SEO

最終更新日: 2022.11.09

YouTubeのSEO対策とは?おすすめツールを紹介

YouTubeのSEO対策とは?おすすめツールを紹介

マーケティング施策の中でも、YouTubeを筆頭とした“動画マーケティング”は、今後さらに活性化するといわれています。

しかし「YouTubeをはじめたいが、どんなSEO施策が必要なのか分からない」と悩む方も多いでしょう。

YouTubeで上位表示するには、SEO施策は必要不可欠です。SEO対策で最適化し、集客やコンバージョン向上に活かしましょう。

本記事はYouTubeのSEOに関して、必要なSEO施策や意識すべきポイント、便利なツールまで解説します。最後まで読めば、YouTubeにおけるSEOを理解でき、自身のチャンネル運営に活用できるようになるでしょう。

SEOとは?SEO対策の基礎から検索エンジン上位表示テクニック解説 SEOとは?SEO対策の基礎から検索エンジン上位表示テクニック解説

YouTube SEOとは?

YouTube SEOとは?

YouTubeは、Webサイトと同様にSEO対策が必要です。SEOとは「Search Engine Optimization」の略称で、日本語に訳すと「検索エンジン最適化」という意味です。GoogleやYahoo!などの検索エンジンで上位表示させるための施策を指します。

YouTubeはGoogleと同じく検索エンジンです。そのため、YouTubeの検索結果で、自分の動画が上位表示されれば、よりクリックされやすくなります。クリック率を上げるためにもユーザーが検索する「検索キーワード」に対して、SEO施策することが重要です。

YouTubeは「YouTube Analytics」という無料ツールがあり、「Google Analytics」のようにアクセス解析ができます。アクセス解析からユーザーの傾向やキーワードの最適化によって上位表示を目指しましょう。

YouTubeはGoogleの傘下なので連携しています。実際にGoogle検索でYouTube動画が上位表示されることもあります。GoogleとYouTubeの双方に向けたSEO対策が必要です。

YouTubeの検索結果が決まる要因

YouTubeの検索結果が決まる要因

YouTubeは、Googleと同様に上位表示のアルゴリズムが明確に公開されているわけではありません。しかし、以下の3つのポイントに焦点をあてコンテンツを作成することで、より上位表示されやすいといわれています。

  • ユーザーが見たいと思うかが重要
  • 再生回数よりも再生時間が影響する
  • 高評価ボタンの数もひとつの要因に

詳しく解説します。

ユーザーが見たいと思うかが重要

YouTubeは、Googleと同様に「ユーザーが見たいかどうか」「ユーザーの満足度は高いか」「検索意図に合致しているか」など、すべてユーザー目線でコンテンツが作成されているかを重視します。ユーザーが検索したキーワードの意図を理解し、ユーザーが求めている動画を上位表示させる仕組みです。そのため、まずはキーワード分析から検索意図を理解した上で、ユーザーの問題を解決する動画を作成することが重要となります。

発信者側が作りたいものや見せたいものを作成するより、受信者側の目線で動画を作成しましょう。それが上位表示につながり、ひいては再生回数やユーザー満足度にもつながります。

再生回数よりも再生時間が影響する

YouTubeは、再生回数より「再生時間」が重要だといわれています。なぜなら、ユーザーの視聴時間が長い動画の方が、ユーザーニーズに合致していると判断されるからです。ユーザーは求めている動画と違うと判断すれば、すぐに動画を閉じてしまいます。そのため再生回数が多くても、再生時間が短ければユーザー満足度を満たしているとはいえません。

もちろん再生回数が多ければ、より多くの人の目に触れていると判断できます。しかし再生時間が短ければ、ユーザーニーズを満たしているといえず、上位表示されにくくなります。

動画が上位表示するには再生時間が重要だと理解しておきましょう。最後まで見られるための施策が、そのままSEO対策にもつながるため、ユーザー満足度とSEO対策をイコールと考えて対策することが重要です。

高評価ボタンの数もひとつの要因に

高評価ボタンの数も、上位表示の指標にされているといわれています。YouTubeには、ユーザーが気に入った動画に押す「高評価ボタン」と気に入らなかった動画に押す「低評価ボタン」があります。ユーザーは、いいと思った動画ではないと高評価ボタンは押しません。高評価ボタンは、そのままユーザーからの評価といえるでしょう。そのため高評価ボタンの数も、上位表示の参考にされていると予測できます。

しかし、高評価ボタンが多い方が上位表示されると明確に定められているわけではありません。高評価ボタンの数は、ユーザーからの率直なフィードバックだと捉え、動画作成の質を高める指標にするのがおすすめです。

YouTubeのSEO対策で必要なことをまとめて解説!

