SEO

最終更新日: 2021.11.18 (公開: 2021.06.30)

【2021年最新】SEOチェック無料・有料ツール35選!目的別に分けて紹介

【2021年最新】SEOチェック無料・有料ツール35選!目的別に分けて紹介

SEO対策は、コンテンツを制作して終わりではありません。

検索結果の順位に影響するSEOの項目は多岐に渡っており、自社のWebサイトが何位に表示されるかを定期的に確認する必要があります。

しかし、もちろんすべてのページを目視で確認するのは大変です。

そこで活躍するのが、SEOチェックツールです。市販のSEOチェックツールを使えば、何百ページというボリュームが数分で分析できてしまいます。

また、分析だけでなく、どこを修正すべきか改善点をピンポイントで表示してくれます。

この記事では、SEO対策を行なうときのポイントや、目的別のSEOチェックツールについて解説していきます。

▼目次

SEOチェックツールとは何か

SEOチェックツールとは何か

SEOチェックツールは、WebサイトのSEO対策に役に立つツールのことをいいます。SEOチェックツールを使えば、Webサイトを1ページ1ページチェックすることもなく、問題点や改善点を把握できます。

ツールの活用によって、人件費と工数を削減できるのはもちろん、無駄なSEO対策を行なわずに、最小限の努力で最大の結果を得ることができます。

チェックツールを使うことで、目視ではわからないシステム上の問題も発見できるので、ぜひ定期的にツールを使うことをお勧めします。

また、これらのツールを正しく使うことにより、リスティング広告の最大限の効果を引き出したり、難易度の高いキーワードでも検索結果の上位表示を狙ったりすることができます。

現在、SEO対策に関する情報は、個人ブログから専門業者のブログまで、多くの情報であふれています。

一つ一つ検証するのは、時間も工数もかかりますので、ツールを使うことにより、属人性を排除し、最大の効果が得られるような改善策を見つけていくのが得策といえるでしょう。

SEOチェックツールの種類

SEOチェックツールの種類

SEOチェックツールは、機能的に次の4つに分類されます。

  1. 検索順位チェック
  2. コンテンツ診断
  3. キーワード選定
  4. 被リンクチェック

それでは、内容を一つ一つ解説していきましょう。

検索順位チェックツール

検索順位チェックツールは、SEO対策として検索順位のチェックを、定期的、効率的に行なうためのものです。

コンテンツ診断

コンテンツ診断ツールは、HTMLタグがSEO的に有効な書き方になっているかどうかを分析、評価してくれたり、ほかのWebサイトからコピー&ペーストされたコンテンツがあるかどうかをチェックしたりするものです。

キーワード選定

キーワード選定ツールは、検索ボリュームの大きいキーワードを見つけたり、関連キーワードを探したりするツールです。有料のリスティング広告を出稿するときにも役立ちます。

被リンクチェック

被リンクチェックツールは、Webページが外部ページからリンクを貼られた場合に、そのリンク数とリンク元を調べるためのツールです。

このように、いろいろなツールがあるので、自分が調べたいニーズに合わせて使い分けるべきでしょう。ツールには無料で使用できるものもあれば、有料のものまでさまざまです。ニーズや企業規模、調査期間によっても異なりますので、まずは無料版を試してみるのが良いでしょう。

被リンクを受けるのはSEOでは重要?被リンクの調べ方と良質な被リンクを受ける方法! 被リンクを受けるのはSEOでは重要?被リンクの調べ方と良質な被リンクを受ける方法!

SEO対策を行なう上で大切なこと

SEO対策を行なう上で大切なこと

SEO対策を行なう上で大切なことは、ユーザーに対して価値のあるコンテンツを提供することです。また、ユーザーだけでなく検索エンジンにも正しく認識されるよう伝えることが重要です。これらをしっかりやっていれば、検索結果の上位に表示される可能性が高くなるでしょう。

検索結果に上位表示されるには、次の3つが大切です。

  1. ユーザーの疑問に答えるコンテンツを作る
  2. ユーザーに対して分かりやすい文章にする
  3. 検索エンジンに対して認識しやすい文章・記述にする

まずはGoogleの対策が優先

検索エンジンには、Google、Yahoo、Bingなどの種類があります。まずは、最大のシェアを持つGoogle検索で、上位表示されるような対策をしましょう。

Googleのアルゴリズムでは、ユーザーにとって価値のあるページが検索結果の上位に表示されるようになっています。ユーザーが検索した質問に対して、最も答えとしてふさわしいコンテンツ、かつユーザー満足度の高いページを制作しなければなりません。

