マーケティング

2021.02.24 (公開: 2021.02.19)

BtoBのECサイトの市場規模はどのくらい?これからも伸びる?

BtoBのECサイトの市場規模はどのくらい?これからも伸びる?

ECと聞いて最初に連想するのはBtoCのECサイトです。しかし、2019年のBtoCのEC市場規模約20兆円に対して、BtoBのECサイトの市場規模は約350兆円と17倍以上大きな市場です。BtoBのECサイト市場はどのくらい伸びているのか、成功しているサイト例とともにご紹介します。

BtoBのEC市場は伸びている?市場規模はどのくらい?

BtoBのEC市場は伸びている?市場規模はどのくらい?

ECサイトは、企業から個人へ向けたBtoCの市場であるというイメージが強いかもしれません。しかし経済産業省の調査によれば、BtoBのEC市場は2019年の時点で352兆円という非常に大きなマーケットに成長したことがわかっています。

さらに、企業のEC化率は31.7%という値を記録。ECシステム各社が新規参入してきていることや、BtoBビジネスに特化したASPが急増したことなども、BtoB-ECの市場が成長した理由となっているようです。

BtoBのEC市場データにはEDIも含まれている

BtoBのEC市場規模を示す353兆円、EC化率31.7%という数字は目覚ましいですが、実際この数値にはEDIのデータも含まれていることが明らかになっています。EDIとは、企業間の取引で発生する発注・請求・決済などの帳票処理を、電子取引によって自動化するシステムです。そのため、実際にEC化している企業はこの数字よりも少なくなります。

EDIによる受発注システムには課題や制限が多いことも知っておかなければなりません。EDIは企業間取引における事務作業を効率化するためのもので、顧客データを管理することができません。時代の流れに適したマーケティング施策を打つためにも、EDIからEC化を検討している企業も多くなってきています。

また、2024年までを目途に、これまでEDIで主流に使われてきた電話回線「ISDN」が段階的に廃止されていくことも発表されています。これら複数の理由によって、多くの企業がEC化を図るタイミングに立たされているともいえます。

BtoBのECには「クローズドBtoB」、「スモールBtoB」の2種類がある

BtoBのECには「クローズドBtoB」、「スモールBtoB」の2種類がある

BtoBのECサイトには、取引先だけがアクセスできる「クローズドBtoB」と、国内もしくは全世界をターゲットにできる「スモールBtoB」の2種類に分けることができます。それぞれの特徴を以下で詳しく解説します。

BtoBのECサイトの種類1:クローズドBtoB

クローズドBtoB型のECサイトは、既存の取引先だけが利用できるECサイトです。クローズドのECサイトを設置する目的は、自社の業務負担を軽減するため。すでに契約済みの取引先と頻繁に取引する場合には、限定型のECサイトを経由することで、発注・受注・請求・決算までの一連の業務を自動化することができるようになります。

クローズド型のECサイトは、取引先だけにサイトのURLを知らせるような手だてが必要です。また、クローズド型ECサイトでは、同じ商品でも取引する企業によって売値を変える、取引先ごとに割引率を変更して表示させる、取引先ごとに表示させる商品を変更するなど、カスタマイズ処理によって多様な使い方が可能になります。

ただし、自社独自のシステムを構築する必要があるため、サイト構築には知識が必要であることも念頭に置いておきましょう。

BtoBのECサイトの種類2:スモールBtoB

スモールBtoBサイトは、一般的なBtoCのECサイトと同じ仕組みです。インターネット上で公開されるサイトになるため、検索エンジンなどから日本中、あるいは世界中からのアクセスが見込めます。スモール型BtoBのサイトは、新規顧客の開拓を促し売上を底上げする目的があります。

企業間で営業活動を行うときは、取引金額の大きさや相手企業の規模などによって優先順位をつけざるを得ません。しかしスモール型のECサイトを作っておくことで、個人や中小企業などの小さな取引も取りこぼさずマーケティングを行うことができるのです。

スモールBtoB型のECサイトは、一般的なECサイトに近い造りになるため、ECプラットフォームを利用することも可能。サイト構築は、クローズド型に比べて比較的簡単になります。

BtoBのECサイトの成功例

BtoBのECサイトの成功例

BtoBのECサイトへのイメージをしやすくするために、実際にBtoBの市場で成功している企業のサイトを見てみましょう。業界ジャンルや扱う商品の分野ごとに特色があるので、自社の事業内容と照らし合わせながら参考にしてみてください。

BtoBのECサイトの成功例1:ASKUL(アスクル)

BtoBのECサイトの成功例1:ASKUL(アスクル)

ASKUL(アスクル)は、オフィスや現場用品、医療、介護用品など幅広い用品を取り扱うサイトです。生産財や消耗品の取扱数はおよそ760万点以上取り揃えています。2017年の時点でASKULの月間売上は3,359億円という驚きの額を叩き出し、amazonや100円ショップをライバルとしています。

