SEO

最終更新日: 2022.11.22

記事作成の相場を種類別に紹介!メリットやおすすめ記事代行サービスも

記事作成の相場を種類別に紹介!メリットやおすすめ記事代行サービスも

Webサイトに載せる記事コンテンツを外注したいとき、もっともネックになるのが費用です。しかし「外注化費用って大体どれくらいかかるもの?」「内製化したほうが安くできるのでは?」など、このような疑問を持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

オウンドメディアの記事作成にはかなりの時間と手間がかかるため、内製化する場合社内のリソースを圧迫する可能性があります。場合によっては、社内の体制を整えるよりも外注化してしまった方がコストや工数の削減につながることもあります。

まずは記事作成の料金相場を把握し、どの程度の金額で外注できるのかイメージを掴んでみましょう。

この記事では、記事作成の料金相場について詳しくまとめています。外注化するメリットや、おすすめの記事作成代行サービスなどもあわせて紹介しますので、最後まで読めば、記事作成を外注化する場合の予算感がつかみやすくなります。

記事作成の料金相場はどのくらい?

記事作成の料金相場はどのくらい?

記事作成の料金相場は、記事の種類によって異なります。記事の種類ごとに、必要な時間やスキル、工数などが異なるためです。ここでは、「SEO記事」「インタビュー記事」「商品レビュー記事」の3種類を料金相場でまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

SEO記事の場合

SEO記事では、単価を1文字単位で計算するのが一般的で、1文字当たり3~6円が平均的な相場です。1記事2,000文字の記事で計算すると、6,000円~10,000円ほどです。ただし条件によってはこの相場価格から外れることもあります。

たとえば、初心者のライターでも書きやすい体験談やまとめ記事などの場合は、相場価格を下回ることがあります。反対に、専門知識を必要とする医療・法律・金融などのジャンルの記事では文字単価は高くなる傾向があります。

執筆だけを外注するのであれば文字単価は安くなりますが、キーワード選定や構成作成などすべて外注で依頼する場合は、文字単価は必然的に高くなります。

記事の専門性が高い場合や、依頼する作業範囲が広い場合は、文字単価10円以上になるケースもあります。このように、ライターの専門性や記事のクオリティ、依頼する作業範囲によって単価が変動しやすいのがSEO記事の特徴です

インタビュー記事の場合

インタビュー記事の相場価格は1記事あたり20,000~50,000円です。インタビュー記事は、執筆の他に取材先への訪問、写真撮影、テープ起こしなどさまざまな工程があるため手間と時間がかかります。また、インタビュー内容をコンテンツにまとめ上げるスキルや、取材先とのコミュニケーションスキルも必要です。

そのため、インタビュー経験の豊富な専門ライターに依頼する必要があり、単価も高くなる傾向があります。さらに、取材先に直接訪問する場合は、ライターの拘束時間が長くなること、また取材先までの交通費や宿泊費なども別途必要です。

しかし近年登場した、Zoomミーティングのようなビデオ会議やオンライン会議ツールを使ってインタビューするのであれば、交通費や宿泊費の部分を削ることも可能なので、相場価格よりも安く制作できるケースもあります。

商品レビュー記事の場合

商品レビュー記事の料金相場は、1文字当たり1円~3円程度です。2,000文字の記事であれば2,000~6,000円程度と考えておきましょう。

商品レビューとは、商品やサービスを使用した感想をまとめた記事のことです。一般的に、商品レビュー記事は専門的な知識を必要とせず、経験の浅いライターでも執筆可能です。そのためSEO記事やインタビュー記事と比較した場合、料金相場は低めになっています。

ただし、商品の発送や到着までにかかる時間、実際に商品やサービスを利用するための時間と手間が必要なため、手間や時間のかかる記事です。加えて、化粧品や健康食品など、商品ジャンルによっては薬機法などの知識を備えているライターに依頼する必要がある場合もあります。

「執筆費用」以外で発生する費用は?

