%と高いため、クリックされる確率が高くなるでしょう。

来店見込みの高いユーザーに直接訴求できる

2つ目のメリットは、来店見込みの高いユーザーに直接訴求できることです。昨今では、スマートフォンの普及によって外にいても検索ができるようになりました。そこでGoogleマップを見るユーザーは「地域+サービス」で検索する割合が多いです。外出時に検索をかけているほど、今すぐ来店したいというニーズが高くなります。

そこでGoogleマップで検索をかけ、店舗が上位表示されれば、来店見込みの高いユーザーに訴求することが可能です。MEO対策を行なっていないと上位に表示されないため、競合店との差別化も可能です。こうしてMEO対策が成功すると、集客数を増やすことが期待できます。

競合が少なく成果が出やすい

3つ目のメリットは、競合が少なく成果が出やすいことです。先ほども少し触れましたが、MEOは競合が少ないので、成果が出やすいという特徴があります。というのも、SEOの場合は、評価基準はコンテンツそのものとなります。

店舗の所在地に関係なく、キーワードによってユーザーの検索意図に沿っているかどうかが判断されます。すると、考え方によっては全国各地の店舗が競合になるため、同じジャンルの店舗が存在すればするほど、ライバルが多くなっていくのです。

しかしMEOの場合は、Googleマイビジネスに登録されている所在地によって検索結果が表示されます。そのため、周辺の同じジャンルの店舗だけが競合となるのです。SEOと比較すると、競合の数は少なくなり、上位表示されやすくなります。

さらに、現在ではMEO対策をしている所はまだ少ない傾向にあります。そのため、早めに対策すれば、地域の店舗の中で上位表示が狙えるでしょう。

口コミで信頼を獲得しやすい

4つ目のメリットは、口コミで信頼を獲得しやすいことです。Googleマイビジネスには、ユーザーからの口コミ投稿やレビューを得られる機能がついています。店舗を利用したユーザーからの口コミは、店舗の関係者が書き込む店舗情報よりも信憑性が高いです。そのため、口コミが多いとこれから来店しようと考えているユーザーからの信頼は高まっていきます。

さらに、一度来店したユーザーの口コミに対して返信を行うことで、リピーターになってもらえることも期待できます。口コミの管理については、後ほど詳しく紹介していきます。このように、お客様の満足度が高いサービスを提供していくことで、良い口コミを得られ、信頼に繋がっていくのです。

店舗までの地図が表示され、来店確率が高まる

そして5つ目のメリットは、店舗までの地図が表示され、来店確率が高まることです。外出時にGoogleマップにて検索をかける場合は、2つのパターンが想定されます。それは、これから受けたいサービスは決まっているけど具体的な店舗は決まっていないパターンと、具体的な店舗は決まっているけどアクセス方法がわからないパターンです。

いずれにしても、Googleマップの機能を利用すれば、現在地から店舗までの経路が地図で表示されます。そして徒歩や車での移動、電車やタクシーの利用など、交通手段は問わず、一度に全てのルートが確認できるのです。

そして地図を読むことが苦手なユーザーのために、ナビゲーション機能も用意されています。そのため、Googleマップで店舗検索をしたユーザーが店舗へ来店もらうまでの流れは非常にスムーズです。来店のチャンスを逃さないので、非常に便利です。

MEO対策のデメリット

MEO対策のデメリット

ここまでMEO対策について5つのメリットを紹介していきました。しかし、MEO対策には以下のような2つのデメリットも存在しています。

  • ネガティブな口コミをもらうこともある
  • 店舗型ビジネスでないと効果を得にくい

MEO対策を検討する上で、またMEO対策を行う上で必ず知っておきたいポイントなので、チェックしておきましょう。

ネガティブな口コミをもらうこともある

1つ目のデメリットは、ネガティブな口コミをもらうこともあることです。Googleマイビジネスの口コミ機能は、ユーザーがGoogleアカウントを持っていれば、誰でも投稿することが可能です。自由に投稿することが可能なので、場合によってはネガティブな口コミをもらってしまうことがあります。