YouTubeのSEO対策で必要なことをまとめて解説!

YouTubeのSEO対策で必要なことを、以下の4つの項目から解説します。

  1. キーワード選定
  2. 動画の最適化
  3. SNSなどでのシェア
  4. 動画のパフォーマンス分析

順序立てて解説するので、実際のSEO対策のときにお役立てください。

キーワード選定

キーワード分析は、動画を作成する前段階の重要な作業です。ユーザーはキーワードを検索して動画にたどり着くため、なにより動画とキーワードがマッチすることが求められます。キーワードの検索後は、検索ボリュームを確認することが重要です。

キーワード選定の流れを詳しく解説します。

まずはキーワードを探す

動画作成する際、内容を考えるうえで、キーワード選定は欠かせない存在です。キーワードとはユーザーの悩みや疑問、課題です。ユーザーはキーワードを解決するために動画を検索します。そのため検索されていないキーワードで動画を作成しても、集客できないどころか、日の目を見ることもないかもしれません。まずはキーワードを意識したて動画を作成しましょう。

キーワードの検索方法は、YouTubeの検索ボックスでサジェストを調べたり、キーワードツールを使ったりするのもおすすめです。無料で使えるキーワードツールもあるため、活用しながらキーワードを選択しましょう。

キーワードの検索ボリュームを確認する

キーワード選定と同時にキーワードの検索ボリュームも確認しましょう。検索ボリュームとは、検索エンジンでどのくらい検索されるかを予測した数字です。検索ボリュームが大きければ大きいほど、検索する人が多いキーワードを意味します。しかし、あまりに検索ボリュームが大きいキーワードは、狙っても、専門性が高いチャンネルが表示される可能性があります。最初は、あえて検索ボリュームの少ないものを狙うなど、戦略によって検索ボリュームの狙い方を変えましょう。

検索ボリュームを検索するツールは、Googleのキーワードプランナーがおすすめです。無料で使えるため、キーワード選定や検索ボリュームの確認で活用しましょう。
SEOのキーワード選定方法を解説!SEOキーワードツールも紹介 SEOのキーワード選定方法を解説!SEOキーワードツールも紹介

動画の最適化

次に動画の最適化について解説します。動画の最適化は、SEO対策に直結する重要な部分です。

以下の項目を意識して、動画作成やアップロード作業をしましょう。

  • タイトルの付け方を意識する
  • 説明文の書き方を意識する
  • ハッシュタグをつける
  • 動画の長さを意識する
  • 最初の5秒を意識する
  • 効果的なサムネイル画像にする
  • タグをつける
  • 終了画面を設置してアクションを促す

タイトルの付け方を意識する

動画のタイトルは、いわゆる動画の第一印象です。ユーザーはタイトルから内容を汲み取ります。そのため、ユーザーが何を知りたくて、そのキーワードで検索しているのか意図を汲み取り、反映させたタイトルを付けることが重要です。またトレンドをおさえ、インパクトがある要素を取り入れるなど、クリック率をあげる工夫もしましょう。

タイトルの文字数は60字以内がベストだといわれています。動画の内容を端的にまとめ、キーワードを盛り込んだタイトルがベストです。キーワードは、タイトルの後ろに「/」「・」で付け加えるのもいいでしょう。例えば、「SEO対策/マーケティング/おすすめツール」など、文章に入れられなかったキーワードも付け加えることでSEO効果も高まります。

説明文の書き方を意識する

動画の概要欄である説明文は、どんな動画なのかをYouTubeに理解してもらうためのディスクリプションの役割を担っています。そのため重要なキーワードや狙っているキーワードを入れることはもちろん、概要をわかりやすく伝えることが大切です。

