マーケティング

最終更新日: 2022.11.11

記事作成で稼ぐ方法を初心者にもわかりやすく解説

記事作成で稼ぐ方法を初心者にもわかりやすく解説

「記事作成をする人」というのは、Webライター、ブログライターとも呼ばれ、主にWebサイトのコンテンツになる文章を作成することを仕事にしています。近年、副業やクラウドソーシングが一般的になるにつれて、記事作成の仕事に興味を持つ方も増加傾向にあります。

もちろん副業としてのみならず、本業とする人もいるほど、稼げる仕事です。とはいえ、何から始めれば良いのか分かりにくい分野でもあります。

この記事では、記事作成について、仕事を探して、経験を積み、稼ぐための方法をご紹介します

そもそも記事作成ってどんな仕事?

そもそも記事作成ってどんな仕事?

今回ご説明する記事作成とは、インターネット上に掲載するWebサイト用の記事を作成する仕事です。紙媒体に載せる記事などとは異なるため、別の仕事とされています。

記事作成は主に、WebサイトやWebメディアを運営している企業からの依頼で、目的に沿ったテーマと形式で記事を作成します。代表的な目的には以下のようなものがあります。

  • Webサイトの検索順位を上げるためにSEO対策したい
  • ECサイトの商品を紹介して魅力を伝えたい
  • 企業ブログに掲載する記事を整えてほしい
  • SNSに投稿する文章を作ってほしい

発注する企業としては、書くべきテーマや素材はそろっている場合でも、社内に記事作成の専門家はおらず、担当者を割くだけの人員もいないことがほとんどです。また、記事作成にはSEOの知識も求められます。

ゆえに、各ジャンルに詳しく、SEOにも精通しているWebライターに記事作成を依頼することで、仕事量の負担軽減が期待できます。
SEO記事は構成が大事!記事の作成方法を解説 SEO記事は構成が大事!記事の作成方法を解説

記事作成の仕事をするうえでのメリット

記事作成の仕事をするうえでのメリット

記事作成の仕事が注目されているのは、比較的始めやすく、時間や場所の制約も受けないためです。副業にも向いている記事作成の仕事のメリットを見てみましょう。

場所や時間を問わずパソコンとネット環境さえあればできる

記事作成の仕事の最大のメリットは、場所と時間の制約を受けずにできることです。時々オンラインミーティングが行われますが、クライアントとのやりとりを含め、チャットやプロジェクト管理サービスで済む場合がほとんどです。

また、依頼書や請求書もオンラインで送れ、入金も口座振込なので、実際に対面することはほとんどありません。納期や締切はありますが、企画・取材・執筆などの作業をする時間は自由です。

つまり、住んでいる場所や生活習慣によって影響を受けたり、仕事を制限されたりすることがありません。パソコンとインターネット環境があればできるため、副業として手軽に始められます

未経験でもはじめやすい

記事作成の仕事は専門性と知識の深さを問われるものばかりではなく、未経験でも受注できる案件も多数あるため、特別な機材や経験も必要ありません。他の仕事に比べると、初心者でも参入しやすい分野と言えます。

また、文章の書き方やSEO対策の方法については、ある程度は自分で調べて独学で身につけることができます。記事作成のために教室に通ったり、発注者である企業の研修を受けたりしなくても、仕事をしながら習得することも可能です。

そして、作成する記事にはさまざまな分野のものがあることも、未経験でも始めやすい理由のひとつです。金融や法律などの専門的な分野の記事作成もありますが、旅行や料理などの趣味や生活の延長にある分野の仕事もあります。

未経験でも、自分の経験や知識を活かせるジャンルの記事作成の仕事を探すことができるのも魅力的なポイントです。

記事作成の仕事をするうえでのデメリット

記事作成の仕事をするうえでのデメリット

始めやすく自由がきくことがメリットの記事作成ですが、当然ながらデメリットもあります。具体的なデメリットはどういうものでしょうか。

はじめはなかなか稼げないこともある

最大のデメリットは、始めてからしばらくは効率良く高額を稼げるようにならないことです。初心者が稼げるようになるためには経験や技術の習得が必要です。

記事作成の仕事の発注数も多い一方で、受注したいWebライターも数多くいるため、競争率が必然的に高くなります。すると、全体的に仕事の単価を低く抑えるWebライターが続々と登場し、1文字あたり0.1円といった文字単価の低い仕事も多くなります。