ASKUL ECサイトの特徴

ASKULは「明日来る」という日本語から作られた社名であることから、素早い配送が特徴です。当日配送や翌日配送を売りにしています。送料は1,000円以上で無料。BtoB向けに、大量発注や定期的な注文に対応すべく1ヶ月分をまとめて支払い請求するのが原則となっています。登録したユーザーはサイト内に「マイカタログ」を作ることができ、決まった商品を定期的に購入するのに便利な仕組みを取り入れています。決済方法はクレジットカード決済・銀行振込・ゆうちょ銀行や郵便局での支払い・コンビニエンスストア支払いなどに対応しています。
外部リンク:ASKUL(アスクル)Webサイト

BtoBのECサイトの成功例2:モノタロウ

BtoBのECサイトの成功例2:モノタロウ

モノタロウは、工業用の資材販売サイトです。工場で使う消耗品を約1,800万点以上取り扱っています。膨大な数の商品を探しやすく、より実用的に提供できるようになっています。モノタロウ独自のプライベートブランド商品は、低価格でありながら質への評価も高いものが数多く用意されています。

モノタロウの特徴

モノタロウのサイトは、左側にカテゴリ一覧のメニューが表示されているのに加えて、サイトの中央部中段にもカテゴリーを選択できる箇所かあります。わかりやすい場所に細かなカテゴリーメニューを設置することで、膨大な数の商品があっても目当ての物品にたどり着きやすく配慮しているのが特徴です。商品カタログに記載された注文コードを入力することで簡単にネット注文ができるクイックオーダーシステムも好評。平日の15時までの注文であれば当日出荷をしているので、素早く手元に商品が届くシステムになっています。決済方法はクレジットカード・銀行振込・定期振込・口座振替などから選択可能です。
外部リンク:モノタロウWebサイト

BtoBのECサイトの成功例3:ミスミ

BtoBのECサイトの成功例3:ミスミ

ミスミは、ものづくりを支えるECサイトとして成長しています。株式会社ミスミグループ本社が運営しており、自動機の部品を指すFA事業と、自動車や電子機器などの金型用部品の2通りの事業を展開中。製造業の現場で使用される細かい部品から衛生管理用品までニッチなジャンルに幅広く対応するECサイトです。

ミスミの特徴

商品ページからCADデータをダウンロードすることができたり、Excelデータを使って簡単に一括見積ができたりするのがミスミECサイトの売りです。素早く出荷することはもちろん、業務時間を短縮するための「E追加加工サービス」や3Dデータで見積もりを行う「メヴィー」などの独自サービスがあります。2070万点もの商品数がありますが、カテゴリ一覧からは階層に分れた分類で商品に辿り着きやすく配慮されています。
外部リンク:ミスミWebサイト

BtoBのECサイトの成功例4:フーヅフリッジ

BtoBのECサイトの成功例4:フーヅフリッジ

フーヅフリッジは、飲食店向けの業務用食材を取り扱っているECサイトです。UCC上島珈琲株のグループ会社が運営しています。「飲食店の冷蔵庫」というキャッチコピーを掲げ、約3,000種類の厳選された業務用食材を販売中です。冷凍食品だけでも1,000アイテムを超える品揃えで、自社独自の商品を1年間に平均30以上開発、追加しています。

フーヅフリッジの特徴

フーヅフリッジのECサイトは一般の通販サイトのようですが、飲食店の業務形態ごとに商品サーチができるようになっています。たとえば、カフェや喫茶店・和洋中・移動販売・病院や介護施設向け・イベントやお祭り行事など、各ジャンルごとに商品を選びやすい構造になっています。商品は1点からの単品購入も可能なので、個人経営の飲食店でも使いやすいのが特徴です。決済方法はクレジットカード・代引き・amazon Pay・Portia PAYなどが使えます。
外部リンク:フーヅフリッジWebサイト

BtoBのECサイトの成功例5:FUJIEI toB SUPPLY

BtoBのECサイトの成功例5:FUJIEI toB SUPPLY

FUJIEI toB SUPPLYは、家具や生活雑貨、日用品などの卸売りサイトです。株式会社藤栄が運営しており、会員制のサイトとなっています。同企業が運営している「にくらす」では楽天市場などでtoC向けのビジネスを展開しており、FUJIEI toB SUPPLYはtoB向けのクローズド型ECサイトとして同時進行している形です。