「執筆費用」以外で発生する費用は?

1本の記事を完成させるまでには、本文の執筆以外にもさまざまな業務があります。そのため、基本の文字単価や記事単価に加えて別途必要な費用もあります。ここからは、1本の記事を完成させるまでに必要なさまざまな業務と、その費用をチェックしましょう。

企画/キーワード選定費/構成費

企画から構成作成までの費用相場は、1件あたり5,000円~10,000円です。執筆作業に取りかかる前に、市場分析を含めた記事の企画・キーワード選定・記事の構成作成などを行います。

記事を読んでもらうターゲットを決めたり、必要な情報や競合サイトの傾向を調査したりするなど、さまざまな仕事が発生します。工数は、依頼する会社や記事の種類によって若干異なりますが、企画から構成の作成完了までには数日~1週間程度かかるのが一般的です。

校正/校閲/修正費

校正・校閲・修正費の相場価格は1件あたり1,000円~5,000円です。こちらの作業では、ライターが執筆した記事の文法に誤りがないかどうか、誤字脱字はないかどうかをチェックし、修正します。

校正や校閲は依頼する会社によって対応レベルが異なります。たとえば、誤字脱字だけをチェックする場合もあれば、より厳密な文法に直すことまで依頼できる場合もあります。専門用語や正確性が問われる記事の場合は、費用も高くなります。そのため、校正や校閲に関する対応範囲は事前にしっかり確認しておく必要があります。

また、初稿として提出された記事の修正依頼に別途修正費が発生することもあります。「この情報を入れて欲しい」「この書き方ではなく別の書き方にしてほしい」など、後から要望を出す場合は修正費が発生するケースもあります。

ただし、事前に共有したマニュアルやレギュレーション(記事の書き方や表記ルールなど)に違反している場合は、無料で修正できる場合がほとんどです。

監修費

記事に専門家監修をつける場合の相場価格は、1件あたり10,000円以上です。特に、医療や法律、介護の分野など専門性の高いジャンルの記事を作る場合は、専門家の監修をつけると情報の正確性が担保されます。たとえば健康情報を扱う記事では医師監修をつける、税金に関する情報には税理士に監修を依頼するといった形です。

前述したようなジャンル以外にも、その道のプロや詳しい人物に監修を依頼する場合は監修費が必要になります。ここで挙げた相場価格はあくまでも最低ラインであるため、有資格者への監修依頼は高額になる可能性が高いです。

写真撮影/選定/加工費

記事に写真やイラストなどの画像を挿入する際に、別途費用が発生する場合もあります。

項目 費用相場
(写真・イラスト・図解1枚あたりの価格)
写真撮影 500円~5,000円
画像選定 500円~1,000円
画像加工費 画像選定費+1,500~5,000円
イラスト作成 2,000円~10,000円
図解作成 1,500円~5,000円

記事の内容によっては、プロのデザイナーやイラストレーター、カメラマンのほかに、写真の撮影や画像の作成をライターに依頼することもあります。その場合、執筆料に加えて別途料金が加算されることになるので、忘れずに予算へ組み込みましょう。

ただし、執筆のみを請け負っているライターの場合「画像の選定や加工などまで対応できない」と断られるケースもあるので、事前にしっかりと確認しましょう。

取材費

取材費とは、インタビュー記事を作成する場合の取材先への謝礼や交通費などのことです。取材費の相場価格は、10,000円~30,000円が目安となります。謝礼金を渡す以外にも、食事代を支払ったり、お土産などを渡したりする形でお礼の気持ちを表すこともあります。

ただし、記事代行サービスを利用する場合は、取材費も記事単価や文字単価に含まれていることもあります。取材記事は記事作成の中でもとくにかかる時間や手間の多い種類になるため、金額の内訳を明確にしてから契約することが大切です。

