SGEとは?メリットや活用法とSEOへの影響と対策まとめ

SGEとは?メリットや活用法とSEOへの影響と対策まとめ

インターネットの世界は日々進化しており、検索エンジンの最適化(SEO)はWebサイト運営者にとって永遠の課題です。新しい指標や技術が導入されるたびに、私たちはその変化に適応して行かなければなりません。

この中で「SGE」という概念が登場し、多くのWebマスターやマーケターの注目を集めています。

そこで本記事では、SGEの基本から掘り下げていきます。 SEO戦略の担当者は、ぜひ最後までご一読ください。

SGEとは

SGEとは

SGE(Search Graph Enhancement)とは、検索結果の質と関連性を高めるために開発された、最新の検索エンジン技術のことです。SGEは、検索クエリの背後にあるニーズを解析し、膨大なデータベースから最も関連性の高い情報を選択して表示することで、検索体験を向上させることが目的です。

現在、この技術は検索エンジンの能力を大きく向上させる可能性を秘めており、ユーザーにとってより有用で正確な情報を迅速に提供することが期待されています。

導入の背景

SGEの導入背景には、インターネット上での情報過多と、ユーザーの検索意図に対する正確な理解の必要性があります。近年、インターネット上には膨大な量の情報があふれており、ユーザーが求める情報を見つけることがますます困難になってきました。

この問題を解決するため、GoogleはSGEを開発しました。SGEは、検索クエリの背景にある意図を深く掘り下げ、ユーザーが本当に求めている情報を提供することを目的としています。

この技術により、検索エンジンは単にキーワードをマッチングさせるのではなく、クエリの文脈やユーザーの検索履歴など、より多くの要素を考慮して最適な検索結果を提供可能です。

Geminiとの違い

GeminiはGoogleが開発した生成AIです。主に自然言語処理と機械学習を活用して、ユーザーとの対話型検索を可能にします。一方、SGEは検索結果の質と関連性を高めることが目的です。

具体的には、Geminiはユーザーからの質問に対して直接的な回答を生成することを目指しているのに対し、SGEは検索クエリに基づいて最も適切な情報を選出し、提供することに焦点を当てています。

このため、Geminiはより対話型の検索体験を提供するのに対して、SGEは検索結果の精度と質の向上に貢献するという点で異なるでしょう。

両者はGoogleの検索技術の進化において重要な役割を果たしていますが、その目的と機能は明確に区別されています。

SGEを活用するメリット

SGEを活用するメリット

SGEを活用するメリットには、主に下記の4点があげられます。

  • 検索時間を短縮できる
  • 商品やサービスの比較が簡単になる
  • 会話形式で気軽に検索ができる
  • ローカル検索が便利になる

それぞれ解説します。

検索時間を短縮できる

SGEは、検索クエリの意図を深く理解し、そのクエリに最も関連性の高いWebページを迅速に特定できます。これにより、ユーザーは検索結果を複数ページにわたって探す必要がなくなり、目的の情報にすぐにアクセスできるようになるでしょう。

例えば、ユーザーが「健康的な朝食レシピ」を検索した場合、SGEはそのユーザーが実際に求めている内容を理解し、栄養価の高い簡単なレシピを提供するページへ直接リンクします。これは、特に情報を素早く得たいと考えている人にとって、大きなメリットです。

商品やサービスの比較が簡単になる

SGEは、様々な製品やサービスに関する広範な情報を分析し、ユーザーにとって最も有用な比較データを提示できます。これにより、ユーザーは時間をかけて各Webサイトを個別に調査することなく、短時間で必要な情報を得ることが可能です。

例えば、新しいテレビを購入しようと考えている消費者が、異なるブランドやモデルの機能と価格を比較したい場合、SGEはその消費者のニーズに最適な選択肢を簡潔にまとめて提供します。これにより、購入決定プロセスが大幅に簡略化され、ユーザーは自信を持って適切な選択ができるでしょう。

会話形式で気軽に検索ができる

SGEのもう一つの重要なメリットは、会話形式での検索が可能になることです。ユーザーは自然言語を使用して質問を投げかけることができ、SGEはその質問の意図を理解し、適切な回答を提供します。