ネガティブな口コミをもらった場合は、誠実な対応が求められます。例えば、サービスに対してクレームのような口コミを書かれることもあるでしょう。その場合には、ユーザーに謝罪をするなどの対応が必要です。

そのままにしていると、まるで不手際を容認しているように思われてしまうからです。これから利用するユーザーが不安にならないためにも、ネダティブな口コミにも対応することが大切です。

店舗型ビジネスでないと効果を得にくい

そして2つ目のデメリットは、店舗型ビジネスでないと効果を得にくいことです。店舗を運営しているビジネスであれば、MEO対策は効果を発揮します。

しかし店舗を運営していないビジネスの場合は、あまり効果を期待できません。MEOはあくまで店舗の所在地に関連してヒットしているので、Googleマップを見て来店するユーザーがいないと、上位表示は難しいです。

ただし、Googleマイビジネスでは口コミを投稿する機能があります。店舗型ビジネスではなくても、検索をしたユーザーが口コミを投稿してくれることもあるでしょう。そこでユーザーが良い口コミを見ることで、問い合わせにつながることもあります。そのため、効果はすぐに出ませんが、MEO対策はしておいた方がよいと考えられます。

MEO対策でアルゴリズムの理解が重要な理由

MEO対策でアルゴリズムの理解が重要な理由

ここまでMEO対策のメリットとデメリットについて紹介していきました。ところで、MEO対策をしていく上で、なぜアルゴリズムの理解が大切なのでしょうか。その理由は、アルゴリズムを理解していないと、効果的な施策ができないからです。

というのも、MEO対策はただ情報を載せればいいという施策ではありません。先ほど紹介したように、MEOのアルゴリズムは、ユーザーファーストのコンテンツであるという考え方が基準になっています。

そのため、やみくもにユーザーが検索しそうなキーワードを並べるような対策は、意味がありません。そして、グーグルマップの検索結果がGoogleマイビジネスの情報を読んでいることから、正しい情報を記載していないと検索結果に表示されないことも分かります。

このように、MEOのアルゴリズムを理解しないと効果的な対策ができません。すると、いくら運用していても上位表示ができない状態が続いてしまいます。そこでMEOのアルゴリズムを理解している店舗としていない店舗では、対策や改善の質が変わってくるのです。

MEO対策で上位表示させるアルゴリズム

MEO対策で上位表示させるアルゴリズム

そこでここからは、MEO対策で上位表示させるための具体的なアルゴリズムについて紹介していきます。

ローカル検索結果のランキングが決定される仕組み

Googleマイビジネスでは、「ローカル検索結果のランキングが決定される仕組み」を公開しています。そこでは「関連度」「距離」「知名度」に関して詳しく紹介されています。ただし、「ユーザーの反応率」や「情報の更新頻度」も重要な要素であるので、ここでは合わせて紹介していきましょう。

関連度

関連度

関連度については、Google公式ヘルプでこのように記載されています。

関連性とは、検索語句とローカル ビジネス プロフィールが合致する度合いを指します。充実したビジネス情報を掲載すると、ビジネスについてのより的確な情報が提供されるため、プロフィールと検索語句との関連性を高めることができます。

つまり、この項目では、ユーザーが検索したときのキーワードとGoogleマイビジネスに登録されている情報に関連性があるかどうかが見られているのです。そこで、Googleマイビジネスの登録や機能で検索キーワードを関連させていくことが重要となります。

検索エンジンがプロフィールに記載されている語句を認知して、ユーザーの検索意図に合っているとき、店舗情報が表示されます。このとき、検索されそうなキーワードをなるべく使用するようにしましょう。ただし、やみくもに使用して不自然になることは厳禁です。

距離

距離

距離については、Google公式ヘルプでこのように記載されています。

距離とは、検索語句で指定された場所から検索結果のビジネス所在地までの距離を指します。検索語句で場所が指定されていない場合は、検索しているユーザーの現在地情報に基づいて距離が計算されます。