資料費

資料費とは、ライターが記事を書く上で必要な書籍や資料を購入するための費用です。相場としては、10,000円~30,000円程度を見ておきましょう。

インターネット上でも情報を得られるため、資料費は必要ないこともあります。しかし、より専門性の高い情報を掲載したい場合や、専門的なジャンル(法律・金融・医療など)の場合には専門書を活用して記事を書く必要がある場合もあります。このようなケースであれば、執筆料とは別に資料費を支払って記事の精度を高めます。

ディレクション費

記事作成代行サービスを利用する場合、依頼者とライターの間にディレクターや編集者が入る場合があります。ディレクターは、記事作成の進捗管理やライターとの連絡、記事の品質チェック、状況によってはライターの育成なども行います。

ディレクション費用の相場価格は10,000円~50,000円です。ただし、ディレクターはイレギュラーなことにも臨機応変に対応しなければならないため、月額料金の制度をとるケースもあります。

記事作成を「外注」にするメリット

記事作成を「外注」にするメリット

ここまでで記事作成の費用、そして執筆以外にかかる様々な費用について紹介しました。意外にもさまざまな業務が発生し、それぞれに費用がかかることがお分かりいただけたと思います。

では、費用をかけても記事作成を外注化することには、どのようなメリットがあるのでしょうか。

人件費や工数を省ける

記事作成の外注化は人件費や工数の削減につながります。一般的に1記事を作成するには、キーワードの選定から構成の作成、執筆、校正、入稿までと複数の作業が必要です。それぞれにある程度の知識や経験のある人材を配置する必要もあります。社内リソースが不足している場合、新たに人材を雇う必要があります。

このようなリソースや人材採用の負担を考えると、外注におまかせする方がはるかに効率的で低コストで済む場合が多くなります。記事作成代行サービスに依頼する場合、記事作成の一連の流れをすべて任せられることもあるため、大幅に工数を削減することが可能です。

記事のクオリティを維持しやすい

記事のクオリティを維持し続けられるのも、外注化のメリットです。専門のライターや記事作成代行サービスに依頼すれば、一定のクオリティの記事をコンスタントに納品してもらうことができます

コンテンツマーケティングの記事に必要な条件は、SEOの知見やユーザーファーストの視点、正しい情報の伝え方や文章力など、多岐にわたります。自社業務を行いながらこれらを並行しようとすると、本来の業務に支障が出るか、コンテンツの質が低下することも考えられます。

外注化して記事作成のプロに任せることで、記事のクオリティを保ちながらコンスタントに更新を続けることが可能になります。

記事作成を「外注」にするデメリット

記事作成を「外注」にするデメリット

記事作成の外注化には魅力的なメリットがある一方、デメリットになり得る側面もあります。外注化に踏み切る前には、以下の点に留意しておきましょう。

ライターとの相性が合わない場合がある

記事作成を外注する場合、ライターとの相性がとても重要です。相性の合わないライターにお願いしてしまった場合、修正依頼のやりとりが増えるほか、こちらの要望がうまく伝わらずコミュニケーションコストがかかったりするおそれがあるためです。

ゆえに、発注者側の要望通りに記事を書いてくれるかどうかが最低条件です。そのうえで、サイトコンセプトやターゲットに合った書き方をしてくれるかどうか、伝えたいことが明確なわかりやすい記事を書いてくれるかなど、ライターに求める要素は多岐にわたります。

そのためには、クラウドソーシングサイトを使って提案を募る、もしくはコンペ形式でテストライティングをするなどの方法を試してみる必要があります

手間をかけるほど作成期間が長くなる

よりクオリティの高い記事を求める場合、それなりの手間と時間がかかるため、1記事あたりの作成期間が長くなります

たとえば、記事の執筆・校正・校閲といった本文の作成だけでも1週間~2週間程度かかります。画像加工やイラスト、図解などの作成も入れるとさらに作成期間が長くなります。そこに修正や記事全体の確認作業なども含めると、記事の発注から公開完了まで1ヶ月程度はかかることもあります。