この機能により、検索プロセスはより直感的でユーザーフレンドリーなものになり、特に技術に詳しくない人々や特定のキーワードを思い出せない場合でも、必要な情報を簡単に見つけられるでしょう。

例えば、「今週末の天気予報は?」というような質問に対して、SGEはユーザーの現在地を基にして最新の天気情報を提供するため、計画を立てるのに役立ちます。これは、情報検索のプロセスをより自然でエンゲージメントの高い体験に変えることを可能にします。

ローカル検索が便利になる

ユーザーが特定の地域に関連する情報を検索する際、SGEはその地域のデータを詳細に分析し、最も適切で有用な情報を提供します。これは、地元のビジネス、イベント、サービスを探しているユーザーにとって価値が高いです。

例えば、特定の都市で開催される文化祭に関する情報を検索する場合、SGEはそのイベントの開催日、時間、場所、参加方法などの詳細情報を含む結果を提供します。これにより、ユーザーは地元のイベントやサービスについて、より簡単かつ迅速に情報を得ることができ、コミュニティ内での体験や参加の機会を最大限に活用できます。

SGEを利用する方法

SGEを利用する方法

SGEは、Googleの検索体験を向上させるためのテスト版機能です。この機能を利用することで、より関連性の高い検索結果を得ることが可能になります。SGEをPCやスマートフォンで利用する方法をわかりやすく解説します。

PCでGoogle Chromeを利用

まずは、最新版のGoogle Chromeをインストールしましょう。ChromeはGoogleの公式Webサイトから無料でダウンロードでき、インストールも簡単に行えます。

インストール後は、以下の手順を踏みます。

  • Search Labsにアクセス: まず、Google ChromeブラウザからSearch Labsにアクセスします。Googleアカウントでログインしていない場合は、ログインが必要です。
  • SGEを有効にする:「SGEを有効にすると、検索時に表示されることがあります」というオプションを見つけ、そのボタンをONに切り替えます。
  • 同意するをクリック:利用規約のポップアップが表示されたら、「同意する」をクリックします。

これで、PCのGoogle ChromeブラウザでSGEが有効になり、検索時にその機能を利用できるようになります。

スマホでGoogleアプリを利用

まずは、Google Playストア(Android)やApp Store(iOS)からアプリをダウンロードしてください。

ダウンロード後は、以下の手順で進めていきましょう。

  • Search Labsにアクセス:スマートフォンでGoogleアプリを開き、Search Labsにアクセスします。Googleアプリがインストールされていない場合は、まずインストールが必要です。
  • SGEを有効にする:「SGEを有効にすると、検索時に表示されることがあります」というオプションを見つけ、そのボタンをONにします。

これにより、スマートフォンのGoogleアプリでもSGEを使用できるようになります。ただし、「Google Chrome」アプリではなく、「Google」アプリである点に注意が必要です。
検索意図とは?種類や調べ方、SEOでの重要性を解説 検索意図とは?種類や調べ方、SEOでの重要性を解説 効果的なSEO施策を行うためには、ユーザーニーズに応えられるサイトやコンテンツの作成が求められます。本記事では、そのために重要となるユーザーの検索意図を理解し、活用するために必要な基礎的な知識と、調べ方や応用方法について解説しています。

今後SGEで使えるようになる機能

今後SGEで使えるようになる機能

SGEでは、以下の機能が使えるようになることが予定されています。

  • Code Tips
  • Add to Sheets
  • 画像生成

それぞれ解説します。

Code Tips

「Code Tips」は、開発者やプログラマーに特化した新機能で、コーディングに関する疑問や問題を迅速に解決するためのヒントや解答を提供します。この新機能によって得られるメリットは、時間を大幅に節約できることと、コーディングの際に直面する問題を即座に解決できることです。

活用事例としては、特定のプログラミング言語での関数の使用方法や、エラーメッセージの解釈など、開発作業中に直面する一般的な課題が挙げられます。この機能を利用することで、開発者はよりスムーズにコーディング作業を進めることができ、プロジェクトの進行速度を向上させることが期待されます。

