トピッククラスターとは?SEO対策における効果や作り方を解説

トピッククラスターとは?SEO対策における効果や作り方を解説

SEO対策を強化し、Webサイトの検索エンジン順位を向上させようと努力しているものの、成果が見えにくいとお悩みの方も多いのではないでしょうか。

特に、関連するトピックに対して一貫性を持たせたコンテンツを展開することの重要性に気づいていない場合、目標達成が一層難しくなります。そこで注目されているのが、「トピッククラスター」の戦略です。

本記事では、「トピッククラスター」とは何か、それがSEO対策においてどのような効果をもたらすのかについて詳しく解説します。また、トピッククラスターを効果的に作成する方法、特に向いているサイトのタイプ、効果を最大限に高めるポイントから注意点、役立つツールも紹介します。

目次

トピッククラスターとは?歴史や要素を解説

トピッククラスターとは?歴史や要素を解説

トピッククラスターとは、特定の主題(トピック)に基づいた一連のコンテンツを意図的に作成し、それらを内部リンクで結びつけることによって、検索エンジンの理解を深め、WebサイトのSEO(検索エンジン最適化)性能を高める戦略です。

トピッククラスターは、検索エンジンがより関連性の高い、質の高い情報を提供するサイトを好む現在の傾向に対応するために生み出されました。トピッククラスターモデルは、主にピラーコンテンツ(まとめ記事)とクラスターコンテンツ(個別記事)から成り立ち、これらを有効に連携させることで、特定のトピックに対する権威と見なされるようになります。

ここでは、それぞれの概要や歴史について解説します。

トピッククラスターの歴史

トピッククラスターの概念は、インターネットと検索エンジンの進化に伴って発展してきました。初期のWebでは、単一のページやキーワードの最適化が重視されていましたが、検索エンジンのアルゴリズムが進化するにつれ、より複雑で関連性の高いコンテンツの提供が求められるようになりました。

2010年代に入ると、Googleはそのアルゴリズムを更新し、ユーザーの検索意図をより深く理解し、質の高い、関連性のあるコンテンツを提供するサイトを優遇するようになりました。

これにより、トピッククラスター戦略が重要性を増し、Webサイトのコンテンツを構造的に整理し、トピックごとに権威を構築することがSEO成功のポイントとなったのです。この戦略を採用することで、サイトは特定のトピックに関する一貫性と詳細な情報を提供することができ、結果として検索エンジンによる評価が向上します。

ピラーコンテンツ(まとめ記事)

ピラーコンテンツは、トピッククラスター戦略における基盤となる要素です。これは、特定の広範囲なトピックに関する詳細で包括的なコンテンツであり、サイトの特定のセクションやテーマを代表するものとして機能します。

ピラーコンテンツの目的は、読者に価値を提供し、トピックについての深い理解を促進することです。このタイプのコンテンツは、キーワードや概念を広くカバーし、関連するクラスターコンテンツ(個別記事)への入り口として機能します。

ピラーコンテンツは、トピックに関連する質問やサブトピックを網羅的に扱うことで、サイトのそのトピックに対する権威性を構築し、検索エンジンのランキングを向上させる効果があります。

クラスターコンテンツ(個別記事)

クラスターコンテンツは、ピラーコンテンツに関連する特定のサブトピックや質問に焦点を当てた個別の記事です。これらは、ピラーコンテンツが広くカバーするトピックに対して、より詳細な情報を提供し、読者の具体的な疑問やニーズに応えます。

各クラスターコンテンツはピラーコンテンツへリンクされ、逆にピラーコンテンツからもリンクされることで、サイト内でのトピック関連性の高いネットワークを構築します。

この相互リンクの構造は、検索エンジンに対して、Webサイトが特定のトピックに関して包括的で詳細な情報源であることを示し、トピック全体の検索ランキングを向上させる効果があります。

内部リンクの構築

内部リンクは、トピッククラスター戦略において中心的な役割を果たします。これは、ピラーコンテンツとクラスターコンテンツを結びつけることで、サイト内の情報の流れを促進し、ユーザー体験を向上させるためのものです。

適切に構築された内部リンクは、検索エンジンがWebサイトの構造を理解しやすくすると同時に、特定のトピックに関するコンテンツ間での権威の伝達を促します。

このプロセスは、サイト全体のSEO効果を高めるだけでなく、ユーザーが関連するコンテンツを簡単に見つけられるようにします。その結果、ユーザー体験が向上し、サイトの滞在時間やエンゲージメントの向上にもよい影響を与えるでしょう。

