マーケティング戦略

ターゲットを捉える共感戦略【ペルソナ設計~リード獲得】

【ウェビナー概要】

最近「問い合わせが増えない」「手応えを感じない」そんなお悩みはありませんか?もしかしたら、訴求すべきターゲットを、しっかり捉えられていないのかもしれません。

今回のウェビナーでは、共感を呼び起こし、第一想起される商品やブランドになるためのポジショニング戦略である「共感ドミノ現象」と、想起されてからリード獲得に繋げるための手法について、各社が徹底解説いたします。コンバージョンに至るまでの意思決定プロセスの中で、まずは消費者に「想起される」事が必要不可欠となります。

共感ドミノ現象とは、消費者が製品やサービスに対して「そう、それ!」と感じ、その感情が次々と広がる現象です。この現象は、ブランドや製品が消費者の心に響く際に非常に重要な要素となり、特に、消費者が製品やブランドを思い出す瞬間、いわゆる想起の段階で、その印象や位置づけが極めて重要となります。

共感ドミノ現象を理解することで、消費者の心理や行動パターンを把握し、貴社の成果へと繋げる為の具体的な次の一手が見えてくる事でしょう。

みなさまのご参加をお待ちしております!

【こんな方におすすめ】

  • ポジショニング戦略策定でお悩みのマーケティング担当者
  • パーセプションチェンジを狙う、事業会社の経営者、マーケティング責任者

【登壇者】

吉原 慶 (株式会社ネオマーケティング ストラテジックリサーチ部 部長)

マーケティング会社を経て、上場企業のマーケティングリサーチ会社に移籍。リサーチャーのチームを立ち上げ、マネージャーに従事。リサーチの書籍も出版。 2022年ネオマーケティングに合流し、ストラテジックリサーチャーとして「リサーチを起点に、デジマ・PRグループとのシナジーを生み出す」ことをミッションに活動。 今年10月にストラテジックリサーチ部を新設。

石田 哲也(株式会社ニュートラルワークス 取締役CMO)

株式会社ニュートラルワークス 取締役CMO。1984年生まれ。高校卒業後にISD株式会社を起業。その後、株式会社オプトでWebマーケティングを学び、株式会社メタップスなど複数のベンチャー企業にて事業立ち上げを経験。前職はワンダープラネット株式会社でゲームプロデューサーとしてスマホゲームアプリの制作に従事。2018年に地元の神奈川へ戻り、ニュートラルワークスに入社。SEO/Web広告運用/サイト分析・改善など、Webサイトの運用改善~ゲームアプリ制作や数十万フォロワーのSNSアカウントの運用経験などWebビジネス全般を守備範囲とする。

【セミナー詳細】

日時は下記の「参加可能な日程を選択」からご確認ください。

〈参加費〉

無料

〈開催形式〉

ウェビナー形式で開催いたします。インターネット環境がある場所でしたら、PC・スマホ問わずどこからでもご参加いただけます。

お申し込み

CONTACT US