マーケティング

最終更新日: 2024.01.30

検索クエリとは?調べ方と検索キーワードとの違い

検索クエリとは?調べ方と検索キーワードとの違い

検索クエリは、検索エンジンで検索するユーザーの意図やニーズを反映する重要な要素です。

情報検索、ナビゲーション、トランザクションといったさまざまな形で現れ、SEO戦略や広告キャンペーン、UI/UXの改善に欠かせない情報源となります。

そこでこの記事では、検索クエリの意味と活用方法、そしてデジタルマーケティングにおける活用方法を分かりやすく解説します。

石田 哲也

監修者

Twitter:@te2319
株式会社ニュートラルワークス 取締役CMO。1984年生まれ。高校卒業後にISD株式会社を起業。その後、株式会社オプトでWebマーケティングを学び、株式会社メタップスなど複数のベンチャー企業にて事業立ち上げを経験。前職はワンダープラネット株式会社でゲームプロデューサーとしてスマホゲームアプリの制作に従事。2018年に地元の神奈川へ戻り、ニュートラルワークスに入社。SEO/Web広告運用/サイト分析・改善など、Webサイトの運用改善~ゲームアプリ制作や数十万フォロワーのSNSアカウントの運用経験などWebビジネス全般を守備範囲とする。

■経歴
2003年 ISD株式会社/起業
2009年 株式会社オプト/SEMコンサルタント
2011年 株式会社メタップス/シニアディレクター
2013年 ライブエイド株式会社/執行役
2016年 ワンダープラネット株式会社/プロデューサー・BizDev
2018年 株式会社ニュートラルワークス/取締役CMO

■得意領域
Webサイト改善
SEO対策
コンテンツマーケティング
リスティング広告

■保有資格
Google アナリティクス認定資格(GAIQ)
Google 広告検索認定資格
Google 広告ディスプレイ認定資格
Google 広告モバイル認定資格

QUERYY(クエリー)編集部

執筆者

株式会社ニュートラルワークス

QUERYY(クエリー)編集部

QUERYY(クエリー)は、株式会社ニュートラルワークスが運営するデジタルマーケティング情報メディアです。

検索クエリとは

検索クエリとはユーザーが検索窓に打つキーワードのこと

検索クエリとは、ユーザーが検索エンジンに入力する単語やフレーズのことです。

インターネット上で情報を探す際の出発点となり、ユーザーの意図やニーズを反映します。

検索クエリは大きく「情報クエリ」「ナビゲーションクエリ」「トランザクションクエリ」の三種類に分類されることが多いです。

情報クエリ(別名「Knowクエリ」「インフォメーショナルクエリ」「情報収集型クエリ」)は、特定の情報や知識を求める際に使われ、ナビゲーションクエリ(別名「Goクエリ」「案内型クエリ」)は特定のWebサイトやページに直接アクセスするために使われます。

トランザクションクエリ(別名「Doクエリ」「取引型クエリ」)は商品の購入やサービスの利用など、特定のアクションを目的としています。

これらのクエリを分析することで、ユーザーの行動や関心を理解し、効果的なSEO戦略を立てられます。
DoクエリとKnowクエリとは?検索クエリの調べ方と効果的なSEO対策 DoクエリとKnowクエリとは?検索クエリの調べ方と効果的なSEO対策 DoクエリとKnowクエリの違い、その他のGoクエリやBuyクエリ、インテントとクエリの考え方、リスティング広告やSEOへの活用方法など、効果的なSEOのためのDoクエリとKnowクエリを習得します。