内部リンクの戦略的な使用は、トピッククラスターを最大限に活用し、サイトの検索エンジンでの見え方を改善するためにも重要です。
内部リンクとは?SEO効果と内部リンクの設置方法を解説 内部リンクとは?SEO効果と内部リンクの設置方法を解説

トピッククラスターのSEO効果やメリット

トピッククラスターのSEO効果やメリット

トピッククラスター戦略の採用は、デジタルマーケティングの風景において、Webサイトの構造を再考し、そのSEOパフォーマンスを根本から改善する画期的なアプローチとして位置づけられます。

ここでは、トピッククラスターによって得られるSEO効果やメリットを解説します。

ビッグキーワードでも検索上位を狙える

ビッグキーワードの競争は激しく、多くのWebサイトがその貴重な検索結果の上位に位置するために努力しています。

トピッククラスター戦略により、このようなビッグキーワードに対しても競争力を持つことが可能です。広範囲にわたるトピックをカバーするピラーコンテンツと、それに密接に関連する多数のクラスターコンテンツを作成し、相互にリンクすることで実現できます。

例えば、「ソーシャルメディアマーケティング」というビッグキーワードに対して、Instagram、Facebook、Twitterの戦略に特化した個別のクラスターコンテンツを作成し、これらを総合ガイドとなるピラーコンテンツにリンクさせることで、Webサイト全体としてのトピックに対する権威が強化されます。

こうした戦略を進めていくことで、ビッグキーワードでも高い検索順位を獲得できるでしょう。

サイト構造が整理されてわかりやすくなる

Webサイトの構造が整理されていると、訪問者は自分が必要とする情報を迅速に見つけられます。トピッククラスター戦略によって、ピラーコンテンツを核とし、関連するクラスターコンテンツへの道が示されます。

これにより、Webサイトのナビゲーションが強化され、訪問者が求める情報に効率的にたどり着くことができます。また、この明確に定義された構造は、検索エンジンがWebサイトの各ページの役割と相互関係を理解しやすくするため、検索結果におけるWebサイトの表示精度を向上させる効果があるでしょう。

情報の網羅性が高くなる

トピッククラスター戦略を用いることで、特定のトピックに関する情報の網羅性を大幅に高められます。

ピラーコンテンツがトピックの全体像を提供し、クラスターコンテンツがより詳細なサブトピックや特定の疑問を解説することで、訪問者は一つのWebサイトで全ての必要情報を得られるでしょう。

この情報の豊富さは、訪問者にとって大きな価値を提供し、Webサイトをその分野での信頼できる権威として確立します。さらに、このアプローチは、訪問者がWebサイト内への滞在率を向上させ、Webサイトへのエンゲージメントを高める効果もあるでしょう。

記事の平均順位が全体的に改善する

トピッククラスター戦略を実施すると、各クラスターコンテンツとピラーコンテンツ間で権威が共有されるため、Webサイト全体の記事の平均順位が向上します。

この権威の共有は、検索エンジンによるWebサイトの評価を高め、トピックに関連する検索クエリでWebサイトが上位に表示される可能性を高めます。また、この高い順位は、より多くの訪問者をWebサイトに引き寄せ、トラフィックの増加にもよい影響を与えるでしょう。

ロングテールキーワードSEOを実施できる

トピッククラスター戦略により、ロングテールキーワードを効果的にターゲットできます。これは、特定のトピックや具体的なユーザーの質問に対応するクラスターコンテンツを作成することで、これらのキーワードでの検索順位を向上させることができるためです。

ロングテールキーワードは、一般に競争が少なく、より具体的な検索意図を持つユーザーを対象としているため、高いコンバージョン率を達成できるでしょう。
ロングテールキーワードとは?SEOに効果的な選び方、役立つツールを紹介 ロングテールキーワードとは?SEOに効果的な選び方、役立つツールを紹介

サイトの利便性やユーザビリティが改善する

トピッククラスター戦略は、最終的にWebサイトの全体的な利便性とユーザビリティを向上させます。内部リンクを通じて、訪問者が関連するコンテンツ間を容易に移動できるようになり、求める情報を迅速かつ容易に見つけることが可能です。

