Web広告

最終更新日: 2022.07.15

Google広告認定資格とは?難易度や取得のメリット、注意点を解説

Google広告認定資格とは?難易度や取得のメリット、注意点を解説

Google広告認定資格を持っていると実際にどんなメリットがあるのか、受験は難しいのか?などの疑問を抱く人は少なくありません。

そこでこの記事では、Google広告認定資格について難易度やメリットを紹介します。この記事を読めば、Google広告認定資格について理解でき、自分が受けるべきかどうか判断ができるでしょう。Google広告認定試験について気になっている人は、ぜひ最後までお読みください。

Google広告認定資格とは?

Google広告認定資格とは?

Google広告認定資格とは、文字通りGoogle広告に関する資格のことGoogleが発表している「Google 広告の認定資格について」によると、以下のように記されています。

Google 広告の認定資格は、Google 広告に関する基礎および上級レベルの知識を持った個人に Google が授与するプロフェッショナルの認定基準です。

そしてGoogle広告認定資格を持っていると、「Google に認められたオンライン広告のエキスパートであること」を証明できると公言されています。

Google広告認定資格の種類

Google広告認定資格の種類

Google広告認定資格には、以下のように6科目があります。

証明できること 習得できる技能
検索広告 Google 検索キャンペーンを作成し、最適化する方法を習熟していること スマート自動入札、オーディエンス ソリューションなどの自動化ソリューションを利用して、特定のマーケティング目標達成のためにキャンペーンの成果を上げる技能
ディスプレイ広告 Google ディスプレイ広告への投資によって最大限の成果を得るために必要な専門知識があること 効果的なディスプレイ広告の戦略を立案してキャンペーンを作成し、特定のマーケティング目標を達成する技能
動画広告 YouTube と Google の動画広告ソリューションで成果を得るための技能 YouTube で効果的なストーリーを展開し、購入経路の全段階で見込み顧客にリーチする方法
ショッピング広告 ショッピング広告を使用し、最適化する方法の習熟 リーチとコンバージョンを最大化するショッピング キャンペーンを作成し、最適化するための知識
Google広告アプリ Google アプリ キャンペーンを作成してビジネスを促進する方法に習熟していること キャンペーン作成に関する基礎と高度な最適化戦略の理解
Google広告測定 Google の測定ソリューションを使用して、デジタル広告のパフォーマンスを測定、最適化できること 重要な指標を理解しており、主要なインサイトを活かして Google 広告のパフォーマンスを高め、ビジネスの成長につなげる技能

このようにGoogle広告認定資格と一口に言っても、証明できる内容や習得できる技能が異なります。そのため、今取り組んでいる事業やビジョンに合わせて、取得する資格を選ぶ必要があります。

Google広告認定資格の難易度はそこまで高くない

Google広告認定資格の難易度はそこまで高くない

Google広告認定資格の難易度については、そこまで高くないと言われています。もちろん難易度は人によって感じ方が異なります。

しかし、日常的に業務として扱っている人であれば、難しくないと感じるようです。また、資格取得のために勉強をすれば、さほど難しくはありません。対策として、過去問を実際の試験時間で解いてみると良いでしょう。

資格は1年間有効!期限が切れたら再度受験が必要

資格は1年間有効!期限が切れたら再度受験が必要

Google広告認定資格は1年間のみ有効です。そのため、期限が切れたら再試験が必要になります。もし再受験に合格できないと、Google広告認定資格を保有していることを名乗れません。

1回目の受験の際は、しっかりと勉強していたとしても、1年間なにもしなければ身につけた知識も忘れてしまうでしょう。Google広告認定資格には期限があることから、定期的に勉強するつもりで受験する必要があります。

Google広告認定資格を取得するメリット

Google広告認定資格を取得するメリット

Google広告認定資格を取得すると、以下のようなメリットを得られます。

  • Google広告に関する専門知識をアピールできる
  • 履歴書に記載ができる
  • 所属する会社がGoogle Partnersになる際のサポートができる
  • 試験の度に最新情報が学べる