また、たくさんの外部リンクから引用されているような信頼度の高いWebサイト、ページ内の画像にAltで説明がきっちり入っているWebサイトも高評価を得ているようです。

それでは、どのようなページGoogleに高く評価されているのでしょうか。あるキーワードを検索したときに、Googleの検索順位で上位に表示されているページが、Googleで高く評価されているページになります。

Googleの検索順位で一番上に表示されるようにするためには、今一番上に表示されているWebサイト以上に価値のある質の高いページを制作する必要があります。

「YMYL」と「E-A-T」を意識

YMYLとは、「Your Money or Your Life(お金や生活)」の略です。健康やお金、将来に大きく影響するコンテンツのことを言います。

また、金融、医療・健康、法律のほかオンラインショッピングなどの金銭取引が発生するWebサイトも該当します。これらのコンテンツを制作する場合は、専門性や質の高さが求められます。

また、信頼性も影響するため、Webサイト運営企業の知名度、ブランディングも重要です。高評価記事の目安としては、ほかのWebサイトからリンクや引用されていることも必要です。

E-A-Tは、「Expertise(専門性)」「Authoritativeness(権威性)」「Trustworthiness(信頼性)の頭文字を取ったものです。Googleでは、Webサイトのコンテンツがこの3つの要素を満たしているかどうかでWebサイトを評価しています。

逆にこの3つの要素が欠けている場合は、低品質なコンテンツとみなされます。Googleの検索品質評価ガイドラインに書かれている、E-A-Tについて解説していきましょう。

Googleが最重要視する3つの評価基準(E-A-T)

  • Expertise(専門性)
  • Authoritativeness(権威性)
  • Trustworthiness(信頼性)

Expertise(専門性)

専門性とは、テーマが統一されており、問題が解決できる、新しい情報を得る、情報が網羅されているなど、深く価値を得られる高品質なコンテンツであること。

Authoritativeness(権威性)

権威性は、信頼できる第三者から評価されているコンテンツは、価値の高いコンテンツであること。

Trustworthiness(信頼性)

信頼性は、オリジナル性が高く、コピーや模倣されたコンテンツではなく、専門家としての認知や信頼性が得られていること。

E-A-Tも、ほかのWebサイトからリンクや引用されていることが高品質の目安になります。

モバイルフレンドリーになっているか

インターネットの常時接続化が拡大するにつれて、モバイル端末からの検索や閲覧が増えてきました。Googleでも、モバイルフレンドリーなWebサイトが評価されるようになりました。

すなわち、モバイル端末でユーザビリティが低いWebサイトは、Googleの検索順位結果にも悪影響を与えます。

Googleでは、次の基準でモバイルWebサイトを評価しています。

  • モバイル端末で少ないアクションですぐに内容を見られるAMP(Accelerated Mobile Pagesの略)
  • Googleのインデックス登録とランキングで、モバイル版のコンテンツを優先的に使用しているMFI(Mobile First Indexの略)
  • 検索結果に画像や口コミの星などを表示させている

【重要】SEO対策チェックリスト

【重要】SEO対策チェックリスト

それでは、SEO対策に何が必要なのか、チェックリスト方式で解説していきます。

1.キーワード選定

コンテンツを制作するときには、キーワードを選定することが重要です。

また、SEOで上位表示を狙うには、競合の少ないキーワードを選ぶことが大切です。このとき、キーワードチェックツールを活用すれば、上位表示しやすいキーワードを、短時間で見つけることができるだけでなく、関連キーワードも発見することができます。

キーワードチェックツールは、キーワードの月間検索数、関連キーワード、難易度、入札単価などを調べることができます。

コンテンツマーケティングで成果を出すキーワード選定方法と7つのコツを総まとめ コンテンツマーケティングで成果を出すキーワード選定方法と7つのコツを総まとめ

2.内部対策(Webサイトやコンテンツ、ページをチェック)

コンテンツを制作して、公開する前に活用したいのが、コンテンツチェックツールです。コンテンツチェックツールでは、コピー&ペーストのチェックや設定したキーワードの含有率を確認できます。

競合サイトを分析しすぎた結果、競合のWebサイトコンテンツとよく似た内容、コピー&ペーストのコンテンツが多い記事になってしまいがちです。

こうしたコンテンツは、Googleから低く評価されてしまうので、検索結果の上位に表示させることができません。必ずコンテンツチェックツールを活用して、コピー&ペーストをなくすように改善しましょう。

また、適切な量のキーワードがコンテンツ内に含まれていないと、Googleに関連性の高い記事として認識してもらえなくなってしまいます。必ず執筆後にキーワードチェックツールを活用して、対象のキーワードの含有数を確認し、足りなければ追加するようにしましょう。