外注先のライターやディレクター、記事代行サービスの会社を間に挟むことになるため、作成期間だけでなく、各所との連絡にも時間がかかることになります。

スピード感重視で外注することも可能ではありますが、高品質な記事をゆとりを持って配信するためにも、ある程度余裕をもって作成期間を見積もっておきましょう。

外注先の種類

外注先の種類

記事作成は、外注先によってできることが変わったり、進行方法が異なったりします。外注先の主な種類としては、Webコンテンツ制作会社、フリーライターへの直接依頼、クラウドソーシングの3つの方法があります。ここからはそれぞれの外注先について詳しく見ましょう。

Webコンテンツ制作会社

Webコンテンツ制作会社では、記事の企画から執筆、編集、記事チェック、納品までをすべて一任することができます。コンテンツマーケティングやオウンドメディア運用に精通する会社を選べば、記事作成に必要な細かな業務をすべて任せられるため、自社の業務に専念しやすくなります。

また、SEOへの知識と経験が豊富なため、より成果が出やすい記事を作成できるのもポイントです。良質なコンテンツを作るためのノウハウをしっかりと備えているため、記事のクオリティも期待できます。記事を作るだけでなく、コンサルティングも依頼できるケースが多いため「確実に成果をあげたい」と考える場合には、Webコンテンツ制作会社がおすすめです。

ただし、複数の工程をすべて任せるため、かかる費用は高くなる傾向にあります。

フリーライター

フリーライターに直接依頼する方法もあります。たとえば、自社の関係者や知り合いにフリーライターがいる場合や、どうしても頼みたいライターがいる場合などです。

Web制作会社の場合、執筆するライターを自社で選ぶことはできません。その点、フリーライターへの依頼であれば、どんな人に書いてもらうかを自分たちで選んだり、決定したりすることができます

  • SNS内で気になるライターがいる
  • 特定の分野に詳しいライターに依頼したい
  • 過去に依頼したことがあるライターに書いてほしい

このようなケースでは、フリーライターへの直接依頼で進めるのもよいでしょう。

ただしフリーライターとの直接契約の場合、契約や支払の手続きをすべて自社で行う必要があります。ライターを複数抱える場合には、そのぶんリソースが必要になるので注意が必要です。

ライターが何らかの理由で執筆できなくなった場合や、継続発注ができなくなった場合に変わりを見つけるのが難しいというのも難点です。ゆえに、複数の候補を上げておくことや、作業を分散させておくなどの対策が必要になります。

クラウドソーシング

クラウドソーシングとは、仕事の受注者と発注者をマッチングさせるサービスです。クラウドソーシングは、比較的低コストで記事作成を発注できるのがメリットです。また、多くのライターから提案を募ることができるため、自社の求める人材に出会いやすいという特徴もあります。

価格面でも取り組みやすく、気軽に募集をかけられるため「まずは試しに依頼してみたい」という場合にもおすすめです

ただし、クラウドソーシングに登録しているライターは、初心者ライターから経験豊富なライターまでと、スキルや知見も多様です。さらに匿名利用ができることから、突然音信不通になる、最後まで執筆を完了させないといったトラブルも発生しているため、信頼できる相手かどうかを見極められるかが非常に大切です。

おすすめ記事作成代行サービス10選

おすすめ記事作成代行サービス10選

ここからは、おすすめの記事代行サービスを紹介します。記事代行は、クラウドソーシング型と代行サービス型の2種類があり、それぞれに進め方や依頼できる範囲が異なります。ここでは各サービスの特徴やおすすめのケースについて詳しく紹介します。

クラウドソーシング型

クラウドソーシング型は、記事作成を依頼したい人とライターを結ぶマッチングサービスです。記事のライティングだけでなく、イラスト作成や写真撮影などをクラウドソーシング内で別途依頼することも可能なので便利です。

