コーポレートサイト

2021.05.12 (公開: 2021.03.23)

ブランドイメージを「丁寧なヒアリング」と「デザインの力」で形に。

ブランドイメージを「丁寧なヒアリング」と「デザインの力」で形に。

実施効果

  1. コーポレートデザインを統一することで、会社全体の方向性が定着

実施内容詳細

実施サイト
https://novasto.co.jp/ https://recore-pos.com/
使用ツール
Wordpress
内容
制作ディレクション、アートディレクション、サイト設計、サイトデザイン、フロントエンド/バックエンド構築(WordPressカスタマイズ)、内部SEO対策

企業プロフィール

社名
株式会社NOVASTO
事業内容
リユース市場におけるモノの価値を可視化し、循環させる量・スピードを向上。「⽇本のリユースをもっと⼤きく、もっと世界に。」という企業VISIONを実現させるために、システム開発事業・コンサルティング事業・マーケットプレイス運営事業の3つの事業を展開している。
サイト
https://novasto.co.jp/
リリース時期
2020/12
担当
佐藤秀平様

ご依頼したのはコーポレートサイトやサービスサイトの制作など。
弊社はまだスタートアップの段階なので、「NOVASTOってこんな会社だよね」と思ってもらえるような“一貫性のあるデザイン”をどう描くかが一番の課題でした。
その点をニュートラルワークスさんは丁寧なヒアリングを重ねながら、デザインで形にしてくださりました。
おかげで完成したサイトを運用していく中で、少しずつ“NOVASTOらしさ”が定着してきたと手応えを感じています。
今後はニュートラルワークスさんの強みであるSEOなど集客面でのフォローについても新たにご依頼したいです。

そう語るのは、株式会社NOVASTOの佐藤秀平様。
同社は、リユース市場のモノの価値を可視化し、循環させる量・スピードを向上すべく、システム開発事業・コンサルティング事業・マーケットプレイス運営事業の3つの事業を展開している企業。

ニュートラルワークスでは、NOVASTO様のコーポレートサイトの刷新、また他リユース業界のクライアント様の案件の橋渡しとなっていただき、サイト制作などを進めている。
案件を進める上でのニュートラルワークスへの印象を、佐藤様に伺いました。

―当社とお取引する前には、どのような課題がありましたか?

佐藤様:弊社はまだスタートアップなので、コーポレートデザインなど、一貫性を持ったデザインをやっていく担当がおりませんでした。
固定デザイナーを雇っていくのか、業者さんにお願いするのかという選択肢の中で、今回知り合いの紹介もあって『Neutral Works』さんにお願いをしました。

一番課題だったポイントとしては、デザインの一貫性というところですね。
スタートアップとして外に出していった時にイケてるベンチャーだなと思ってもらえるようなデザインイメージをしっかり作っていきたいなぁというのが一番大きかったです。

―当社とお取引後は、その課題がどのように解消されましたか?

佐藤様:まだまだ進行途中ではありますが、サービスのホームページ、会社のコーポレートサイト、会社のパンフレット、サービスのパンフレット、それぞれお願いしていく中で、『NOVASTO』ってこういう会社だよね、ReCORE(※NOVASTO様の運営するリユース専⾨クラウドPOSシステム)ってこんなデザインだよねというところが少しずつ定着をしてきたかなと感じています。

―他にも似たようなWeb制作会社がある中で、 何が決め手となってご依頼頂けましたか?

佐藤様:信頼していた方からの紹介だったというのも大きなポイントではあるんですが、外部の制作会社さんって色々な種類がある中で、価格の部分やデザインのクオリティ、SEOを含めた提案だとか。そういったところをトータルで考えた時に、一番コストパフォーマンスが良かったなと感じています。

―当社とのお取引後当社に対する印象を教えてください。

佐藤様:印象が変わったというか、そういう意味で言うと思ったより泥臭いなというか(笑)。
ホームページを見ていた中で、キラキライケてるデザイン会社みたいな感じがあったんですが。

僕の出身が『船井総合研究所』というコンサル会社なので、お付き合いする制作会社さんって、すごくきれいな感じのものよりも、どちらかというと泥臭くたくさん数を作っていく、というコストパフォーマンスは良いけれども品質としてそこまでっていうようなところが多かったんです。

ですけど『Neutral Works』さんは、最初NOVAST社でお願いをした案件での仕事がすごく良かったというのもあって、僕のクライアントさんもたくさん紹介させていただくことになりました。

そこでの案件の動き方などを見ていても、WEB上のスタートアップや、SaaSのシステムのブランディングなどだけでなくて、小売業のお客様のサイトなども、それぞれのレイヤーに合わせ、しっかりとヒアリングをしてくださっているというのが印象的でした。

―今後、当社とどんな形でお付き合いしていただけそうか、期待することなどございましたら、教えて下さい。

佐藤様:まずは『NOVASTO』の仕事に関していうと、サイトは作って終わりではないですし、これまでのサイトに関しては1年くらいでフルリニューアルということでお願いしたという経緯もあるので。
細かい改善を重ねていきながらよりブラッシュアップしていきたいなと思っています。

それともう1つは、『Neutral Works』さんの強みであるSEOなどの集客の部分はまだうちの会社としては依頼していない部分なので、今後は集客の面もフォローしていただいて、どんなお仕事をするのかなというところにすごく興味があります。

もう1つは、クライアント様のお仕事は引き続き色々な形でお願いしていきたいと思っております。
リユースの業界というのはすごくアナログな業界で、お客様や社会へのコーポレートブランディングなどがまだまだ弱い部分があって。
そこってやはりデザインの力でもっと描いていける部分ですし、2020年代は特に、働いている人たちのプライドや誇りのようなところを醸成する意味でも、お客様への見え方としても、リユースショップ・リユースを使っていることがカッコイイよねと思ってもらえるようなデザインだとか、見せ方をしていかなくてはと思っています。

そのような部分を引き続き色々な形でお手伝いいただきたいです。