サイト診断ツールは、ページの表示スピードが遅くないか、リンク切れがないか、構造上の問題はないかなど、Webサイト内部構造のチェックに活用できるツールです。

Webサイトの表示速度が遅い、内部構造が整っていないと、Googleからの評価が低くなってしまうので、サイト診断ツールを定期的に活用するようにしましょう。

表示速度が1秒遅いだけで離脱率が大きく上昇してしまうので、表示速度が遅くなっている場合は、改善する必要があります。このように目的の異なるチェックツールを活用し、内部対策を行なうようにしましょう。

Google PageSpeed Insights(ページスピードインサイト)の使い方!Webサイトの表示速度のスコアを知り、改善しよう! Google PageSpeed Insights(ページスピードインサイト)の使い方!Webサイトの表示速度のスコアを知り、改善しよう!

3.外部対策(被リンクチェック)

コンテンツを公開したら、被リンクチェックツールを活用して、外部サイトからどれだけリンクされているか、引用されているかを確認するようにしましょう。

また、被リンクがある場合は、被リンク数とどこから被リンクされているかをチェックするようにしましょう。

被リンクの多い記事は質が高いと認識され、上位に表示されやすい傾向があります。また、Webサイト内で相互リンクを張ると、ユーザーがサイト内を回遊しやすくなるので、サイト内リンクもなるべく張るようにしましょう。

まったく被リンクがない状態であれば、コンテンツを見直して、ユーザーにシェアされるような高品質な情報を盛り込むように改善しましょう。

また内容の薄い低評価なWebサイトから、スパムリンクを張られていないかどうかも確認できます。

不審なWebサイトからリンクを張られているのを見つけた場合は、Googleのペナルティの対象になる場合があります。Google Search Consoleからリンクを否認するといった対策を取りましょう。

検索順位チェックツール

検索順位チェックツール

検索順位チェックツールは、Webサイトが検索結果で上から何番目に表示されるかがチェックできるものです。検索順位の変動を検知して、知らせしてくれるものもあります。

GRC

GRC

GRCは、Google、Yahoo!、Bingの検索結果の順位をチェックできる無料ツールです。GRCサイトからセットアッププログラムをダウンロード、インストールして使用できます。

検索したいキーワード、サイト名とURLを入力して使います。無料版には使用制限がありますが、有料版は項目数制限の緩和・解除ができます。

Rank Tracker

Rank Tracker

Rank Trackerは、Webサイトや検索エンジン、キーワードの追跡を無制限で行なうことができるツールです。アカウントを作成してダウンロード、インストールして無料で使用できます。Rank Trackeでできることとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • ユーザーが設定した地域に限定して追跡
  • Googleキーワードプランナーのような、ほかのキーワードリサーチツールを統合
  • ほかのツールですでにランクに入っているキーワードの分析

AmazonやDisney、Apple、Microsoft、IBMなどの世界的企業も使用しているサービスです。無料でも使用できますが、プロフェッショナル版は、年額$149。プロフェッショナル版でできることとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • プロジェクト毎の競合他社 5社
  • プロジェクトの保存(無制限)
  • SEOタスクのスケジュール
  • クリップボードへのデータのコピー

エンタープライズ版は、年額$349。エンタープライズ版でできることとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • CSVやHTMLのエクスポート
  • 競合他社10社までの保存

検索順位チェッカー

検索順位チェッカー

検索順位チェッカーは、Google、Yahoo!、Bingの検索結果の順位をチェックできる無料ツールです。ブラウザ上からチェックできるので、面倒な設定やインストールは不要です。

一度に5つのキーワードをまとめてチェックでき、PC検索の順位だけでなく、モバイル検索の順位もチェックできます。動作も比較的軽く、結果をCSVでダウンロードが可能です。

ランキングチェッカー

ランキングチェッカー

ランキングチェッカーは、Google、Yahoo!、Bingの検索結果の順位をチェックできる無料ツールです。ブラウザ上からチェックできるので、面倒な設定やインストールは不要です。

指定したキーワードに対し、Webサイトが何位に表示されているのかをチェックできます。ただし、チェックできるのは上位100位の場合のみで、それ以外の場合は「圏外」と表示されます。

ohouku.jp

ohouku.jp

ohouku.jpは、Google、Yahoo!、Bingの検索結果の順位をチェックできる無料ツールです。ブラウザ上からチェックできるので面倒な設定やインストールは不要です。

指定したキーワードに対し、Webサイトが何位に表示されているのかをチェックできます。ただし、チェックできるのは上位300位の場合のみです。チェックした履歴も表示されます。

Serposcop

Serposcop

Serposcopは、PCまたはサーバーにインストールするタイプのオープンソースのツールです。無料で使用できます。

Webサイトやキーワードを無制限に登録できるので、利便性は高いですが、日本語サポートをしていないので注意が必要です。Googleの検索順位のみサポートしています。

SEOチェキ!