基本的には、ユーザーの現在地から近いお店情報がGoogleマップに表示される仕組みになっています。またデリバリーのサービスがある場合、Googleマイビジネスのアカウントでは、サービス可能な範囲を指定できます。この情報も場合によっては関連してヒットします。

知名度

知名度

知名度については、Google公式ヘルプではこのように記載されています。

知名度とは、ビジネスがどれだけ広く知られているかを指します。ビジネスによっては、オフラインでの知名度の方が高いことがありますが、ローカル検索結果のランキングにはこうした情報が加味されます。たとえば、有名な博物館、ランドマークとなるホテル、有名なブランド名を持つお店などは、ローカル検索結果で上位に表示されやすくなります。

ビジネスについてのウェブ上の情報(リンク、記事、店舗一覧など)も知名度に影響します。Google でのクチコミ数とスコアも、ローカル検索結果のランキングに影響します。クチコミ数が多く評価の高いビジネスは、ランキングが高くなります。ウェブ検索結果での掲載順位も考慮に入れられるため、検索エンジン最適化(SEO)の手法も適用できます。

ヒント: Google では、ランキングを上げるためのリクエストや金銭の受け取りには一切応じておりません。検索アルゴリズムの詳細は、すべてのユーザーにとって可能な限り公平なランキング システムを構築するために機密情報となっています。

簡単にまとめると、知名度が高いほうが上位表示されやすくなる仕組みとなっています。利用したユーザーの口コミや評価も知名度に関連してくるため、上位表示には重要な要素となっていきます。また、知名度を高めるには、WebサイトのSEO対策も有効な手段です。Webサイトを持っている場合は、積極的に活用しましょう。

ユーザーの反応率

また、MEO対策で上位表示させるには、ユーザーの反応率も重要なポイントになります。MEO対策におけるユーザーの反応率とは、Googleマップを閲覧したユーザーのその後のアクション数のことを表しています。例としては、下記のようなものがあります。

  • 電話
  • 公式サイトへの訪問
  • 席の予約
  • 経路検索

電話は、Googleマイビジネスに記載されている番号をタップし、ユーザーが店舗へ連絡をかけるような例です。店の空き状況や店舗の様子などを確認するときに、電話をすることがあるでしょう。

そして、公式サイトへの訪問は、店舗が気になったユーザーが取る行動です。また、Googleマイビジネスでは予約ボタンがあるため、直接予約をするユーザーも存在します。そして、Googleマップとの連携を活用して経路検索を行うこともあります。

このように、Googleマイビジネスでは反応率がデータとして蓄積されます。反応率が高いとユーザーにとって価値の高い情報とGoogleにみなされ、上位表示されやすくなるのです。

情報の更新頻度

情報の更新頻度

そして、情報の更新頻度が高いほど、Googleから高い評価を受けやすいという特徴があります。情報の更新頻度については、Google公式ヘルプではこのように記載されています。

ビジネスの所在地で関連性の高い語句を検索しても、ご自身のビジネス情報が表示されない場合があります。ローカル検索結果でお客様のビジネスが表示される頻度を最大化するには、Google マイビジネスのビジネス情報の内容を充実させ、魅力的なものにしてください。ヒント: 10 か所以上の拠点があるビジネス情報をまとめて編集するには、一括アップロード用スプレッドシートを作成します。

情報の新しさはEATのTの信頼性にあたります。そのため、情報の更新はユーザーが書いていきに利用するためにも大切です。例えば、店舗のメニューや内観は、季節や時期によって変更されることがあります。

こうした情報は、ユーザーにとっては逐一更新してほしいものです。また、店舗を移転するなど、住所や電話番号に変更があった際は、忘れずに更新しましょう。

アルゴリズムを考慮したMEO対策

アルゴリズムを考慮したMEO対策

繰り返しになりますが、MEO対策ではアルゴリズムを考慮して運用することが大切です。アルゴリズムを理解することで、対策が反映されていき、上位表示が見込めます。するとユーザーからの反応も良くなり、売上の拡大にも繋がっていくでしょう。