Add to Sheets

「Add to Sheets」は、検索結果を直接Google Sheetsに追加できる機能です。この機能によって得られるメリットは、データ収集や分析作業を効率化できることです。検索結果から直接データを抽出し、Google Sheetsに追加することで、ユーザーは手動でのデータ入力作業を省略でき、時間の節約につながります。

活用事例としては、市場調査や競合分析など、大量のデータを収集し、整理する必要がある場合が挙げられるでしょう。この機能を利用することで、ユーザーはデータを迅速に収集し、分析を行えるようになります。

画像生成

「画像生成」機能は、検索クエリに基づいて関連する画像を生成する機能です。この機能によって得られるメリットは、クリエイティブな作業の支援と、ビジュアルコンテンツの迅速な生成です。ユーザーが特定のテーマやキーワードをもとに画像を要求すると、AIがそれに応じた画像を生成します。

活用事例としては、Webデザイン、プレゼンテーション資料作成、ソーシャルメディアコンテンツの制作などが考えられるでしょう。この機能を利用することで、ユーザーはビジュアルコンテンツを手軽に作成し、そのプロジェクトや作業をより効率的に進めていけます。

SGEの活用方法

SGEの活用方法

現代社会において、SGEは情報検索の効率を大幅に向上させる重要なツールです。日々の生活や業務において、SGEを活用することで、情報収集からネットショッピングまで、さまざまな分野でその便利さを実感できます。以下では、SGEを利用することによる具体的な活用方法を探ります。

情報収集の効率化

SGEを利用することで、情報収集のプロセスは格段に効率化されます。SGEは、検索クエリからユーザーの意図を深く理解し、より関連性の高い情報を迅速に提供可能です。これにより、研究や学習、業務などで必要となる情報を短時間で見つけ出せるでしょう。

例えば、特定のトピックに関する最新の研究結果や、特定の業界のトレンド分析など、高度な情報を求める際にSGEを活用することで、必要な情報に素早くアクセスでき、時間を有効に活用できます。また、SGEは検索結果の精度を向上させるため、情報の質においてもユーザーを支援します。

ネットショッピングの効率化

消費者がオンラインで商品やサービスを検索する際、SGEはユーザーの検索意図を分析し、最適な商品選択肢を提示できます。これにより、ユーザーは商品の比較やレビューの確認を容易に行うことができ、より満足度の高い購入決定をすることが可能です。

例えば、特定のブランドのスニーカーを探している場合、SGEはそのブランドの最新モデル、価格帯、利用者のレビューなど、購入に役立つ情報を一覧で提供します。このように、SGEを活用することで、ネットショッピングのプロセスがスムーズになり、消費者は自分に最適な商品をより簡単に見つけられるでしょう。

SGEの注意点

SGEの注意点

SGEを利用するにあたっては、いくつかの重要な注意点があります。これらを理解し、適切に対応することで、SGEの機能を最大限に活用することができます。

Google Workspaceのアカウントでは利用できない

SGEを利用する際の一つの大きな注意点は、Google Workspaceのアカウントでは利用できないということです。この制限は、ビジネス向けのGoogle Workspaceアカウントが、SGEという新しい検索強化機能のテスト段階での利用をサポートしていないために生じます。

この利用制限の主な理由は、ビジネスアカウントでの検証中のプロダクトの使用が、セキュリティやプライバシーに関する懸念から制限されている可能性があるためです。

代替案として、個人のGoogleアカウントを使用することが推奨されます。個人アカウントでは、SGEを含むGoogle Labsのテスト機能を自由に試すことができ、新しい検索技術の恩恵を受けることが可能です。ビジネス用途でSGEを活用したい場合は、将来的にビジネスアカウントでの使用が解禁されるか、または個人アカウントを利用する形で対応する必要があります。

シークレットモードでは利用できない

もう一つの重要な注意点は、SGEはシークレットモードでのブラウジング時には利用できないことです。シークレットモードは、ユーザーがWebを閲覧する際にブラウジング履歴やダウンロード履歴を残さないように設計されています。