SEOチェキ!

SEOチェキ!は、Webサイトのdescription、キーワード設定、H1情報、外部リンク数、内部リンク数、最終更新日時、ファイルサイズ、ページ読み込み時間がチェックできる無料ツールです。

Webサイトの内部チェックを手軽に行えます。ブラウザ上からチェックできるので、面倒な設定やインストールは不要です。

Gyro-n SEO

Gyro-n SEO

Gyro-n SEOは、Google、Yahoo!、Bingの検索結果の順位をチェックできるツールです。登録から3カ月は無料で、有料版は月額500円(税抜)。

競合サイト順位比較、ページ分析、テキスト分析、キーワードサジェスト、Google Analyticsとの連携による検索流入の分析など、本格的なSEO支援ツールです。

BULL

BULL

BULLは、インストール不要のクラウド型ツールです。Yahoo!、Google、Bingの検索順位を100位までチェックすることができます。

複数のWebサイトを管理できるため、広告代理店やコンサルティング業界で複数サイトを管理しているユーザーの利用が想定されています。月額料金は、1,150円(税込)からで、無料デモは2週間使用できます。

Nobilista

Nobilista

Nobilista(ノビリスタ)は、クラウド型のSEO検索順位チェックツールです。
主な特徴は次の通りです。

  • WebサイトURLとキーワードを登録するだけで設定完了
  • 検索順位を完全順位で毎日自動取得(インストール不要)
  • 各キーワードの検索順位が一目瞭然
  • 対象キーワードでランクイン中のURLをチェック可能
  • 共有URLの発行
  • 検索順位データをCSVダウンロード可能
  • SEO施策のメモ機能

また、料金プランはパーソナルとビジネスの2つのパターンを用意しており、月額990円から利用することができます。

キーワード選定チェックツール

キーワード選定チェックツール

Webサイトに最適なキーワードを選定する、チェックツールについて解説していきます。

Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナーは、SEO対策のキーワード調査をするときに最も有名なチェックツールです。Googleに広告を出稿する際に、キーワード調査を行なうツールですが、広告を出稿しなくても無料で利用できます。

利用するときは、Google広告アカウントを作成する必要があります。キーワードの検索をすると、月間検索ボリュームや広告入札単価をチェックができます。関連キーワードは自動で抽出されるので、作成するべきキーワードをすぐに見つけられます。

Googleキーワードプランナーとは?何ができる?キーワードプランナーの簡単な使い方を紹介! Googleキーワードプランナーとは?何ができる?キーワードプランナーの簡単な使い方を紹介!

Googleトレンド

Googleトレンド

Googleトレンドは、特定のキーワードがGoogleでどれだけ検索されているかというトレンドを、グラフで見ることができる無料ツールです。

特定の国、期間に絞ったグラフを見ることもでき、また世界中の都市や国、言語毎にどこでの検索が最も多いのか、ランキングもチェックできます。

さらにコンマで区切ることにより、複数の単語のグラフを比較することも可能です。そのキーワードに関連したニュースを見ることもでき、特に検索数が多いときに何があったのかがわかるようになっています。

ウーバーサジェスト

ウーバーサジェスト

Ubersuggestは、世界的に利用されているキーワード調査ツールで、日本でもよく使われています。調べたいキーワードに関連するサジェストワードも抽出できます。

検索窓にドメインもしくはキーワードを入力することで、関連キーワードとその検索数、広告単価などを抽出します。ドメインを入力した場合は、ドメインランクや月間流入数、トップキーワードなど、サイト情報を調べられます。

サジェストワードの検索ボリュームや、検索結果上位表示の難易度チェック、競合サイトの分析もできます。無料で使えますが、無料版は検索回数に制限があります。

グーグルサジェスト キーワード一括DLツール

グーグルサジェスト キーワード一括DLツール

グーグルサジェスト キーワード一括DLツールは、Googleのサジェスト機能で表示されるキーワード候補をcsv形式で一括ダウンロードできる無料ツールです。

Google検索以外にも、Yahoo、Bingやamazon、YouTubeなどのキーワードもサポートしています。会員にならないと、1日の検索回数は1回までです。

ラッコキーワード( 旧:関連キーワードツール( 仮名・β版 ))

ラッコキーワード( 旧:関連キーワードツール( 仮名・β版 ))