加えて、記事作成の仕事を始めたばかりで慣れない間は、構成を考えたり情報収集をしたりなど、文章を書くのに相当の時間がかかります。これらにかかる時間を総合して時給換算すると、非常に低いと感じてしまう場合もあります。

このような初心者の段階で起こりがちな稼げない状態を抜け出すためには、記事作成のスキルを磨くしかありません。そして、自ら単価の高い仕事を探し応募し獲得することで、稼げる仕事となります

クライアントとのやり取りがストレスになることも

記事作成の仕事は、一般的に企業(クライアント)などから発注を受けて行いますが、クライアントとのコミュニケーションは絶対に必要です。作成する記事の内容や、盛り込んでほしい要素など、さまざまな要望を受けることになりますが、相手側の担当者との相性次第では、相互の理解が難しくなります

Webライターは、一人で場所や時間も自由に働くことができる仕事です。しかしその一方で、クライアントとの交渉や、トラブルの解決なども一人で対処しなければなりません。

仕事を受注するという立場に慣れることが難しく、ストレスを感じてしまうこともあります。

記事作成で稼ぐことはできる?

記事作成で稼ぐことはできる?

記事作成の仕事は全てのWebライターが稼げるというわけではありませんが、本業として十分な金額を、あるいは副業であっても効率良く稼いでいる人もいます

現在では企業にとってWebサイトを開設し、その中でコンテンツを定期的に増やしてSEO効果を得るための運営をする企業が増加傾向にあります。これに伴い、記事作成を外注する企業も増えています。

記事作成の案件は、最近ではクラウドソーシングサービスなどでも受注者を募集しています。誰でも案件を確認することができるので、簡単な副業やお小遣い稼ぎから始めたい人にとっては有利な状況とも言えます。

ただし、簡単なブログ記事の作成や、個人の体験談などといった記事単価が安い案件が多くなっています。それらの記事ばかり作成していても、稼ぎにはつながりにくいです。

ゆえに、特定の法律に関する知識や、ある分野についての詳しい知識が必要な記事を作成する方が、単価が高く稼ぎやすいです。

そのためにも、情報収集スキルや、文章作成やSEO対策の技術を身につけることで知識を補いながら、単価の高い案件を定期的に受注するようにします。これにより、記事作成で十分に稼げる仕事となります。

初心者が記事作成を始めた場合の報酬相場はどのくらい?

初心者が記事作成を始めた場合の報酬相場はどのくらい?

報酬は案件次第なので、発注する企業や内容によりますが、記事作成の現在の傾向は、仕事を始めてすぐに効率良く高額を稼げるものではありません。専門性の高い記事作成ができる知識があれば、初心者でも稼げる案件もあります。

しかし、初心者向けの案件は一般的に、文字単価1円未満のものがほとんどです。1文字あたり0.3〜0.5円程度のものが多い傾向にあり、なかには0.1円程度のものもあります。つまり、未経験者が参入したばかりの状態では、大きく稼ぐことは難しい仕事です。

その原因は、初心者が参入しやすい環境であるからです。働ける時間や場所を制約される子育て中の主婦の方や、どのようなものでも良いので副業を経験してみたいという会社員の方は、報酬にこだわらず受注する傾向があるため、安い案件も増えるのです。

逆に言えば簡単に始められるので、ちょっとした副業や、お小遣い稼ぎのためにはちょうど良い仕事でもあります。なので最初は受注や作業の流れに慣れてから、ライティングの技術や専門知識を身につけることで、稼げるようになります

記事作成に必要なスキル

記事作成に必要なスキル

記事作成の仕事をするために必要とされる、基本的なスキルには以下のものがあります

  • SEOの知識も含めたWebライティングのスキル
  • 記事作成に必要な情報を収集するスキル
  • 記事を作成するジャンルに関する知識

また、実際に足を運んで取材することが求められる場合には、取材スキルやインタビューのスキルなども必要です。

記事作成の仕事は基本的にフリーランスとして請け負うことがほとんどなので、個人で身につけなければなりません。とはいえ、文章作成スキルやSEOの知識、記事を作成する分野に関する知識などは、個人の職務経歴や生活環境によって自然に身についているケースもあります。