検索クエリと検索キーワードとの違い

検索クエリは、例えば「東京の天気予報」や「スマートフォンの比較」など、具体的な質問や情報要求を含むことが多いです。

一方で、検索キーワードはWebサイトやコンテンツを最適化する際に重視される、特定の単語や短いフレーズです。

SEO(検索エンジン最適化)において重要な要素であり、Webページが検索結果でどのように表示されるかを左右します。

例えば「東京」や「スマートフォン」など、より一般的で広範な概念を表す言葉が含まれます。

したがって、検索クエリはユーザーの具体的な検索行動を、検索キーワードはWebコンテンツの最適化を目的とした言葉を指すという違いがあります。

検索クエリの調べ方

検索クエリの調べ方

ここでは、代表的な検索クエリの調べ方を紹介します。具体的には以下の2つです。

1.Googleサーチコンソールでの調べ方

Googleサーチコンソールを活用する

出典: Googleサーチコンソール

Googleサーチコンソールで検索クエリを確認する場合は、ホーム画面左上「検索パフォーマンス」→「検索結果」→「クエリ」タブをクリックします。

すると上記のように、検索クエリが一覧で表示されます。ここでは検索クエリのクリック数、表示回数、掲載順位が確認できます。

Googleサーチコンソールを活用する

さらに、検索クエリを一覧から選んでクリックすると、各検索クエリに関する表示率やクリック率を確認できます。

2.Googleアナリティクスでの調べ方

Googleアナリティクスで検索クエリを調べる場合は、Googleアナリティクスとサーチコンソールを連携が必要です。

Googleアナリティクスとサーチコンソールの連携設定が終わったら、Googleアナリティクスにログイン後、左メニューの「集客」>「Serach Console」>「検索クエリ」をクリックします。

すると「検索クエリ」一覧が表示され、「クリック数」「表示回数」「クリック率」「平均掲載順位」を確認できます。

検索クエリが表示されない(not set)について

「not set」と表示される主な理由
・Googleのプライバシーポリシーにより情報を直接共有しないようにしている
・Webサイトのトラッキングコードの設定ミスやリダイレクトの問題など、技術的な問題

Googleアナリティクスでは、検索クエリに「(not set)」と表示されることがあります。特定のユーザー行動やデータが正確に追跡または記録されていないことを示します。

「not set」の表示は、ユーザー行動の洞察を得るうえで障壁となることがあるため、トラッキング設定の確認や修正、プライバシーポリシーへの適応などを通じて、可能な限り問題を最小限に抑えましょう。
Googleアナリティクスのnot set、not providedとは?データの中身を見る方法 Googleアナリティクスのnot set、not providedとは?データの中身を見る方法 Googleアナリティクスのレポートをチェックしていると頻繁に(not set)、(not provided)の表示を見かけます。検索流入のキーワードを調べていると、データのかなりの割合が(not provided)となっていますよね?(not set)、(not provided)とは何なのかを紹介します。

検索クエリの(other)について

検索クエリの「(other)」とは、計測数が制限を超え「集計外」となったデータを集約した値のことです。

Googleアナリティクスには制限があり、膨大な数の検索クエリがサイトに存在すると、一部のデータは「(other)」と表示されます。

検索クエリの活用方法

検索クエリの活用方法

検索クエリは「SEO」「広告」「UI/UX」それぞれに活用方法があります。次項で詳しくみていきましょう。

  • 検索クエリをSEOに活用する
  • 検索クエリをリスティング広告作成に活用する
  • 検索クエリをUI/UX改善に活用する

1.検索クエリをSEOに活用する

検索クエリをSEOに活用するには、まずユーザーの検索行動を理解し、それに沿ったコンテンツの作成が重要です。

具体的には、検索クエリの分析を通じて「どのような言葉が頻繁に使われ、どのような情報が求められているのか」を把握します。このデータをもとに、Webサイトやブログのコンテンツを最適化し、検索エンジンでの可視性を高めます。

例えば、人気のあるクエリにあわせて記事のタイトルや本文中にキーワードを適切に配置し、ユーザーが求める情報を提供します。さらに、検索意図を深く理解することで、より関連性の高いユーザーにとって価値のあるコンテンツを作成することが可能になります。

SEOにおいては検索クエリに対応することが、検索ランキングの向上やトラフィック増加に直結するため、この活用は極めて重要です。

2.検索クエリをリスティング広告作成に活用する

検索クエリをリスティング広告作成に活用するには、まずターゲットオーディエンスがどのような検索クエリを使用しているかを分析します。

この情報は、広告キャンペーンのキーワード選定に役立ちます。例えば、特定の商品やサービスに関連する検索クエリを把握し、それらを広告のキーワードとして採用することで、関連性の高いオーディエンスにリーチできます。

さらに、検索クエリ分析を通じてユーザーの検索意図を理解し、その意図に沿った広告文を作成することが重要です。

例えば、購入意欲が高いと思われるクエリには、プロモーションや割引の情報を盛り込むことが効果的です。また、クリック率を高めるために、検索クエリに密接に関連する広告タイトルや説明文を作成することも重要です。

3.検索クエリをUI/UX改善に活用する

UI/UXとは「User Interface」「User Experience」の略称のことです。それぞれ「ユーザーの接触面」「ユーザー体験」という意味があります。