説明文を読むユーザーのことを考え、端的に分かりやすく伝えましょう。長すぎると離脱の原因になります。

動画が長かったり、セクションごとに話題が分かれたりするときは、タイムスタンプがおすすめです。タイムスタンプとは、何分にどんな内容が盛り込まれているかを示す目次のようなものです。説明文に半角数字で「〇:〇〇」と入力すると、時間が区切って表示されます。ユーザーは、気になる話題のタイムスタンプをクリックするとスキップできるため、ユーザーの利便性が上がり、満足度の向上につながりやすくなります。

また関連動画へリンクをいれるのも効果的です。ユーザーの回遊を促し、再生回数や再生時間を伸ばすことにつながります。あまりにリンクが多いと、どれがいいか分からなくなり、結局見ないという可能性があるため入れ過ぎには注意しましょう。

ハッシュタグをつける

動画の説明文には、必ずハッシュタグを登録しましょう。ハッシュタグはタイトル上のリンクで設定できます。ユーザーがハッシュタグをクリックすることで、同じハッシュタグをつけた動画に飛べるため、利便性が高まります。

ただし、動画タイトルの上に表示されるハッシュタグは3つだけです。ハッシュタグを過度につけすぎると無視されるリスクが高まるので注意してください。

動画の長さを意識する

YouTubeは、最適な動画の長さが5分以上といわれています。チャンネルの再生時間も重要視されるため、あまりに短い動画は不利といえるでしょう。できるだけ再生時間が長いほうがいいですが、長過ぎても離脱の原因になります。ユーザーが飽きずに最後まで見やすいよう、5〜10分程度を目安にして質の高い動画を作成することが重要です。

最初の5秒を意識する

YouTubeは、動画の冒頭の5秒が重要といわれています。5秒以内の印象が悪いと、ユーザーは、すぐに離脱してしまいます。そのため、冒頭には「動画を見るメリット」や「キーワードのニーズにあっている」という内容がわかるような文言やインパクトを与えることが重要です。はじめの5秒でユーザーの心を掴むような演出を意識しましょう。

例えば、動画のはじめに構成内容を伝えるなど、すぐに本題に入り、ユーザーが欲しい情報を結論として最初に伝え、その理由等を解説する構成が好ましいといえます。

効果的なサムネイル画像にする

サムネイル画像の良し悪しでも、クリック率が大きくかわります。「サムネイル画像」とは、検索結果の画面に表示させる画像のことで、タイトルと同様に、ユーザーの最初に目に入る画像です。サムネイル画像でインパクトを与えたり、興味をもたせたりするとクリック率が一気に上がるため、SEO対策の中でも重要なポイントです。

サムネイル画像は、動画の趣旨が分かるような文言を加えるほか、ユーザーの興味を引くようなものであり、なおかつ高解像度で鮮やかな画像に思わずクリックしたくなるようなサムネイル画像を意識しましょう。

この動画で何をいいたいのか客観的に見極め、さらに興味をそそるようなサムネイル画像に仕上げることが大切です。

タグをつける

動画を投稿するときに、タグも設定しましょう。タグは、ハッシュタグとは違ってユーザーには見えない部分ではありますが、YouTube側に動画のカテゴリーや内容を伝えるための重要な要素です。ユーザーの目には見えませんが、設定しておけば関連動画として表示されやすくなるなどメリットがあります。

ただしあまりにタグが多いと、逆にマイナスの印象となるため10個以内の設定がおすすめです。

終了画面を設置してアクションを促す

終了画面を追加して、他の動画へのリンク画像やチャンネル登録ボタンを設定しましょう。終了画面は、動画のラストの5~20秒に追加できます。「チャンネル登録」を促したり、「おすすめ動画」を表示させて回遊を狙ったり、終了画面でユーザーの次の行動を促します。

例えば、チャンネル登録者数やコメント数、高評価数などは、SEO効果につながる重要なものなので、積極的にアクションを促しましょう。

SNSなどでのシェア

YouTubeは、SNSからの流入も狙えるので、作成した動画は積極的にSNSでシェアし、視聴率向上も期待できるので、おすすめです。動画を作成してYouTubeにアップロードするだけではなく、SNSの拡散力も意識しながら、再生時間や再生回数を伸ばしていきましょう。