そこでここからは、14種類の具体的な対策を紹介していきます。

最新のアルゴリズムを考慮した対策を行う

まずMEO対策を行う場合は、最新のアルゴリズムを考慮しましょう。Googleのアルゴリズムは、ユーザーにとってより良いコンテンツとなるために、常に変動します。例えば、2021年の6月にはGoogleマイビジネスの「略称を追加する」という機能がなくなりました。

そのため、最新情報を収集し、新しいアルゴリズムの変動に対する対策をしていくことが大切です。そこで、Google検索セントラルGoogle SearchLiaison(Twitter)などを活用して、情報を収集することをおすすめします。これらのコンテンツをブックマーク、またはフォローすることで、簡単に最新情報をチェックすることができます。

Googleマイビジネスの登録を充実させる

基本的なことではありますが、Googleマイビジネスに必要な情報を登録して情報を充実させましょう。基本情報には、以下のような項目があります。

  • 所在地
  • 営業時間
  • 定休日
  • 電話番号
  • ビジネスのカテゴリ

所在地とは、店舗がある住所のことを指しています。そして営業時間、定休日というのは、一週間のうちいつ営業していて、何時から何時まで対応できるかを記載できる項目です。時間まで詳細に登録しておくと、「営業時間内」「営業時間外」という情報が記載されるため、とても分かりやすいです。

そして電話番号は、ユーザーからの連絡に対応できる電話番号を記載しておきましょう。そして最後のビジネスのカテゴリというのは、その店舗のジャンルや説明のことを指しています。

これらの情報を充実させることによって、ユーザーが検索キーワードを入力した際に、ヒットするきっかけになります。検索意図にあった店舗であると検索エンジンに理解してもらえます。そして、来店見込みが高いユーザーが検索するキーワードとの関連性が高まるように、情報を増やしていきましょう。

NAP情報を統一する

また、Googleマイビジネスはただ情報を記載すればいいという訳ではありません。記載した情報は、NAP情報を統一させることも重要です。

NAPとは「Name, Address,Phone」の略で、公式サイトの情報と表記を統一させるという考え方に基づいています。というのも、Googleは「MEO対策で上位表示させるアルゴリズム」の見出しでも触れたように、「知名度」の高いビジネスを高く評価する傾向があります。その「知名度」の基準として「ネット上にNAP情報がどれだけがあげられているか」という考え方があります。

そこで情報を統一させないと、公式サイトと別のビジネスと判断され、知名度が低くなってしまう恐れがあります。例えば、「ABC’sキッチン」という店名が巷で「ABCキッチン」と呼ばれていたとしても、Googleマイビジネス上では「ABC’sキッチン」と記載すべきです。

人間には「ABC’sキッチン」と「ABCキッチン」が同じ店舗を指していると判断できますが、検索エンジンは関連のない別のキーワードとして認識します。すると知名度は高まらず、対策を打っても効果が出ません。そのため、NAP情報を統一させることは大切です。

適切なカテゴリーを設定する

また、カテゴリは適切なものを設定しましょう。カテゴリの役割について、Googleマイビジネスヘルプではこのように説明しています。

カテゴリは、ビジネスの事業内容を表し、そのカテゴリの商品やサービスを検索している見込み顧客にビジネスを結びつける役割を果たします。店舗名やメニューだけでは、検索エンジンはどのようなお店であるのか判断することはできません。そこで正しくカテゴリーを設定することによって、ユーザーの検索意図にあった店舗を表示することができます。

そして、カテゴリの設定方法について、公式ではこのように解説しています。

メインカテゴリが「ピザレストラン」のビジネスは、地元の「レストラン」、「イタリアン レストラン」、「ピザ」を検索したユーザーのローカル検索結果に表示される可能性があります。なお、カテゴリは Google のローカル検索結果の順位に影響する数多くの要素の 1 つに過ぎません。