ここからは、それぞれのメリットについて解説していきます。

メリット1.Google広告に関する専門知識をアピールできる

Google広告認定資格を取得して得られる大きなメリットは、やはり知識をもっていることをアピールできる点です。どのビジネスにも共通しますが、どんな担当者に仕事を依頼するかどうかは、実績や資格によって判断されることが多いです。

そこでGoogle広告認定資格を持っていると、事実として専門知識があることを証明できます。こうして資格を持っていると、クライアントに適切な提案を持ちかけることができるのです。ちなみにGoogle広告認定資格に合格すると、自身の名前が入った認定資格証明書が発行されます。

メリット2.履歴書に記載ができる

Google広告認定資格を持っていると、転職する際に記載する履歴書に記載ができます。転職先にもよりますが、募集要項とマッチしている場合は、専門知識があることをアピールできるでしょう。

またもし、募集要項との関連性が低いとしても、Google公式の資格であることから印象が悪くなることはないと考えられます。

メリット3.所属する会社がGoogle Partnersになる際のサポートができる

Google広告認定資格を取得すると、Google Partnersになる際のサポートができます。もし、あなたの勤務先やクライアントがGoogle Partnersになりたいと考えている場合に役立つメリットとなるでしょう。Google Partnersについては次項で解説します。

Google Partnersバッジとは?

Google Partnersバッジとは、Google広告に関する専門的な知識があると認められた代理店に贈られるものです。そもそもGoogle Partnerは、Google広告の正規代理店のことで、Google Partnersバッジを持っていると、Google広告に関する知識を所有していることをアピールできます。

ただし、Google Partnersバッジは認定資格とは異なります。認定資格は個人が取得するものであるのに対し、Google Partnersバッジは広告代理店が取得するものだからです。

メリット4.試験の度に最新情報が学べる

業務でGoogle広告に携わっている方は、試験の度に最新情報が学べることも大きなメリットとなるでしょう。IT業界は技術やトレンドの入れ替わりが激しいです。意識して情報を取り入れていないと、最新情報を手に入れることは厳しいかもしれません。

ですがGoogle広告認定資格のために勉強していれば、自然と最新情報を学べます。クライアントにも新しい情報を交えながら交渉できるため、印象も良くなるはずです。

Google広告認定資格を取得する方法

Google広告認定資格を取得する方法

Google広告認定資格を取得する際は、以下の手順で進めていきます。

  1. Googleアカウントを取得する
  2. スキルショップを選択する
  3. Google広告の認定資格を選択する
  4. 取得したい認定資格を選択する
  5. テストを受験する

ここからは、それぞれの手順について詳しく解説していきます。

Googleアカウントを取得する

Googleアカウントを取得する

出典:Google

Google広告認定資格を取得するには、Google アカウントが必要です。Googleアカウントを持っていない方は、Google アカウントの作成からアカウントを取得してください。

スキルショップを選択する

スキルショップを選択する

出典:Google広告

Googleアカウントを取得したら、Google広告のトップページにアクセスします。スキルショップを開く必要があるので、フッターメニューまでスクロールしましょう。

スキルショップを開く

出典:Google広告

フッターメニューから「スキルショップ」を選択してクリックします。

Google広告の認定資格を選択する

Google広告の認定資格を選択する

出典:Google広告

スキルショップにはいくつかのコンテンツが掲載されています。ここでは「Google広告の認定資格」をクリックしましょう。

取得したい認定資格を選択する

取得したい認定資格を選択する

出典:Google広告

資格は6種類あり、それぞれ内容や難易度が記載されています。ここからは興味のある資格を選択してください。

テストを受験する

テストを受験する

出典:Google広告

資格を選択すると、その資格の内容や理解度チェックが記載されています。確認して問題ないようでしたら、テストを受験してください。

勉強にはGoogleが提供する学習コンテンツが使用可能

勉強にはGoogleが提供する学習コンテンツが使用可能

出典:Google広告

Google広告認定資格を受験するために勉強する場合は、Googleが提供している理解度チェックという学習コンテンツを使用できます。理解度チェックとは、Google広告のテストページに設置されているコンテンツのことです。これを用いることで、どれくらい理解できているのかを客観的に判断できます。