動画のパフォーマンス分析

動画の分析は「YouTube Analytics」を活用します。そのとき、特にチェックすべき4つの項目を解説します。

  • 視聴者維持率をチェックする
  • 視聴者の属性をチェックする
  • トラフィックソースで経由地をチェックする
  • インプレッションとクリック率をチェックする

視聴者維持率をチェックする

「視聴率維持率」とは、動画を最後まで見てくれた人の割合のことです。視聴率維持率は、目安として40%を超えているといいといわれています。視聴率維持が低いと、総再生時間が伸びず、SEO効果も上がりません。ゆえに、できる限り最後まで見てもらえるよう、視聴率維持率が高い動画と低い動画を比べるなど、改善しながら動画の質を上げることを意識しましょう。

また離脱が多い時間帯をチェックするのもおすすめです。アップロードは、できる限り離脱が多い時間帯を避け、視聴維持率が高い時間帯に合わせます。

視聴者の属性をチェックする

分析ツールを活用して、視聴者の属性もチェックしましょう。YouTube Analyticsの「視聴者」を選択すると、視聴者の国籍や年齢、性別などが確認できます。視聴者の属性を確認することで、動画の雰囲気やテイスト、伝え方も変わってきます。

例えば、視聴者の多くが女性の場合、女性目線の題材を選んだり、フォントや動画内のデザインを女性が好むテイストで作成したりすると、視聴維持率が高まるなどの効果も期待できます

トラフィックソースで経由地をチェックする

YouTube Analyticsの「トラフィックソース」を見ると、何を経由して自分の動画にたどり着いたか分かります。トラフィックソースは、アナリティクスの「リーチ」をクリックすると確認できます。

トラフィックソースでは、以下の4つの流入先の割合がチェックできます。

  • YouTube検索
  • YouTube関連動画
  • YouTube再生リスト
  • 外部サイト(SNSやGoogle検索など)

流入が多い動画の場合、SEO施策は成功しているので他の動画にも応用可能です。流入先が少ない項目を分析すると、「なぜ流入が少ないのか」「どうすれば流入が増えるのか」といった今後の改善策も計画しやすくなります。

インプレッションとクリック率をチェックする

インプレッションとクリック率も必ず確認しましょう。インプレッションとは、キーワード検索で表示された数のことです。クリック率は、その名の通り、自分の動画をクリックした割合のことです。

インプレッションが高いにもかかわらず、クリック率が低い場合は、第一印象である「タイトル」や「サムネイル画像」に問題がある可能性があります。見た瞬間に押したくなるような、キャッチ―なタイトルと画像にすることでクリック率の向上も見込めます。

またクリック率が高くても再生時間が短いときは、ユーザーが途中で離脱しているため、動画の内容がよくないと考えられます。このようにインプレッションとクリック率から、さまざまな仮説を立て、PDCAをまわしながら改善することで、より質の高い動画を作成しましょう。

YouTubeでSEO対策をする際に知っておきたいポイント

YouTubeでSEO対策をする際に知っておきたいポイント

YouTubeでSEO対策をする際に、知っておくべきポイントを2つ紹介します。動画が上位表示されやすい時期やSEOに重要な要素も開設するため、ぜひ参考にしてください。

動画を公開してから数週間は上位表示されやすい

YouTube動画は、公開してはじめの数週間を「新規ブースト」といって、上位表示されやすい仕組みになっています。そのため公開直後のアクションが重要です。再生回数に大きくかかわります。例えば、動画の公開直後にSNSやWebサイトで告知をしたり、タグや説明文の改善をしたりするなど、公開後のはじめの期間が重要であると認識しておきましょう。

チャンネルページもSEOにおいて重要な要素

チャンネルページの表示数もSEOに影響するといわれています。チャンネルページとは、チャンネルの概要や説明、公開している動画などが掲載されたチャンネルのトップページのことです。

チャンネルページをチェックするユーザーも多いため、チャンネル登録のメリットや公開している動画を分かりやすく説明するなど、初めてチャンネルを訪れたユーザーが魅力的だと感じさせる内容に工夫しましょう。