このように、事業に適したカテゴリを選択することでユーザーの目に触れる機会が増えます。ただし、カテゴリ設定だけで検索順位に影響がある訳ではないことも、理解しておきましょう。

魅力が伝わる写真を掲載する

運営している店舗や、サービスの内容がわかる写真掲載は、非常に重要です。まだ店舗に来店したことがないユーザーは、写真を見て希望にあった店であるかどうかを決めることが多いです。Googleマイビジネスのガイドラインでは、以下のようなタイプとうまく撮るためのポイントを公開しています。

写真のタイプ 選定ポイント
外観の写真 1. お客様が来店することが予想されるすべての方角からお店の写真を撮りましょう。
2. さまざまな時間帯のお店の様子がわかる写真をアップロードしてみましょう。
店内の写真 1. お客様として店内にいるときの様子がありのまま伝わるように写真を撮りましょう。
2. お店の雰囲気が伝わる写真を撮りましょう。
商品の写真 1. お店で最も人気が高いアイテムをアピールしましょう。
2. 照明が均等にあたるようにして商品の写真を撮りましょう。
サービスの写真 1. チームやスタッフがさまざまな種類のサービスをお客様に提供している写真を撮りましょう。
2. 取り扱っている専門サービスの写真を撮りましょう。
食べ物や飲み物の写真 1. お店で最も人気が高い食べ物や飲み物をアピールしましょう。
2. 照明が均等にあたるようにして食べ物や飲み物の写真を撮りましょう。
共有エリア 1. それぞれの共有エリア(温泉、ジム、朝食を食べる部屋など)の写真を少なくとも 1 枚ずつ追加します。
2. 共有エリアの雰囲気が伝わる写真を撮りましょう。
客室 1. お客様に提供しているさまざまなタイプの客室をすべて紹介しましょう。
2. お客様として室内にいるときの様子がありのまま伝わるように写真を撮りましょう。
チームの写真 1. 少しくだけた様子を見せると、お店やサービスに人間味が加わります。
2. あなた自身やスタッフの個性をアピールして、お客様に人となりを感じ取ってもらいましょう。

Googleマイビジネスのガイドラインより引用

このように、写真の取り方にこだわるとうまくお店の雰囲気を伝えることができます。店内の写真は来店するかどうかの判断基準に大きく影響を与えるので、力を入れるといいでしょう。詳しくはGoogleマイビジネスのヘルプをご確認ください。

良い口コミを増やす

Googleマイビジネスには口コミ機能が存在し、Googleアカウントを持っていれば誰でも書き込みが可能です。そのため、いい口コミが増えるように努力していきましょう。ユーザーは、第三者からの口コミを参考にして来店するかどうかを考えます。

特に、良い口コミがあればあるほど、来店する確率が高まっていく傾向にあります。そして、良い口コミは上位表示に貢献し、新規顧客の集客にも繋がっていきます。

良い口コミを増やすためには、ユーザーが満足するようにサービスを徹底することが大切です。また、ユーザーに口コミを書き込んでもらうよう、呼びかけるとさらに良いでしょう。

口コミの管理、返信をする

そして、ユーザーから書き込まれた口コミは放置せず、丁寧に返信することが大切です。書き込んでもらった口コミに対して丁寧に返信することで、新規顧客は店舗に対してよい印象をもつことになります。返信としては、口コミを書き込んでくれたことへの感謝と、また来店を待っていることを示すような内容がいいでしょう。

ただし、ユーザーが書き込む口コミは必ずしも肯定的な内容とは限りません。中にはクレームのようなネガティブな口コミが書き込まれることもあります。否定的な口コミに対しても、誠実な対応をしましょう。

その内容が事実であれば、放置しているとまるで店舗が従業員の不手際などを改善するつもりが無いように見えてしまいます。そこで、否定的な口コミ関しては謝罪と、これからの改善策、そして口コミを書き込んでくれたことへの感謝を明らかにしましょう。