ゆえに、基本的なスキルさえあれば、あとは情報収集の仕方に慣れれば幅広い分野の記事作成を受注できるようになります。作成する記事の分野について事前に深い知識を持っていることは求められないことがほとんどだからです。

記事作成の仕事と一口に言っても、発注の形や作成する記事の分野は様々なので、それぞれの案件によって必要になるスキルは異なります。その点を理解して、対応可能な仕事を受注しつつ、さらにその都度スキルを身に着けることで、仕事の幅を広げていきましょう。
Webコンテンツ制作とは?意味や流れ、必要なスキルについて解説 Webコンテンツ制作とは?意味や流れ、必要なスキルについて解説

記事作成の仕事を始める手順

記事作成の仕事を始める手順

受注経験もなく人脈もない初心者が記事作成の仕事をするには、インターネット上で案件を探し、応募して請け負うのがおすすめです。具体的な仕事を始める流れを見てみましょう。

まずは基本的な知識をつけておこう

記事作成の仕事には、文章を書く力はもちろんのこと、Webコンテンツを効率的に組み立てるテクニックやSEOの知識が必要です。そのため、全ての基本となるスキルとして、文章の書き方は自分で学んで身につけておきましょう

また、SEO対策に関する知識や、自分の興味がある分野に関する情報も、あらかじめ収集しておきます。記事作成の実務経験がなくても、できるだけスムーズに実務に入れるように、書籍やインターネットを通じて基礎知識は習得しておきましょう。

仕事探しはクラウドソーシングサービスがおすすめ

記事作成の仕事を始めるには、案件を受注することが必要です。その際、初心者や経験の少ない段階ならば、クラウドソーシングサービスで仕事を探すのがおすすめです。

「クラウドソーシングサービス」とは、多数の仕事を探している人たちに対して、仕事を依頼したい人が広く受注希望者を探すことができる、マッチングサービスの一種です。

記事作成の仕事は未経験であっても、多くの仕事から自分ができるものを選んで応募することができます。実績がない段階では発注者である企業と直接契約することは難しくても、クラウドソーシングサービスを介することで受注できるものが見つかります

代表的なクラウドソーシングサービスには以下のものが挙げられます。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • Relance
  • クラウドテック
  • yahooクラウドソーシング

クラウドソーシングサービスでは幅広い仕事を見つけることができる以外にも、多くのメリットがあります。

  • 直接取引ではなくクラウドソーシングサービスが間に入ることで、契約や金銭支払いに関するトラブルを避けられる
  • 受注前にクライアントの情報や、過去の受注者による評価を知ることができる
  • 自分が受注した仕事の内容と、発注者による評価がサービス内に蓄積されるので、実績の証明になる

もちろん、初心者であっても知り合いや本業で付き合いのある会社など、信頼できる関係性を持った人からの紹介で仕事を受注できるならば、積極的に受けることをおすすめします。クラウドソーシングサービスを利用するのと同様にトラブルに巻き込まれるリスクが少なく、直接受注できれば手数料も不要だからです。

実務経験を積みながら自己研鑽をしてスキルを磨く

クラウドソーシングサービスを介して記事作成の仕事がもらえるようになったら、実務経験を積みながら、自分でも学習することでスキルを伸ばしましょう。

仕事の実績が評価として蓄積されるとともに、少しずつ知識のあるジャンルを広げていき、さらに多くの仕事を受注できるようにしていくことが大切です。

フリーランスで記事作成の仕事を受注した場合、企業で会社員として仕事をするのとは異なり、仕事の結果だけを求めるので、教育してくれることはほとんどありません。なので、受け身では仕事は回ってきませんし、スキルも身につきにくいです。

ゆえに、記事作成の仕事の軸になるのは技術と知識です。稼げる金額を増やすためには、自己研鑽が欠かせません。

記事作成やWebライティング、SEO対策に関しては、多くの本も出ているので、体系的に学ぶことができます。また、わからないことがあればその都度インターネットで検索すれば、本を買わなくても無料でたくさんの情報が得られます。積極的に知識を吸収することを怠らないようにしましょう。