例えば、「ニキビ治療なら」というキャッチコピーをメインビジュアルに使用していたとします。しかし、検索クエリを分析すると「神奈川 ニキビ治療」というキーワードからの流入が多いことに気が付きました。

そうなると、このキーワードこそユーザーに求められているものだと理解できます。そこで、メインビジュアルのキャッチコピーにも「神奈川 ニキビ治療」というキーワードを盛り込んだほうがいいと分かるのです。キャッチコピーを「神奈川でニキビ治療なら」と変更することで、流入ユーザーとページの親和性を高められます。

このように、検索クエリをもとにUI/UXの質も高めることは、ユーザビリティの向上にもつながるのです。

検索クエリを分析する方法

検索クエリを分析する方法

検索クエリを分析する方法として、主に以下の3つがあります。

  • 検索画面のサジェストから検索クエリを分析する
  • 検索画面の「他のキーワード」から検索クエリを分析する
  • バーティカル検索から分析する

1.検索画面のサジェストから検索クエリを分析する

サジェストとは、GoogleやYahoo!などといった検索エンジンで文字を入力したとき、予測されたキーワードが表示される機能のことです。

例えば、検索窓に「ゲーム」と入力すると、「ゲーム 無料」「ゲーム センター」「ゲーム おすすめ」などといったキーワードが表示されます。これらのキーワードがサジェストです。

サジェストを分析すると、メインキーワードに対してユーザーがどのような目的で検索しているのかがみえてきます。

例えば、前述した「ゲーム」というメインキーワードを一つとっても「ゲーム 無料」「ゲーム センター」「ゲーム おすすめ」のように、いくつかのサジェストが存在しています。

それぞれ「無料でゲームをプレイしたい」「近くのゲームセンターをみつけたい」「おすすめのゲームを知りたい」などのように、目的の違いが理解できるでしょう。
サジェストとは?Google検索における機能と使い方、抽出ツールを紹介 サジェストとは?Google検索における機能と使い方、抽出ツールを紹介

2.検索画面の「他のキーワード」から検索クエリを分析する

検索画面の「他のキーワード」から検索クエリを分析する

出典:Google

「他のキーワード」とは、検索結果ページの下部に表示されるキーワードのことです。

検索窓に「ゲーム」と入力すると、「ゲーム 無料pc」「ゲーム 人気」「ゲームサイト」などのように、ゲームに関連したキーワードが表示されます。

これらは一度「ゲーム」と検索したユーザーが、満足した結果を得られなかったことで、再び検索をしたキーワードでもあります。

そのため、ある検索意図を持ったユーザーが、他のキーワードでも検索していることを考える必要があります。

3.バーティカル検索から分析する

バーティカル検索も確認する

出典:Google

バーティカル検索とは、検索エンジンの検索機能において、分野やコンテンツを限定して参照できる機能のことです。

検索結果には上記のように、いくつかのタブが設定されています。例えば「おすすめ 映画」というキーワードで検索し、「動画」というタブを選択すると以下のような画面になります。

バーティカル検索も確認する

出典:Google

一方、「ショッピング」というタブを選択すると、映画を購入できる画面に切り替わります。

ご覧のとおり、バーティカル検索ではキーワードにマッチした方法でコンテンツを表示します。また、キーワードによってバーティカル検索のカテゴリは変動します。

バーティカル検索も確認する

出典:Google

例えば、「映画 最新」で検索すると「おすすめ 映画」では表示されなかった「ニュース」というカテゴリが以下のように表示されています。

映画 最新で検索 「ニュース」というカテゴリ表示

出典:Google

そのため、キーワードを設定する際は、ユーザーがバーティカル検索を利用することを考慮して考えるといいでしょう。

例えば、ユーザーに商品を購入してもらいたい場合は「購入」「販売」などのようなショッピングに関するキーワードを盛り込みます。最新情報を発信している場合は、「最新」「最新情報」のようなニュースに関連したキーワードを盛り込むべきです。

検索意図を把握する方法

検索意図を把握する方法

検索クエリだけでは、ユーザーの検索意図を精度高く理解することは難しいです。そのため、以下のような方法でより深く検索意図を把握するようにしましょう。

実際に検索してみる

実際に検索してみる

引用:Google

例えば、「貯金 おすすめ」という検索クエリには「なるべく多く貯金ができるおすすめの方法を知りたい」のか、「貯金するのにおすすめの銀行を知りたい」のか、どちらの検索意図があるのでしょうか。