もし書き込まれた否定的な口コミが事実とは異なっていたり、ポリシーに反しているようであれば、削除申請を行うことができます。その場合は、削除してもらうよう手続きしましょう。

常に最新の状態を保つ

上記でも少し触れましたが、最新の情報を保つことはGoogleから評価されるという点でも大切です。終了したメニューやサービスを掲載したままでいると、ユーザーからのクレームに繋がってしまうかもしれません。

更新頻度としては、できれば2〜3営業日ごとに情報を発信したほうがよいでしょう。更新が止まっていると、古い情報のままだと判断されてしまいます。するとGoogleからの評価が下がり、検索順位も下がる可能性があります。

定期的に情報を発信する

そして、Googleマイビジネスには情報を投稿する機能があります。タイムリーな情報は積極的に投稿し、定期的に情報を発信するようにしましょう。期間限定のメニューや季節限定のメニューを記載するなど、最新情報をアップすることでユーザーの興味を引くことも可能です。

また、先ほども触れましたが、定期的に情報を発信することでGoogleからの評価も下がりません。イベント情報や新メニューなどがあった場合は、積極的に更新しましょう。

公式サイトのSEO対策を行う

ここまでGoogleマイビジネスに記載するコンテンツについて解説していきましたが、公式サイトの運用も大切です。知名度に関する見出しでもご説明しましたが、公式サイトで店名などの情報が記載されることで、知名度が高まります。すると、Googleマップ上で上位に店舗表示される可能性が高くなります。

さらに、公式サイトを運用すると、Googleマップではなく一般的な検索でも表示されることもあります。公式サイトはより詳しく店舗を知ってもらうことが可能なので、公式サイトを持っている場合は活用しましょう。

もし公式サイトを持っていない場合は、Googleマイビジネスから作成できる公式サイトを活用してみてはいかがでしょうか。Googleマイビジネスに登録している情報がテンプレートに反映されるので、簡単に作成できます。

公式サイトとGoogleマップの紐づけを行う

そして、公式サイトはGoogleマイビジネス上でもアクセスできるようにしておきましょう。Googleマイビジネスでは、公式サイトを設定するエリアがあります。Googleマイビジネスと公式サイトが連携することで、Googleマイビジネスから公式サイトへの誘導を促すことができます。公式サイトにはより詳しく情報を記載することができるので、積極的に紐付けを行いましょう。

多言語に対応しておく(海外のお客様向け)

店舗の中には、外国人旅行者をターゲットにしている店もあるでしょう。もしターゲットユーザーの中に外国人旅行者が含まれている場合は、Googleマップの情報もユーザーの環境に合わせた言語表示ができるようにしておきましょう。

ただし、Googleマイビジネス上では現在多言語での情報を管理する機能は存在していません。そこで、下記のようなステップで多言語に対応することになります。

①Googleの検索エンジンの言語モードを英語に設定する
②管理者アカウントでログインし、「情報の修正を提案」(Suggest an edit)から英語の店名を入力する
③情報を保存して終了

この後受付メールが配信され、審査が通れば反映されます。今回は英語で説明しましたが、その他の言語でも可能です。

SNSでサイテーションを集める

そして、SNSでのサイテーションを集めるのもMEO対策となります。サイテーションとは、自社の情報がSNSにて「引用・言及」され、別コンテンツで言及された状態のことを指しています。

このサイテーションを得ることで、検索結果に優位に働く可能性があります。先ほどの知名度とも関連がありますが、Googleマイビジネス以外のコンテンツで様々なユーザーに利用されていると、評価が高まります。そのため、SNSを上手く活用して、お店のサイテーションを増やしていきましょう。

