NEUTRAL WORKS

TOP  >  BLOG  >  ワードプレス(WordPress)が使えるレンタルサーバー比較&おすすめ5選!

BLOG

ワードプレス(WordPress)が使えるレンタルサーバー比較&おすすめ5選!

2016.06.08

wordpress

AUTHOR / 三木 五月

レンタルサーバー

ワードプレスで会社やお店、または自分のホームページ作成したいというあなた。

 

自分の所有しているサーバで作成するという方以外は、まず、レンタルサーバー契約を利用します。でも、サーバーって難しそう…わからなくなったときに誰に聞いたらいいかわからない…と思っていませんか。

大丈夫です。各レンタルサーバー会社には、それぞれ便利なマニュアルやサポートサービスも用意されているのです。

 

以下に、初心者でも安心なおすすめのレンタルサーバー5社をご紹介します

 


おすすめレンタルサーバー1 さくらのサーバ

 

sakuraserver_rentalserver

 

 

詳細比較はこちら ⇒ 機能一覧 - さくらのサーバ

 

さくらインターネットの運営するレンタルサーバー、【さくらのサーバ】。個人サイト用の格安プランから、ビジネス向けの本格的なプランまであります。コストパフォーマンスが良いので、さまざまな方に愛用されています。ワードプレスを簡単にインストールする機能もついているため、初心者の方がワードプレスでホームページを始めるにはオススメです

 

中でも、スタンダードプランが人気です。

 

※ライトプラン(月額129円/容量10GB~)は、ワードプレスに対応していない為、割愛しています。

 


おすすめレンタルサーバー2 ロリポップ

lolipop_rentalserver

 

 

詳細比較はこちら ⇒ プラン比較表 - ロリポップ

 

Paperboy&Co.,が運営している老舗レンタルサーバーの【ロリポップ】。マニュアルが充実していて、初心者でもわかりやすいと好評です。また、メール・電話以外にチャットサポートもあるため、困ったときに心強いです

 

コストパフォーマンスで選ぶ方が多いですが、データベースのMySQLがライトプランでは1個ですので、複数のワードプレスサイトを運用される場合はスタンダードプランをおすすめします

 

※エコノミープラン(月額100円/容量10GB~)は、ワードプレスに対応していない為、割愛しています。

 


おすすめレンタルサーバー3 XServer(エックスサーバー)

xserver_rentalserver

 

 

詳細比較はこちら ⇒ プラン比較表 - XServer

 

エックスサーバー株式会社が運営している【XServer】。他のレンタルサーバーに比べると、標準のx10プランでも割高に感じるかもしれません。XServerは、表示速度が速いと言われています。また、データベースが最初から50個(x10)も用意されているため、将来、ワードプレスサイトを複数稼働させたいという場合にはオススメです

 

安定稼働で信頼度の高いサーバーですので、資金に余裕のある場合は検討してみてください。

 


おすすめレンタルサーバー4 おなまえ.comレンタルサーバー

onamaecom_rentalserver

 


詳細比較はこちら ⇒ 共用サーバー - お名前.comレンタルサーバー

 

GMOインターネット株式会社が運用している【おなまえ.comレンタルサーバー】。24時間365日無料対応の電話サポートがあるのは大きなポイントです。名前の通りドメインサービスの会社ですが、レンタルサーバー事業もしています。

 

こちらでレンタルサーバーを利用すると、ドメインを一つプレゼントしてもらえます。初期費用無料も嬉しいサービスですね。有料のワードプレステーマでSEOに強いことで有名な賢威がセットになった『SEOテーマパッケージ』プランもあります

 


おすすめレンタルサーバー5 CPIシェアードプラン

cpishered_rentalserver

 


詳細比較はこちら⇒ご利用料金 - CPI シェアードプラン

 

KDDIが運用している【CPI】。マルチドメイン、サーバー容量、メールアカウントなど無制限で利用できます。無料のサーバー移転サービスがあるので、ほかのサーバーで運用してみて、ある程度資金に余裕が出てきたら使ってみても良いかもしれません

 


おすすめレンタルサーバーのまとめ

 

いかがでしたか? 初心者だから、まず失敗してもリスクがないように一番安いレンタルサーバーでワードプレスの運用を始めて…とお考えだったかもしれません。

 

しかし、運用が進むにつれ、アクセスが増えてサーバーがダウンしてしまったらどうしよう…セキュリティが甘くハッキングされてしまったらどうしよう…などといった不安が出てきます

 

また、表示速度が遅いサイトも、レンタルサーバーを変更することによって改善されるケースもあります。そのような場合には、レンタルサーバーの移管作業が必要になりますので、それに伴うドメイン移管も必要となります。将来的にサーバーの引っ越しもお考えの場合は移管サービスも考慮して選ばれるのもよいと思います。

 

サーバーの運用プランを検討しながら、安心なレンタルサーバーを選ばれることをお勧めします!

 

 

みなさまの参考になれば幸いです!

三木 五月

AUTHOR : 三木 五月

代表取締役社長

この人の記事を読む

RECOMMEND

RELATED

contactCONTACTCHANGE YOUR LIFE BY OUR DESIGN!

NEUTRAL WORKSfacebook
page top