この改善されたユーザビリティは、Webサイトへの滞在時間の延長、ページビューの増加、そして再訪問率の向上をもたらし、全体的なWebサイトのパフォーマンスを高めます。さらに、整理されたサイト構造と高品質なコンテンツの提供は、検索エンジンによるWebサイトの評価を向上させ、SEO効果をさらに強化します。
ユーザビリティとは?向上のコツ、アクセシビリティとの違いを解説 ユーザビリティとは?向上のコツ、アクセシビリティとの違いを解説 この記事では、ユーザビリティに関して解説します。ユーザビリティを構成する要素やユーザビリティ改善で必要なこと、さらにはアクセシビリティの分析方法など細かく解説します。ユーザビリティをあまり理解していないという方は、必見の内容です。

トピッククラスターがあまりおすすめではないサイト

トピッククラスターがあまりおすすめではないサイト

トピッククラスター戦略は、全てのWebサイトにとって最適な戦略とは限りません。下記のような特定の条件下では、このアプローチが期待する効果を発揮しづらく、他の戦略を検討するべき場合もあります。

  • ページやコンテンツの数が少ないサイト
  • サイトのテーマが既にコアトピックになっているサイト

それぞれのサイトの特徴について解説します。

ページやコンテンツの数が少ないサイト

ページ数やコンテンツ量が少ないWebサイトでは、トピッククラスター戦略の効果が限定的になる可能性があります。

トピッククラスターは、幅広い内容をカバーするピラーコンテンツと、そのピラーコンテンツに関連する多数のクラスターコンテンツを要求します。しかし、ページ数が極端に少ない場合、これらの要素を満たすのが困難です。

例えば、ブログやポートフォリオサイトのように、特定のプロジェクトや個々の作品に焦点を当てたWebサイトでは、トピッククラスターを形成するための十分なコンテンツが提供できないかもしれません。

このようなサイトの場合、コンテンツの質を高めることや、特定のページの最適化に重点を置くなど、他のSEO戦略を探求する方が効果的です。

サイトのテーマが既にコアトピックになっているサイト

サイト全体が一つのテーマに特化している場合、トピッククラスター戦略を採用する必要がない場合があります。このようなサイトでは、既に全てのコンテンツが密接に関連しており、ピラーコンテンツとクラスターコンテンツを分けることに意味があまりありません。

例えば、特定の地域の伝統的な料理だけに焦点を当てた料理ブログや、ある特定の技術に関する深い解説を提供する技術ブログの場合、サイト全体が既に一つのコアトピックを形成しています。

これらのサイトでは、トピッククラスターよりも、各ページの詳細な情報やユーザーエクスペリエンスの向上に注力することが、より効果的なアプローチとなるでしょう。このように、サイトのテーマが狭く、全てのコンテンツが特定のテーマに集中している場合、トピッククラスター戦略の採用は最適とはいえません。

トピッククラスターを作成する手順

トピッククラスターを作成する手順

トピッククラスターは、以下の手順で作成を進めていくのがおすすめです。

1.サイトで狙うトピックを決める
2.ピラーコンテンツのキーワードを選ぶ
3.クラスターコンテンツの作成・選定する
4.ピラーコンテンツを作成する
5.内部リンクの整理・紐づけを行う

それぞれの手順を解説していきます。

①サイトで狙うトピックを決める

最初のステップでは、サイトで狙うべき中心となるトピックを決定します。この段階で重要なのは、サイトの目的やターゲットオーディエンスが関心を持ちそうな分野を選ぶことです。

例えば、健康食品を販売するWebサイトの場合、中心となるトピックは「健康食品の利点」や「自然派食品の選び方」などになります。このトピック選定に成功することで、サイト全体の方向性が定まり、後続のステップで具体的なコンテンツ戦略を立てやすくなります。

注意点としては、あまりにも広範なトピックを選択すると、コンテンツが散らかってしまう危険性があるため、サイトの目的に合致し、かつターゲットオーディエンスの関心を惹きつける具体的なトピックを選定することが大切です。

②ピラーコンテンツのキーワードを選ぶ

次に、選択したトピックに基づいて、ピラーコンテンツに含めるべきキーワードを選びます。このプロセスでは、トピックに関連した広範囲にわたるキーワードをリストアップし、その中から重要度が高いものを選定しましょう。

キーワード選定の際には、検索ボリュームや競合他社の状況を分析することが効果的です。例えば、「健康食品」トピックの場合、「オーガニック」「スーパーフード」「健康食品の選び方」などのキーワードが考えられます。

