Web広告

最終更新日: 2024.04.01

Googleショッピング広告とは?費用の目安と始め方を解説

Googleショッピング広告とは?費用の目安と始め方を解説

Googleショッピング広告とは、Googleの検索結果に表示される広告のことです。ユーザーが入力した検索キーワードと連動しているので、その仕組みについて知っておくと、商品の認知度向上あるいは収益拡大に役立ちます。

そこでこの記事では、Googleショッピング広告の仕組みや費用の目安、出稿のメリット・デメリットを詳しく解説します。Googleショッピング広告の運用をお考えの方は、ぜひ最後までお読みください。

石田 哲也

監修者

Twitter:@te2319
株式会社ニュートラルワークス 取締役CMO。1984年生まれ。高校卒業後にISD株式会社を起業。その後、株式会社オプトでWebマーケティングを学び、株式会社メタップスなど複数のベンチャー企業にて事業立ち上げを経験。前職はワンダープラネット株式会社でゲームプロデューサーとしてスマホゲームアプリの制作に従事。2018年に地元の神奈川へ戻り、ニュートラルワークスに入社。SEO/Web広告運用/サイト分析・改善など、Webサイトの運用改善~ゲームアプリ制作や数十万フォロワーのSNSアカウントの運用経験などWebビジネス全般を守備範囲とする。

■経歴
2003年 ISD株式会社/起業
2009年 株式会社オプト/SEMコンサルタント
2011年 株式会社メタップス/シニアディレクター
2013年 ライブエイド株式会社/執行役
2016年 ワンダープラネット株式会社/プロデューサー・BizDev
2018年 株式会社ニュートラルワークス/取締役CMO

■得意領域
Webサイト改善
SEO対策
コンテンツマーケティング
リスティング広告

■保有資格
Google アナリティクス認定資格(GAIQ)
Google 広告検索認定資格
Google 広告ディスプレイ認定資格
Google 広告モバイル認定資格

QUERYY(クエリー)編集部

執筆者

株式会社ニュートラルワークス

QUERYY(クエリー)編集部

QUERYY(クエリー)は、株式会社ニュートラルワークスが運営するデジタルマーケティング情報メディアです。

Googleショッピング広告とは

Google(グーグル)ショッピング広告とは?

Googleショッピング広告とは、Googleが提供しているショッピング広告のことで、Google検索の結果画面に表示されます。

多数の商品を扱うECサイトはもちろん、特定の商品を扱う単品リピート通販でも活用できます。ECサイトで取り扱う商品の広告を掲載し、売り上げを伸ばすことがGoogleショッピング広告の目的です。

また、Googleショッピング広告はテキストだけでなく、画像や価格などのバリエーションも広告に表示できるため、購買力の高いユーザーを集めやすいのも特徴の一つです。

Googleショッピング広告の使い方については後述しますが「Merchant Center」に登録することで広告を出稿できます。

Googleショッピング広告と相性が良い商品

Googleショッピング広告はECサイトを対象としているため、基本的にはECサイトであればどのようなサイトにもおすすめできる広告です。中でも特に、検討期間が短い商品ほど購入確率が高い傾向にあります。他に、低価格帯の商品や購入サイクルが短い商品も、Googleショッピング広告に向いています。

Googleショッピング広告に掲載できない商品

Googleショッピング広告は、ECサイトを対象とした広告ではありますが、以下のような商品は掲載できません。

  • 偽造品
  • 不正行為を可能にする商品(ハッキング ソフトウェアや偽造文書など)
  • 危険度が高い商品(違法ドラッグ、爆発物や花火、タバコ関連商品など)

また、以下のような商品は配信に制限がかかる可能性があります。

  • 成人向けコンテンツ(アダルトグッズや性的内容を暗示するコンテンツなど)
  • アルコール飲料
  • 著作権で保護されたコンテンツ
  • ギャンブル関連のコンテンツ
  • ヘルスケア関連のコンテンツ(市販薬や未承認の医薬品とサプリメントなど)
  • 政治に関するコンテンツ
  • 高脂肪、高塩分、高糖分の食品および飲料

参考:ショッピング広告のポリシー|Google Merchant Center ヘルプ

Googleショッピング広告の費用目安

Googleショッピング広告が表示される場所

引用:ショッピング広告について|Google 広告 ヘルプ

Googleショッピング広告の課金方法は、クリックされた分だけ費用が発生するPPC(Pay Per Click)式です。クリック単価は商品によって相場が変わるものの、約10円〜30円が一つの目安となります。

クリック単価は、希望額を入札するオークション形式ですが、金額があまりに低い場合は表示されなくなるため調整が必要です。

Googleショッピング広告のメリット

Googleショッピング広告のメリット

Googleショッピング広告のメリットとして、主に以下の3つがあげられます。次項で詳しくみていきましょう。

  • 検索結果の上部に表示される
  • クリック単価が低い
  • 無料の掲載枠がある

検索結果の上部に表示される

Googleショッピング広告は、画像付きで検索結果画面の上部に表示されるため、ユーザーにクリックされやすいことが魅力です。スマートフォンでは特に、ファーストビュー(最初に見る画面)の大半をGoogleショッピング広告が占めます。