ラッコキーワードは、Google、Bing、YouTubeなどで、検索されているキーワードをチェックできるツールです。

調べたいキーワードを入れて検索すると、関連ワード、複合キーワード、サジェストワードが簡単に調査できます。また、人気動向のグラフも確認でき,Googleのリスティング広告のタイトルを考えるときにも役に立ちます。

aramakijake.jp

aramakijake.jp

aramakijake.jp(アラマキジャケ)は、指定したキーワードのGoogleとYahoo!のキーワードの月間検索ボリュームを調べることができる無料ツールです。

その検索キーワードで、検索結果の10位以内にランクインした場合の予測アクセス数も表示してくれます。競合検索数を予測するツールもあります。アカウント登録せずに使用できます。

キーワードファインダー

キーワードファインダー

キーワードファインダーは、SEOの過程で重要となるキーワード選定を支援するツール です。毎日自動取得する新しいキーワード、勝ち組キーワード、お宝キーワードなどをジャンル別に確認や、キーワード選定を効果的にすることができます。

また、Google AnalyticsとGoogle Search Consoleとも連携ができ、多角的な調査、分析ができます。7日間の「無料デモ体験」もあり、月額5万円からの有料版もあります。

ファンキーレイティング

ファンキーレイティング

ファンキーレイティング(FunkeyRating)は、指定したWebページや文章におけるキーワードの出現率をチェックできる無料ツールです。

「URLを入力」または「テキストを入力」を選択し、テキストの場合はコンテンツをコピー&ペーストして、複数のキーワードの出現率をチェックできます。

また、「ターゲットのキーワード」の出現率を1~10%まで調節できます。公開したコンテンツはもちろん、未公開のコンテンツにも使えます。

Keywordmap for SEO

Keywordmap for SEO

Keywordmap for SEOは、Googleが評価するコンテンツ要素が一目でわかるキーワードマーケティングツールです。自社・競合の流入キーワードや順位比較、集客につながるコンテンツ設計に必要なキーワードの抽出、リスティング広告やディスプレイ広告のキーワード、クリエイティブ、LPが調査分析できます。

調査分析できる分野は、SEO、リスティング広告、ディスプレイ広告、SNSです。

検索ワードの背景にあるユーザーの悩みや、興味関心などが視覚的に理解できます。UIがわかりやすいという評判もあります。

7日間の無料の試用期間があるので、興味のある方はお試しください。有料版の料金は、お問い合わせください。

rishirikonbu.jp (SEO難易度チェックツール)

rishirikonbu.jp (SEO難易度チェックツール)

rishirikonbu.jpは、特定のキーワードを入力するとそのキーワードで上位表示される難易度を表示する無料ツールです。rishirikonbu.jpには2つの機能があります。

SEO難易度チェック、関連語・候補キーワード検索数予測です。検索結果1ページ目に表示されている難易度の高いキーワードの場合、なかなか太刀打ちできないことも多いです。

まずは、ほとんどライバルのいないキーワードや、小規模なサイトしか狙っていないキーワードを攻め落とすようしっかりチェックしていきましょう。

内部対策チェックツール

内部対策チェックツール

Webサイトの構造やエラーなどをチェックする、内部対策チェックツールについて解説していきます。

Google Search Console

Google Search Console

Google Search Consoleは、Googleが提供する無料ツールで、Webサイトの掲載順位や検索トラフィックをチェックできます。Google Analyticsと連携することにより、流入検索キーワードの詳細も分析が可能です。

また、モバイル端末のユーザビリティに関するチェックもでき、Googleからの各種お知らせやエラーの報告なども、自動的に受け取れます。

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)の登録方法と使い方、アナリティクスとの連携方法 Google Search Console(グーグルサーチコンソール)の登録方法と使い方、アナリティクスとの連携方法 Webサイトの集客状況を分析する際にGoogleアナリティクスと同じくらい役立つのがGoogleサーチコンソールです。サーチコンソールへの登録方法やGoogleアナリティクスとの連携方法について、わかりやすく解説します。

MIERUCA (ミエルカ)

MIERUCA (ミエルカ)

MIERUCA (ミエルカ)は、約1,500社の利用実績があるコンテンツマーケ・オウンドメディア対策のツールです。SEOによるユーザーの流入増、オンラインで商談、問い合わせ増加のために活用できます。