選択したキーワードは、ピラーコンテンツの作成時に重要な役割を果たし、SEOの効果を高めるための基盤となります。

③クラスターコンテンツの作成・選定する

続いて、ピラーコンテンツに関連した具体的なサブトピックをカバーするクラスターコンテンツを作成または選定します。

クラスターコンテンツは、ピラーコンテンツで扱われるトピックをさらに詳しく掘り下げることが目的です。例えば、ピラーコンテンツが「健康食品の利点」であれば、クラスターコンテンツとして「グルテンフリー製品の選び方」や「糖質制限食品のメリット」などが考えられます。

クラスターコンテンツの作成時には、ターゲットオーディエンスが実際に抱えている疑問や問題に答える形でコンテンツを構築することが重要です。

④ピラーコンテンツを作成する

ピラーコンテンツは、選定したトピックに関する包括的な情報を提供するためのものです。このコンテンツは、関連するサブトピックや質問に答え、読者に対して価値ある知識を共有する役割を持ちます。

ピラーコンテンツの作成には、選んだキーワードを適切に組み込むこと、情報が正確であること、そして読みやすい構造であることが必要です。ピラーコンテンツは、サイトの中心となるため、その質には注意を払い、読者が求める情報を網羅的にカバーするよう心がける必要があります。

⑤内部リンクの整理・紐づけを行う

最終的に、ピラーコンテンツとクラスターコンテンツ間の内部リンクを適切に設定し、サイト内のコンテンツが互いに関連付けられるようにします。

これにより、検索エンジンがサイトのコンテンツの関連性を理解しやすくなり、ユーザーも関連する情報に簡単にアクセスが可能です。内部リンクの設定では、ユーザーが自然と次の関連コンテンツに進めるように、論理的で直感的なリンク構造を心がけるとよいでしょう。

このプロセスを通じて、Webサイト全体のSEO効果が向上し、ユーザーエクスペリエンスも大きく改善されます。
内部リンクの張り方!WordPressを例に場所や注意点を解説 内部リンクの張り方!WordPressを例に場所や注意点を解説

トピッククラスターの効果を高めるポイント

https://n-works.link/blog/seo/internal-link-installation-method

トピッククラスター戦略を成功に導くためには、ただコンテンツを生産するだけでは不十分です。効果を高めるには、以下のポイントに注意が必要です。

  • 内部リンクは相互リンクで紐づける
  • 記事の構成をしっかり考える
  • 関連性の高い見出しに内部リンクを設置する

それぞれ、ポイントごとに詳しく解説します。

内部リンクは相互リンクで紐づける

内部リンクの戦略は、トピッククラスターの効果を高める上で中心的な役割を担います。特に、ピラーコンテンツとクラスターコンテンツ間の相互リンクが重要です。相互リンクとは、ピラーコンテンツがクラスターコンテンツへリンクし、またそのクラスターコンテンツからもピラーコンテンツへリンクが戻ることを意味します。

例えば、「健康的な食生活」をテーマにしたピラーコンテンツがある場合、その中から「グルテンフリー食品の選び方」や「ビーガン食品の利点」などのクラスターコンテンツへリンクし、それらのクラスターコンテンツからピラーコンテンツへリンクすることで、サイト内の情報の流れが強化されます。

相互リンクの設定により、検索エンジンはWebサイト内のコンテンツ間の関連性をより明確に認識し、トピックに関する権威として評価する傾向が高いです。ただし、注意点として、リンクは適切かつ自然に設置することが重要であり、無関係なコンテンツへの強引なリンクは避けるべきです。

記事の構成をしっかり考える

トピッククラスター内の各コンテンツは、読み手にとって価値のある情報を提供するために、構成をしっかり考えて作成する必要があります。ピラーコンテンツは、トピックの全体像を解説し、読者が基本的な理解を深められるようにするのが目的です。

一方、クラスターコンテンツは、ピラーコンテンツで紹介されたトピックの特定の側面や質問に対して、より深い情報や解答を提供します。この際、各コンテンツが読者の疑問を解決し、関連性のある情報を提供するように心がけることが大切です。

記事の構成を考える際には、導入部で読者の興味を引き、本文で詳細な情報を提供し、結論部で要点をまとめるなど、明確な構造を持たせるとよいでしょう。

関連性の高い見出しに内部リンクを設置する

ピラーコンテンツとクラスターコンテンツの相互リンクを設定する際には、リンクを設置する見出しの関連性にも注意を払わなければなりません。

リンクを設置する際には、そのリンクが提供するコンテンツが読者にとって直接的な関連性があり、価値をもたらすものであることを確認しましょう。

例えば、「ビーガン食品の利点」に関するクラスターコンテンツへのリンクは、「健康的な食生活のための食品選び」といった関連性の高いセクションや見出しの下に配置すると効果的です。