FUJIEI toB SUPPLYの特徴

FUJIEI toB SUPPLYのECサイトは、ブランド別・商品シリーズ・アウトレットページの3パターンから商品検索が可能です。商品シリーズでは人気のラインナップから商品を選ぶことができ、おしゃれで洗練されたアイテムを必要とする店舗や企業に親しまれています。サイトの構造や使い方は一般的なネットショップと同様なので、店舗を経営する方は普段のお買い物をするのと同じような感覚でサイトを使用できます。決済方法はクレジットカード・銀行振込・Paid(後払いシステム)が利用可能です。
外部リンク:FUJIEI toB SUPPLY Webサイト

BtoBのECサイトの成功例6:ReValue(リバリュー)

BtoBのECサイトの成功例6:ReValue(リバリュー)

ReValueは、株式会社SynaBizが運営する一風変わったECサイトです。返品された商品や余剰在庫などの「行き場をなくした商品」を仕入れ、適正価格にて企業に販売しているサイトになっています。商品ジャンルの一例としては、家電やゲーム、PC、アパレルアイテムや時計、産業材や資材などを取り扱っています。

ReValueの特徴

型落ち品や余剰在庫などを扱っているだけに、安定した一定の供給量を確保しているわけではありません。しかし、思わぬ値打ち品に出会えることもあって企業や小売店だけでなく一般の人にも利用されています。取引はオークション形式で行われていることも大きな特徴でしょう。決済は銀行振込・クレジットカードのみの対応となっています。
外部リンク:ReValue(リバリュー)Webサイト

BtoBのECサイトの成功例7:ニトムズ

BtoBのECサイトの成功例7:ニトムズ

ニトムズは、工場やオフィス、病院や介護施設などで使用する用品を取り扱うECサイトです。日用品がメインですが、複数の自社ブランドをもっており販売を強化しています。

ニトムズの特徴

ニトムズは、クローズドBtoBのサイト構築をしています。取引先ごとの販売価格教示や、ユーザー情報に合わせて企業情報を管理できるなど、BtoB向け特有のサイト構築で成功に至っている点が特徴です。またニトムズのECサイトは2種類が用意されており、オフィスや工場、病院などの仕事場と、小売店専用があります。仕事場関係のサイトでは商品を使用するシーンごとに商品情報を探すことができ、小売店用では商品をブランド別に整理するなど使い分けを行っています。決済は売掛も可、その他クレジットカード・Pay-easyなどに対応できます。
外部リンク:ニトムズ Webサイト

BtoBのECサイト構築にはShopifyがおすすめ

BtoBのECサイト構築にはShopifyがおすすめ

企業では自社ECサイトの構築に時間や人件費を割けないケースも多いでしょう。近年のEC市場では、ShopifyのようなECプラットフォームを使って簡単にECサイトを開設する動きが加速しています。特にShopifyは、世界ナンバーワンのシェアを誇るECプラットフォームで、175ヶ国で利用されている代表格です。自社サーバーの設置も必要なく、登録したその日からすぐにでもサイトをオープンさせることができます。Shopifyは月額コストが安く、在庫管理や大手運送会社と提携を組んでいる点も魅力的です。EC化で新たな顧客獲得を図りたい企業の場合は、SEO対策も万全なShopifyはメリットが多く効率的であるといえるでしょう。
Shopifyって?なぜECサイトへの導入が増えている?機能やメリット、使い方を解説【2021年最新版】 Shopifyって?なぜECサイトへの導入が増えている?機能やメリット、使い方を解説【2021年最新版】 世界中のECサイトで爆発的に導入が増えているShopify(ショッピファイ)をご存知でしょうか?「アマゾン・楽天キラー」と呼ばれるのはなぜか、Shopify導入のメリットや機能、使い方を解説します。

まとめ

BtoB‐ECの市場は、今後も加速していくとみられます。EDIからECへの切り替えが予想されることや、インターネットを使った新規顧客の獲得などに向けて、多くの企業が動き始めています。ShopifyのようなECプラットフォームを利用すれば、簡単に低コストで自社のECサイトをオープンできますので、新たな方向性を検討してみてはいかがでしょうか。ただし、成果を見込めるサイト作りをするためには経験豊富なプロの視点が欠かせません。

ニュートラルワークスは、トレンドを抑えたデザインで徹底的に「成果」にこだわったECサイトを構築いたします。そのため、あなたは競合と差をつけることができ、それが更なる顧客獲得・売上増加に繋がります。Zoomなどのオンライン相談(無料)をやっておりますので、まずはこちらのお問い合わせページよりお気軽にご相談ください。ご連絡心よりお待ちしております。

著者紹介

三木 五月

三木 五月

代表取締役社長

神奈川県の湘南でWeb制作会社を経営しています。湘南をシリコンバレーみたいにしたく、社員一丸で突っ走っています! 座右の銘は「好きこそものの上手なれ」。成熟した文化、自然豊かな湘南で一緒に働いてくれる仲間を絶賛募集中です! 詳しくは採用ページをご確認ください。