一度の検索に対し、複数の商品が広告として表示される場合もあるので、その場合はよりユーザーの目に付きやすくなります。

クリック単価が低い

Googleショッピング広告は、クリック単価(CPC)が低いことも魅力の一つです。ユーザーが広告をクリックしたときに課金されるため、ユーザーの画面に表示されるだけでは料金は発生しません。

また、Googleショッピング広告は競合が少ない点も特徴です。ECサイト用のWeb広告であることや、リスティング広告に比べ設定が複雑であることが原因だと考えられます。さらに、リスティング広告に比べて広告掲載枠が多いので、一つの広告枠やキーワードに対する競合性も低く上位表示されやすいです。

無料の掲載枠がある

Googleショッピング広告には無料の掲載枠があります。課金なしで広告を掲載できるGoogleショッピング広告は、Web広告の運用に慣れていない人にとって大きな魅力といえるでしょう。無料枠と有料枠を使い分ければ、費用対効果がさらに高くなるかもしれません。

Googleショッピング広告のデメリット

Googleショッピング広告のデメリット

Googleショッピング広告にはメリットがある一方でデメリットも存在します。

  • 商品情報の設定や更新に手間がかかる
  • 特定のキーワードに絞った入札ができない

商品情報の設定や更新に手間がかかる

Googleショッピング広告は「Merchant Center」に商品データを登録しなければならず、設定に手間がかかります。画像をはじめ商品の特徴などを詳細に記載する必要があるため、商品数が多いほど時間もかかります。

また、キャンペーンやセールで価格が変動したり在庫状況が変化したりすると、そのたびに登録した商品データの変更が必要となる点にも注意が必要です。

特定のキーワードに絞った入札ができない

Googleショッピング広告は、特定のキーワードに絞った入札やキーワードごとの入札単価の設定ができません。リスティング広告とは異なり、Googleが自動的に広告を表示させます。

例えば「シューズ 黒」より「ランニングシューズ 黒」というキーワードのほうが、ユーザーの検索ニーズが明確です。「ランニングシューズ 黒」に絞って入札できれば、より費用対効果の高い広告運用ができるものの、Googleショッピング広告ではこうした運用ができません。

しかしながら、最適化をGoogleに一任できるからこそ、運用しやすいという側面もあります。

Googleショッピング広告を運用する際のポイント

費用対効果を改善する広告運用のコツ

Googleショッピング広告を運用する際は、いかに費用対効果(コストパフォーマンス)を高めるかを考えることが重要です。ここでは、以下の観点からGoogleショッピング広告の費用対効果を改善するポイントについて解説します。

  • コンバージョン値を設定してROIを計測する
  • 商品情報と画像で魅力を詳細に伝える
  • 予算を決めて商品ごとに入札単価を調整する

ポイント1.コンバージョン値を設定してROIを計測する

ROIとは、投資した広告費に対して得られた利益、つまり広告のコストパフォーマンスのことです。Googleショッピング広告では、コンバージョン値のルールを設定することでショッピングキャンペーンの「ROI(費用対効果)」の測定と改善が可能です。

例えば、同じ広告費を投資したとき、商品が1,000円分売れるのと100,000円分売れるのとでは、ROIに100倍もの差が出ます。商品の原価や仕入れ価格などを考慮してROIを計測することで、広告運用の最適化が可能です。

特に、スマートショッピングキャンペーンでは、設定したコンバージョン値に応じて最適化されるので、この機能を必ず利用しましょう。

ポイント2.商品情報と画像で魅力を詳細に伝える

項目 意識すべきポイント
タイトル どのような商品かをユーザーがすぐ理解できるタイトルをつける。重要なキーワードはできるだけ最初に置く
画像 他の商品と並んだとき、自社の商品が一番魅力的にみえる画像を選ぶ
商品概要 商品の詳細や魅力に加えて、自社のECサイトの強みも記載する

Googleショッピング広告では、商品情報と画像の印象がユーザーを購買に導けるかどうかを大きく左右します。ユーザーは検索キーワードを入力して表示された多数の商品の中から、タイトル・画像・商品概要を見て「ニーズにあうか」を判断するからです。

上記のようなポイントを意識すると、魅力的なGoogleショッピング広告を出稿できるようになるでしょう。

ポイント3.予算を決めて商品ごとに入札単価を調整する

Googleショッピング広告では、キーワードごとの入札単価は決められませんが、商品ごとの入札単価は細かく調整できます。そのため、Merchant Centerに商品を登録したあとは、広告出稿の優先順位を決めることが重要です。