SEO対策、分析、SEOの調査、管理をクラウド上で行えます。内部対策のほか、キーワードの検索ボリュームや競合のキーワード調査もできます。

月額料金は月額15万円(税抜)からで、別途初期アカウント構築費10万円(税抜)かかります。無料トライアルサービスもあります。

SEO Pack

SEO Pack

SEO Packは、入力したWebサイトとキーワードを入れると、内部SEOスコアを100点満点で採点してくれる無料ツールです。Googleガイドラインを考慮した判断基準でWebサイトを評価してくれます。

スコアの採点はブラウザ上で何度でも使用できます。SEO対策は有料で、料金プランは3カ月プランが23,940円(税込)と、6カ月プラン47,880円(税込)の2つがあります。

SEOマスター

SEOマスター

seoマスターProfessional(プロフェッショナル)は、URLとキーワードを入力すると、SEOのアドバイスを表示する有料のSEOソフトウェアです。アドバイスに従って修正を重ねると、検索エンジンに対してコンテンツが最適化されるようになります。

100以上の項目について内部要因を診断、表示されるアドバイスに従いながら、高度なSEOチューニングができます。登録ドメイン数、キーワード数に制限はありません。料金は月額35,000円(税抜)からです。

高評価

高評価

高評価は、コンテンツ内部SEO対策で重要な項目をチェックする無料ツールです。

Webページの基本情報、単語、文字数、単語数、リンク一覧、ALT情報の有無、タグ内のテキストなどが、細かく分析できます。新しいページを作成した後は、高評価でチェックすると良いでしょう。

コピー(重複)コンテンツチェックツール

コピー(重複)コンテンツチェックツール

外注業者から納品されたコンテンツに、ほかのWebサイトのコピー&ペーストのコンテンツがないかどうかをチェックするツールについて解説していきます。

CopyContentDetector

CopyContentDetector

CopyContentDetectorは、コピー&ペーストをWebブラウザ上でチェックする無料ツールです。4,000字までを無料でチェックでき、有料プランでは8,000字までをチェックできます。

文章の類似度や一致率を確認できます。また、CSVアップロード機能や、csvダウンロード機能もあります。

こぴらん

こぴらん

こぴらんは、入力フォームに文章をコピー&ペーストしてチェックをかけることで、文章を自動的に文に分解し、文章が他のWebサイトやブログなどで使用されていないかどうかを短時間でチェックできる無料ツールです。

類似数が多い場合は、コピー&ペーストである可能性が高いので、すぐに作者にフィードバックをすることができます。引用元のリンクをクリックして、元のWebページが引用可能なものかどうかもチェックできます。

chiyo-co(旧サービス名“影武者”)

chiyo-co(旧サービス名“影武者”)

chiyo-co(ちよこ)は、コピー&ペースト、類似記事を検出する無料ツールです。旧サービス名は「影武者」。従来のコピー&ペースト(主に文字列の重複を調査)に加え、文章の類似性もチェックできるようアルゴリズムを追加しました。

重複・類似箇所のハイライト表示、レーダーチャートによる比較などができます。無料プランは月間10解析までです。

コピペルナー

コピペルナー

コピペルナーは、レポートや論文などの文書ファイルを、インターネット上のWebページやほかの文書ファイルと比較し、コピー&ペーストや文章の類似度のチェックを行なうソフトウェアです。

学生がインターネット上の文章や他の文書ファイルから剽窃(ひょうせつ)を行い、レポートや論文などを作成する「コピペ」が社会問題になりました。「考える力や表現する力を養ってほしい」という願いのもとに、金沢工業大学知的財産科学研究所長の杉光一成教授が仕組みを考案し、株式会社アンクが開発しました。(特許登録済 特許第5510912号)

ソフトウェアをPCにインストールして使用します。2009年12月末の発売以来、全国の大学を中心に610校の学校、271の企業・官公庁・団体に導入されています。主な用途は次のとおりです。

  • 学校のレポートや論文のチェック
  • 企業や学会の論文チェック
  • 外部ライターの原稿チェック
  • コンサルティング会社やコンテストの文書チェック
  • 病院の電子カルテチェック

このように、学校以外の幅広い分野においても電子文書のコピペチェックツールとして利用されています。「コピペルナーV5 アカデミック 永続ユーザーライセンス」(1~4ユーザー)は、49,830円(税込)です。

sujiko.jp

sujiko.jp

sujiko.jpは、チェックしたいURLを2つ入力すると、2つのページの類似度を判定してくれるツールです。

Googleは、重複コンテンツや類似ページがあると、Webサイトの順位を低下させるアルゴリズムを採用しています。ツールの判定結果を確認し、重複コンテンツ、類似ページにならないよう改善を行いましょう。

被リンクチェックツール

被リンクチェックツール

Googleによれば、被リンクが多ければ多いほど、評価が高まり、検索結果の上位に表示させることができます。被リンクをチェックできるツールについて解説していきます。