このように関連性の高い見出しにリンクを設置することで、ユーザーの興味や必要とする情報へ自然に導くことができ、WebサイトのユーザビリティとSEOの両方に好影響を与えます。

トピッククラスターを作成する際の注意点

トピッククラスターを作成する際の注意点

トピッククラスターを作成するには、以下の注意点を意識する必要があります。

  • 意味なく内部リンクを設置しすぎない
  • 簡素で質の低いコンテンツは作成しない
  • 他のトピッククラスター同士で内部リンクさせない
  • 既存記事や似ているキーワードはリライトか一記事にまとめる

それぞれ解説します。

意味なく内部リンクを設置しすぎない

内部リンクはWebサイト内のページ間の関連性を示し、検索エンジンのクローリングを助ける重要な要素です。しかし、関連性のないページに無理やり内部リンクを設置することは避けるべきです。

例えば、健康食品に関するピラーコンテンツから、全く関係のないファッションアイテムのページへのリンクを設置すると、検索エンジンはWebサイトの構造を適切に理解できず、ランキングに悪影響を及ぼす可能性があります。

内部リンクは、読者にとって自然で価値あるものに限定し、コンテンツ間の関連性を明確にするとよいでしょう。

簡素で質の低いコンテンツは作成しない

トピッククラスター戦略の成功は、高品質なコンテンツの提供に依存しています。量より質を優先し、各ピラーコンテンツおよびクラスターコンテンツは、ターゲットにとって価値のある情報を提供していくことが有効です。

簡素で質の低いコンテンツを大量に作成することは、ユーザーのエンゲージメントを下げ、検索エンジンからの信頼を損なう原因となります。高品質なコンテンツ作成には時間と労力がかかりますが、長期的なSEOの成功には不可欠です。

他のトピッククラスター同士で内部リンクさせない

各トピッククラスターは、独立した情報の集合体として機能すべきであり、異なるトピッククラスター間で無関係な内部リンクを作成するべきではありません。

トピック間で関連性が低いにも関わらずリンクを張ると、Webサイトで狙いたいトピックが曖昧になり、検索エンジンによる評価が低下する恐れがあります。トピッククラスターはそれぞれが特定の主題に特化しているため、内部リンクは同一クラスター内のコンテンツ間でのみ行うことが望ましいです。

既存記事や似ているキーワードはリライトか一記事にまとめる

トピッククラスターを作成する過程で、似ているトピックやキーワードを扱った既存の記事がある場合、これらをリライトするか、一つのコンテンツに統合することを検討しましょう。

複数の似た内容の記事が存在すると、これらが互いに競合し合うことで、いずれの記事も検索エンジンで上位に表示されにくくなってしまいます。既存のコンテンツを適切に整理し、関連性の高い情報を一つのコンテンツにまとめることで、ユーザーにとっての価値を高め、検索エンジンによる評価を向上させられるでしょう。
リライトとは?SEOを意識したリライト方法を解説 リライトとは?SEOを意識したリライト方法を解説

トピッククラスターを作成する際に役立つツール

トピッククラスターを作成する際に役立つツール

トピッククラスター戦略を実行する上で、キーワードリサーチやコンテンツの計画、そして内部リンクの構築は重要なプロセスです。

この複雑な作業を効率的に、かつ効果的に進めるためには、さまざまなツールの活用が推奨されます。これらのツールは、SEOの専門知識を有効活用し、トピッククラスター戦略の効果を最大限に引き出すためにも効果的です。