SGEのような検索強化機能は、ユーザーの検索履歴や活動データを分析してパーソナライズされた検索結果を提供するため、シークレットモードではその性質上利用できません。

この問題を回避するためには、SGEを使用する際には通常のブラウジングモードを利用することが必要です。パーソナライズされた検索結果を得るためには、ユーザーがGoogleアカウントにログインしていることが前提となります。

シークレットモードではなく通常モードでの利用を心がけることで、SGEの提供する検索体験の向上を享受できるでしょう。

SGE普及によるSEOへの影響

SGE普及によるSEOへの影響

SGEの登場とその普及は、検索エンジン最適化(SEO)の世界において大きな転換点となると考えられています。具体的には、以下の影響が考えられるでしょう。

  • 生成AIの回答に選ばれる必要がある
  • Webサイトの評価基準が変わる可能性がある
  • 検索流入数の減少する可能性がある

それぞれ解説します。

生成AIの回答に選ばれる必要がある

SGEの特徴は、ユーザーが求める質問に対して最適な回答を生成AIが提供することです。これにより、従来の検索結果表示とは異なるパラダイムが生まれ、コンテンツが検索結果の上位に表示されるためには、生成AIによって選ばれる必要があります。

この変化は、コンテンツの作成方法において、ユーザーの意図を深く理解し、それに応える高品質なコンテンツを提供することの重要性を一層強調するでしょう。

例えば、ユーザーが「最適なダイエット方法」を検索した場合、SGEはそのユーザーの健康状態や好み、過去の検索履歴を考慮した上で、最も適切なダイエットプランを提案するコンテンツを選択します。

このように、内容の精度とユーザーのニーズに対する適合性が、SEO戦略における中心的な要素となります。

Webサイトの評価基準が変わる可能性がある

SGEの影響により、Webサイトの評価基準にも変化が生じることが予想されます。SGEは、単にキーワードのマッチングやリンクの数を超えて、コンテンツの真の価値を測定することに重点を置きます。

これにより、コンテンツのオリジナリティ、情報の正確性、ユーザーエンゲージメントなどが新たな評価基準として加わる可能性が高いです。また、ユーザーの滞在時間やページ内の行動パターンなど、Webサイトに対するユーザーの反応も重要な評価指標となり得ます。

このような変化は、SEO戦略において、よりユーザー中心のアプローチをとることの重要性を強調し、Webサイト運営者にはより総合的なWebサイト最適化が求められるようになるでしょう。
Googleアルゴリズムを解説!アップデートの歴史と最新情報も Googleアルゴリズムを解説!アップデートの歴史と最新情報も

検索流入数の減少する可能性がある

SGEの導入と普及により、一部のWebサイトでは検索からの流入数が減少する可能性があります。

SGEがユーザーの検索意図に最も合致したコンテンツのみを選択し、提供することにより、検索結果ページに表示されるコンテンツの数が減少し、それに伴い検索結果からの流入が減少するためです。

SEOにおいて、多様なキーワードやトピックで上位表示を目指しているWebサイトにとっては大きな課題となります。そのため、コンテンツの質とユーザー体験の向上に焦点を当て、SGEが求める高品質な情報提供者となることが、Webサイトの成功に不可欠です。
Googleで上位表示させるには?SEOの仕組み、検索順位を上げる方法を解説 Googleで上位表示させるには?SEOの仕組み、検索順位を上げる方法を解説

SGE対策

SGE対策

SGEの導入は、デジタルマーケティングとSEO戦略に大きな変革をもたらしています。これに対応するためには、以下の対応が効果的です。

  • 経験や体験をした一次情報をコンテンツ化する
  • SNS以外の流入を増やしておく
  • E-E-A-Tを強化する

それぞれ解説します。

経験や体験をした一次情報をコンテンツ化する

SGEは、ユーザーが求める情報に対して、最も適切で信頼性の高い回答を提供することが目的です。このため、実体験に基づく一次情報の提供は、SGE対策の中心となります。