Moz Link Explorer

Moz Link Explorer

Moz Link Explorerは、海外のSEOチェックツールとして多くの人に活用されています。Webサイト分析や、対策するべきキーワード、被リンクチェックなど総合的なSEOチェックツールとして活用できます。

有料版もありますが、無料で利用できる機能も多くあり、Link Explorerはそのひとつです。WebサイトのURLを検索にかけると、ドメインランクや月間流入総定数、被リンク数を調べることができます。

リンク元のWebサイトのタイトルやURLもチェックできるので、質の低いWebサイトからリンクの有無も確認できます。

Ahrefs Site Explorer

Ahrefs Site Explorer

Ahrefs Site Explorerは、コンテンツチェック、キーワード調査、被リンクチェックができる有料のSEOチェックツールです。

被リンクチェックツールとしてMozと同じくらい多くの方に利用されている人気ツールです。料金は月額で99ドルからとなっており、無料プランはありませんが、1週間7ドルの体験プランもあります。

Ahrefs Site Explorerには、主に3つの特長があります。

  • 競合他社がどのキーワードでランク付けされているか
  • どのページが最も検索経由のトラフィックが多いかを確認
  • 競合他社のサイトにリンクしているWebサイトを確認し、被リンクの品質を評価競合サイトが有料検索広告を掲載しているか、有料トラフィックがどこに集まっているかを確認

被リンクがされているWebサイトのタイトルやURLを抽出したり、被リンク元のドメイン数を調べたりすることができます。

Open Site Explorer

Open Site Explorer

Open Site Explorerは、Mozの提供する被リンクチェックツールです。主な機能は次のとおりです。

  • 被リンク元の調査
  • 被リンク元のページのドメインオーソリティ(DA)
  • ページオーソリティ(PA)
  • スパムスコア
  • 任意のサイトへの完全なリンク数を含む指標トータルリンク

競合の被リンク状況もわかるため、競合調査としても使えます。また、リンク切れ、スパムリンクなども見つけることができます。新規リンクと削除リンクの日付も確認できます。無料で利用できますが、アカウント登録が必要です。

競合調査チェックツール

競合調査チェックツール

Webサイトを制作するときに、競合サイトの動向は気になります。競合サイトをチェックできる競合調査チェックツールを解説します。

SimilarWeb

SimilarWeb

SimilarWebは、競合ホームページのアクセス状況や流入経路までわかる無料のSEOチェックツールです。イスラエルの企業が開発していますが、日本語にも対応もしています。

無料で利用できますが、アカウント登録が必要です。ユーザー制限の緩和された有料版もあります。競合サイトの情報は、ハッキングをしたデータを使っているわけではなく、独自クローラーで取得したデータ、クリックストリームデータで収集しています。

毎月10億以上のページをクローリングし、独自にデータを収集しています。無料版では、アクセス概要、訪問前と訪問後のサイト、検索のトラフィック、ソーシャルのトラフィック、ディスプレイ広告、訪問ユーザーの属性、競合のサイト、スマホアプリなどを見ることができます。Google Analyticsに接続することもできます。

SEMrush

SEMrush

Semrushは、全世界700万以上のユーザーが利用する、オールインワン競合分析ツールです。SEO、広告、SNSが一括管理できます。

予算の限られたフリーランス、スタートアップ、社内マーケティング担当者は、このツール一つでデジタルマーケティングをカバーすることができ、施策の戦略立案、実行に活用することができます。

競合他社のトラフィックのソース、ランキング、ソーシャルメディアの結果などを追跡できるのはもちろん、自社サイトの内部施策のエラーをモニタリングし、Webサイトの改善に役立ちます。

競合サイトの入札キーワードや広告文を分析し、費用対効果の高いキャンペーンを立案することができます。広告グループの管理、広告文作成まで一元化し運用工数を削減します。

また、競合他社の競合のSNSアカウントをトラッキングし、投稿パターンやエンゲージメントの高い投稿を分析できます。さまざまなチャネルのSNS投稿の作成も一元化し、SNS運用を効率化します。月額$119.95から利用できますが、無料トライアルもあります。

DemandMetrics

DemandMetrics

DemandMetricsは、SEOの課題や効果を可視化する大規模サイト向けの有料ツールです。一番の特長は、いろいろなデータを分かりやすく可視化できることです。

SEOに詳しくない人でも、自社サイトの評価、検索結果順位の上昇、競合に勝ったといったことが、直感的にわかりやすく可視化されます。

DemandMetrics がほかのツールと違うのは、Google AnalyticsやGoogle Search Console、FacebookなどのSNS、日本でははてなブックマークといった外部リンクなど、いろいろなデータを集めてきて、分かりやすく可視化するところです。