例えば、ECサイトの中であまり人気がない商品の広告を出稿するよりも、主力商品や人気商品のような高いコンバージョン率が見込める商品に投資するほうが、結果的にECサイトの利益は大きくなります。入札単価を上げれば、それだけ検索結果で上位に表示されやすくなります。

Googleショッピング広告の設定方法

初心者でも安心!Googleショッピング広告の設定方法

ここからは、Googleショッピング広告を出稿する手順について詳しく解説します。

1.Merchant Centerに登録する

Googleショッピング広告を出稿するにあたり、まずは「Merchant Center」の登録が必要です。Merchant Center アカウントを設定するにアクセスし「始める」をクリックすると、登録画面へ移行します。

「ビジネスの名前」「店舗の国」「タイムゾーン」をはじめ、店舗の種類や使用ツールなどを設定してください。なお、この画面で設定した内容はあとから変更できます。

次に、ナビゲーションメニューの「ツールアイコン」をクリックして「ツール」→「ビジネス情報」→「ウェブサイト」と進み、ECサイトのURLを入力しましょう。以下4ついずれかの方法で所有権を確認します。

  • HTMLタグを追加する
  • HTMLファイルをアップロードする
  • ウェブサイトをGoogleタグマネージャーに接続する
  • ウェブサイトをGoogleアナリティクスに接続する

ウェブサイトの所有権の確認が完了すると、Merchant CenterとECサイトを関連づけるための申請手続きが行えます。画面右下の「ウェブサイトを申請」をクリックしてください。

申請が認可されれば大まかな初期設定の完了です。一連の作業手順はやや煩雑なため、不明点が生じたときはショップのウェブサイトの所有権の証明と申請を行うを確認しながら、慎重に進めてください。

2.商品のデータフィードを作成する

データフィードの作成方法は複数ありますが、基本的にはGoogleスプレッドシートをおすすめします。

フィードの作成は、Merchant Centerの左側にあるメニューから「商品」をクリックして「商品フィードを作成」を選択してください。販売国や言語などを設定して、「Googleスプレッドシート」を選択すると、Googleスプレッドシートの作成画面が表示されます。

完成したデータフィードをMerchant Centerに送信すると、Googleが審査を行います。審査が完了したらGoogleショッピング広告を出稿するための準備が整います。

参考:商品データ仕様|Google Merchant Center ヘルプ

3.ショッピングキャンペーンを作成する

まずは「ツールと設定」→「リンクアカウント」→「Google Merchant Center」と進んでください。この工程を完了させると、Googleショッピング広告との連携ができるようになります。

ショッピングキャンペーンを作成するときは「新しいキャンペーンを作成」の項目でキャンペーンタイプを「ショッピング」にしてください。Merchant Centerのアカウントを指定すると、必要事項の入力画面が表示されます。ショッピングキャンペーンの各種項目の設定が終われば完了です。

参考:通常のショッピング キャンペーンを作成する|Google 広告 ヘルプ

Googleショッピング広告のまとめ

Googleショッピング広告のまとめ

Googleショッピング広告は、ECサイトで販売している商品を効果的に宣伝できるWeb広告です。検索キーワードと連動し、購買意欲の高いユーザーに対して商品の広告が適切なタイミングで表示されます。

Googleショッピング広告の運用のコツは、正確なデータフィードを登録して、魅力的な商品画像と説明を記載することです。商品情報を詳しく記載したり、主力商品に注力した入札をすることで、広告の運用効果を最大化できます。

改善を繰り返しながら、ショッピング広告を効果的に運用していきましょう。

監修者紹介

石田 哲也

石田 哲也

取締役CMO

Twitter:@te2319
株式会社ニュートラルワークス 取締役CMO。1984年生まれ。高校卒業後にISD株式会社を起業。その後、株式会社オプトでWebマーケティングを学び、株式会社メタップスなど複数のベンチャー企業にて事業立ち上げを経験。前職はワンダープラネット株式会社でゲームプロデューサーとしてスマホゲームアプリの制作に従事。2018年に地元の神奈川へ戻り、ニュートラルワークスに入社。SEO/Web広告運用/サイト分析・改善など、Webサイトの運用改善~ゲームアプリ制作や数十万フォロワーのSNSアカウントの運用経験などWebビジネス全般を守備範囲とする。

■経歴
2003年 ISD株式会社/起業
2009年 株式会社オプト/SEMコンサルタント
2011年 株式会社メタップス/シニアディレクター
2013年 ライブエイド株式会社/執行役
2016年 ワンダープラネット株式会社/プロデューサー・BizDev
2018年 株式会社ニュートラルワークス/取締役CMO

■得意領域
Webサイト改善
SEO対策
コンテンツマーケティング
リスティング広告

■保有資格
Google アナリティクス認定資格(GAIQ)
Google 広告検索認定資格
Google 広告ディスプレイ認定資格
Google 広告モバイル認定資格