またトラフィックソースに「チャンネルページ」もあります。これはチャンネルにアクセスして、動画を再生した人の割合を指します。チャンネルページを魅力的にし、動画を見たいと思わせれば再生回数にも影響します。

YouTubeのSEO対策に便利なツール

YouTubeのSEO対策に便利なツール

YouTubeのSEO対策に活用できる便利なツールを3つ紹介します。

  • Ahrefs YouTube Keyword Tool
  • Keyword Tool
  • vidIQ Vision for YouTube

Ahrefs YouTube Keyword Tool

Ahrefs YouTube Keyword Tool

Ahrefs YouTube Keyword Tool
「Ahrefs YouTube Keyword Tool(エイチレフスユーチューブキーワードツール)」とは、YouTube特化型のキーワード分析ツールです。無料プランと有料プランの二つのプランがあり、無料プランは上位100ワードまで、関連キーワードの提案やボリューム表示までできます。有料プランは、過去の被リンクやランキング順位が確認できたり、競合サイトの被リンクやキーワード順位のチェックができたりします。有料版は4つのプランがあるため、自社で必要な機能から、プランを選択するのもおすすめです。

Keyword Tool

Keyword Tool

Keyword Tool

「Keyword Tool」とは、GoogleやYouTube、AmazonなどさまざまなWebサイトのキーワード分析ができるツールです。無料版と有料版があります。キーワードの抽出数が多く、ニッチなキーワードの発掘を得意とするツールです。全てのキーボードを、ExcelやCSV形式で出力できます。

有料プランは、検索ボリュームの調査、競合サイトのキーワード抽出も可能です。SEO対策に必要な機能が揃っています。

vidIQ Vision for YouTube

vidIQ Vision for YouTube

vidIQ Vision for YouTube

「vidIQ Vision for YouTube(ビッドアイキューヴィジョンフォーユーチューブ)」とは、YouTube公認の無料分析ツールです。Chromeの拡張機能を使用できるので使い勝手がよい便利なツールです。またチャンネルのパフォーマンスを数値で示すため、視覚的にチャンネルの評価が分かります。人工知能が、チャンネルに最適なアイディアを提案する機能もあります。その他、競合動画と再生数の比較や競合分析もあり、SEO施策に役立つ機能を網羅しています。

YouTube SEOのまとめ

YouTube SEOのまとめ

YouTubeは、Webサイトと同様にSEO対策をすることで上位表示されやすくなります。キーワードの検索意図を理解し、ユーザーの悩みや問題を解決する動画にするなど、ユーザー満足度を高めることを意識しましょう。それにより再生時間が伸びたり、高評価がついたりすることでSEOも高まるといわれています。

動画の最適化は「タイトルの付け方」「サムネイル画像」といった第一印象をよくすることを意識し、説明文の書き方やタグの見直しも重要です。PDCAを回しながら改善を続け、より質の高い動画を作成しましょう。

監修者紹介

石田 哲也

石田 哲也

取締役CMO

Twitter:@te2319 |
株式会社ニュートラルワークス 取締役CMO。1984年生まれ。高校卒業後にISD株式会社にて起業。株式会社オプトにてWebマーケティングを学び、株式会社メタップスなど複数のベンチャー企業にて事業立ち上げを経験。前職はワンダープラネット株式会社にてゲームプロデューサーとしてスマホアプリゲームの制作に従事。2018年に地元の神奈川へ戻り、ニュートラルワークスにジョイン。SEO/Web広告運用/サイト分析・改善など、Webサイトの運用改善~ゲームアプリ制作や数十万フォロワーのSNSアカウントの運用経験などWebビジネス全般を守備範囲とする。

■経歴
2003年 ISD株式会社/起業
2009年 株式会社オプト/SEMコンサルタント
2011年 株式会社メタップス/シニアディレクター
2013年 ライブエイド株式会社/執行役
2016年 ワンダープラネット株式会社/プロデューサー・BizDev
2018年 株式会社ニュートラルワークス/取締役CMO

■得意領域
Webサイト改善
SEO対策
コンテンツマーケティング
リスティング広告

■保有資格
Google アナリティクス認定資格(GAIQ)
Google 広告検索認定資格
Google 広告ディスプレイ認定資格
Google 広告モバイル認定資格