初心者が記事作成で稼ぐ際のポイントやコツ

初心者が記事作成で稼ぐ際のポイントやコツ

記事作成は誰でも始めやすい仕事ではありますが、初心者がすぐに高額を稼ぐことは難しい分野でもあります。まずは低単価でも受注して実績を積んでから、さらにステップアップを目指すのがポイントです。効率よく稼げるようになるためのコツを見てみましょう。

専門的な知識があるならアピールするとGOOD

記事作成の仕事は非常に幅広いジャンルにわたって募集されています。そして、発注者は他のWebメディアとの差別化を図るために、オリジナルの内容、わかりやすい記事を求めています

ゆえに、Webライターには専門性のある知識が求められます

  • 旅行が好きでたくさんの国に行ったことがある
  • 本業でファッションやアクセサリーに関わっている
  • 趣味でアウトドアやキャンプのノウハウを深く知っている
  • コスメや健康食品のマニアである

自分が元々知っていたことでも、これまでに仕事を通じて身につけたことでも、何かしらの専門知識があるならば、ポートフォリオやプロフィールに書いてアピールしましょう。

特定の分野の深い知識があることで、受注することができたり、報酬が上げられたりすることにもつながります。

まずは低単価の案件でコツコツ実績を積む

記事作成の世界も他の業界と同じく、初心者がいきなり高単価の仕事を受注できることはありません。仕事を始めたばかりの間は、低単価でもまずは受注できる仕事を探してコツコツこなし、実績を積むことが大切です。

特にクラウドソーシングサービスでは、誰からでも仕事の受注履歴と発注者からの評価が見られるように蓄積されていくため、自然と実績をアピールできるようになります。発注者から見て、信頼感を持って安心して仕事を任せてもらえるプロフィールを構築することを目指しましょう。

また、記事作成の仕事でどれだけ稼げるかは、案件の単価と制作できる量の掛け算で決まります。受注した仕事の単価が高くても、制作に時間がかかってしまうと稼ぎになりません。逆に、単価の低い仕事でもコンスタントに量をこなせるようになると、稼げる金額は増えます。

単価と量をバランスよく伸ばしていけるように意識して、多くの仕事をこなせるようにしましょう。

本格的に続けるなら設備を整えるのがおすすめ

記事作成の仕事はパソコン1台とインターネット環境さえあれば始められます。しかし、しっかり稼ぐため、本格的にプロとして続けるためには、作業効率を高められる設備を整えることがおすすめです。

タイピングしやすいキーボード、画面の大きいモニタ、性能の良いPCなどを揃えましょう。処理速度が上がるためストレスなく仕事ができるだけでなく、結果的に受注できる仕事量も増えるので、より多く稼げるようにもなれます。また、Webライターに多い目の疲労、肩や腰の痛みに悩まされることも減ります。

仕事のための設備を整えるのは、より多く稼ぐための投資でもあり、身心ともに健康でいるためのメンテナンス費用でもあります。もし記事作成の仕事を始めてみて、ある程度続けた後、本格的に継続していけると思ったら、作業環境について検討してみると良いでしょう。

記事作成で稼ぐ方法まとめ

記事作成で稼ぐ方法まとめ

記事作成は、場所や時間の制約を受けることなく、パソコンとインターネット環境さえあれば誰でも始められる、参入障壁の低さが魅力の仕事です。また、案件が非常に多いため、自分がわかる分野を探して受注することもできます。

しかし、初心者のうちは単価の低い案件しか受注できず、なかなか効率よく高額を稼ぐことはできないでしょう。コツコツと実績を作るとともに、ライティングの技術と知識を広く深く身につけていくことが大切です。自己研鑽を続ければ、次第に稼げるようになっていきます。

監修者紹介

山崎盛哉

山崎盛哉

コンテンツディレクター

1973年生まれ。編集プロダクション、業界誌記者、出版社勤務などを経て、大手小売業グループのハウスエージェンシー、コンテンツマーケティング会社でコンテンツディレクターとして勤務。2021年よりニュートラルワークスへジョイン。
20年超にわたる編集経験を活かしたコンテンツ制作が得意領域。