また、大量のキーワードモニタリングに対応できます。DemandMetricsは、大規模なWebサイトに効果があります。大規模サイトになると、全体で数百万ページもあるようなWebサイトも多く、モニタリングするキーワードも数千や数万キーワードに及びます。

DemandMetrics なら、そのような大量のデータも属人性を排して処理できます。プロフェッショナル、プレミアム、エンタープライズの3つの料金プランがあります。

料金は応相談です。利用数が一番多いのは、月額 10万円 (税抜)のプロフェッショナルプランです。アカウント全体で2,500キーワード、10サイトの管理と、競合2サイトの比較、Google Analyticsとの連携できます。いずれのプランもユーザー数の上限はなく、 2週間の無料トライアルができます。

SEOチェックツール利用時の注意点

SEOチェックツール利用時の注意点

SEOチェックツールは、SEO対策に役立つ情報を得られるツールです。自社のWebサイトの順位計測ツール、キーワード選定ツール、内部対策ツールなど、さまざまな種類があります。SEOチェックツール利用時の注意点について解説していきます。

ツールを使っても必ず成果が出るとは限らない

SEOチェックツールを導入すれば、自社のWebサイトが検索結果の上位表示されると思ってしまいがちですが、導入するだけでは上位表示されることはありません。

チェックツールは、SEO対策の改善点を表示するだけであり、取得した情報を元にWebサイトを改善しなければなりません。

Webサイトを改善すれば、上位表示される可能性は高まりますが、競合サイトとの兼ね合いもあるため、絶対に上位表示されるとは限りません。Webサイトの改善後もモニタリングを続け、PDCAを回す必要があります。

コンテンツの質にも注意を払う

Webサイトの内部施策を改善したのに、上位表示されないときは、コンテンツの内容をもう一度見直すようにしましょう。テクニカルだけに走っても、内容が悪ければユーザーに読んでもらうことはできません。

ユーザーが期待するコンテンツになるように、リライトしたり、構成内容を見直したりしてみましょう。リライトをしたら、SEOチェックツールで最終確認するとうまくいくでしょう。

SEOチェックツールのまとめ

SEOチェックツールは、SEO対策に役立つツールです。順位計測ツール、キーワード選定ツール、内部対策ツールなど、さまざまな種類があります。

無料ツールと有料ツールの違いは、主に機能制限といえるでしょう。用途、会社社規、状況に合わせて最も適したツールを選択するようにしましょう。ほとんどのツールは無料トライアルを用意しているので、いろいろ試してみるとよいでしょう。

SEOチェックツールは、検索結果の上位表示に役立つツールですが、導入しただけで自動的に上位表示されるわけではありません。チェックツールでわかった結果を分析し、Webサイトを改善するという工数が別途かかります。

このように、SEO対策には時間がかかるものであります。社内担当者が日々の業務をこなしながら、完璧なSEO対策を行なうことはなかなか難しいものがあります。

SEOチェックツールの選び方、活用方法、Webサイトの改善方法がわからないという方は、専門的なパートナー企業に相談するのも一つの手段かもしれません。

ニュートラルワークスは、さまざまな企業のSEO対策とコンテンツ制作を請け負ってきました。ご興味のある方は、ぜひニュートラルワークスにご相談ください。無料相談も行っています。

ニュートラルワークスのサイトはこちら

著者紹介

石田 哲也

石田 哲也

取締役CMO

株式会社ニュートラルワークス 取締役CMO。1984年生まれ。高校卒業後にISD株式会社にて起業。株式会社オプトにてWebマーケティングを学び、株式会社メタップスなど複数のベンチャー企業にて事業立ち上げを経験。前職はワンダープラネット株式会社にてゲームプロデューサーとしてスマホアプリゲームの制作に従事。2018年に地元の神奈川へ戻り、ニュートラルワークスにジョイン。SEO/Web広告運用/サイト分析・改善など、Webサイトの運用改善~ゲームアプリ制作や数十万フォロワーのSNSアカウントの運用経験などWebビジネス全般を守備範囲とする。

■経歴
2003年 ISD株式会社/起業
2009年 株式会社オプト/SEMコンサルタント
2011年 株式会社メタップス/シニアディレクター
2013年 ライブエイド株式会社/執行役
2016年 ワンダープラネット株式会社/プロデューサー・BizDev
2018年 株式会社ニュートラルワークス/取締役CMO

■得意領域
Webサイト改善
SEO対策
コンテンツマーケティング
リスティング広告