まずは、クラウドソーシング型の記事代行サービスを5社ピックアップして紹介します。

ココナラ

ココナラ

ココナラ

ココナラは、得意なことや特定の技術を持った人が自分のスキルを出品するプラットフォームです。200種類以上のカテゴリで出品されているサービスの中に、記事・Webコンテンツ作成のジャンルが設けられています。

個人用・ビジネス用と分かれており、ビジネス用では大手企業との取引実績も複数あり、信頼性の高いプラットフォームです。依頼する相手を自分で選ぶことができるため、記事作成を制作会社へ一任せずに、自社でもじっくり関わっていきたい方におすすめです

初期費用 なし
手数料 購入金額の5%のサービス手数料あり

Lancers

Lancers

Lancers

Lancers(ランサーズ)は「日本最大級の仕事発注サイト」のキャッチコピーで有名な、フリーランスマッチングサイトです。

登録しているライターに向けて募集をかけたり、直接オファーを送ったりするなどの機能があるため、依頼先を効率よく探すことができます。

クラウドソーシングでは作業者が音信不通になったり、仕事を完了させないまま飛んでしまったりすることが懸念されていますが、ランサーズでは過去の実績や評価、仕事完了率などが一目でわかる評価システムを設けているため、比較的安心して利用できるサービスです。

クラウドソーシングを利用するのが初めての場合や、ライターの実績やスキルなどをしっかり見極めたいという場合におすすめです。

初期費用 なし
手数料 なし

Bizseek

Bizseek

Bizseek

Bizseek(ビズシーク)では、ライティングを始めとするさまざまなジャンルの業務を請け負う人材を紹介してくれます。

他のクラウドソーシングに比べると歴史の浅いサイトではあるものの、手数料の安さが魅力的であり、近年登録者数を増やしているサイトです。一般的に、クラウドソーシングで発生する手数料は、発注者がライターに上乗せして支払うことが多いため、手数料の安さは仕事を発注するクライアント側にもメリットがあります。

プロジェクト式とコンペ式の2通りの種類で、仕事の依頼方法もわかりやすくなっています。クラウドソーシングの中でもかなり低コストで発注しやすいのも特徴です。とにかく費用を抑えたい、クラウドソーシングとはどんな感じか試してみたいといった場合にもおすすめできます

初期費用 なし
手数料 なし

クラウドワークス

クラウドワークス

クラウドワークス

クラウドワークスは、全国の登録者数480万人のフリーランスマッチングクラウドワークス公式サイトはこちらサービスです。どんな仕事も最短1分で発注可能という驚きの速さが魅力。大手企業から官公庁などとの取引実績も豊富で、信頼性の高さも保証されています。

記事作成の分野では、執筆から編集、コピーライター、インタビュー、翻訳などさまざまな業務を発注可能です。とにかく早く外注先を決定したい、スピーディーに発注したいといった場合におすすめです

初期費用 なし
手数料 なし

シュフティ

シュフティ

シュフティ

シュフティは、主婦ワーカーが多く集まっている仕事マッチングサービスです。高い能力やキャリアをもっている女性が、家事や育児と仕事を両立させるためにシュフティを利用している傾向にあります。女性や主婦向けの記事の作成や、女性ならではの視点でサポートしてほしいといった場合におすすめです。

シュフティでは、複数のライターとのやり取りをする場合でも、連絡事項を一括送信することができるため、やりとりの手間を省くこともできて便利です。

初期費用 なし
手数料 後払いシステムで利用額の5%の手数料あり

代行サービス型

代行サービス型は、代行サービス会社を通して記事作成から納品までの一連のプロセスを一任できるサービスです。サービス会社の代表担当者と打合せをするだけで、あとはすべての業務を代行してもらえるため、自社でライターを選んだり、細かな連絡や面倒なやりとりをしたりする必要がなく、工数や時間を大幅に削減できます。