具体的には、自分自身の経験や体験をもとにしたコンテンツを作成し、それを通じてユーザーに価値を提供することが求められます。

例えば、製品レビューや旅行記、専門分野に関する深い分析など、実体験に基づいた詳細な情報や洞察を提供することで、SGEによる検索結果での優位性を確保可能です。

このアプローチは、コンテンツの信頼性とユーザーへの関連性を高めることにより、検索エンジンからの評価を向上させます。

SNS以外の流入を増やしておく

検索エンジンからのトラフィックに過度に依存することは、SGEの導入によってリスクを増大させます。そのため、SNS以外からの流入ルートを確保し、多様化することが重要です。

具体的には、メールマーケティングを強化する、他のWebサイトとのパートナーシップを構築する、オフラインのプロモーション活動を行うなど、さまざまな方法で直接的な訪問者を増やすことが推奨されます。

これらの施策により、Webサイトへのトラフィック源を増やし、一つのチャネルに対する依存度を減らすことで、SGEの影響によるリスクを軽減できるでしょう。
メールマーケティングとは?効果とやり方、おすすめツールも紹介 メールマーケティングとは?効果とやり方、おすすめツールも紹介

E-E-A-Tを強化する

E-E-A-T(Expertise, Experience, Authoritativeness, and Trustworthiness:専門性、経験、権威性、信頼性)の強化は、SGE時代のSEO対策において最も効果的なアプローチの一つです。

Googleは、Webサイトやコンテンツがユーザーにとってどれだけ有益か、そして信頼できる情報源から提供されているかを重視しています。このため、自分の専門分野での知識や経験を明確に示し、認証された情報源を引用すること、そしてユーザーからのポジティブなフィードバックや評価を得ることが重要です。

これにより、Webサイトの信頼性と権威性を高め、SGEによる検索結果での評価を向上させられます。
E-E-A-T(旧E-A-T)とは?SEOで重要なGoogleの評価基準を解説 E-E-A-T(旧E-A-T)とは?SEOで重要なGoogleの評価基準を解説

まずはGoogleアプリでSGEを体験しよう

まずはGoogleアプリでSGEを体験しよう

SGE(Search Graph Enhancement)とは、Googleが導入した新しい検索技術であり、ユーザーの検索意図に基づいたより精度の高い情報提供を目指しています。この革新的な技術は、特に情報収集の効率化や正確性を重視する人にとって有益です。

SGEを活用することで、必要とする情報をより迅速かつ正確に入手することが可能になり、日常生活や仕事の様々なシーンで役立つでしょう。

情報収集の質を高めたい、検索からの時間を節約したいと考えている方は、今回の記事を参考にGoogleアプリでSGEを体験してみてはいかがでしょうか。


Download

Contact

監修者紹介

石田 哲也

取締役CMO

Twitter:@te2319
株式会社ニュートラルワークス 取締役CMO。1984年生まれ。高校卒業後にISD株式会社を起業。その後、株式会社オプトでWebマーケティングを学び、株式会社メタップスなど複数のベンチャー企業にて事業立ち上げを経験。前職はワンダープラネット株式会社でゲームプロデューサーとしてスマホゲームアプリの制作に従事。2018年に地元の神奈川へ戻り、ニュートラルワークスに入社。SEO/Web広告運用/サイト分析・改善など、Webサイトの運用改善~ゲームアプリ制作や数十万フォロワーのSNSアカウントの運用経験などWebビジネス全般を守備範囲とする。

■経歴
2003年 ISD株式会社/起業
2009年 株式会社オプト/SEMコンサルタント
2011年 株式会社メタップス/シニアディレクター
2013年 ライブエイド株式会社/執行役
2016年 ワンダープラネット株式会社/プロデューサー・BizDev
2018年 株式会社ニュートラルワークス/取締役CMO

■得意領域
Webサイト改善
SEO対策
コンテンツマーケティング
リスティング広告

■保有資格
Google アナリティクス認定資格(GAIQ)
Google 広告検索認定資格
Google 広告ディスプレイ認定資格
Google 広告モバイル認定資格

SEOコンサルティング
サービス資料

本物のプロによるSEOコンサルティングでGoogleに評価されるWebサイトへ!SEOコンサルティングのサービス概要・価格等をご覧ください。