このコンテンツは、資格の種類ごとに存在しています。必要な時間も掲載されているため、計画にも組み込みやすいでしょう。テストを受験する前に、ぜひ利用してみてください。

Google広告認定資格試験を受けるうえで知っておきたいこと

Google広告認定資格試験を受けるうえで知っておきたいこと

Google広告認定資格を受験する前に以下2つのポイントをおさえておきましょう。

  • 何回でも挑戦できる
  • 一度解答した問題には戻れない

1つ目のポイントは、何回でも挑戦できることです。一般的な資格は受験料が高かったり、再受験までに期間を開けなければならなかったりします。しかしGoogle広告認定資格は受験料が無料なうえに、回数制限がありません。そのため、失敗したとしても何回でもやり直せるのです。

そして2つ目のポイントは、一度解答した問題には戻れないことです。Google広告認定資格のテストは何回でも挑戦できる反面、1回のテストで回答を解き直すことはできないため、この点を留意しながら回答する必要があります。

Google Analyticsも一緒に学ぶのがおすすめ

Google Analyticsも一緒に学ぶのがおすすめ

Google広告認定資格の取得を考えている方には、Google Analyticsも一緒に学ぶことをおすすめします。Google Analyticsとは、Googleが提供しているアクセス解析ツールです。

Google Analyticsの学習をおすすめする理由は、Google広告をうまく運用するにはGoogle Analyticsとの連携が欠かせないからです。

Google Analyticsではどんな属性のユーザーが広告にアクセスし、どんな行動をとったのかが分析できます。広告を運用していくにはGoogle Analyticsも学んでおかないと実務では使えません。

Google広告認定資格は取得がゴールなのではなく、取得した知識を業務に活用することが重要です。業務効率を上げるためにも、ぜひGoogle Analyticsも学んでみてください。

アクセス解析とは?分析方法、課題を見つけるコツを解説 アクセス解析とは?分析方法、課題を見つけるコツを解説 Webマーケティングに携わる人にとってアクセス解析は避けて通れない業務です。でも、なぜアクセス解析が重要なのか、ちゃんと理解して分析していますか?アクセス解析の重要性と分析方法、ポイントについて基本的なところからご紹介します。

Google広告認定資格のまとめ

Google広告認定資格のまとめ

Google広告認定資格を持っていると、「Google広告に関する知識があることを証明できる」というメリットがあります。

さらに無料で受験できるだけでなく、何度でも受験が可能です。Google広告認定資格の受験を考えている方は、ぜひ今回ご紹介したポイントを参考にしながら勉強に励んでみてください。

監修者紹介

石田 哲也

石田 哲也

取締役CMO

Twitter:@te2319 |
株式会社ニュートラルワークス 取締役CMO。1984年生まれ。高校卒業後にISD株式会社にて起業。株式会社オプトにてWebマーケティングを学び、株式会社メタップスなど複数のベンチャー企業にて事業立ち上げを経験。前職はワンダープラネット株式会社にてゲームプロデューサーとしてスマホアプリゲームの制作に従事。2018年に地元の神奈川へ戻り、ニュートラルワークスにジョイン。SEO/Web広告運用/サイト分析・改善など、Webサイトの運用改善~ゲームアプリ制作や数十万フォロワーのSNSアカウントの運用経験などWebビジネス全般を守備範囲とする。

■経歴
2003年 ISD株式会社/起業
2009年 株式会社オプト/SEMコンサルタント
2011年 株式会社メタップス/シニアディレクター
2013年 ライブエイド株式会社/執行役
2016年 ワンダープラネット株式会社/プロデューサー・BizDev
2018年 株式会社ニュートラルワークス/取締役CMO

■得意領域
Webサイト改善
SEO対策
コンテンツマーケティング
リスティング広告

■保有資格
Google アナリティクス認定資格(GAIQ)
Google 広告検索認定資格
Google 広告ディスプレイ認定資格
Google 広告モバイル認定資格