ここからは代行サービス型の会社を4社紹介します。

サグーワークス

サグーワークス

サグーワークス

サグーワークスは、株式会社ウィルゲートが運営する大手の記事代行サービスです。2006年に創業して以来、約3,200社のSEO支援を行ってきたという圧倒的な実績が大きな強みです。「SEOで成果を出したい」という強い希望をお持ちの場合にとくにおすすめです。

コンテンツ企画やキーワード選定に力を注いでいるため、成果につながりやすい記事の作成を依頼することができます。外注する際にはプランを2パターンから選択可能であること、またライターのランクを3パターンから選択できるのもポイントです。自社の状況や予算に応じて、利用方法を柔軟に選べるのも利点となります。

初期費用 なし
手数料 なし
※プランによって文字単価の変動あり

記事作成代行ドットコム

記事作成代行ドットコム

記事作成ドットコム

記事作成ドットコムは、創業2011年の老舗の記事代行サービスです。歴史が長い制作会社であるため、スキルの高いライターを揃える体勢がしっかりと整っています。

一方、文字単価1文字1円からの発注が可能なので、低コストで記事を作成したい場合にもおすすめです。見積もりが最短2営業日以内とスピーディーであることと、納期厳守率約98%というのも業界トップクラスの実績も魅力的です。インタビュー記事やテープ起こしの依頼など専門性の高いライターがいるのもポイントです。

初期費用 なし
手数料 なし
※コースによって文字単価の変動あり

記事作成代行Pro

記事作成代行Pro

記事作成代行Pro

記事作成代行Proは、株式会社BRIDGEAが提供するサービスです。独自に積み上げてきたSEOに関するノウハウを武器に、上位表示される記事の作成を得意としています。
SEO特化型のライティングの場合、1文字7円以上~の場合が多い中、記事作成代行Proでは文字単価3.5円~と業界最安水準となっています。また、ライター・ディレクター・校閲者の3名体制で記事の構成案から誤字表現チェックまで対応するため、品質が高い点も魅力です。
要望に合わせ5つのプランから選ぶことができるほか、よりアクセス数増加や 成約率向上を目指すためのサイト改善など、SEOコンサルティングサービスも提供しています。

初期費用 要問合せ
手数料

Shinobiライティング

Shinobiライティング

Shinobiライティング

Shinobiライティングは、これまでに500万記事以上を作成代行している豊富な実績のある記事作成代行サービスです。1記事から発注できますが、100記事を最短3日で納品可能という驚きのスピード感が魅力です。記事が大量に欲しい、とにかく早く欲しいといった要望にも答えることができます

また、Shinobiライティングでは独自にコピペチェックツールを開発しているのも特徴です。独自のツールを用いることで、オリジナル性がある記事を作成してくれます。

初期費用 要問合せ
手数料

エディトル

エディトル

エディトル

エディトルは、オウンドメディア運用を行う企業に向けて、専属の編集チームを構築できるサービスです。編集者と複数人のライターで編集チームを作って運用していくため、記事作成にかかる細かな作業や連絡業務などを一任することができます。

また、より優秀なスキルをもったライターを集めているのも特徴です。品質にムラのない、クオリティの高い記事を作成することができます。高品質なコンテンツを、できるだけ低コストで作成したい場合や、記事の専門性や柔軟性を重視したい場合におすすめのサービスです

初期費用 300,000円~
※価格変動あり
手数料 60,000円
※契約内容による
記事作成の代行会社13社を比較!SEOに強い業者を厳選 記事作成の代行会社13社を比較!SEOに強い業者を厳選

記事作成を外注する際に気をつけるべきポイント

記事作成を外注する際に気をつけるべきポイント

最後に、記事作成を外注化するときに気を付けておきたいポイントを確認しておきましょう。外注先選びに失敗しないため、外注先との良好な関係を構築するためにも、以下の4つのポイントをおさえておくと安心です。

記事作成の実績があるかどうか確認する

外注先を選ぶときにまずチェックしたいのは、記事作成の実績です。記事作成やオウンドメディア運用などの実績があるかどうか、どのような会社とパートナー契約をしてきたのかといった過去実績を必ず確認してください。PV数やCV数など、数値実績を出している会社を選ぶのがベストです。