MEOツールを利用する

そして最後に、MEO対策を行う場合は、MEOツールを利用するのも一つの方法です。というのも、MEOで上位表示させるためには、自社と競合の分析が大切だからです。MEOツールを利用すると、Googleマイビジネスで集計したデータを分析したり、自社の情報がどのようなキーワードで検索されているかが分かります。すると、今後どのような対策を打てば良いのか、考える上での判断材料になります。

また、地域ごとのGoogleマップでの検索順位や、上位表示している競合の情報をチェックできるMEOツールも存在しています。自力では収集できない情報にもなるので、MEOツールの導入はMEO対策をする上で重要です。中には詳細分析や予約投稿など便利な機能がついているものもあるので、検討してみてはいかがでしょうか。

Googleアルゴリズムは変動する

Googleアルゴリズムは変動する

最後に、SEO、MEO問わず、Googleアルゴリズムは常に変動することを覚えておきましょう。昔はキーワードの羅列だけで、上位表示できた時代がありました。また、表面上では見えないよう、ソースコードにキーワードを隠して記入しているサイトも存在していたのです。しかし今では、小手先のテクニックでは上位表示できないようになっています。

例えば、大きなアルゴリズムの変動例として「パンダアップデート」や「ペンギンアップデート」というものがありました。パンダアップデートでは品質が低いコンテンツは評価が下がるようになりました。そして、ペンギンアップデートでは、質の低い被リンクは評価しないようになりました。

このように、Googleは、Googleの使命である「世界中の情報を整理し、世界中の人がアクセスできて使えるようにすること」に近づくために常に改善しています。そのため、MEO対策を行う際は、ユーザーにとって分かりやすく、役に立ち、最新情報を提供していくことを意識していきましょう。MEO対策に取り組めば、アルゴリズムの変動に大きなダメージは受けません。

MEOにおけるアルゴリズムの対策のまとめ

MEOにおけるアルゴリズムの対策のまとめ

今回は、MEOに関するアルゴリズムや上位表示させる対策方法について紹介していきました。MEOは「ローカルSEO」とも呼ばれている施策で、Googleマップでの検索結果で上位に表示させることを期待できます。また自然検索でも優先的に表示されるので、店舗を経営している人にとっては必須の施策でもあります。

MEOは、費用対効果の高い施策なので、店舗ビジネスを展開している事業者は必ず実施すべきです。MEOで上位表示するためには、今回の記事で述べたアルゴリズムを理解が必要です。短期的に効果的な施策を実施し、成果を出すために、アルゴリズムを考慮した対策をしていきましょう。

もしアルゴリズムの理解が難しい、対策するためのリソースの確保ができない、アルゴリズムの変動についていけない場合は、お気軽にニュートラルワークスまでご相談下さい。最新のアルゴリズムを理解した上で、効果的なMEO対策を実施するMEO対策代行サービスなどもございます。些細な相談でも大丈夫ですので、いつでもお問合せ下さいませ

著者紹介

石田 哲也

石田 哲也

取締役CMO

株式会社ニュートラルワークス 取締役CMO。1984年生まれ。高校卒業後にISD株式会社にて起業。株式会社オプトにてWebマーケティングを学び、株式会社メタップスなど複数のベンチャー企業にて事業立ち上げを経験。前職はワンダープラネット株式会社にてゲームプロデューサーとしてスマホアプリゲームの制作に従事。2018年に地元の神奈川へ戻り、ニュートラルワークスにジョイン。SEO/Web広告運用/サイト分析・改善など、Webサイトの運用改善~ゲームアプリ制作や数十万フォロワーのSNSアカウントの運用経験などWebビジネス全般を守備範囲とする。

■経歴
2003年 ISD株式会社/起業
2009年 株式会社オプト/SEMコンサルタント
2011年 株式会社メタップス/シニアディレクター
2013年 ライブエイド株式会社/執行役
2016年 ワンダープラネット株式会社/プロデューサー・BizDev
2018年 株式会社ニュートラルワークス/取締役CMO

■得意領域
Webサイト改善
SEO対策
コンテンツマーケティング
リスティング広告