具体的には、下記の表でおすすめのツールや詳細をまとめましたので参考にしてみてください。

ツール名 提供会社 主な機能 使い方 料金体系
Googleキーワードプランナー Google LLC キーワードの検索ボリューム、競合度、関連キーワードの提案など、SEOおよびSEMキャンペーンに役立つ詳細なデータを提供します。検索トレンドを把握し、効果的なコンテンツ戦略を立てるための洞察を得ることが可能。 Google Adsアカウントにログインし、「ツールと設定」からキーワードプランナーを選択します。次に、「新しいキーワードを見つける」機能を使用してトピックに関連するキーワードのアイデアを検索、または「検索ボリュームと予測」機能で特定のキーワードの検索データを調査する。 無料(Google Adsの広告費は別途発生)
ラッコキーワード ラッコ株式会社 検索ボリューム、CPC(クリック単価)、競合度などの情報を提供するキーワードリサーチツールです。ロングテールキーワードの提案機能も備えており、より具体的なキーワード戦略の構築を支援します。 公式Webサイトにアクセスし、アカウントを作成。ダッシュボードからキーワードを検索することで、関連するデータやキーワードの提案を得ることができます。 基本機能は無料、プレミアム機能は有料プランあり
Keyword Tool Keyword Tool.io Google、YouTube、Bing、Amazonなど複数のプラットフォームに対応したキーワードリサーチツールです。特定のキーワードに基づいて関連キーワードの提案を行い、コンテンツマーケティングやSEO戦略の幅を広げます。 キーワードを入力し、対象とするプラットフォームを選択して検索。関連するキーワードの提案リストが表示され、コンテンツ戦略やキーワード選定に活用することができます。 基本使用は無料、詳細なデータアクセスは有料プラン

Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナー

引用:キーワード プランナー

Googleキーワードプランナーは、その直感的なインターフェースと、豊富なデータ提供により、トピッククラスター戦略の基盤となるキーワード選定において価値のあるツールです。

特に、競合他社が注目していない隠れたキーワードを発見したり、特定のキーワードの検索ボリュームの変動を追跡することで、コンテンツがターゲットの実際の検索行動にどれだけ合致しているかを確認できます。

また、地域別の検索データも提供されるため、地域に特化したコンテンツ戦略を立てる際にも有効です。

ラッコキーワード

ラッコキーワード

引用:ラッコキーワード

ラッコキーワードは、特にロングテールキーワードの提案機能が優れており、ニッチなトピックに対するコンテンツニーズを掘り下げるのに適しています。

これにより、より狙ったSEO戦略を展開し、競合の激しい一般的なキーワードではなく、特定のユーザー層をターゲットにしたコンテンツを作成することが可能になります。また、ラッコキーワードはユーザーインターフェースが使いやすく、初心者から上級者まで幅広く利用されています。

Keyword Tool

Keyword Tool

引用:Keyword Tool

Keyword Toolは、Googleだけでなく、YouTubeやAmazonなど複数のプラットフォームに対応しているため、異なるタイプのコンテンツに関するキーワードリサーチを一元的に行えるのが魅力的です。

これにより、Webサイトのコンテンツだけでなく、動画や商品リスティングのSEO戦略にも役立ちます。Keyword Toolの提供する豊富なデータは、トピッククラスター戦略の多角化に貢献し、Webサイトのトラフィック増加につながる潜在的なキーワードを発見する助けとなるでしょう。

トピッククラスターでSEO対策を強化しよう

本記事では、トピッククラスター戦略の基本から具体的な実行方法、そして成功へのポイントをご紹介しました。

SEOの世界は常に進化していますが、トピッククラスター戦略はその変化の中で持続的な成果をもたらすアプローチであることがわかります。

ぜひ、今回紹介したポイントやツールを活用し、Webサイトやコンテンツ戦略の充実につなげてください。


Download

Contact

監修者紹介

石田 哲也

取締役CMO

Twitter:@te2319
株式会社ニュートラルワークス 取締役CMO。1984年生まれ。高校卒業後にISD株式会社を起業。その後、株式会社オプトでWebマーケティングを学び、株式会社メタップスなど複数のベンチャー企業にて事業立ち上げを経験。前職はワンダープラネット株式会社でゲームプロデューサーとしてスマホゲームアプリの制作に従事。2018年に地元の神奈川へ戻り、ニュートラルワークスに入社。SEO/Web広告運用/サイト分析・改善など、Webサイトの運用改善~ゲームアプリ制作や数十万フォロワーのSNSアカウントの運用経験などWebビジネス全般を守備範囲とする。

■経歴
2003年 ISD株式会社/起業
2009年 株式会社オプト/SEMコンサルタント
2011年 株式会社メタップス/シニアディレクター
2013年 ライブエイド株式会社/執行役
2016年 ワンダープラネット株式会社/プロデューサー・BizDev
2018年 株式会社ニュートラルワークス/取締役CMO

■得意領域
Webサイト改善
SEO対策
コンテンツマーケティング
リスティング広告

■保有資格
Google アナリティクス認定資格(GAIQ)
Google 広告検索認定資格
Google 広告ディスプレイ認定資格
Google 広告モバイル認定資格

SEOコンサルティング
サービス資料

本物のプロによるSEOコンサルティングでGoogleに評価されるWebサイトへ!SEOコンサルティングのサービス概要・価格等をご覧ください。