「記事作成 外注」などで検索して上位表示されたサービスに何となく依頼してしまうというのは避けたいところです。代行サービス会社を複数ピックアップしてそれぞれ問合せし、大まかな予算感や対応範囲などを確認するようにしましょう。

要求に対して柔軟な対応をしてくれるかどうか確認する

自社の要求や希望に対して柔軟に対応してくれるかどうかも確認しておきましょう

オウンドメディアの運用は長期間にわたります。長く運用を続けていくと「本数を増やしたい」「更新のペースアップをしたい」「リライトをしたい」などさまざまな変更や追加事項が増えます。このとき「事前の打ち合わせになかった要望には対応できない」と断られてしまったり、トラブルに発展したりすることもあります。

ゆえに、立ち上げ時には想定していなかった要望にも、そのときどきの状況に合わせて柔軟に対応してくれる会社を選ぶとよいでしょう。突発的なオーダーに対応してくれるかどうか、運用状況に応じた計画変更に対応できるかなどを事前に確認しましょう

専門性の高いライターがいるかどうか確認する

記事作成代行サービスを利用する場合は、専門性の高いライターやスキルの高いライターがいるかどうかを事前に確認しておきましょう

ここでいう専門性の高いライターとは、SEOを意識した記事コンテンツを作成できるライターを意味します。制作会社との打合せがうまくいっても、実際に記事を書くライターの質が伴っていなければ成果には結び付かないためです。

検索エンジンにヒットさせる記事を書くには、非常に細かいテクニックが必要です。コンテンツSEOをしっかり理解している、専門性の高いライターがいるかどうかを事前に確認しておきましょう。

自社の発注体制を整えておく

記事作成の外注化がほぼ決まっていて、あとは外注先を決めるだけというようなケースでは、発注側の体制づくりをしておきましょう。

発注体制とは、たとえばメディアルールなどのメディアガイドラインの作成、記事作成における表記ルールやトンマナについての指示をまとめた記事作成ガイドラインの作成などが挙げられます。

また、記事代行サービスにプロジェクトの進行を一任する場合でも、原稿のチェックは自社で行います。外注先から上がってきた記事を、誰がどのような手順でチェックして公開に至るのか、などといった作業フローを決めておく必要があります

現場の状況によって変更する場合もありますが、まずは発注する前に自社内の体勢を整えておくことで、依頼される側も動きやすくなったり、意思の疎通がしやすくなったりすることもあります。

記事作成は外注化をうまく活用して効率よく進めよう

記事作成は外注化をうまく活用して効率よく進めよう

オウンドメディアの記事作成は、外注をうまく活用して効率よく余裕をもって進めることをおすすめします。記事作成を社内リソースで賄おうとすると、記事作りに忙殺され、本来の業務に支障が出てしまう可能性もあります。自社に合った外注先を見つけることができれば、トータルで見たときの人件費や工数削減といったメリットが期待できます。

記事作成の外注を検討されている方は、ニュートラルワークスにぜひ一度ご相談ください。ニュートラルワークスでは、オウンドメディアの制作や構築を請け負っております。当社の強みは「成果につながる記事の作成」です。

単純な代行や上位表示ではなく、リード獲得やサイト評価の向上など、戦略的に記事を作成することが可能です。記事作成代行サービスをお探しの方は、ニュートラルワークスまでお気軽にお問合せください。

監修者紹介

山崎盛哉

山崎盛哉

コンテンツディレクター

1973年生まれ。編集プロダクション、業界誌記者、出版社勤務などを経て、大手小売業グループのハウスエージェンシー、コンテンツマーケティング会社でコンテンツディレクターとして勤務。2021年よりニュートラルワークスへジョイン。
20年超にわたる編集経験を活かしたコンテンツ制作が得意領域。