実際に検索してみると、検索結果の1ページ目にはおすすめの方法を解説した記事が6本、おすすめの銀行として金利を比較した記事が3本でした。

どちらもおすすめの方法を解説したものだということが分かります。ということは「貯金 おすすめ」での検索意図としては、おすすめの方法が知りたいのだと理解できます。

既存の記事が、検索意図に対応した情報を掲載していれば上位に表示される可能性が高いですし、反対にその情報がなければ上位に表示される可能性は下がるでしょう。

Yahoo!知恵袋を活用する

Yahoo!知恵袋を活用

引用:Yahoo!知恵袋

Yahoo!知恵袋を活用すると、より深い検索意図を把握できる場合があります。例えば、「沖縄 おすすめ」で実際に検索してみると、おすすめの観光スポットを紹介する記事が多く表示されます。さらに「Yahoo!知恵袋」で「沖縄 おすすめ」で検索してみます。

すると、おすすめの時期や安く行ける時期を知りたいという質問が2つあります。いつがベストシーズンなのか、安く旅行できる時期はいつなのか、そういった情報を知りたがっているという検索意図がみえてきます。

単におすすめの観光スポットを紹介するだけではなく、そういった情報も掲載することで、Googleの評価が高まり結果的に検索結果の上位に表示される可能性が高まるのです。
検索意図とは?種類や調べ方、SEOでの重要性を解説 検索意図とは?種類や調べ方、SEOでの重要性を解説 効果的なSEO施策を行うためには、ユーザーニーズに応えられるサイトやコンテンツの作成が求められます。本記事では、そのために重要となるユーザーの検索意図を理解し、活用するために必要な基礎的な知識と、調べ方や応用方法について解説しています。

検索クエリとは?のまとめ

検索クエリとは?のまとめ

検索クエリは、デジタルマーケティングの核心をなす要素であり「SEO」「リスティング広告」「UI/UX改善」の各領域でその力を発揮します。

SEOではユーザーの検索行動の理解とコンテンツ最適化が鍵となり、リスティング広告ではターゲットオーディエンスの行動パターンを反映したキャンペーンの設計が重要です。

また、UI/UX改善においては、検索クエリを通じてユーザーのニーズを把握し、より効果的なユーザー体験を提供します。
検索クエリを分析し、これらの情報からユーザーの真の検索意図を解明することが、デジタルマーケティング成功の鍵となるのです。

検索クエリのよくあるご質問

検索クエリとは

検索クエリとは、ユーザーが検索エンジンに入力する単語やフレーズのことです。インターネット上で情報を探す際の出発点となり、ユーザーの意図やニーズを反映します。

検索クエリと検索キーワードの違い

検索クエリは、例えば「東京の天気予報」や「スマートフォンの比較」など、具体的な質問や情報要求を含むことが多いです。一方で、検索キーワードはWebサイトやコンテンツを最適化する際に重視される、特定の単語や短いフレーズです。例えば「東京」や「スマートフォン」など、より一般的で広範な概念を表す言葉が含まれます。

監修者紹介

石田 哲也

石田 哲也

取締役CMO

Twitter:@te2319
株式会社ニュートラルワークス 取締役CMO。1984年生まれ。高校卒業後にISD株式会社を起業。その後、株式会社オプトでWebマーケティングを学び、株式会社メタップスなど複数のベンチャー企業にて事業立ち上げを経験。前職はワンダープラネット株式会社でゲームプロデューサーとしてスマホゲームアプリの制作に従事。2018年に地元の神奈川へ戻り、ニュートラルワークスに入社。SEO/Web広告運用/サイト分析・改善など、Webサイトの運用改善~ゲームアプリ制作や数十万フォロワーのSNSアカウントの運用経験などWebビジネス全般を守備範囲とする。

■経歴
2003年 ISD株式会社/起業
2009年 株式会社オプト/SEMコンサルタント
2011年 株式会社メタップス/シニアディレクター
2013年 ライブエイド株式会社/執行役
2016年 ワンダープラネット株式会社/プロデューサー・BizDev
2018年 株式会社ニュートラルワークス/取締役CMO

■得意領域
Webサイト改善
SEO対策
コンテンツマーケティング
リスティング広告

■保有資格
Google アナリティクス認定資格(GAIQ)
Google 広告検索認定資格
Google 広告ディスプレイ認定資格
Google 広告モバイル認定資格